2815403 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

塩谷哲の「新・先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまには来てね日記」

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

human being

2011/12/13
XML
カテゴリ:human being
申し訳ないっっっっ!!
手違いでオークションの入札を終了してしまいました。

もし購入を検討してくれていた方がいらしたら混乱させてしまってごめんなさい!
でも心配しないで!新しいURLは↓

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r85140871

です。

日曜の夜までまだ時間があるので、ゆっくり考えてみてくださいねー!!

今まで貼ったリンクも全部差し替えてありますのでご安心を。。。






最終更新日  2011/12/13 11:08:02 PM
コメント(7) | コメントを書く


2010/07/01
カテゴリ:human being
ワールドカップ日本ーパラグアイ戦の興奮も冷めやらぬまま、同じ南アのポートエリザベスから車で1時間半くらいの学園都市グラハムスタウンにやってきました。

それにしても試合直後はあまりに悔しくて、その気持ちで一杯になってしまいましたが、よくよく振り返ってみると日本代表はとても爽やかに溌剌と躍動し、この南アでも口々に日本選手の健闘を称える声を聞き、いかにあの場所が特別であり、あの瞬間が歴史的なものだったかということを実感しています。夢を与えてくれた選手達に改めて拍手を送りたいと思います。

そして世界の人々にとってフットボールというものが単なるスポーツとしてではなく、その国を知るもっとも身近で切り離しがたい文化そのものなのだということを知りました。「カメルーン戦での日本は実に勇敢だった。」とか「デンマーク戦のHondaの動きはシャープだったね」「Shunsukeは何故出ない?」などと、実に詳しいのでこっちがビックリ。いやー、スポーツと音楽は国境を越えるね!


さてここグラハムスタウンはネット環境はあまり良くないものの、ちょっと時間があるので少しずつコンゴでの様子を報告しようと思います。

まずは街の様子を。ここ南アで「日本から直接来たの?」と訊かれ「コンゴのキンシャサから来た」と言うと「えっ、あそこに行ってたの?」とすごい顔で驚かれます。
street.jpg
street2.jpg

まぁとにかく混沌としている感じ。上の2つの写真で気付いたことは?





そう、、荷物を頭に乗せて運ぶのが普通なんです。




OnTheHead1.jpg
たまたま近くにパン工場があったので、この光景はいずれ当たり前に感じられ、、。
OnTheHead2.jpg
OnTheHead3.jpg

やはりここでも堂々と道路を横断します。歩行者優先という考え方はありません。渡る、という意志を強く持つことが大事。
OnTheHead4.jpg





もちろんパン以外のものも頭に乗せて運びます。

OnTheHead5.jpg
OnTheHead6.jpg
OnTheHead7.jpg
OnTheHead8.jpg


乗り合いタクシーはギュウギュウに。地元の人しか寄りつけません。後ろに立ち乗りしているのは恐らく料金を徴収する係の少年。危なくないのかぃ。第一、それを公に認めているのかいっ!
taxi.jpg

とにかく昼間でも単独行動は一切禁止。晩飯も必ず全員で。在コンゴ民主共和国日本大使館の皆さん総動員で我々のケアをしてくださいました。このような厳しい環境では出発から到着まで館員の皆さんがトランシーバーで逐一報告し合いながら人や物を移送しなければなりません。無事全てのスケジュールを成功裡に終わらせることができたのも彼らの御尽力の賜に他なりません。この場をお借りして改めて感謝いたします。

何か、これだけ書くとこの場所が危険なだけなように思ってしまいますが、全くそんなことはなくて、ここで知り合った人たちはミュージシャン、スタッフ含め皆、愛すべき人たちでした。ホテルのロビーにまで蚊がたくさんいたり、部屋のお湯がチョボチョボとしか出なかったりすることすら、帰る頃には愛おしく思えたりして・・・。
ホントに貴重ーーーーな経験をさせていただきました。


そうそう、言い忘れましたが、コンゴより先のアフリカツアーより和太鼓集団「鬼太鼓座」のメンバーと竹を使った「バンブーオーケストラ」のメンバーからなるユニット「Music & Rhythms」と合流しました。彼らと一緒に現地の子供たちとワークショップを行ったり、コンサートでジョイントしたり、面白いことを色々やっています。

その様子はまた次回以降に・・・。


それにしてもサッカー日本代表、惜しくも僅差の敗戦。・・・・キンシャ・・・サ の敗戦。


失礼しました。。。










最終更新日  2010/07/01 10:22:13 PM
コメント(13) | コメントを書く
2010/06/30
カテゴリ:human being
多くは語りません。
興奮状態のままスタジアムへ。
ticket.jpg

なにしろ、観戦できるかどうか決まったのが数時間前だったので(次の土地へのエアチケット変更の関係で)、ユニフォームを会場で買うくらいしか出来なかったのです。
普通の格好ですみません・・・。
でもね、「坂本ろーま」でも全然地味だったかも。これからはちょんまげを常時持ち歩くことにしよう。
aga-shioWcup.jpg


