479183 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本と世界を行ったり来たり

PR

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

アジア旅行

2017年06月05日
XML
カテゴリ:アジア旅行
もう6月。

もうすぐ梅雨入りなのでしょうか。
さわやかな初夏の陽気が、数日続きました。

いくらなんでもゴールデンウイークの思い出を、
いまごろちんたらちんたら書くわけにはいきません。
本日でサクッと終わらせます。

楽しい思い出をいっぱい作って、
すっごく後ろ髪を引かれながら、
バンコク発上海行きの上海航空便に搭乗。

9:50出発で、まだ、午前中なので、ディレイはありません。

バンコク搭載の、かわいい機内食がサーブされます。



チキンかシーフードのチョイスで、
シーフードヌードルです。
トレイの右上、銀色で花びらが書いてある容器は、マーガリン。
ですから、パンも一緒に配られるはずなのでしょうが、忘れているようです。

ほとんどの人が食べ終わったころ、
パンを配っていましたが、
パンだけもそもそ食うのもねえ。
ほとんどの人が、受け取っていなかったようですよ。
もちろん私もパス。

メインのシーフードヌードルは、
バンコクエアウエイズの国内線でも出そうな、
コンパクトだけど、手軽に食べられる感じの、美味しいお味。
ヌードルは緑色でしたが、決して抹茶味ではありませんよ。

上段真ん中のトレイは、フルーツの盛り合わせですが、
ソムタムのような味がするソースで和えてありました。

左側は、ココナツミルクのお味が優しい、タイスイーツ。

今回、次にご紹介する、上海-日本の帰路便の機内食も含めて、
4回、機内食を食べる機会がありましたが、

このバンコク搭載の機内食が一番おいしかったかな。


さて、上海を夕方に出発する日本行きは、
やっぱりディレイ。1時間少々ディレイしました。
到着は、そんなに遅れなかったので、
頻繁に起こるディレイを見越して、ダイヤを組んであるのかもしれませんね。



今回は、忘れずにパンもサーブされましたよ。(笑)

チキンかビーフのチョイスで、ビーフのトマト煮ご飯をゲット。

上段右側の小皿は、日本風の味付けのお料理が入っていて、
プチサプライズ。
伊達巻に、レンコンと糸こんにゃくの煮物。

メインのビーフのトマト煮ですが、
私は、すっごい記憶の底をくすぐる味に感じました。
なんと、アフリカに住んでいるときに、
よく食べていたビーフのトマト煮と同じ味。
へー、この味を、アジアでいただくなんて、
全くの想定外でしたよ。

そういうことで、私は懐かしくて完食いたしましたが、
普通の日本人観光客の皆様には、
お口に合わなかったかもしれませんね。






Last updated  2017年06月05日 17時12分13秒
コメント(2) | コメントを書く


2017年05月29日
カテゴリ:アジア旅行
上海空港で、乗継の、バンコク行きの上海航空便を待っていると、
使用機材の到着遅れにより、出発が遅れるとのアナウンス。

広いけど混んでいる中国大陸。
地方から上海に到着する飛行機が遅れているようです。

結局、1時間半くらいの遅れが生じました。

でも、出発が遅れるということは、
ほとんどの搭乗予定のお客さんは、搭乗口で、
「まだか、まだか」(笑)と待っている状態。
ですので、搭乗開始から、アッという間に搭乗完了。
機材もボーイング737と、小ぶりな機体でしたので、
ほぼ満席にもかかわらず、さっさと出発です。

機内は、中国の皆様が多いですが、
連休ということもあるのでしょうか、
日本人観光客もちらほら。
おじ様たちの2~3人のグループ旅行も、
見かけましたよ。

上海からバンコクまでは約4時間のフライト。
離陸後、しばらくして、機内食タイムです。



チキンかシーフードかというチョイスで、チキンを選択。
周りの皆様もチキンの選択が多かったなあ。

水とスイカにはさまれた小鉢は、
サラダの扱いなのでしょうか、
さわやかな味のするゴロゴロした野菜に、
ハンバーグのようなお肉が添えてあります。
八角の香りが強い、中華を感じるお味です。

メインは、チキンと野菜の甘酢あんかけにご飯。
パンの下に、袋に入ったザーサイがあり、
それを添えて食べると、美味しかったですよ。






Last updated  2017年05月29日 11時36分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月24日
カテゴリ:アジア旅行
本日は、暑さの和らぐ日、と天気予報が言っていましたが、
雨が降っています。そりゃ、暑さも和らぎますよね。

