332559 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

北海道のアウトドア!

PR

Profile


多聞4040

Freepage List

詩作


桔梗(キキョウ)の詩


粉  雪


あこがれ


心月の夜


黄金色の秋


四季彩「俳句日記」


少 年


思 秋


夏の終わりに


反戦の詩「いまここから」


凍 笛 が 鳴 る 道


流浪の旅人


人ハ未ダ知ラズ


多聞の詩作入門


初雪の恋(朗読)


「優気」(子供たちへ)


「僕の風船」


「この愛を込めて」


「 な み だ 」


「おぼろ月」


多聞の鉛筆画詩集


冬の人


「あなたへのラブレター」


泡沫の舞


美瑛(びえい)の丘にて


恋のカマイタチ(短歌十首)


「雪化粧」


AKIZORA2007


はじめの落ち葉


秋と俳句の物語


君は人であると愕然とする。


夢は叶うんだ


虹のハンドル


この愛を込めて


HATUYUKI


癒しの花言葉をあなたへ


午後の散歩道(秋に)


恋愛詩集「恋詩織」夏のうた


恋愛詩集「恋詩織」秋のうた


恋愛詩集「恋詩織」冬のうた


恋愛詩集「恋詩織」春のうた


「太陽の瞳」


北海道のアウトドア


北海道の爆釣写真


鹿と露天とランタンと


機能的アウトドアキッチン


JAZZを聞きたくって。


開祖!焚き火道なり!


キャンプ生活「写真集」


イケメン!札幌豪雪救援隊


北海道!幻の山菜だ!


写真で巡る北海道!その1


写真で巡る北海道!その2


北海道!爆釣(積丹)


アウトドアグッツは防災!


夢のキャンピングトレーラー


ハンモックは遊園地


十勝岳にて青雲を想う。


恋を眠らせて(積丹の落日)


あのとき僕はウソをついた


北海道の大自然に生きて


魔法のパーコレーター


詩人のお料理教室


そのまんまポテトフライ


一本鮭から作る三平汁


生地からつくる詩人のピザ


究極のスローフード


詩人の速攻チャーシュー


簡単!「イモピザ野郎」


驚愕だ!詩人の五分鍋!


詩人の簡単キノコパスタ


ぐうたら詩人のモンゴル鍋


災い転じて「芋」となる!


とっても詩人な晩御飯


モノホン石焼芋をご家庭で


究極のスローフードだ!【


「キャベツの薔薇鍋」


簡単!「詩人のトロトロ餃子」


不老と若返りの食材


北海タチ汁を作る!


北海道のグルメ


寿司だ!小樽だ!温泉だ!


南幌名物「キャベツ天丼」


花咲きガニを所望いたす!


正統派ラーメンの王道


これが北海「鍋壊し」だ。


北海道の鹿を食べる!


効果的ダイエット


そりゃぁ、太りますわなぁ。


詩人の知的ダイエット法


多聞のエッセイ


芸術家への招待席


あたりまえの男


ナナカマド「人生の選択」


子供が変わる三つの魔法


人は何故生きているの?


良い食品を買いましょう


孤独の「乾き


心の「温度」


有頂天をやっつけろ


命の構造


苦悩からの脱出


ゲーテから始まる宇宙


◆継続は力なり◆


君がいま愛のとき


あなたへのラブレター♪」


おばあちゃんのニシン漬


詩作論「詩的感性編」


愛しのグローリア


人の運命と苦しみ


大酒呑みの伝承1


尾崎豊と福沢諭吉


大酒呑みの伝承


■ 伝 説 ■


醍醐味(だいごみ)


万引き少年


輪廻について


貴方の寿命


「四文字熟語」は語る


大雪に高杉晋作となる


ゼロから始まる無限世界


生きがいの村


スローなフードにしてくれ


3万円での未来!


