1693742 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗奮闘記!

全78件 (78件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2007年03月08日
XML
カテゴリ:
球春と呼ぶには、いかにも寒い今日の陽気ですが、永遠のジャイアンツファン、そして永遠の松井ファンを宣言するくらいの私ですから、やはり気になります。

こんなウェブトピックスに腹を抱えて悶絶しました。

「I」と「O」の違いで、エライことになってしまいましたね。

「HIDEKO MATUI」って、ゴジラは雌だったんだ!?!?


それを試合途中に知らされたそうですが、とうの松井秀子さんご本人の発したコメントがシャレている。別段に怒るわけでもなく、

「ホントに? それは気づきませんでした。面白いね。それ、面白いよ。ひょっとしてわざとじゃないの」と言いながら思わず吹き出したそうです。



秀子さん頑張ってぇ~!今年も、応援してるわよぉ~!!


・・・別段、私がお姉さまにならなくても良かったんですが。。。(爆笑!





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!







最終更新日  2007年03月08日 18時39分38秒


2007年02月17日
カテゴリ:
いつぞやは、地中から這い出してきたばかりのセミの幼虫呼ばわりしてしまってゴメンなさい、安倍総理。今日は、心なしか鼻の下が伸びておりますぞ。

大宰府から梅の使節団を迎え、ご満悦のご様子です。

そこで記者団に言ったコメントなんですが、これはやはり・・・、本音でしょうね。


「梅が咲くころから予算審議が本格化し、桜が咲くころに通過するといい・・・」



新年度予算が4月から執行されず、補正予算を組まなければいけないというようなことのないようにお願いしたいものです。



でも~、菖蒲が咲き終わって、牡丹の周りで蝶が舞うころは、目も鼻も口も開かないほどお忙しくなりますよね。問題は、萩の畑に猪が走るころに、このような笑みを浮かべておられるかどうかなんですよね。
今年は猪年だけに、7月に猪に足元をすくわれることのないようにと気を引き締めておられることと推察いたします。


・・・私が選挙の心配しても、せんないことですよね。。。(笑!





酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!







最終更新日  2007年02月17日 16時55分24秒
2007年01月29日
カテゴリ:
そのまんま東さんこと東国原宮崎県知事、就任早々大変お忙しいご様子です。

泡沫候補と歯牙にもかけられなかった立候補の段階で、誰が彼の当選を予想したでしょうか。

選挙戦は、タレント候補としてのイメージを払拭して、真面目さとしがらみのなさ、庶民の味方ということを徹底的に訴えたのが、県民の心を打ったのでしょう。


今日お話したかったのは、実は今朝の民放のテレビでやっていたのですが、番記者へのあざやかな対応。
話題の渦中の知事の一挙手一投足を見逃すまいと、追いかけ回してコメントを拾おうと必死なのは、仕事といえばそれまでなのでしょうが、少々度が過ぎやしませんか?

一方の東国原さん、追いかけられるのはお笑いタレント時代から慣れておられるのか、そんなに気にもなさっておられないご様子。逆にマスコミを利用して、宮崎県をアッピールしている。

受け答えも軽妙洒脱で、なかなかのものだと感心しました。



移動の途中に突然、車(白のワゴン車、黒塗りの高級車でない)を降りて、街の中を歩き出したと思ったら、理髪店に飛び込んだようなのです。

それで、次の画面に移ったら、早速インタビューです。

「散髪していらっしゃったんですか?」

「えっ、えぇ~・・・床屋さんにね・・・途中眠ってしまいました。」

「どんなヘヤースタイルなんですか?それは?」

「これ?これは、う~ん、しがらみカット!」


・・・・ウマイ! 座布団100枚!!



東国原宮崎県知事、頑張れ!

私は、富山県民なのですが、熱烈応援していますっ!






酒そば本舗ただ今セール中です!!



さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!







