2370571 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

カナダ、バンクーバーからお届けするマジな英語学習日記です。

長年の英語講師生活の中で多くの学習者から問われた質問を通じて、いかに日本の学校英語教育は学生たちに本質的な英語を教えていないかということに気づき、様々な文献を調べ直しまとめたのがこの英語学習日記です。

このブログは一通り英文法を学んだ人が対象ですが、高校生レベルの英語力があれば理解できる内容です。英語に自信のある人、より洗練された英語を使いこなしてみたいと考えている人など、英語により深い関心を寄せている人たちを想定しながら制作しました。

ゲーム感覚でトライしてみて下さい。
2020年11月26日
XML
カテゴリ:前置詞

アイアクセス・バンクーバー からのお知らせ!


​この度、スクールのホームページを全面リニューアルいたしました。


アイアクセス・バンクーバー HP


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新メルマガ問題


次の英文は正しい?


1) She teaches at a high school.

2) She teaches high school.




















答:ニュアンスは異なるが、どちらも正しい。


詳しい解説についてはメルマガ  学校で教えて欲しかった、こんな英文法!”  でチェックしてくださいね。 


登録はこちら:​​​学校で教えて欲しかった、こんな英文法!​​




*携帯アドレス、Gmail、YahooMail、hotmailにメルマガが届かない場合、以下から受信設定をお試しください。


​​受信設定


​​
TOEICメルマガも発行中。

TOEICにご興味のあるかた是非登録して問題を解いてみて下さい。


登録はこちら→​​TOEIC プラス​​




​​TOEICブログはこちら→ ​こんな TOEIC 教えて欲しかった!
​​

ーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆


学校英文法で常識とされてきたものが、実は間違っていたら?


海外の英文法書はどんどん進化しているのに、日本の学校英文法は50年以上も内容がほとんど変わっていない!


定説を覆すような行為は嫌われるし、クレームもつきやすいと思いますが、勇気を持って学校英文法の誤解、勘違いを指摘します。


今回は「期間」を表す前置詞の ”真”常識。


今回の問題


正しい前置詞はどっち?


She ran to the station ( for / in ) twenty minutes.   





















答:in  


「~間」という期間を表す前置詞は for だと習ったことがある人が多いかと思いますが、期間を表す前置詞 in も忘れてはいけない前置詞です。


今回は期間を表す前置詞「for」と「in」についてお話しします。


イメージ英文法的には両者は次のようなイメージで拡張します。


for:「相当」→「期間」

in:「幅」→「期間」


for の例文(
CGELより引用


She ran for twenty minutes. 

(彼女は20分間走った)


彼女が走った量が20分間に「相当」しているというイメージ。


走った量と20分は同じ(走った量=20分)が for の期間のイメージ。


このイメージから「彼女は20分間走った」という意味になるのです。


in の例文CGELより引用


She ran to the station. 

(彼女は駅まで走った)


このような文になると、走った範囲(bound)が現れます。例えば、家から駅までという範囲。そして、この範囲が「時間の幅」と重なります。


例えば、駅まで走った時間の幅が20分なら、


She ran to the station in twenty minutes.

(彼女は走って20分で駅に着いた)


この文で for は不適切になります。


期間の in は過去形・過去完了形と共に用いられ、過去の「時間の幅」を表します。そして、時間の幅の終点で、ある結果に至ったことを表し、主に、何かを成し遂げるのに要した時間を表すのに用いられます。


彼女は走って20分で駅に着いた→20分後(終点)で駅に着くという結果に至った


このある結果に至ったこと(accomplishment)を表し、何かを成し遂げるのに要した時間のイメージが期間の in のイメージです。


この何かを成し遂げるのに要した時間のイメージがわかると、次のような例文もイメージしやすいと思います。


She finished her report in three days.

(彼女は報告書を3日間で仕上げた)


この文でも for は不適切です。


このように期間の in は過去の時間の幅を表し、時間の幅の終点で、ある結果に至ったり、何かを成し遂げるのに要した時間を表すのに用いられますが、期間の for にはこのような意味合いはありません。


この in の期間のイメージがわかると未来における「〜後」に使われる in もすっきり理解できるようになりますよ。全く同じイメージです。


I'll be back in twenty minutes.
(20分に戻ります)


古い常識に囚われず、”真”常識の理論とイメージの英文法へ!


英文法は簡単明瞭!


お役に立てたなら、応援ポッチもよろしくお願いします! 

​​​人気ブログランキングへ ​​




​iaxs vancouver ホームページ​




​iaxs vancouver Facebook​




TOEICブログ→​​こんなTOEIC教えて欲しかった!​​




発行者 小栗 聡 

本ブログの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。

Copyrights (c) 2007-2020 by Satoshi Oguri  All rights reserved.







最終更新日  2020年11月26日 08時21分46秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


samito07

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

samito07@ さいさいさん さいさいさん、はじめまして。ご訪問あり…
さいさい@ Re:It would rain tomorrow. の不自然さ!(04/02) 初めまして! 英語勉強中の年寄りです。ブ…
Samito07@ mmmさんへ >>able を potential ability と言って…
Samito07@ mmmさんへ >keep ~ingということもあると思います…
mmm@ Re:able to do vs. capable of doing(06/20) 度々の質問失礼します。 >able を pot…

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.