787309 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

前立腺癌観察記録 "natural cure of prostate cancer "

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


大黒町

Favorite Blog

すべきことは全て楽… New! 楽天星no1さん

あした New! ひろろdecさん

イザ!波・イザ!凪 New! はなあそびさん

アオサギが出てきた New! mogurax000さん

用水路カワセミ日記… New! ★黒鯛ちゃんさん

Comments

大黒町@ Re:こんばんは!(04/14) ★黒鯛ちゃんさんへ ありがとうございます…
★黒鯛ちゃん@ こんばんは! 水彩画は久しぶりに見させていただきまし…
大黒町@ Re:こんばんは!(03/31) ★黒鯛ちゃんさんへ ありがとうございます…
★黒鯛ちゃん@ こんばんは! お久しぶりです。 山登り良いですね~~!…
大黒町@ Re[1]:がんを考える(09/17) K島N明さんへ お久しぶりです。 少し涼…

Freepage List

2020年09月17日
XML
カテゴリ:前立腺癌
50歳を過ぎたころから妙に月日のたつのが早くなった。
その分、年を取るのも早い。
死の期限が迫ってくるのだ。
普通ならそれは苦痛でしかないだろう。​​
だが私の場合、それは少し違う。
何故なら私にはがんがあるから、それも治療せずそのままで。
自然療法でそのまま消えてくれるのを待っているのだが、がんを抱えているという心の重荷がないわけではない。
その重荷から解放されるには、がんが消えるか、私自身が消えるかのどちらかしかないのである。
月日が早く過ぎ、死が駆け足でやってくれば、私はがんという重荷から解放されるだろう。
がんが消えれば、私は長生きするだろう。
どっちに転んでもいいことづくめ。
がんとはそれ程ありがたいものなのだ。
それを手術で取り除くなんて馬鹿げていると思わないだろうか。​​






Last updated  2020年09月17日 18時03分06秒
コメント(2) | コメントを書く
[前立腺癌] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:がんを考える(09/17)   K島N明 さん
ほぼ同感です
どうせいつかは死ぬわけで その間に何ができるか?
自分も楽しみ 他人も喜んでくれるような時間を多く作り出したいもの
たんたんと急ぎます(笑) (2020年09月20日 08時54分09秒)

Re[1]:がんを考える(09/17)   大黒町 さん
K島N明さんへ

お久しぶりです。
少し涼しくなってきましたが、お元気ですか。

世の中私のような考えばかりでなく、ネガティブな発言や投稿をして自然療法を否定しようとする人が多いです。その中にはがんの専門家と称する人もあって、我々は踏んだり蹴ったりの目にあっているわけです。

踏まれても蹴られてもめげずにひたすらまい進するのが私の流儀です。

これからもよろしくお願いします。 (2020年09月20日 11時46分50秒)


© Rakuten Group, Inc.