2020.05.05

5/5 めばる用メタルジグのアシストフック

カテゴリ:カテゴリ未分類


昨今個人的に嵌っているめばるのメタルジグ。先日メタルで底をズリズリやっててヒットしためばるのお腹には、なんとキスの子が入っておりました。めばるといえば砂地とは無縁な印象を持ってしまいがちですが、先入観というものを排除して砂地めばる、やってみる価値あるかも。根がかりもしにくいことだし。



さて、ひと時絶好調だったトップウオータープラグもここに来て全く無反応な日が多くなってきました。水面でピチャピチャやっているのに、トップに反応しない…何か食性が微妙に変わっているように感じております。サスペンド→シンキングとレンジを色々と変えて試してもみたが、どれもイマイチ。お手上げ気味の中、唯一ボトムだけはコンスタントにアタリがあるようで、最近はトップから始めてレンジを下げて行き、最終的にはメタルジグで底をチョンチョンやるのが常。上記のような砂地はおいといて、やはりこの釣りはジグのロストが精神衛生上よくない。使ってみると意外とロストは少ないのですが、初めての場所とかになるとどうしても1日に1個か2個くらいはロストしてしまいます。



ということで、今開発中(ちょい大げさですけど)のめばる用メタルジグのアシストフックがコイツ。ワッカの部分には根がかりしたときに切れやすいようにホンテロン0.6号を使用。ワッカの長さは3~5ミリです。スプリットリングに取り付けて使います。「釣り場でも1分以内に作成できて安価である」を基本に試行錯誤しました。実際は現場ではあせるので、釣り場にはあらかじめ作った予備を持って行きますけど…。





いったん嵌り始めると行けるとこまやってみたい性質ですから、ロストを最小限にすることにより精神衛生を整えつつ、メタルジグのめばるingやり込んでみたいと思います。

次回はキスの新規開拓を予定しておりますけどスマイル





TWITTER

最終更新日  2020.05.05 11:28:28
コメント(0) | コメントを書く