005200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

筋肉が 「NO」 と叫んだら               私は 「YES」 と答える

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/jkzk0dz/ ちょ…
リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/eni0dvp/ 今…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
アゲチン@ ありがとうな!!!! http://bite.bnpnstore.com/of3ca9r/ ア…

フリーページ

2008年04月03日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は昨日に続き古武術関連
甲野先生の教室
半身動作研究会に参加されている方 数人にお会いする

甲野先生の印象は
物事に動じない、どっしりした感じの方
動きだされると もはや言葉がでない。
時に竹刀や棒を用いて相手を崩す、打ち込む等される
はっきり言って理解できんよ これは・・・
竹刀で相手をされた女性が
いつの間にか先生が懐に入ってきていたとおっしゃっていたが
この動きを言語で説明するのは相当難しいし、
理解するのは不可能に思われた。
古の戦いでは先手を取られるのは限りなく死に近いという事からだろうか?
段階を踏まず、コンパクトにしなければならない為
空中で処理するということだった。
なるほどなーーーー
そこまでは概ね想像つくが、
体の中でどのような処理がなされているか?
皆目見当がつきません

今日は肘と手首の使い方が参考になった。
先生とほんの少しお話させて頂いた時に伺った
マッサージにおける腕の使い方
早速 明日練習してみよう

甲野先生に感謝






最終更新日  2008年04月04日 00時40分55秒
コメント(82) | コメントを書く

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.