1628229 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

釣りキチsankonの釣り日誌

2021.06.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


 最近入り浸っております尾立。先日ここ尾立はとうとう「ポツンと一軒家」に紹介されてしまったり、鹿島も何かの番組に取り上げられておりましたし、ここんところマスコミへの露出度が高くなっております倉橋島です。マスコミの報道に釣られて倉橋島へ「釣りに行こう」モードになられる方々もおられるかもしれませんね。キスは今シーズンあまりよくないような気もいたしますが、そこそこは楽しめると思いますので、思い思いの釣り場で楽しんでいただければ、と思います。ただ、最近、駐車違反を貼られるというケースが頻発しておりまして、常識的に考えて「このくらいは勘弁してよ~」というちょっとした違反でさえ検挙されているようですので、車の止め所にはやや気を配っておいてくださいませ。たくさん釣れていても、さすがに15,000円は痛いっすからねっ。

 この時期能美に行けば50~60匹は簡単に釣れますが、ここ尾立は相変わらずあまり釣れません。小型も多く混じりますし、ポイントが絞りにくいのもあって、ちょっとマニアックな人でないとあまりおススメできないのですが、釣り場としては面白いです。だからこその尾立通い。冒頭画像のように天気があまりよくない日でも、出かけてみたくなります。どう面白いかは個人の好みですから、オープンな場では省略。ワタクシの記事に触発されて尾立行って玉砕してしまってもいけませんので。もう今シーズンに入って10回くらい通っております。毎回の釣果は前回の記事に書いたとおり、20~30匹程度。飛びぬけてデカイのも釣れません。



 これで20匹くらいかな~…よく覚えておりませんが。



 この日は比較的よかった、といっても30くらいですけど。ぎりぎり25cmもでました。

 他にも釣果写真はありますけど、面白みがないので省略。

 参考までに、



 コイツは奥の内でデカギス狙い、のときの画像。いつも尾立だけではマンネリになるので、たまにはデカイのを狙った釣行もやってみようと思って。



 まあ、ショボイですけど26cm超えたのはこの2匹。ここはなぜかメッチャ外されます。ポイントがあまりに近すぎるからなのか?この日も5バラシくらいしてますので、ほんとストレスフルな釣り場ですが、大型のみを狙うときには迷わずここに入ります。最近怠慢で市販の仕掛けを使ってますので、その辺のやる気なさも原因ではないかとも思いますが、過去27~28.5cmまでですけど、複数本上げている実績場ではあります(その当時はやる気満々でした…大笑い)。

 昔にも書いたことがありますが、この流れでちょっとキスのサイズの話を。最近読者になっていただいた人もいる模様ですし、昔の記事はかなり削除しましたので、ときどき思い出したように昔の話をリバイバルすることがありますけど、以前から読んでくださっている方々も、よろしければ昔話としてお付き合いいただければと思います。

 キスのサイズの大きな壁として26cmというのがあります。たぶんですけど、投げ釣りの権威ある協会か何かが審査の最低限の基準として設定しているであろう数値だったと思います。実際にやってみるとわかることですが、25cmではなく26cmが最低ラインになっていることには意味があるように思います。つまり、25cmはかなりの高確率で釣れるサイズで(とはいえ、最近はその数も減りはしましたが)、26cmとの間には大きな壁があります。ましてやその先の30cmとなると、その大きさの実感すら持っておられない方が多いと思います。個人的にはたった1匹ですけど尺超の実績はありますが、これも遠い昔の話で、もうその実感はうすれてしまい、最近釣った27cmの方が「デカくて神々しいな~」という実感があるほどです。さらに最近はシーズンを重ねるごとにこの26cm超えにお目にかかる機会が減ってきており、ワンシーズンで5匹いけばいいかな~というレベル。まあ、それほどこの26cmにこだわっているわけではございませんので、個人的には無問題ですが、なかには「キス釣りのブログをやっているからには尺を出さないと…」というちょっと首をかしげるご意見もたまにですけどありますが、ブログの副題に謳っております通り、ワタクシのブログは「キスとの駆け引き」がテーマで、「他者には一切迎合しない」としております。つまり、「のんびり自己流で自分の力で」ということ。悪く言えば「聞く耳を持たない?」…まあ、十分歳も食いましたので、自分にはあまり自信もありませんし、昨今は人の話に耳を傾けてうなずくことばかりですけど、キス釣りはやはり最後まで自分の開拓した所で、自分の考え方で、尺超えのキスをもう一度取れればいいですけどね~。人に教えていただいた大ギスポイントはいくつも存じ上げておりますが、そこには一度も足を踏み入れたことはございませんし、今後もその予定はありません。ちなみに、今はまっている尾立は大型の可能性はそんなに高くはないであろうと思われます。そこそこ(25cmくらい)のサイズは出るでしょうけど。わが釣り友が「神の島」とたたえる鹿島にしても、最近はあまり感触がよくありません。個人的には楽しめる程度にそこそこのサイズが釣れてくれれば、もうそれで十分「神の島」ですけどね。26cmという設定によって人間側が血眼になるというのは当然のこと。ワタクシは投げ釣りの協会の会員ではございませんけど、この設定に自身もこれまで影響されてきたというのは否めないこと。全国にこのサイズ設定に突き動かされてキスを狙っておられる方がどれほどいるでしょう。大型のキスの数が減るものうなずけますなっ。別にこの設定がいけないという批判ではありませんので、ご了解を。
 以上、しょうもなり昔話でありました。年取ると昔話が多くなるよね。申し訳ない。