家族の空間


家庭の資源


「男泣き」人生の一葉


見えないもの。大切なもの。


愛を語っていよう


とっても詩人な晩御飯


ぐうたら夫を稼がせる方法


ゲーテが見つけた幸福の島


失業


援 助


詩作入門


平凡に生きる生活戦士達


多聞流詩作論四ノ巻


凍 笛 が 鳴 る 道


人は悲しみを乗り越えて


開祖!焚き火道なり


幸せの回転寿司


「真実の二元論」


愛の形 「大きな木」


詩作論 ☆修辞法編☆


「少年」私を見つめ続ける君


二年間で健康は決まる


唯我独尊


風流なのだニャァ~


ソクラテスの苦悩


演技に生きている本質


僕らのリアリティは無限


苦悩の英雄ベートーベン


僕のレクイエム


恋と愛の境界線(吾亦紅)


たった2cmの人間たち


ロッククライミングな人生論


紅き夕日の心


多聞流「幸福論」一之巻


僕のTV出演ビデオ公開


宇宙の果ての話


呻吟(しんぎん)の旅人たち


人は昔、空を飛びたかった。


言葉のテレポーテーション


祇園精舎の鐘の声


緊急事態!地球温暖化


色心不二の勇気ある人生


貴方に限界はありますか?


純粋に生きる苦悩と正義


「割れ窓理論」について


仮説と夢と真実の融合


命とは無限で「ひとつ」


スピリチュアル


雪を奉った街。札幌


個性と服装の時代論


地球へ感謝を込めて。


北海道情報


舶来高級家具をゲットだ!


