664287 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さきの小さな大発見

PR

カレンダー

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

PVアクセスランキング にほんブログ村
2018.06.11
XML
カテゴリ:絵画
リージョン・オブ・オーナーに、新しい展示がありました。

あらっ、ヒエロニムス・ボスの絵に似ている
と思いました。

キリストの部分を拡大してみます。

ボスのスタイルによく似ていますよね。

絵の説明には、
1510年頃、「十字架を運ぶキリスト」、
額をいれて47x49.5cm、
フランドルの画家、名前不明とありました。
この絵は修復されたのでしょうか、色彩が鮮やかで、ニスのためかぴかぴかです。

ボスの模倣画は多いですから、これもそのひとつでしょうか。
ボス自身の「十字架を運ぶキリスト」は、三作残っていますから、比べてみます。

1480's 57x32cm
ウイーン美術史美術館

左足を前に出し、やや腰をかかめた恰好というのは彼のトレードマークですからね。
もう一枚、

1505-7年、 150x94cm
マドリード郊外、エル・エスコリアル修道院
ボスは主人公の表情は描かない画家ですが、首の向き具合とか、さすがだと思いました。
リージョン絵は顔の向きが不自然で、きょとんとした表情ですよね。それって、意図的なのでしょうか。

ボスにはその他にも、こんな作品があります。

1500-05年、「放蕩息子(行商人)?」
プラド美術館、三枚からなっている祭壇画の扉部分です。
別の「放蕩息子」、「聖クリストファー」、「聖ヤコブ」、などの人物は、おもしろいほど同じスタイルです。

というわけで、今日は作者不明のフランドル絵を楽しむことにしました。
内容は次の三つに分けて、
① ボスに似ていない?
② キレネのシモン
③ 世界最初のファッション本
です。
勝手気ままに、連想の雲に乗って飛んでみました。

ヒエロニムス・ボス(1450年頃 -1516)はルネッサンス期のフランドルの画家で、その人気は非常に高く、初期のブリューゲルも真似をしたことが知られています。
オランダ(ネーデルランド)は1568年からスペインから独立するための戦争にはいりました。80年もに及ぶ戦争の間に、カトリック教会や絵画が破壊され、ボスの作品も大半が失われました、
今、ボスの作品が一番多く残っているのはこの地を支配していたカトリック国スペインです。
ですから、リージョンの「十字架を運ぶキリスト」が、スタイルからボスの影響を受けたフランドルの画家のもので、
またフランドルでは16世紀後半からはプロテスタントの国になり宗教画は描かれなくなりましたから、16世紀の初期に描かれたものと推定するのはよくわかります。

宗教戦争の前には、祭壇画や大小規模の宗教画がよく描かれました。

「キリストの受難」、ハンス・メムリンク(1430/40-1494)
56.7x92.2cm、イタリアのハバウダ美術館
この中にキリストの磔刑前後の23の場面が描かれています。
右下を拡大してみます。


次のはブリューゲル(父)の作品です。

1564年、124x170cm、ウイーン美術史美術館
登場人物が何百人もいます。黄色で囲った右側は聖母、真ん中が、十字架を運ぶキリストです。左側は次回で紹介します。
キリストの部分を拡大しますと、

絵を詳しく見ていくと、まるで本を読んでいるようで、何時間もかかりますね。
ボスの代表作「快楽の園」、「干し草車」、ブルーゲルの「バベルの塔」にもたくさんの人々が描かれていますが、一枚の絵にさまざまな場面を描くのは、当時のフランドル絵画の特徴のようです。

リージョン絵に戻りますと、
サイズは小さいながら、

小サイズの絵ながら、
①十字架を運ぶキリスト
②十字架にかけられるために服を脱がされ、ふたりの盗賊とともに引き立てられるキリスト
③ゴルゴタの丘で十字架にかけられたキリスト
の三つの物語が描かれています。

それで、キリストの表情についてなのですが、どうしたこん表情なのかしらと思います。

キリストの表情がぽけっとしていて、なにか場違いのように見えます。憔悴しきっているところを描こうとしたのかしら。
別に表情がリアルではなくてもかまわないのですが、キリストの後ろで笛を吹いたりしてで騒いでいる人々の表情が躍動的にうまく描かれているのに比して、キリストの顔が合わなくないですか。
もしかして、この表情は、後ろで髭の老人が十字架を持ち上げて、急に軽くなったことへの「おやっ」という反応でしょうか。いや、そうではないようも気もします。

その老人に注目しますと、

悲しい顔つきです。
背後に描かれているのは聖母マリアと聖ヨハネ。

この十字架を抱えているのは「キレネのシモン」という人で、キリストが力尽きて途中で転んだりしたため、ローマ兵から助けるように言われた人物です。

続きます。






最終更新日  2018.06.12 05:04:47
コメント(0) | コメントを書く
[絵画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.