試合直前。会場中、緊張感が高まります。
before the game.jpg


驚いたことにカメラやビデオの規制が無く、試合中も撮り放題なんです。
試合に集中しながらも、要所要所でかなり良い写真が撮れたのですが、さすがに肖像権の問題でここには載せられません。

試合の結果は皆さんご存じの通り。内容的に決して負けてはいませんでした。
PKは時の運、駒野を責めることは誰にもできません。あのロベルト・バッジオも外したのですから。
むしろ120分で決められなかったことが問題だったのであってね。

いずれにしてもこの一戦が将来の日本サッカーにとってとてつもなく大きい意味を持つのだと思います。

↓試合終了直後

after the game.jpg

4年後のワールドカップが既に楽しみになってきました。


それと、日本の応援をする外国人がとても多いことに感激しました。
ホテルへ帰っても皆口々に日本代表を称えてくれました。
素直に嬉しかった。
サッカーの力はすごいね。


2時間後、朝の4時出発でツアー最終地、グラハムスタウンという街へ向かいます。

ワールドカップの興奮が落ち着いたら、コンゴの報告もゆっくりしますね。

・・・これがね、、ホントに、、、凄かったんだ!!!








最終更新日  2010/06/30 08:28:25 AM
コメント(23) | コメントを書く
2010/06/22
カテゴリ:human being
なんとっ


ここコンゴのホテルでネットが使えました。すごいっっ!!
速度はとても遅いのですが、こちらがゆったりとした気持ちでいれば問題なし、です。


セゴビアのホテルを出て、ここ、コンゴのキンシャサ(言いにくい)のホテルにチェックインするまで、実に28時間。
なぜこんなに時間がかかるかというと、もちろん直行便が無いからで、
セゴビア→(車移動)→マドリッド→ミュンヘン→ヨハネスブルグ→キンサシャ
と乗り継ぐからです。皆さん、地図で確認してみてください。
これだったら歩いた方が早いんじゃないか、ってくらいジグザグと行かなければならず・・。

そんな中、信じられないことに荷物が無事着きました。これはすごいこと、なんだそうです。
これだけ乗り継ぎが多いと、紛失したり、3日後に届いたり、は当たり前だそうです。


とにかく、無事に着きました。

そして、同じアフリカといってもエジプトのカイロとは全く違います。カイロがヨーロッパやアラブの影響を強く受けているのに対して、ここは、本当の、Black Africaです。Deep Africaです。
凄い! パワーが凄い!


集合時間が近づいてきたので、今日はここまで。
また詳しく報告しますね。

むやみに写真が撮れないので今回は載せられません・・・。ごめん。






最終更新日  2010/06/22 06:16:31 PM
コメント(501) | コメントを書く
2010/06/11
カテゴリ:human being
カイロ公演のことをアップしないと次へ進めないので、
さっきパリ公演1日目が終わったばかりですが、
順番にご報告しますね。
そうしないと、エジプトにギャグしに行っただけと思われちゃうのでね。


今回由緒正しき「オペラ劇場」で演奏する機会に恵まれました。
ここはヴェルディのオペラ「アイーダ」が初演された劇場です。
僕らが演奏したのは小ホールでしたが、やはり歴史を感じる響きがしました。

↓ 特設日記ページにも登場していたピアノ。
アラビック音階の1/4音(半音の半分)を表現できます。
つまりね、白鍵だけを弾くとWhole Tone(全音階)になるのです。
その全音を黒鍵3つで4等分してるわけ。わかる?
これじゃ「ねこふんじゃった」が弾きにくくて仕方ありません!!

QuarterKeys.jpg
QuarterTonePiano.jpg

ステージにもアラブの香りが漂います。
CairoOperaHouse.jpg
↑この右に写ってる帰ろうとしている人が今回のゲストMahmoud Kamalさん。



ああ、この人です。naiという日本の篠笛のような楽器の名手で、とっても美しい音色を奏でてくれました。
Mr.Mahmoud Kamal.jpg
肝心の笛を吹いている写真が無くてすみません。カメラマン失格ですね。

コンサートは大盛況で、終演後にはテレビやラジオ、新聞、雑誌のインタビューに追われました。
持って行ったCDも60枚が完売に。やっぱり嬉しいね。



夜も遅かったのですが、今回大変お世話になった国際交流基金の方々に打ち上げを催していただきまして。
Arab restaurant.jpg



・・・やられました。
23:50 あと少しで日が明けるという時に
B.D.Cake.jpg

カイロの地で誕生日を祝ってもらえるなんて、恐らくもう無いでしょう。
水たばこ(青りんごフレーバー)の強烈な香りが充満する中、
見たこともないような巨大なナイフで
CakeCut2.jpg
CakeCut3.jpg




このブログにもたくさんの誕生日メッセージありがとう!!!
息子にもありがとう!!

そして今日パリで、めいさんからとても素敵なメッセージ・ブックを頂きました。
一生の宝物にするけんの。皆の気持ちはしかと受け取った。ありがと。


さてパリのことはまたいずれアップすることにします。
明日はパリ公演2日目。素晴らしいゲスト登場で盛り上がりそう!!