日本は、天候の移り変わりが激しいので、
天気予報は難しいでしょうね。
乾季になれば、数か月雨が降らず、ずっと晴天が続く、
アフリカのサバンナ地域の天気予報とは、
全然違うでしょうね。

さて、地元の空港から上海経由でのバンコクへの道。

本日は、往路の機内食のご紹介です。




地元の空港から上海までのフライトで出た機内食。

朝日がまぶしくて、白飛びしている写真で申し訳ありません。
デジカメでの撮影です。

航空機は前の晩、上海から飛んできていて、
夜間ステイの後、上海に折り返すという運用です。

朝9時過ぎの出発ですから、朝食という設定でしょう。
地方空港だからでしょうか、
こういう素朴なケータリングをする会社ってあるんですね。
お味から、絶対に日本での調理ですよ。

なんだか、林間学校みたいな研修センターでの朝食を、
思い出しました。

写真左上の白い容器にはいっているものは、

容器内左上から時計回りに、

肉団子
ブロッコリー
ポテトサラダ
ニンジン(ほとんど写真には写っていません)
オムレツ(ケチャップ添え)
ハム

あと、ソフトドリンクや、コーヒー・紅茶がサーブされます。

お味は、
「ザ 研修センター(笑)」

日本の味に、ほっとしました。






Last updated  2017年05月24日 10時31分28秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年05月21日
カテゴリ:アジア旅行
暖かい週末です。

金曜日まで、電気ストーブが部屋にありましたが、
昨日暑くてたまらなくなって、電気ストーブをしまい、
扇風機を出しましたよ。
6月が目前ですね。

さて、上海経由のバンコクへの道。

航空券は、中国東方航空として全旅程購入し、
日本-上海間は、中国東方航空のフライト、
上海-バンコク間は、中国東方航空のフライト番号も付与されている、
上海航空のフライトに搭乗です。
中国の航空会社への搭乗は、
初めての海外旅行の際に利用した中国民航以来ですから、
両社とも初めての搭乗経験です。

中国は機内のセキュリティー対策が厳しいのか、
いつものフライトでは経験できないことが、少しありました。

その一つは、
機内へのライター類の持ち込みが厳しく制限されていました。
(日系の会社は、一人1つは持ち込めたと思いますが...)

私は喫煙者ではないのでライターを持ち歩くこともありませんが、
煙草をたしなまれる方は、要注意でしょうね。

また、多くの航空機内では、
スマートフォンに関しては、
フライトモードにしておけば、
フライト中でも、写真撮影や、
電話機内に記憶させている書類などの閲覧、などは、
できますが、

中国の飛行機では、
フライトモードであっても、電源を入れることは禁止されています。
ですので、機内食や機外の風景の写真撮影などされたい方は、
スマホではなく、デジタルカメラなどを持参する必要がありますね。
出発時に流れる、安全のためのビデオで、はっきりと、
「フライトモードにしていても、電源を入れることは禁止」
と明言してありました。

実際、機内で旅客の皆様は、
タブレットで動画を楽しんだりされていましたよ。

私もその情報を事前に得ていたので、
昔懐かしいデジタルカメラを持参しての旅行となりました。






Last updated  2017年05月21日 16時55分49秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年05月18日
カテゴリ:アジア旅行
晴れになると、気温が上がり、
初夏という言葉がふさわしい時期になりました。

バンコクは、雨が降り始めて、
思いのほか、暑くないそうです。

さて、今年のゴールデンウイークを利用しての、バンコク訪問、
4月30日の日記に書いたように
地元の空港から、中国・上海を経由した旅となりました。

昔々、その昔、
私がまだピチピチの20台(!)だったころ、
初めての海外旅行は、中国でした。
当時の同僚が一年だけ中国に派遣になったので、
その同僚を訪ねての旅行でした。

大阪伊丹空港に国際線があった時代、
中国民航という中国の国営航空会社で、
上海に飛んだのが初体験!!

