2020年03月15日

保存のいい大沼竹雄9㎝を入手/ヤフオク

(4)
カテゴリ:鳴子系

保存のいい大沼竹雄9㎝を入手/ヤフオク

新型コロナウイルスでたいへんな世の中となった。出席予定だった東京こけし友の会の3月例会も中止になってしまった。

パソコンではWindows7が終了となったためやむなくWindows10に切替えた。使い勝手が7と異なっているため、苦戦中。そんなことでブログのアップもすっかり中断してしまった。

▼ヤフオク3月12日、13日終了で、戦前の古作が多数出品された。

どれにも署名作者名はなく1939年(昭和14年)以前のものと思われた。その時代にしては驚くほど保存状態が良く、まったく飾らないで暗所に保管されていたものと思われる。その一部には高島屋 30銭などのラベルもあった。

高島屋といえば、「万国お人形博覧会」を1934年(昭和9年)111日より211まで開催している(『こけし辞典』)。東京での初めてのデパートでの展示即売であった。おそらくここで購入されたものであろう。他の出品も一部を除いて同時期のものと思われた。

どれも欲しいものばかりであったが、欲しいものにはライバルが多く、どこまで競っても落札することができなかった。

最後には目をつぶって、鳴子の1点のみ競り上げてなんとか落札することができた。

 それは推定大沼竹雄9㎝で小寸ながら味わいのあるものだった。頭部はラッキョウ型で胴模様は旭菊と正面菊の組み合わせ。既述のように消えやすい緑もはっきりと残っている。おぼこい表情はなかなかで、愛蔵の一品となりそうである。制作年は上記の出品状況から昭和9年、10年ごろとみた。



 にほんブログ村 コレクションブログ ドールへにほんブログ村にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へにほんブログ村






TWITTER

最終更新日  2020年03月20日 15時20分55秒
コメント(4) | コメントを書く
[鳴子系] カテゴリの最新記事