全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

随筆

2008.08.22
XML
カテゴリ:随筆
ただ感じるのだ。それだけの感覚。僕は呼ばれることがある。空間に招待されることがある。

先週、札幌は西区のジャスコで買い物を楽しんでいた。すると何故か無性にコーヒーを飲みたくなった。

それも2Fにあるスターバックスでなければならないとおもう。

大好きなアイスコーヒーを受け取って奥のボックスへ行く。もう、僕が座るであろう座席が焦点が合うように目だって招いている。

まるで予想されていたかのよう。僕は傍らの灰皿を手に、その席についた。

「なぜ?僕はここに来たのだだろう?」タバコに火を灯して吐息を吐いた瞬間のこどだ。

「失恋」と言う文字がタバコの煙にくゆって消えた。

隣のボックスには24、5歳の女性が座っていた。

もう、どれくらいいるのだろうか?灰皿のタバコ殻は山になっていたよ。黒いパンツで茶色の素敵なシャツ。薄化粧で栗色の長い髪が美しかった。

でも、下を向き携帯の画像に見入っていた。

「この人は失恋したんだ。きっと兄弟二人のおねえさんで、病院に勤めている。とっても優しい人だ。」

そんな言葉浮かんできた。

僕は子供のころから変わっていた。

まず最初は、地震がが来る事。人が死ぬこと。それを予感できた。でも、怖くって言えなかった。

見えない物も見えたし、聴けない声も聞こえた。

だから植物がとっても好きで、誰もいなくても一人で遊ぶことができる幼児だった。それがあたりまえの事だとも感じていたし、普通の子供が僕からは普通には見えなかった。

小学生になっても皆が熱狂することは、僕にとっては「あたりまえ」のことになっていたし、すでに自然たちと共有していた感動だった。

そして、5年生になったある日。それは起きた。

ラジオのチューニングが合っていないような雑音が頭から離れなくなり、壁に頭をぶつけたり、振り回すのだが取れない。

僕は心配になり母に相談しよう!決めた瞬間だった。

いきなりチューニングが合い、静寂が訪れた刹那、耳元で声が聞こえた。僕の名前を何度も。

低くしっかりした声。聴いたこともないような立派な声だった。「力をあげる。人のために使いなさい。」と。

それで僕はわかった。いままで苦しんでいた「違い」がわかったんだ。それは神でもなければ魔物でもないことがわかる。人だった。

5年生の僕は、生かされている事にすでに気がついていた。

きっと、栗色の髪が美しい彼女は優しい人だ。

人を大切にして、病院でも頼りにされている。でも、今は悲しい。

信頼し、愛していた彼に二股をかけられたんだと思う。

そして彼女の夢が伝わってくる。

大きな大きな夢が伝わってくる。マザーテレサの顔が浮かんできた。彼女の、美しい彼女の望みが浮かんでくる。

背の高い、イケメンの彼も浮かんできた。

「女性に依存して生きている男は、一生その癖は治らないよ。」

「君は君の大きな夢を追ってください。君にはできる。必ず。」

「よかったね、そんな男の人と決別できてね。」

僕はいつものように右手を握っては開き、彼女に力を与えようと思う。名まえも知らない素敵な未来ある人に。

彼女は助けを必要としていないことは知っている。でも彼女の素晴らしく聡明な潜在意識は「来て!」と僕を呼んだと思う。



時間を超越すること。過去も現在も未来も普遍化して大自然が、星と川と炎が僕を包みこんだ。空間が生まれた。

彼女は僕の2メートル横にいる。

僕は彼女の魂を「ハグ」してあげることに成功したんだ。

「未来は、君の未来は素晴らしいと思う。君の人生観も素晴らしいよ。でもね、我慢しないで。泣きなよ。」

僕は彼女の悲しみをハグした。とっても強くハグしていた。抱きしめたかった。

きっと彼女は、そのときまで、携帯の思い出の写真を何度も見ていた。

そして、スピリチュアルハグ。彼女は携帯を机の上に投げ出して、、、

肩を大きく前後させては泣き出した。声を殺して手を噛みながら泣いてくれた。

時間はとまっていた。どれだけたっただろうか。僕はハグしながら彼女の夢を織り込んでいった。



彼女は涙を拭いていた。

何度も深呼吸をした瞬間だった。急に立ち上がり長い髪をたくし上げるようにして、一度だけ手櫛で髪を梳かしたよ。

もう大丈夫。彼女は「つげ」のように固い意思と夢に生きることを決めたことがわかった。そんなことを決めて手櫛で髪を梳かした。

そして、彼女は去るときに、ほんの少し僕を振り向いた。

僕は下を向いてしまった。

飲まなかったコーヒーを、今はのもう。僕はしばらくして店を出て、欲しかった本を買いにいった。

レジに並ぶとまた、彼女がいた。

買っていた本に目がいってしまった。

「ケアマネージャー基礎講座」だった。安心した。


*************
今日のポエム
*************
urlクリックして音楽と読んでくださいね。バイバイ。


「つ な が り」



野を駈ける馬でさえ
ふるさとをかえりみる
立ち止まることを知る

あなたの瞳の向こう側
そこにある悲しみに
辿りつきたいと思う

流れる川と満天の光り
焚きつける温もりに

君よいま立ち止まって


なにも欲しがらない人
愛と悲しみを背負う肩
その身をいとわないで

愛はこの川のように流れ
いまここにある悲しみは
遠く未来へ辿りつく

あなたの頬をこの胸へ
瞳の向こうの悲しみを

僕の身体に流しこんで


森よ 川よ 炎よ
ここに命を与えて

静かにしずかに
立ち止まるつながりへ





カムイ


あけみさんにあいたくってかいたの。







Last updated  2008.08.23 01:59:11
コメント(10) | コメントを書く
2008.02.10
カテゴリ:随筆
買いすぎた本が本棚に入らなくなった。そうだ!本棚を買わなければ。

ふふふ。しかも舶来の無垢木で出来上がった高級家具が欲しい!
ってことで私は本日、札幌市生涯学習センター「ちえりあ」へお邪魔したのです。

01.jpg

「ちえりあ」は、

市民の生涯学習を推進する「生涯学習センター」。

若者が集う「青少年センター」。

教職員の研修や教育相談を行う「教育センター」。

リサイクルへの理解啓発を進める「リサイクルプラザ」

の4つの複合公共施設からなる。誰でもが利用できる大型で美しい施設である。


その中で、私の今日の目的はここ「リサイクルプラザ」である。まぁ、この施設の中身を説明しますので、地元の方はビックリと喜びに涙を流してくださいね。

02.jpg

リサイクルプラザはゴミの減量や再利用、環境教育等、様々な啓蒙活動をしている環境学習センターでもあり、出張授業なども積極的に行っている。

03.jpg

そして、今日はその中の展示場を訪れたのである。奥の方にリサイクル家具が陳列されているのがわかる。しかしだ!この家具は中古であって中古ではない!