最終更新日  2007年01月29日 12時46分53秒
2006年10月31日
カテゴリ:
私は日々の暮らしの中にも、ユーモアや気の効いたジョークを大切にしたいと考えています。

そこで本日の日経より、


言いたいことが咽喉をついてすぐに出てこないということよくありますよね。

自民党の中川秀直幹事長が、まさしくそうだたんですね。
昨日後援者を寄せた講演会での出来事。


防衛庁の省への格上げ問題や憲法改正論議で、右傾化だと野党の激しい安倍首相への攻撃の矛先をかわそうとなさったんでしょうね。話を野球の守備のポジションにたとえたのは、非常に良かったと思いますよ。それが、バックスクリーンが口をついて出てこなかった。バックネットと言っちゃった。

「民主党は極端なライト線に守備固めをしているが、安倍さんは中韓訪問に見られるように、堅実、着実にセンター返しでバックネットに放り込んだ・・・・失礼、スコアボードの前だ。。。」



バックネットとバックスクリーンじゃ、あたりがエライ違いますよ! (爆笑!!


今や安倍首相を党側からバックアップするこわもての幹事長ではありますが、このようなご発言をなさり、すぐ間違いに気がついたけれど、ことばが出てこない。それでスコアボードの前と苦し紛れのご訂正。。。

講演を聴いていた人たちは、さぞかし可笑しかったことでしょう。


中川幹事長、私もことばがついて出ないことがよくありますよ。
なんだか、貴方のファンになりそうな気がするんですが、よろしいですか?
後から、こっぴどい仕打ちはゴメンですよ。


・・・こっぴどい仕打ちって、マスコミにスキャンダルを叩かれて、雲隠れってことです。





酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!











最終更新日  2006年10月31日 15時31分37秒
2006年10月22日
カテゴリ:
今朝久しぶりに、日本テレビのザ・サンデーを見ました。
徳光さんと江川さんが出ているあの番組。


昨日正月恒例の箱根駅伝の予選会が行われたそうですが、その裏側を取材した番組でした。
ご存知の方も多いと思いますが、毎年の大会は、10位までが翌年の出場権を自動的に得るのですが、11位以下の大学は出場権をかけて予選会から出場しなければならないのです。
その予選会の悲喜こもごも・・・・というよりは、非情な線引きに慟哭する選手の姿を見て、いっしょに涙しておりました。

予選会9位までが、正月の箱根駅伝に出場する権利を得るのですが、出場チーム10人の合計タイムで、順位を決めていくのです。
今年の予選1位は、名門早稲田大学(えっ、早稲田が予選から出場してるの!?)、その後出場を勝ち取ったチームには、明治、大東文化・・・などのおなじみの名前がみれました。

何と出場校のなかには、東京大学院のチームや東京理科大学などと言った、名のある学校も見られたのには驚きでした。当然のことながら陸上部があって、長距離をやる選手が10人そろっているんでしょうね。



昨年も10位に甘んじて、長いつらい練習に明け暮れてきた、拓殖大学チーム。
4年生主将涌井君と、エース3年生樋本君。

前半から飛ばしていく作戦が効をそうして、順調だったのですが、後半エース樋本君に腰痛のトラブルが発生し、順位が昨年同様微妙な雰囲気。


残る最後を国士館と争うことになり、非情にも「第9位国士舘大学、第10位拓殖大学・・・」のコール。。。。と同時に大歓声に渦巻く国士舘大学チーム、方や地面にへこたれてしまう拓殖大学チーム。あまりの対象にことばを失います。

さらに9位と10位のタイム発表にどよめく会場。
ナント、タイム差わずかの1秒。たったの1秒!!


されど、天国と地獄を分ける1秒。。。。

ぼろぼろと零れ落ちる涙を拭おうともせず、肩をおとして立ち尽くす選手。

「監督!もうイヤだ!もういいです!!わぁ~ん!」

と言って、監督にすがりつく選手。
無言でその選手を抱きとめる監督。その目にも溢れんばかりの涙。


ややしばらくしてから、興奮も収まった中で、キャプテン涌井君の締めの挨拶。

「・・・、4年間箱根を目指してやってきましたが・・・ついにその夢は・・・叶いませんでしたが、1年2年3年生が・・・・きっと来年この夢を果たしてくれるものと確信します。ご声援ありがとうございました・・・」


明日から、また長くてつらい1年が始まるのです。


拓殖大学陸上部の駅伝チームの皆さん、頑張れ!
エース樋本君頑張れ!







酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!









最終更新日  2006年10月22日 12時06分10秒
2006年10月19日
カテゴリ:

本日の新聞各紙、どれも報じていましたね。
社会面です。いわゆる三面記事。

しかし、今日のような記事は、殺人だ、詐欺だ、事故だ・・・なんていう殺伐とした紙面の中にあって、キラリと光るものがありました。

皆川優太ちゃんの記事


読まれた方も多いでしょう。
あの新潟中越地震で、車ごと土砂に巻き込まれ、数日後に奇跡的に助かった男の子、お母さんとお姉ちゃんは、すでに死亡していた。その二人と車の中の狭い空間に閉じ込められていたあの男の子・・・もう4歳になったそうです。


夢は宇宙飛行士!

ここまでは、フムフムと読み進めることができました。
このころの子供らしいな、ほほえましいな・・・で済まされますでしょ。


ナント、大人になったら、宇宙飛行士になって、お空にいるお母さんとお姉ちゃんを迎えに行くのだそうです。

・・・・。。。

・・・あっ、失礼しました。今涙を拭いておりました。



おじいちゃんが言われるには、優太ちゃんは、地震の時の記憶は、しっかり残っているそうで、

「暗い中でお母さんとお姉ちゃんの名前を呼んで、我慢してまっとった」

と話すそうです。(またまた、涙!!


助かってよかった。運動会で3等賞をとったそうです。大きく成長できてよかった。
・・・できれば、お母さんとお姉ちゃんに会わせてあげたい。



おじいちゃんは、さらにこうおっしゃっておられます。

「優太のことは、そっと見守って欲しい」




優太くんの健やかな成長を願わずにはいられません。

・・・そして、優太君の夢がきっと叶いますように。。。





◆酒そば本舗トップページへ◆

**貴方の共感できる生き方がきっとある**
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ










最終更新日  2015年04月30日 15時41分54秒
2006年10月18日
カテゴリ:
私たちは、人に唯一平等に与えられたものは時間であるという話をよくします

一日24時間、生まれの貴賎にかかわらず誰しも同じというわけです。


悲しいかな人間は生きていくためには、寝たり・食べたり・排泄したり・体を清潔に保ったり・・・といった大脳皮質の奥の方に潜んでいる、生物としての生命を維持していくための行動に、この24時間の中から割かなければなりませんね。
これが10時間として、のこり14時間をどう使うか。

仮に18歳から80歳まで、この14時間が平等に与えられているとすると、

(80-18)×14×365=316820

人間に平等に与えられた時間は30万時間余りということになります。
これがその人の一生を決めるというのは、ある意味酷といいましょうか、当たり前じゃないかといいましょうか、表現に迷うところであります。


本日の日経の裏面、いつもなら堺屋太一さんの連載チンギス・ハンを取り上げるところですが、
『平成の伊能忠敬めざして』と題する記事が目にとまりました。


皆さんご案内のごとく伊能忠敬は江戸時代後期の測量家、現代のものとほとんど変わらぬ正確な日本地図を作った人ですよね。
その仕事を始めたのが、忠敬56歳の時であったそうです。

わが故郷富山在住の小網均さん、長年勤めた会社を56歳で辞めて、自分の目と足で全国を回り日本地図をつくろうと旅に出たという記事が、まさしく『平成の伊能忠敬めざして』なのです。

航空測量会社に勤務なさって、富山に転勤になったそうですが、50歳を過ぎたころから会社から早期退職を促され、つらい悔しい毎日を過ごされたそうです。
自分が本当にしたいことは何なのかと考える毎日であったそうです。


