297965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

営業マンの備忘録

2009年06月30日
XML
カテゴリ:ピアノ
今回はスルタノフファン・竜馬君ファンとして、主催者の一人として参加した。
思えば昨年の第一回アレクセイ・スルタノフ追悼公演に竜馬君を誘い、帰りに第二回目のピアニストとしての参加を打診。快諾頂いたことを思い出す。
その際に、第一回目のピアニスト・山口君からラフマニノフ・ピアノソナタ第2番(ホロヴィッツ版・山口君の採譜)の楽譜を提供してもらうことを約束してもらった。その後の名演はご存知の通りである。多くの意味で転機になった日ではなかったか。
これまでは聴衆としての感想を書いてきたが、今回は裏側(?)から見た竜馬君をお届けしよう。

今年は特に竜馬君と打ち合わせる(戦略を練る)機会が多かった。
竜馬君は色んなコンクール、コンサートを勉強していて、その成果がプログラムにも反映されている。
夜のガスパールは竜馬君の市場調査(?)の結果から手にしたレパートリーである。
またコンサートだけではなく浜松国際ピアノアカデミーにも随行し、本人以外からも様々な声を聞くことができた。
ピアノに没頭できた浜松アカデミー、体調不良でピアノが触れず臨んだティアラこうとう。
今年は更に大舞台が発表されているが、緊張の大舞台以前にもっと大事な、多くのことを学べているのではないかと思う。

余談であるが私が直接伺ったコメントからご紹介。

■2009年3月浜松国際ピアノアカデミーにて
コンチェルト伴奏者の林達也先生
「うわぁー、凄い音を出すね!早く海外行きなさいよ!」
(コンチェルトの練習後)

■2009年6月
ティアラこうとうステージ係のお兄さん
「凄い練習量ですね。まったく休みなしですよ」
6/29(月)朝9時30分から17時まで、ほぼノンストップ
6/30(火)本番当日。朝10時30分から21時まで。調律時間30分×2回を除き、ほぼノンストップ(もちろん公演含む)。

■ティアラこうとう調律師の村上さん
「凄い打鍵でこのピアノで聴いたことのない音が出ています。(練習を聴いていってもよろしいでしょうか・・)」

■夜の部休憩中の竜馬君コメント
(「疲れていない?」という私の質問に対して)
「サッカーに比べれば全然楽ですよ!」
※一日に弾いた音符の数としてはギネス級ではないか?それほど楽譜真っ黒な難曲ばかりの演目。

周囲の声もさるものながら、本人からもこんな声が聞かれるのが凄いところ。
先にも書いたが今回のリサイタル前日まで竜馬君は発熱がひどく、ピアノの練習ができない日が続いていた。練習をしたいがピアノに向かうと発熱するというジレンマ。
リサイタル前日、当日の2日だけで調整するという、ギリギリのスケジュールになってしまった。(そのため、アンコールは1曲でご勘弁頂くことになった。)

コンサート当日。ステージには敬愛するスルタノフの絵が飾られ、ホールのどこかにスルタノフがいるような気配、雰囲気が感じられる。
きっとスルタノフに見守られていたのであろう、竜馬君の熱も下がった。
演奏も、これまで弾き慣れてきた曲ではあるが、圧倒的な演奏を繰り広げた。

「スルタノフの演奏を聴くと、霊感が沸いてくるんです」

インスパイア、だとか、レスペクトだとか小憎たらしい日本語がはびこっているが、16歳の高校生から「霊感が沸く」という言葉を聞かされるとは思わなかった。
確かにスルタノフとの出会いが無かったら、幻想即興曲(スルタノフ編)を弾くことはなかったであろう。カタカナ言葉では語り尽くせない重みを感じ取ってのことと思われる。
今は亡きスルタノフであるが、8月中にスルタノフ夫人・スルタノフ弟さんの前で演奏する機会も得られるようである。
親族と接することにより、更なる霊感が沸くことを期待したい。

ティアラこうとうのピアノは、WEB上の評判があまり良くないので心配していた。
もっさりしすぎ、湿り過ぎとか。
竜馬君の演奏は、そんな霧を払い、飛び抜けた明快な音を奏でていた。
「とても弾きやすく、良い音」というのはお父様、竜馬君共通したコメント。
私もそう思った。あの広さでスタインウェイの煌びやかな音だと頭が痛くなったであろう。
輸入元のコメントにもあるとおり、透明感のある色彩感を感じさせる演奏会となった。

あれこれ記載したいことがあるが取り留めなくなるのでこの辺で失礼したいと思う。
学校の「期末試験」で、熱がぶり返さないことを切に願う・・・。

以下備忘録まで。

2009年6月30日(火)
ティアラこうとう小ホール
昼の部:15時開演
夜の部:19時開演

■昼の部
バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻より第5番 ニ長調
J.S.Bach:The Well-Tempered Clavier2 No.5 D major BWV.874
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番へ短調 作品57「熱情」
L.V.Beethoven: Piano Sonata No.23 F minor Op.57"Appassionata" ラヴェル:夜のガスパール
M.J.Ravel: Gaspard de la Nuit
ムソルグスキー:展覧会の絵
M.P.Mussorgsky: Pictures at an Exhibition


■夜の部
ショパン:スケルツォ第3番嬰ハ短調 作品39 F.F.Chopin: Scherzo No.3 C sharp minor Op.39 シューマン:謝肉祭 作品9
R.A.Schumann: Carnaval Op.9
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの3楽章
I.F.Stravinsky: Trois Mouvements de Petrouchka ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36(ホロヴィッツ版)
S.V.Rachmaninov: Piano Sonata No.2 B flat minor Op.36






最終更新日  2009年07月04日 22時31分50秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.