063906 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

甘栗の山登り

PR

Category

Comments

甘栗2127@ Re:おめでとうございます!!(12/31) >苺みるくさん コメントありがとうござ…
苺みるく@ おめでとうございます!! 一人箱根駅伝、今年は遂に完走ですね! お…
プラダ トート@ hsjclsegzep@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
ミュウミュウ 公式@ cigthc@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
マルベリー 店舗@ nsnloexsm@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


甘栗2127さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません
2012.12.24
XML
カテゴリ:ハイキング

丹沢スタンプラリーが今年度開催されていますが、私の丹沢全山スタンプラリー(スタンプはないけれど)は佳境を迎えていました。

 

 

 

一応主要ルートでいける山頂は残すところ、西丹沢の風屏岩山と権現山。

 

そこに行くべくハイキングに行ってきました。

 

 

 

ただ、そこの山だけ行ってもつまらないので、今回はもう1つお楽しみということで、まだ通ったことのない「鍋割山⇒オガラ沢出合」のルートを行程の中に入れました。

 

 

 

 

今回のコースは

 

大倉⇒二俣⇒後沢乗越⇒鍋割山⇒鍋割山北尾根ルート⇒オガラ沢出合⇒ユーシンロッジ⇒大石山⇒同角ノ頭⇒石棚山⇒箒沢公園橋(バス停)⇒大滝橋⇒大滝峠上⇒風屏岩山⇒権現山⇒浅瀬入口(ゴール)

 

 

 

普段大倉の最寄りの渋沢駅から走るんですが、ちょっと寝坊したこともあり、渋沢駅から3番バス位のものに乗り、大倉まで行きました。

 

登山ブームなんでしょうね。とっても人が多くビックリしました。

 

 

大倉を7時半頃スタートして、まずは鍋割山を目指します。

 

前日が雨だったのと天気予報で「寒い」みたいな事を言っていたので、1000m以上は雪かな?とちょっと心配していましたが、対して雪は無く、歩きやすく、寒さも大したことありませんでした。

 

 

実は今回は痛恨のミスを2つほど。

 

 

・新しい熊鈴を買ってくるのを忘れた。

 (前回山に行った時に壊れてしまった)

 

・写真機を持ってくるのを忘れた。

 

 

熊鈴は、家で準備している時に気づき、しょうがないので今年の夏に登った雄山で、半強制的にもらった御札についている鈴を持って行きました。

 

写真機は携帯で代用・・・。

 

 

 

天気も私の中では「晴れ」だったんですが、鍋割山についてもガスの中。

 

まあ、それはそれで、幻想的なので綺麗でした。

(雨さえ降らなければよし!)

 

 

鍋割山は特に止まらずに通過。

 

鍋割峠方面にちょっと下ってから、今回のお楽しみコースに入ります。

 

地図では虫眼鏡で見なければわからないくらい薄く書いてあるルート(2008年版?)で、薄~くルートはありますが、落ち葉で隠れていたりするので、久々にコンパスを出して方向を確認しながら進みました。

 

1度通ってしまえばなんてことないルートですが、イメージとしては

 

・尾根を北に向かって降りていく。

・テン場のようなところ(旧鍋割峠?)から一度登り返す。

・登り返し終わったら再び北に向かって尾根を降りていく。

・コルまで来たら、左下に沢が見えるので沢に降りて進んでいくとオガラ沢出合

 

ここのルートは今年出た「東丹沢登山詳細図」の方が詳しく書いてあります。

 

 

というわけで、オガラ沢出会いに到着。

 

あとはユーシンロッジまで玄倉林道を進みました。

 

 

ユーシンロッジからは同角山稜をひたすら登っていきます。

 

ここは下りで使ったことありますが、登るのは初めてです。

 

大体想像はついていましたがきつい・・・。

 

ここのルートでは人に合わないだろうと進んでいたら、なんと下山してくる人がいてビックリしました。

 

 

とりあえず大石山に到着。

 

ここまで飲まず食わずで進んできていたので、ちょっぴりスニッカーズ休憩。

 

DSC_0018.JPG

 

あたりを見渡してもガスの中なのでなんにも見えない。

 

DSC_0017.JPG

 

晴れていれば蛭ヶ岳も見えるのに・・・。

 

 

そういえばここにはいつ来たかなぁ~なんてちょっぴり思い出にふけっていました。

(今回のルートは久々に通るルートなので「思い出ルート」かもしれません^^;)

 

あまり長居しても寒くなるだけなので、甘いひと時を過ごしてから(口の中がね^^;)先を急ぎます。

 

大石山の裏の鎖場で、滑って転んで危うく飲み物を谷底に落としてしまうところでした(汗)

 

まあ私が滑落してもどこかで止まりそうですが^^

 

 

その鎖場を過ぎてから、積雪が少し有り(1cm位?)進むのに少し慎重になりました。

 

ただ、昨日の夜少し降ったくらいの雪なので、凍っているところも無く、適度に慎重に進めば大丈夫くらいの積雪でした。

 

 

同角ノ頭まで、まだまだ登りは続きます。

 

ただ、雪景色が綺麗で、景色で気を紛らわせながら進みました。

 

同角ノ頭についてから、ちょっと写真撮影。

 

DSC_0019.JPG

 

誰もいないので、証拠を残してきました^^

 

DSC_0020.JPG

 

周りはこんな感じ。

 

 

DSC_0021.JPG

 

樹氷も。

 

 

 

と、写真撮影している時に、ふと頭を触ると汗で濡れた前髪が凍っている。

 

手ぐしを入れようとすると、バリバリっと髪の毛が抜けそうになるので、ここは大事に、気にはなりますが、頭を触らないようにしました^^;

(抜け毛が気になる年頃なので)

 

 

まだまだ登りは続きます。

 

檜洞丸との分岐についてから、今度は箒沢へ下っていきます。

 

檜洞丸によってもいいんですが、時間がなくなってしまうので今回はパスしてやりました。

(本当は登り返したくなかっただけです^^;)

 

 

 

 

つづく。

 

 

 







Last updated  2012.12.24 09:02:36
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.