その時は、機内食が出るなんて知らなくて、(爆)
飛行機の中で食べようと思い、
空港でハンバーガーを買い込んで、機内に持ち込みましたよ。
(飛行機は国内線もろくろく乗っていない時代でしたよ。)

機内では機内食を食べ、
伊丹空港で買ったハンバーガーは、無事上海到着後の、
その日の晩飯でいただきました。
迎えに来てくれた同僚と一緒に、仲良く食べた思い出があります。
なんせ、天安門事件の数年前という、遠い昔ですから、
中国も今のようではなく、
持ち込んだハンバーガーが、役に立ちました。(笑)

さて、時は変わって、
上海空港も大変近代的になり、
中国の皆様も、積極的に海外旅行に出る時代となりました。

ちょうどランチの時間帯、
上海空港の搭乗待合のベンチで、
カップ麺を召し上がっている皆様を多く見かけました。

カップ麺は乾燥しているものですから、
空港のセキュリティーを問題なく通過できます。
でも、カップ麺にはお湯が必要ですよね。
そのお湯、どこから来たんだろう、と不思議に思っておりましたが、



すぐにそのなぞは解けました。

このような給湯器が、待合のあちらこちらにおかれています。

日本とかタイでしたら、冷水器でしょうが、
ここは中国。さすが給湯器です。

30度くらいのぬるま湯と、99度のほとんど熱湯とが出てくるようで、
水をそのまま飲みたい人は、
ぬるま湯を備え付けの紙コップで飲めますし、

カップ麺を食べたい人や、持参の水筒にお茶の葉を入れてきた人は、
熱湯を注げばよいという、大変便利なものがありました。

使用法も漢字で書いてくれているので、
少し想像を働かせれば、使用法がわかります。
表意文字って偉大ですね。

数時間のトランジットだけですと、
コーヒー一杯買うだけのために、
現地通貨に両替するのもなんですし、
(カードで払えるんでしょうけど)

大変役に立ちました。






Last updated  2017年05月18日 15時23分47秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年04月30日
カテゴリ:アジア旅行
好天に恵まれている地域の多いゴールデンウィークは、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

私は、案の定、海外におります。
変わり映えしない目的地ではありますが、
私にとっては、海外とは思えない、
慣れた地でもあります。

いつもでしたら、
地元の空港から羽田に飛び、
羽田か成田から、その到着地までの旅行ですが、

今回その旅程を大幅に変更してみました。


今回の旅程は、

地元の空港からの国際線で、
中国・上海に飛びます。

そして、数時間のトランジットの後、到着地までまで移動します。

地元の空港は、今まで何度となく利用しましたが、
国際線は初めての利用。

いつもは、国内線乗り場から少し離れた、国際線乗り場を遠目に眺めながら、
ここから旅立つことはあるのかなあ、と感慨にふけっておりましたが、
今回初めて実現しました。

そして、日系以外の航空会社の利用も、久しぶりです。

中継地、上海は、新しく建設された、近代的で巨大な空港です。
また、利用者も多く、セキュリティーチェックなどは、
かなり時間がかかり混雑した印象でした。


上海空港での乗継便が表示された画面です。

私の利用する便も書いてありますが、ご覧になれますか。

漢字とアルファベット表記の中国の掲示板は、
意外と見やすかったりします。



昼下がり、のんびりと乗継便を待ちます。






Last updated  2017年04月30日 16時55分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月03日
カテゴリ:アジア旅行
今日、つらつらと、諸外国の祝日などをまとめたサイトを見ながら、
気が付きました。

NNA World Calender

東南アジアの一部の国々で、
盛大に祝われる水かけ祭り、

ミャンマーでは、テンジャン、
タイでは、ソンクラン、

と呼ばれるお祭りは、毎年決まって、
4月の中旬。

今年は、4月12日・13日ごろから週末にかけて、
にぎわいそうです。

そして、欧米やアジア・アフリカのキリスト教国などで、
盛大に祝われるイースター。

こちらは、3月から4月と、年によって、1月くらいの幅で移動しますが、

今年は、4月14日から17日がお休みとなる国が多いようです。

タイでは、毎年ソンクランの時期に、
欧米からお客さんが大勢やってきます。

今年は、イースター休暇を、タイのソンクランで楽しもう、
というお客さんが多いかもしれませんね。

この時期、タイを発着する航空便は劇混みですが、
今年は、輪をかけて混んでいるかもしれません。

タイでは、
昨年のラマ9世の崩御を受けての服喪期間ではありますが、
街では、ソンクラン恒例のアロハシャツも店頭に飾っているそうです。
いつもの年と同じというわけにはいかないかもしれませんが、
ソンクランはソンクランで盛り上がれば、
景気を刺激することもできて、いいかもしれませんね。






Last updated  2017年04月03日 10時15分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年08月09日
カテゴリ:アジア旅行

Peach Aviationとエアアジア・ジャパン

 

どちらも、全日空が、今年に入って、立ち上げた、格安航空会社の名前です。

 