 話し変わって、コイツは先日マジでカワハギ狙い(たぶん生まれて初めての経験)したときのもの。ご存知の通り、エサ取り名人のカワハギくんですから、ワタクシのような生まれて初めて狙ってくるような輩に釣られるのは本望ではなかったに違いありません。当然のことながら、アタリはあるのだがハズされるパターンが連発し、不運にもワタクシごときに釣られたのは画像の3匹(サイズは23cmくらいの小型ですけど)。アタリはメチャクチャありましたので、もっと上手な人は10匹くらいは釣れるのでは、と思われます。この時期、色々なキス場でカワハギのアタリや魚影を確認できますので、興味のある方は本気モードで狙われるのもいいかと。ほとんどキスのポイントとかぶっておりますので。



 またまた話は変わって今度はキスバリについて。アチコチで釣れるキスのアタリ方を考察するに、すでにエサの飲み込みモードに入っている模様で、型も大きなものが高確率で混じってくることを考えると、出来る限りバラシをなくす方向で、ワタクシのみならずみなさんもあの手この手と試行錯誤をしておられるものと思います。ここからは全く個人的なかなり偏った私見ですので、参考にしていただく必要もありませんが、あまりにキスに外されて為す術がない状態の方は、だまされたと思って参考にしていただいてもいいかも(ただし、クレームは受け付けません)。

 画像右下はワタクシが最近怠慢して仕掛けつくりをサボり、その代わりに使っている出来合いの市販仕掛け。のこりの3つはワタクシが絶大な信頼を置くキープ力抜群のハリです。いつもキープ力(キスの掛かる率とかけてからバラさない率)という観点でハリを決めるときに基準にしているのが、がまかつの「あぶみ6号」。形状、フトコロの深さを特に重視して決めております。7号を使うこともありますが、釣果には大差はありません。こんなに大きなハリを使って大丈夫?と思われる方もいることでしょうが、実際に試さずして何を語れましょう?大丈夫です。普通に小型もかかります(さすがにピンは?ですが、15~6cmものなら普通に釣れます)。このハリのいいところは、掛かりの良さとキープ力だけでなく、小型が飲み込めない形状だということ。たいていの小型は飲み込めなかったハリを吐き出そうとして口元にフッキングして上がってまいりますので、小型のリリースには最適です。26cmを越す大型が不意に襲ってくるようなケースが多い釣り場では、7号を使うか、画像のアスリートカワハギ6号かチヌバリ2~3号がいい。というか、ワタクシは常にこのどちらかを使うようにしております(最近はサボってましたけど)。特にアスリートカワハギはこの不意のアタックに抜群のキープ力を誇ります。ボーっとして油断しているときの攻撃にはキス専用を謳っている細軸のキスバリはホント無力です。「ゴンッ、ガガガッ、ブンッ」の3拍子であっと言う間に外されてしまいます。こういうバラシが続くとその日の釣りのモチベーションが一気に下がってしまいますので、やはり、入念なバラシ対策はしておいた方がいいです…よねっ(←コレ自身への助言)。

 さーてさて、今週はメッチャ天気がいい予報続きで、モチベーション↑。行きまくりまっせ!!






最終更新日  2021.06.21 13:25:53
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:6/21 26cmの壁、そして飲み込みモードとキス針(06/21)   ヤスヲ さん
はじめまして
何年も前から拝読し、とても参考にさせていただいております。
特に「キス釣りにチンタメバル針」はまさに目から鱗でした。
何十年と流線形を使っていましたが、せっかくかかった魚を手前の藻で引っ掛けて何度逃がしたことか分かりません。メバル針に替えてから外れることが少なくなりました。以来メバル針しか使っておりません。
今回の記事で「あぶみ」を紹介されていますが、メバル針より軸が短い分、吸い込みやすそうですね。今度試してみようと思いますが、メバル針と比べて使用感等、違いがあるのでしょうか。よろしければご教授ください。 (2021.06.23 20:55:52)

 Re[1]:6/21 26cmの壁、そして飲み込みモードとキス針(06/21)   釣りキチsankon さん
ヤスヲさんへ
初めまして。いつもご拝読いただいていたようで、ありがとうございます。このようなつっ込んだ話は大好きなので、ちょっとここで単なるレスで済ますにはもったいないと思われます。明日ちょっと出撃予定なのもあって、お返事は後日、釣行記の中で触れさせていただきますので、すみません、少々お時間をくださいませ。 (2021.06.24 23:39:15)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


釣りキチsankon

お気に入りブログ

SpinyGobyの日記 SpinyGobyさん
広島の釣り 啓介0322さん
釣り坊主のボウズ キスカレイさん
釣りの部屋 ~広島県… 玲!さん
晴れたらいいね~女… 芽ネギさん

コメント新着

 赤と申します@ Re:5/25 藻との格闘(05/25) New! 赤です、いつも非常に参考になります。6…
 釣りキチsankon@ Re[1]:6/26 OK牧場の決闘(06/26) yasu5681さんへ お世話になります。島根…
 yasu5681@ Re:6/26 OK牧場の決闘(06/26) お久しぶりです。 以前、コメントしたもの…
 釣りキチsankon@ Re[1]:4/9 海に浮かぶ(04/10) りょっさんへ 石ゴカイです。
 りょっ@ Re:4/9 海に浮かぶ(04/10) 餌は何を使われたんですか

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.