000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

やっぱり現場は楽しいな♪ さのやすぶろぐ

PR

X

プロフィール


さのやすこ

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

さのやすこ@ Re[1]:予告(^^)(11/22) マツマコさ~~ん!! 日記更新をサボる…
マツマコ@ Re:予告(^^)(11/22) お忙しいですか?なかなかブログ更新され…
さのやすこ@ Re:十条に(10/19) マツマコさん >いつもコメント有難うご…
マツマコ@ 十条に 久しくさのさんのブログ見てなくすいませ…
さのやすこ@ Re[1]:ハロウィン(10/15) マツマコさん >先日マツマコさんからコ…
2012年03月09日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日、3/9(金)から1週間放送のNEWS KITAは、
特別番組を放送しますさくら
私がナレーションを担当しています。

東日本大震災のあと、被災地である宮城県のなかで、
他の市に比べて、漁港が無く民家も少ない事から、
数ヶ月の間なかなか支援の手が届かなかった
岩沼市という場所があります。

その岩沼市にある「岩沼市立玉浦中学校」へ、
東京都北区立 飛鳥中学校の生徒・先生・PTAが
一体となって支援活動に取り組みました。

募金活動や、飛鳥中学校の代表生徒・関係者の皆さんが
実際に岩沼市へ義援金や支援物資を届けに行った時にも、
ディレクターが同行密着して取材にあたりました。


住宅街だった場所が、家の基礎部分だけを残して全て流され
原っぱのように変わってしまった風景、、。
津波の時間から止まったままの時計などを
北区の中学生が自分の目で見つめて、
何を感じたのか。

そこに暮らす同じ年代の中学生から生の言葉を聞いて
どう思ったのか。
VTRを見て、中学生らしい、真っ直ぐな思いが強く残りました。


「震災の記憶を風化させてはいけない」という言葉を
良く耳にします。
私も、日常の忙しさや楽しい事に溺れているうちに
忘れかけている自分に「ハッ」と気づき
悔しく・情けなく・悲しく思う事もしょっちゅうです。

それでも、また思い直して
毎日を大切に、自分らしく明るく元気に。
周りの人にも元気を分けてあげられるくらい
精一杯過ごさねばと思っています。

わー、最後なんだか自分の反省文になってしまいましたが、
つまり、みんなで前向きに頑張ろうね!って話ですうっしっしぐー

そして、今週の特番ぜひ見てね!というお話でしたハート(手書き)

頑張ろう!!ニッポン大笑い








最終更新日  2012年03月09日 17時18分53秒
コメント(0) | コメントを書く


フリーページ


© Rakuten Group, Inc.