そんな時、旅先の九州でふと目にしたのが、伊能忠敬の生涯をしるした冊子。

退職を決意し、一時金を測量機材の購入ににつぎ込むまで、それほど時間はかからなかったと。


富山湾の東端黒部市生地浜(いくじはま)を皮切りに測量を開始し、能登半島を回り現在金沢市まで海岸を伝って、64箇所の測量を終了されたということです。これから福井県に入り、敦賀から琵琶湖、大津を回り京都へと・・・・何年かかるか分からぬが、日本地図を完成するまで、日本中を回るとのことだそうです。


自分のやりたいことをやるのだから、毎日が充実しているでしょうね。
楽しいから、疲れることもないでしょう。
目の輝きもキラキラとダイヤモンドのようでしょう。



小網均さんにお会いしたいものだと思います。
石川県の海岸沿いを探せば、測量中の小網さんに会えるかも知れませんね。
今のうちなら、まだお近くにいらっしゃるようだから、行って見ようかな。。。


ところで、14時間の使い方、自分のしたいことっていったいなんだろう!!?


凡人にして意気地なしの我が身を振り返るとき、あまりにも寂しい己の陰に、ただただ驚き呆れるばかりなのです。






酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!









最終更新日  2006年10月18日 15時46分56秒
2006年10月11日
カテゴリ:
昨日に引き続きマスコミの話。

新聞はもちろんのこと、テレビも朝から晩まで核実験の話で持ちきり。
実験は広島級原爆相当の核爆発であったとか、いや広島級を目指したが十分核の連鎖を引き出せずに終わった、テポドンが途中で燃え尽きたのと同じように失敗であったとか、山の中に高性能TNT火薬を詰めて爆発させただけだとか・・・、行ったお国がお国だけにいろんな節が出ておりますね。

私は、もうあきれ返ってどちらでもいいです。
かの国の国民がかわいそうと思うだけです。何とかしてあげたいのですが。。。


スポーツの話をします。
・・・・って言っても、永遠のジャイアンツファンを何度も宣言している私としましては、テポドン2号より核実験強行より、強烈な打撃をまざまざと味わいました。
よくぞ東京ドームで優勝を決めてくれたものです。(涙!


しかし、落合監督の反応は想定外でした。少々驚きました。
延長戦の末に勝利を決定的にした10回表満塁ホームランをうった主砲ウッズをベンチ前で迎えた時、抱きついたまましばらく離れなかった。ウッズもあれ、監督どうしちゃったのって感じで、少し当惑した様子だった。さらにその裏ジャイアンツの攻撃中、ベンチで早くも涙ぐんでいた。

私が知っているかぎり、今までの落合さんは、俺流というくらいだから、少々人と俺は違うんだぞ、俺には俺のやり方・考え方があるんだ・・・と言うようなところがあって、よく言えば飄々としている、悪く言えば人のいうことを聞かない、人を小馬鹿にしたようなところがあった。

胴上げのあとのインタビューでも、

「俺流のやり方をやっていれば、勝つのは当たり前でしょ。」

って言うようなことをしれ~っと言う人だと思っていたのに、涙が込み上げてきてことばにつまり話せなかった。



落合さんどうしちゃったの?

「どうしても今年は優勝したかった・・・選手に散々辛い練習を強いてきた・・・優勝しなければならなかった・・・」


こんなコメントでしたよね。

聞くところによると、今年優勝しようが日本一になろうが、中日とは今季限りという話も出ておりますよね。だからなおのこと勝ちたかったのかもしれないな?都合のいいことばかり言ってくるフロントに意地を見せたかったのかな?


私は、感情が先に込み上げてくる方の人間なので、そんな全く別人のような落合さんを見て、なんだかこの人が好きになってきましたよ。


落合さん、永遠のジャイアンツファンは変わりませんが、変えることは決してできませんが、貴方のファンになりました。

必ずや日本一になって、ぜひとも号泣している貴方を見せてください。
心ひそかに応援しています。






酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!









