004881 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Sanko Housing

PR

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


teddy_kuma

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ぷりたん@ 超ラッキー!(* ̄ー ̄) 今まで風イ谷に金出してた俺って超バカスww…
コースケ@ お、俺のおtmtmがぁ――!! もう、もう……なんも出まへぇーん!(TT…
ちゃちゃ@ 質問です。 その断熱の施工方法は本当に正しいのでし…
teddy_kuma@ Re:こんにちは♪(08/06) >みちさん と~ってもお久しぶり^^ …
みち@ こんにちは♪ ちょっと、ご無沙汰してましたが~ブログ…
2006.07.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
うっとうしい梅雨の合間をぬって左官屋さんが外壁の施工を始めました
前にも記した通り今回の仕上げはスタッコ仕上
日本ではジョリパットと称され目地の無い美しい仕上がりになります
材料はアメリカから取り寄せました
下地処理→プライマー塗布→仕上の3工程で仕上ます

1工程 下地処理
下地に使用する材料はコンクリートボンドの様な物でスタイロフォームに直接施工できますモルタル下地と違い経年劣化が非常に少ないのが特徴です

jori1.jpg

白いネットは樹脂製で下地の亀裂を防ぎます
窓の廻りにご注目です
通常窓廻りはコーキングで防水するのですがこのスタッコ仕上げでは窓廻りはコーキングではなく下地材を注入しスタッコを巻き込む様に施工し防水します(スタッコに強い防水性能がある)
コーキングを使用すると以下の弊害があります
 乾燥中に痩せて凹みスタッコに亀裂が入る可能性がある
 スタッコより経年劣化が激しいためコーキングのみメンテナンス時期が早く来てしまう
 粘性が強いのコーキングの部分だけ汚れる
以前より外壁のコーキング防水には疑問を持っていたので僕としては今のところ最良の施工かと思ってます
jori3.jpg

プロの方がご覧になるともっと平らに施工しなくて大丈夫?って心配になるかもしれません
仕上の形状にもよりますが、小手むらをうろこの様にランダムに見せる仕上げであればこれで十分美しく仕上がります
ですから施工が大変簡単です
ちょっと器用な人なら外構の塀など自分で施工できます
jori2.jpg
北面が施工終了したところです

下地材の施工が完了したので
第二工程のプライマー処理です
jori4.jpg

jori5.jpg
プライマーはローラーで塗るだけこれは仕上げの色が白などの薄い色の時に下地材の色が透けて出ない様にするために施工します
濃い色の場合は省略も可能です

プライマー処理が終了したので小さい外壁面で仕上げのパターン(小手むらの出し方)をお客様に見てもらいながらチェックします
今回は少しむらを抑え気味にします
jori6.jpg

拡大するとこんな感じです
jori7.jpg

パターンも決まり「さーて仕上るぞー」ってところで3日間大雨ですwww
この続きはまた次回という事で・・・
次は内部の造作です







Last updated  2012.04.19 08:58:39
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.