633308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

桜ゼミナール 15歳の春

January 22, 2021
XML
カテゴリ:中学生の勉強法
中学生の学習・高校受験アドバイザーの安村です。
金沢は3年ぶりの大雪でスコップが折れ、ダンプがぶっ壊れました(笑)。

今後も降る可能性はありますので、
受験生は入試当日が積雪だった場合の
交通手段をよくシミュレーションしておきたいですね。

今日は(公立)高校入試の数学勉強法です。
----------------------------------

1、小問集合の全問正解

多くの都道府県では、数学の大問1は小問集合です。
小問の計算問題や基礎問題は完璧にしておきたいです。

過去の入試問題の計算問題を3年分は解き、
解きなおしをきちんとやって、大問1の満点を目指します。

学力レベルに関係なく、基礎問題の失点は大きく響きます。
できる問題を確実に得点することが大切です。

2、100点は目指さなくていい。

偏差値65以上の高校を目指すのなら別ですが、
トップ校以外は数学で100点を目指す必要はありません。

つまり、捨てる問題があっても構いません。

各大問に(1)(2)(3)があったら、(3)は難問であることが多いです。
偏差値50以下の高校を志望するお子さんは(1)を確実に正解し(2)のいくつかの正解を目指す。
偏差値55までなら(2)までを確実に正解。
偏差値60以上なら(3)のいくつか正解を目指す。
偏差値65以上は満点を目指す。

こんな目安で勉強を進めるといいでしょう。
とくに石川の公立入試は「時間との闘い」です。
自分が解くべき問題の見極めが大切です。

3、融合問題を多く練習
 
入試は1年生~3年生の全部が範囲です。
よく出題されるのがそれらの融合問題です。

二次関数の放物線に一次関数の直線が重なっているグラフは、求積や等積変形が定番。

図形では円の中の三角形の合同や相似証明。

立方体や円錐の中で三平方で長さや体積を求める問題。

過去問が良い練習になりますね。

もちろんですが、
小問集合もやや難しい融合問題も「解きなおしが命」です。
むやみやたらに数をこなすよりも、理解して解きなおす方が自信と学力が付きます。

本日も長文をお読みいただきありがとうございました。

受験生はなんとか無事に受験して合格できることを願っています!

------------------------------------

教室見学・無料体験お申し込みは

桜ゼミナールホームページへ

------------------------------------

勉強のやり方が分からないお子さん!

-------------------------











Last updated  January 22, 2021 05:21:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
[中学生の勉強法] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


がんこ08

Calendar

Freepage List

Free Space

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

がんこ08@ Re[1]:中学生のテスト勉強(05/25) おおくわくんさんへ できましたら、親子…
おおくわくん@ Re:中学生のテスト勉強(05/25) 中1男子の母です。バランスが大事と先生に…
がんこ08@ Re[1]:ルーティンワーク(07/05) 元生徒さんへ そうやね、いつもの道具は…
元生徒@ Re:ルーティンワーク(07/05) 「試験の時はこのシャーペン」 「模試の時…
がんこ08@ Re[3]:明文堂書店 金沢野々市店様(07/28) じょにひさん ありがとう。 出版社の社…

Archives


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.