最終更新日  2006年10月11日 15時18分40秒
2006年10月07日
カテゴリ:
『語る』と題して、小椋桂の記事が今日の日経に出ておりました。


・・・・小椋桂、確か私が高校生のころ、2年か3年だったと思います。
あのメロディー、あの歌詞を聴いたのです。
はっきりと覚えていますよ。ただでさえ多感な年頃でしょ、琴線が大きく共鳴して、その振動に息ができないくらいでしたね。


僕はぁ~、呼びかけはしな~い♪
遠ぉ~く過ぎ去るものにぃ~♪

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・

少女よ、泣くのはおや~めぇ~

風も木も~、川も土も~
みんな~、みん~~な~♪ 戯れの口笛を吹くぅ~♪♪

空も海も~、月も星も~
みんな~、みん~~な~♪ うつろな輝きだぁ~♪♪



・・・・のところは、忘れました。。。(笑!
でも、一題めと二題めの終わりの歌詞は忘れていませんでしたね。

「みんなみんな、戯れの口笛を吹く」と「みんなみんな、うつろな輝きだ」の意味を真剣に考えたものでしたよ。

ナルホド、自然でさえそうなんだな。
そんな中で、ボクタチはイキテイカナケレバナラナイのだなと、妙に素直に納得したものでした。
今から思えば、かわいかったなぁ~。。。(年をとったちゅうことか!?!?・・・苦笑!!)



小椋さんは今年で62歳になられるそうですが、

「僕はまだ熟していない・・・人生の夕暮れにさしかかると、生を達観し、教訓を垂れる人が多い。でも僕からするとうそっぽく見える。心の揺らぎがない境地なんてないんじゃないかって・・・」

そうでしたか!この歳になっても、心が揺らいでいて当たり前なんですね。
・・・少し元気が出てきましたよ。



実は最近引退を考えられたそうで、

「歌詞を音としてはめ込んでいるような歌が出回っている現状に、うんざりしてね・・・」


ごもっとも!!




『シクラメンのかほり』や『愛燦燦(さんさん)』以来、ご無沙汰しているような気がしますね。



小椋さん、私にもう一度甘酸っぱい青春の輝きを嗅がせて下さいませんか。。。





酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!







最終更新日  2006年12月30日 15時05分30秒
2006年10月06日
カテゴリ:
田中真紀子さん
久方ぶりで、マスコミに登場というところでしょうか?

この方もずいぶん人気のある方ですよね。

さかのぼって5年前、小泉前首相が総裁選に立候補して全国を遊説したときに、この方の応援を仰いだのでしたね。行く先々で黒山の人だかり、全国の党員票を圧倒的に制して、議員票もなだれをうって小泉さんに集まったのでした。

いわば小泉首相誕生の生みの親。母親というわけ。

第一次小泉内閣では、外務大臣に抜擢され、国民はびっくりしたのですが、それ以上に驚愕したのが外務省のエリート官僚だったというのは、今や伝説のお笑い種。

結局、その外務官僚とのいざこざが元で、小泉さんにスカートのすそを踏んずけられて、転んじゃった。


今度は、無所属議員となり民主党会派から、予算委員会で質問に立たれたというわけ。



私は政治のことはよく分かりませんので、この方の政治家としての評価については、論評できるものではありません。
ただ、お隣の同じ雪深い県のご出身でもあり、そしてこの方のお父様のことは、良き悪しきは別として大変に人気のある方であったこともあり、何となく親しみを覚えます。

歯に衣を着せぬ喋り口も、痛快です。


衆議院同期の安倍さんのことを

「小さな子供がパパの革靴をイタズラで履き、道路に出てきた印象だ。」

・・・・田中真紀子さんならではの、ご発言ですね。強烈!!


とうの安倍総理もこれには苦笑されたとか・・・・。



国会の審議もこのくらいのやり取りがあってもいいんでしょ?
質問する方も、答える方も原稿の棒読みじゃ、面白みにかけますよね。


今度はスラックスを履いて、政治の表舞台に立っていただきたいものだと思ったりしております。
(爆・爆!!







酒そば本舗ただ今セール中です!!




さ・ら・に!

【送料無料お試しセール】好評開催中です!!

モバイルはこちらから!
携帯電話からもご購入いただけます!!

こちらがモバイルの酒そば本舗入り口でございます!







最終更新日  2006年10月06日 15時30分47秒
このブログでよく読まれている記事

全78件 (78件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.