263216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

頭の中はロープウェイ!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Ropewayfan@ Re:書写山ロープウェイについて(06/22) 索道魂さんへ うわあ~ それは知りません…
索道魂@ 書写山ロープウェイについて 初めてメッセージを送らせていただきます…
Ropewayfan@ Re[1]:やっぱり気になるのはロープウェイ(06/05) 栂池ロープウェイ索道主任さまへ いや~コ…
栂池ロープウェイ索道主任@ Re:やっぱり気になるのはロープウェイ(06/05) 先日は栂池パンパノラマウェイにご乗車頂…
Ropewayfan@ Re[1]:2年ぶりの函館山ロープウェイ!(05/14) tenbosenkaishaさんへ そうだったんですか…

Freepage List

Headline News

2017.04.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

この間の4月13日に熱海ロープウェイに乗りに行った時、福島屋旅館のご主人に会いに宿を訪れました。以前、ネットのコメント欄で知り合い、初めて宿を訪れた時も、ご主人が所有している初代のアタミロープウェイの画像や、熱海高原ロープウェイの資料などを見せてくださったり、知人の方で箱根ロープウェイの初代搬器を庭に放置してある方をご紹介してくれようとしたり(これは都合が合わず実現しませんでしたが)、とても親切にしてくださいました。
自分がロープウェイの本の出版が決まった時も、古い画像の使用を許可してくださり、遅ればせながら、この日は無事に出版された報告と、まだお持ちでなければ「ロープウエイ探訪」を贈呈しようと訪れた次第です。宿の受付にいらしたのは奥様で(元SKDのダンサー)、ご主人はいらっしゃいますかとたずねたら、なんと昨年の9月28日に心不全で急死していたという、大変ショッキングな事実を聞かされました。やさしい笑顔で対応してくださった松尾光貴さんにもう会えないのかと思うと、すごく寂しくて、晴天の明るい熱海の町を歩きながら、しばらく呆然としておりました。トータルで3回ほどしかお会いしていませんが、不思議と松尾さんロスを大きく感じております。どこか少年のようなところがあり、鉄道をはじめ、いろんなことにご興味があって、なんか趣味人間としてすごく共感できる方でした。自分が子供の頃から親しんだ熱海後楽園の傘のような屋根の建物の解体も始まっていて、ロープウェイに乗りに来たのに、なんか寂しい一日でございました。

この画像は、初めて福島屋旅館を訪れた時に、いろんな資料を見せてもらっている自分をご主人の松尾さんが撮影した1枚です。松尾さ~ん!出会えて本当によかったです。ありがとうございました。







Last updated  2017.04.21 00:45:26
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.