最終更新日  2010/06/11 10:11:11 AM
コメント(501) | コメントを書く
2010/06/06
カテゴリ:human being
こちらへ来て5日経ったのですが、いろんな事がありすぎてなかなかブログにアップできず
今になってしまいました。数時間後にはカイロへ向けて出発です。

アルカ劇場というところで2回公演しました。今日はこちらで活躍するミュージシャンやアートのパフォーマーと目一杯コラボして、とっても盛り上がりました。しっかりAGA-SHIOを印象づけた感じです。
もともとこの劇場のプロデューサーに気に入られて今回のツアーが実現したようなものなので思い入れもひとしお。
また次回へと繋がる内容になったことは自分達にとっての大きな収穫です。


今回お世話になったチェコ製のピアノ、ペトロフ↓
petrof.jpg
最初はちょっと弾きにくかったけど、弾き込むうちにだんだんと良い音が鳴るようになって素晴らしかった。


着いた日と翌日には冷たい雨が降っていて寒かったけど、3日目からは一転快晴、お散歩日和に。

まずはあの川へ。
Vltava.jpg
スメタナ作曲の交響詩「わが祖国」の中の「モルダウ」ですよ。教科書にも載ってましたね。
実はこの「モルダウ」という名前はドイツ読みで、チェコではヴルタヴァと言います。

↓こちらがスメタナさん。後ろに微かにプラハ城。
Smetana.jpg

川沿いを歩いていたら何やらちょこちょこ動くものが。
swan river.jpg
白鳥のひなです。かわいー。



歩いて歩いて、歩き疲れたので足湯でも入ろうと思い、、、
Caracalla again.jpg
それはもういいって!!!!それはローマで、カラカラだからっっ!


夕暮れ時(といっても7時前だけど)、向こう岸にプラハ城を臨みながら何を語るのか。。。
lovers.jpg


それではここでサービスショット。

Aga smile.jpg
Bud.jpg

ここでもやはりビール。あのバドワイザーはここが発祥ということで、なんでも商標を巡って係争中だとか・・。ありゃりゃ。


以上プラハからお送りしました。
ライブ関連のことは特設日記ページの方をご覧下さい。

さぁて、明日はいよいよカイロ。

やっぱり、、、、期待しちゃう?








最終更新日  2010/06/06 10:44:25 AM
コメント(501) | コメントを書く
2010/06/02
カテゴリ:human being
最低でも一週間は滞在したいね。
それでも全然足りないけど・・・。

今回ローマには本番前日の午後に着き、
公演翌日には次の地へ移動、という強行スケジュールだったため
ローマの思い出はとても慌ただしい中で作られました。

RyomaInMetro.jpg
↑が、そんなことは感じさせず特異な威厳を放つ「坂本ろーま」。
「地下鉄なかなか来ないし、ちっくと勇気が要ったぜよ。」



本番日も午前中は一人で街中を歩き回り足が疲れたので、偶然見つけた
総合娯楽施設「カラカラ浴場」で風呂でも入ろうと思って行ってみたら・・・

Caracalla1.jpg
Caracalla2.jpg


カラカラでした。






というわけでプラハに着きました。
明日早速本番です!



え?ローマ公演はどうだったかって?




最高に盛り上がったぜよ!!
鳴りやまない拍手、絶対忘れやーせん。








最終更新日  2010/06/02 05:50:36 PM
コメント(27) | コメントを書く
2010/05/27
カテゴリ:human being
すっかりご無沙汰こりゃ失礼ござんした。九段下。

人間ドッグ、西宮でのピアノソロ(いつもながら気持ちよかった~!)、J-waveのSHISEIDO MIDNIGHT FACESの録りだめ(ここだけの話!)を経て、
いよいよAGA-SHIOのヨーロッパ→アフリカ ツアーが始まりました。

まずはドイツ、デュッセルドルフに到着。
当然のようにこれからスタート↓ 

beer.jpg

やっぱりドイツのビールは全然違う!めちゃ旨いし、なぜか酔わない。
そうこうしている内に、ガツンと肉が出てきてしまって、さあ大変!食べ切れん。

TheDeutschland.jpg


↓これはホテルの部屋からの眺め。駅に隣接しているホテルにもこのようなパティオ(中庭)が。

tsuta.jpg

さすが几帳面なドイツ。蔦もシンメトリーに整然と張り付いて。






最終更新日  2010/05/28 12:53:51 AM
コメント(13) | コメントを書く
2010/04/01
カテゴリ:human being
皆さん、

お騒がせして


すみませんでした。。。。


反省して檻に入りまする。

oran.jpg







最終更新日  2010/04/02 12:00:22 AM
コメント(32) | コメントを書く
2010/03/21
カテゴリ:human being
とは言ってもまだ関空です。

すでにホテルを出てから26時間経っています。

そして羽田行きの飛行機が強風のため遅延しているため、空港に足留めを食らっています。







なかなか着かないなー。。。。








最終更新日  2010/03/21 01:16:48 PM
コメント(501) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.