Peach Aviation

 http://plaza.rakuten.co.jp/samaita/diary/201105240000/

会社の設立自体は、今年の2月ですが、

この5月に社名をPeach Aviationに改め、

香港のファンドと手を組み、

関空に拠点を置く、航空会社とのこと。

 

エアアジア・ジャパン

 http://plaza.rakuten.co.jp/samaita/diary/201108050000/

こちらは7月21日に発表になった、

全日空とマレーシアに拠点を置くエアアジアとの合弁会社で、

成田に拠点を置くとのこと。

 

拠点が、関空・成田と、別々とはいえ、

全日空が2つの格安航空会社を持つことは、

どうなのかな?と、ふと、頭をよぎりました。

 

そんなとき、この記事が目に留まりました。

 

また格安航空会社を設立したANA、2本立て飛行のなぜ?

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110809-00000000-toyo-bus_all

 

記事の中では、全日空の立場として、

ピーチへは(33%の)出資を行う立場であり、彼らは独自の経営を行う」 

エアアジア・ジャパンはわれわれが主体的にスピード感を持って立ち上げ、連結収益の最大化を追求するものだ」 

 としてあり、立場の違いをはっきりとさせています。

 

そういえば、ヨーロッパの代表的な格安航空会社、アイルランドのRyan Air のもと経営陣が、Peachの顧問として迎えられた、とのニュースも聞いたことがありますが...

 

でも、この記事にあるように、

この東西2社の設立の裏には、アセリがあったとの見方、

そうなのか、なるほどな、と思ってしまいました。

 

いかんせん、

1993年の国内線の規制緩和のときと比べ物にならないくらいの、

大きな競争が、

アジアを舞台に、

激化していくのでしょうね。 







Last updated  2011年08月09日 16時02分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年08月05日
カテゴリ:アジア旅行

ネットで、このニュースを見つけたとき、

思わず「ワオッ」て小さく叫んでしまいました。(笑)

 

エアアジア 関空就航へ、日本2路線目

 http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=49876

 

マレーシア・クアラルンプールを中心に、

東南アジア・東アジアのみならず、

オーストラリアやヨーロッパにまで、

飛んでいる、ローコストエアライン、エアアジア。http://www.airasia.com/jp/ja/

 

日本には、すでに羽田空港へ、就航しています。 

 

東南アジア内では、マレーシアだけでなく、

タイやインドネシアなどに現地法人を設立して、

そこから別のアジアの国々に飛んでいますから、

 

エアアジアファミリーの発展は、目を見張るものがあります。

 

先日も、全日空と提携して、

成田を拠点とした「エアアジア・ジャパン」を、

設立すると発表したばかり。

 http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=49685

 

今度は、クアラルンプールから関空に、エアアジア便の就航ですか。

タイムテーブルとか詳しいことの発表は、来週のようですが、

関空からも、アジアの風により吹かれやすくなりましたね。 







Last updated  2011年08月05日 15時12分31秒
コメント(6) | コメントを書く
2011年04月23日
カテゴリ:アジア旅行

すでにナイロビに戻りました。

 

相も変わらず、旅行のことを少しずつアップしていきます。

 

アユタヤで遺跡をたくさん見て回り、

きれいにデコレーションした象さんにも会いました。

 

その上、とっても珍しいものも見かけましたよ。

 

 

Apr1108

ななんと...

車にATMマシーンが乗っているじゃないですか。

そして、外貨両替もやっちゃっています。

 

場所は、アユタヤの有名なお寺の前の駐車場。

時は、ソンクランの連休が明日から始まるという月曜日。

タイの人々も、多くの人が、すでに連休に入っています。

ですから、

私たち外国人観光客だけでなく、

多くのタイ人観光客が来ているんですね。

 

有名なお寺の前に、

たくさんのお土産物屋さんが軒を連ねるのは、

洋の東西を問わず、どこも同じ。

 

だから、急な出費にも対応できるように、

ちゃんとATMがあります。(笑)

 

 

車にATMを積んで、ついでに、両替屋さんを車の上でやっちゃうって、

すごいなあ、タイって安全なんだなあ、と感じました。

 

ケニアでは、現金輸送車には常に警察の護衛がつきますし、

それでも時々、襲われて、現金が盗まれます。(内部犯行のようですが...)

 

ATMと両替屋さんを積んでいる車って、

すぐカージャックに会っちゃいますよね。







Last updated  2011年04月23日 16時29分47秒
コメント(4) | コメントを書く

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.