それは、発寒のNPOが運営するリサイクル工場に運ばれた大型廃棄家具が、熟練の技術者によりリメイクされてから展示されるのだ。

そう、「作り直す」ほどの手間をかけられて出来上がるリメイク家具。本当に新品そのものなのだ。

04.jpg

さぁ。展示場の入り口に鎮座まします、イタリーは無垢の素材を使った高級ソファー4点セット。

美しく気品があり、私では新品には手が届かない値段であることでしょう。。

これは驚きの9000円なり。

05.jpg

さて、入学シーズン目前!やはり勉強机は頑丈で確かな素材で出来上がった一生物が欲しくなります。

高級木材をふんだんに使ったこの机達。そこらのバーゲンではお目にかかれないような重厚なつくりと安定感だ。

もってけ!泥棒!4500円なり。


06.jpg

さて、目的の本棚だが、おう!立派すぎて私の書斎にはもったいない!ベニアにはない艶と書斎を選ぶ上品さが漂っているではないか!

むぅ。目移りしてしまいそうだ。反対に視線を移すと!

07.jpg

おお!素晴らしいサイドボードがたたずんでいる。この作りですわなぁ。新品ですわなぁ。

3000円でいいのか?驚きである。

08.jpg

よっしゃ!引き出しもたくさんあって、立派です!

今日はこの本棚を申し込むことにしました。

これで部屋が納まりますねぇ。生理整頓です。

09.jpg

その他にも、ダニングセット。とかね、

10.jpg

各種収納家具

11.jpg

激安家具なども多彩に展示されています。

申し込み方法は、家具についているナンバーを申込書に書いて受付に提出。

申し込み資格は札幌市民であること。

同じ家具に他の申し込みが無い場合は自動的に家具はあなたのもの。複数の人が申し込んだ家具は抽選です。ちなみに僕は今まで4回申し込んだ(ソファー、ベットなど)けど、二回当たりましたよ。

抽選は月の中ごろ。当選しましたら自分で取りにいくか、専属の赤帽さんが届けてくれるシステムです。

他にもリサイクル自転車コーナー。

オモチャの病院コナー。

リサイクル関連グッツコナー

大人気なんですよ!


12.jpg

帰りがけ、たくさんの展示にも目を運び。

13.jpg

内需型社会の形成のためにも、地球化環境保全のためにも、ひとりひとりが目覚めるほどの意識改革をしなければ。。。と、真剣に考えさせられた一日でした。

【施設概要】
札幌市生涯学習総合センター ちえりあ
〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10



札幌市生涯学習センター
開館時間/8:45~22:00 休館日/毎月第2月曜・年末年始
TEL:011-671-2200(代表) FAX:011-671-2233

青少年センター、教育センター、リサイクルプラザは、施設によって開館時間、休館日が異なります。詳しくは、各施設へお問い合せください。

青少年センター TEL 011-671-4111
教育センター TEL 011-671-3410
リサイクルプラザ TEL 011-671-4153




■今日のお別れポエム■



白い風に乗って


いま白い風が駆抜けていく
大きなその瞳を細めながら
君は背を押されるように
朝陽に目覚めた空を飛ぶ

つかむことの出来ないもの
柔らかな雲を見送りながら
笑顔で手を振れるんだね

この空間にはなにもなかった
ただ貴方がそこに生まれたから

この空はどこまでも続いてる
ただ貴方の夢がとても大きいから

苦しみにあっても困難にあっても
ただもらった羽毛を繋ぎ合わせ
君はいつまでも信じていたね

心から弾け出て生まれた世界
いま風をうけた翼は舞い上がる
愛という名の雲を目指し飛ぶよ

幼いときかなえられなかったこと
手を伸ばしても届かなかったもの

両手がいっぱいになっていく
ただ貴方が白い風に乗れたから

いま白い風が駆抜けていく
大きなその瞳を細めながら
君はしなやかに羽ばたいて
希望に目覚めたこの空をゆく





にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。

NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール
DSCF6750.jpg






Last updated  2008.02.11 17:27:40
コメント(18) | コメントを書く
2008.01.12
カテゴリ:随筆
こんばんは!温泉が恋しい季節ですね。今日は地元の温泉でゆっくり過ごしていました。

yuraku_01.gif

ブラックシリカ(黒鉛珪石)の温泉「湯楽 しのろ」は凄く温まりました。いつも思うのですが、いつかこの石で自宅風呂を作ったら、なんて素晴らしいだろうと感じます。とにかく汗が退きません。

このブラックシリカ(黒鉛珪石)は北海道の檜山管内・上ノ国町でしか産出しないといわれる石。
常温で遠赤外線を放射しマイナスイオンを多量に発生させることが発見されたスーパーストーンなのです。すんごいよ!

