331242 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北海道のアウトドア!

ゲーテが見つけた幸福の島

岩波書店は有名な出版社です。
皆さんもここの文庫本を読んだ経験があるとおもいます。

さて、過去から現在まで、この歴史ある出版社が出版した本の中で何が一番売れたでしょうか?


答えはジャンジャック・ルソーの「エミール上巻」でした。

ルソー(1712-1778) フランス啓蒙期の思想家。独自の人民主権思想を説いてフランス革命の先駆となった人です。現代に至るヒューマニズムを説いたのですね。

当時のヨーロッパでは子供達は労働力の一つと考えられていたようです。しかしルソーは教育の重要性を説き、子供の人権にまでも言及しています。

これは当時としては考えられないことでした。

その著作「エミール」では架空の子供を作り、幼児服の着せ方から、マナーのしつけ方、そして大人になるための心構えを著者が教え、育てる物語。

一生独身だった彼が書いた「世界で初めての育児書」であり、「世界初の教育指針」でもありました。

ですから、現代でも教育関係者や親達に根強く読まれているのでしょう。

でも、上下巻からなる著作の下巻がベストテンに入っていないことが少し残念な私です。


それでは岩波書店売り上げのベスト2位は何でしょうか?

0202.jpg

ゲーテ(1749-1832) 著作の戯曲「ファウスト」ですね!

ゲーテはドイツの詩人・作家。「若きウェルテルの悩み」などでも有名な思想家でもあります。

同じ時代に生きた二人が上位を独占していることに、私はルネッサンスの息吹を感じずにはいられません。そして、

ゲーテはすごい人でした。

と、私が想うのは、その戯曲「ファウスト」の中で、幸福になる方法を簡単に解き明かしてしまったことです。

0303.jpg

教師と弟子がいました。弟子が尋ねます。

「先生!どうすれば幸福になれることでしょう?」


教師が窓の外に広がるバラ園を指差し逆に質問します。

「窓の外の薔薇たちを御覧なさい、どの薔薇が一番うつくしいだろう。」


弟子は悩みあぐねて答えました。

「先生、どの薔薇もそれぞれに美しく咲き誇り、私には選ぶことは出来ません。」

教師は諭すように、やっと答えてくれます。

「そう。薔薇は他の薔薇を参考にしないのです。」


そして続けます。

「薔薇は与えられた命を、ただ一生懸命に生きているのです。他を気にすることなく、自分の命を花開かせているのです。」

12.jpg

わたくし、多聞はここで感動してしまいました。

仏教の思想でも人を苦しめ、四苦八苦を生み出す根源を「煩悩」であると説くそうです。煩悩とはゲーテが語る「こだわり」であると私は想うのです。

憎しみ、妬み、失恋の闇、、、

そこから離れられないのが人であり、苦労の原因であるとすれば、ゲーテの薔薇はなんと幸福なことでしょう。

ありのままを生きて自分の生命の使命を知り、そして花開く美しさに人々は甲乙をつけることは出来ないのです。

幸福の島は、私たちの心にちゃんとあるのです。

それを霞ませ、見えなくしているのも、また自分です。

この物語「ファウスト」も上下巻ですが、やはり下巻がベストテンに入っていないのは難しいからかしら。やっぱり残念なわたしです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ぐうたらな私がこんなにブログ続けるなんて驚異です!これも来ていただける皆様の感想や励ましの賜物です。本当に、心からありがとうございます。

私は夏の間は書斎トレーラーハウス「抱雪庵」で書いていますが、最近の寒さで、離れで書いています。固定式の書斎(部屋?)「抱雪庵」!

ここで今日も書いています。

0404.jpg

疲れたら、上のロフトベットでコロリン。とっても静かな離れです。最近は毎日30分。日記を書くのが日課になりました。やはり努力は習慣に変わってくるものだとつくずく感じています。


人は辛い事もあります。でも人生には無駄はないのです。万事が未来を切り開く鍵でもあるのです。そう、「つながり」とは別れと出会い。その両方を包含する愛の力なのです。愛とは想像!愛とは創造!

絶対につかめるのです。


今日は皆さんを癒してあげるね。「愛しい人」でお別れです。ピアノの音があなたを眠りに誘ってくれますよ。おやすみなさい。ばいばい。


cosmos1.jpg




愛しい人へ




君よ愛しき人よ

魂を取り戻し給へ

深き暗黒に紡がれる

想い出の糸を断ち切り給へ


あの人が貴方を愛したように

違う誰かを愛しているならば

君は速やかに救われるよ


星よ瞬く星たちよ

貴方の輝きを君に与え給へ

その透き通る悠久なる命

一瞬の生命を君が心に注ぎ給へ


その両手からこぼれ失った

いくつかの夢という宝石達

僕が拾い集めていくよ


炎よ潔い父性よ

君が魂を照らし給へ

その温厚なかげろう

温もりをもって君を包み給へ


貴方が落とした雨のような涙

僕が織り成す希望の綿布で

いつかきっと吸い取るよ


海よ広大な母性よ

君が未来を語り給へ

閉ざされし夕夜を受け入れ

希望の朝に微笑み給へ


くじけた心を抱きあげてあげよう

一緒に少し前を指して見よう

君の顔が輝くようになるよ


明日も逢えるね迎えにいくよ

扉を少しだけ開けておいて

僕は何度でもノックするから






松尾多聞

img9b32d2f4v5n4zk.jpg

ランキングに参加しました。クリックしてね。banner2.gif




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.