だから、天然温泉でありながらこの石を浴層やシャワーノズルにまで設備した「湯楽 しのろ」は断然オススメの390円です。サウナや露天も勿論完備されているし、蕎麦やラーメンは400円からとお得なんですよ。

JR篠路駅から徒歩3分。是非、お立ち寄りください。

湯けむりパーク湯楽しのろ
札幌市北区篠路2条7丁目5-15
電話:011-774-1126


さてここで「北海道!地名クイズだ!」
北海道には難しい地名が山ほどあります。あなたは何個読むことができるでしょうか??

まずは準備運動に常識問題から。

1・稚内
2・礼文
3・札幌
4・羽幌
5・釧路


【答え】

1.わっかない
2・れぶん
3・さっぽろ
4・はぼろ
5.くしろ

むぅ。これは簡単すぎますね。では、ちょっと難しく出題します。

1・天売
2・焼尻
3・留萌
4・興部
5・留寿都


【答え】

1・てうり
2・やぎしり
3・るもい
4・おこっぺ
5・るすつ

なかなか難しいですが、北海道の人なら全部読めますね。では、地元も汗する問題を。

1・丸瀬布
2・音威子府
3・置戸
4・占冠
5・神恵内


【答え】

1・まるせっぷ
2・おといねっぷ
3・おけと
4・しめかっぷ
5・かもえない

いかがですか?ええ?まだ読める地名がありましたか。じゃあ、これが読めたらあなたに北海道博士の称号を贈りましょう!

1・花畔(石狩市)
2・生振(石狩市)
3・濃昼(石狩市)
4・渚滑(紋別市)
5・芭露(湧別町)
6・志撫子(湧別町)
7・文庫歌(小樽市)
8・覚生(苫小牧市)
9・珸瑤瑁(根室市)
10・梨野舞納(共和町)


【答え】

1・ばんなぐろ
2・おやふる
3・ごきびる
4・しょこつ
5・ばろう
6・しぶし
7・ぶんかた
8・おぼっぶ
9・ごようまい
10・りやむない

さぁ!まいったか??なんてね。

北海道ではアイヌ語の地名が多数を占めていますから、当て字が多いのです。朱鞠内(しゅまりない)幌加内(ほろかない)など、「内」のつく地名は「谷」がある場所だとか。

それとは反対に当別(とうべつ)江別(べつ)札幌:サリポロベツなど「別」のつく地名は水が氾濫する場所。

ですから内とは山手で内陸のことが多いし、別とは平野や盆地であることがわかります。


では、アイヌ語からできた市町村名を挙げてみましょうね。

●稚内市(わっかない)
語源: アイヌ語「ヤムワッカナイ」(給水場)。

●枝幸郡枝幸町 (えさし)
アイヌ語「エサウシ」(岬)。

●紋別市 (もんべつ)
語源: アイヌ語「モウペット」(静かな川)が訛ったもの。

●士別市 (しべつ)
語源: アイヌ語「シペツ」(川の岸辺)。

●名寄市 (なよろ)
語源: アイヌ語「ナイオロプト」(渓流に注ぐ口)が訛ったもの。

●留萌市 (るもい)
語源: アイヌ語「ルル・モウ・ペツ」(静かな湖水がある場所)。

●増毛郡増毛町 (ましけ)
語源: アイヌ語「マシケナイ」(カモメの多い所)。

●網走市 (あばしり)
語源: アイヌ語「チパ・シリ」(祈りの聖地=幣場)が訛ったもの。

そう、北海道の地名を調べると、行かずともその地名には地理や特徴が込められているんですね。面白いですね。

では、今日はここまで。エッセイはお休みしますね。僕の作品「美瑛の丘にて」でお別れします。バイバイ。

美瑛という地名は、十勝岳からこの辺りへと流れる美瑛川が硫黄分で白く濁っていた事から、アイヌの人たちがこの地を(油ぎった川)という意味のアイヌ語で「ピィエ・ペツ」と呼んだことが始まりと言われる。

7394.jpg



美瑛(びえい)の丘にて



ここはねカムイの土地と

貴方が言ったとき風は吹く


丘をすり抜ける閃光に

風は草原を海原にして


民が創った作物の幾何学は

大空に向かう飛行場のよう

心を大地に託しながらも

丘に飛び立とうとしている


この風道を拓いた人々よ

カムイに背かぬ歴史達よ


うねる土地をせき止めて

防風林は輪郭を作るけれど


受け止めて捧げあってきた

生きることが美瑛にあった






にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。

NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール
DSCF6750.jpg






Last updated  2008.01.12 21:03:11
コメント(11) | コメントを書く
2007.12.24
カテゴリ:随筆
Merry Christmas!

imagesasasa.jpg

イロイロなクリスマスがあるでしょう。

家族の愛に包まれたそんな素晴らしいクリスマス。

最愛の恋人と夢のように過ごすクリスマス。

帰る家も無く星空を眺めての路上のクリスマス。

たった一人でワインを空けため息をついてしまうクリスマス。

仕事をこなして忙しさで忘れてしまうクリスマス。


戦火に追われて、逃げ回っているクリスマス。

食べるケーキも買えずに子供を思いやるクリスマス。


様様な夜です。

05.jpg

そんな、そんな みんなへ、心をこめてメリークリスマス!


そしてクリスマスにあなたが思い浮かべる曲は何でしょうか?

みなさんに想い出があり、その時間を彩る旋律があることでしょう。

僕のクリスマスはとってもスペシャル。?かな、これなんです。

たくさんの恋人たちの画像でお楽しみください。

wham.gif

画像をクリックしてくださいね。

WHAM(ワム)で 「LAST CHRISTMAS」です。


Last Christmas Lyrics


Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

Once bitten and twice shy
I keep my distance
But you still catch my eye
Tell me baby
Do you recognize me?
Well
If it's been a year
It doesn't surprise me
"Happy Christmas"
I wrapped it up and sent it
With a note saying "I love you"
I meant it
Now I know what a fool I've been
But if you kissed me now
I know you'd fool me again

Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

ooooo
oh oh baby

A crowded room
Friends with tired eyes
I'm hiding from you
And your soul of ice
My god I thought you were
Someone to rely on
Me?
I guess I was a shoulder to cry on

A face on a lover with a fire in his heart
A man under cover but you tore me apart
oh oh
Now I've found a real love you'll never fool me again

Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

Last Christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

SPECIALLLLLL

A face on a lover with a fire in his heart ( Gave you my heart)
A man under cover but you tore me apart
Next year I'll give it to someone
I'll give it to someone special.
special
someone someone
I'll give it to someone,I'll give it to someone special
who'll give something in return
I'll give it to someone
hold my heart and watch it burn
I'll give me to someone,I'll give it to someone special
I've got you here to stay
I can love you for a day
I thought you were someone special
gave you my heart
I'll give it to someone,I'll give it to someone
last christmas i gave you my heart
you gave it away
I'll give it to someone,I'll give it to someone



去年のクリスマス
僕は君に思いを伝えたのに
君はすぐ次の日に投げ捨ててしまった。
今年のクリスマスは
涙を流すのはごめんだから
特別な人にささげることにするよ

苦い思い出も恥ずかしい思いもしたよ
だから君から距離を置く僕
なのに君に目が行ってしまう
教えてほしいんだ
僕のこと、覚えているかい
そうだね
もう一年なんだ
別に驚きはしないけど
(楽しいクリスマスを!)
丁寧にラップをかけて送った僕の気持ち
「愛しているよ」とカードに書いて
ホントだったのに
自分のおろかさがわかったよ
だけどもし君がキスしてくれるなら
まただまされてしまうかもしれない

込み合った部屋で
友達はみんな疲れた目をしている
僕は君から見えないところにいる
そして君の冷たい気持ちも見えないところに
なんてことだろう。
僕は君が信じてくれる特別な人だと
思っていたよ
僕は肩を震わせるだけの弱虫だったのさ


◇今日の詩作◇

クリスマス。そんな夜に幼いお孫さんを亡くした人がいました。

僕は、耐え切れず、返事も書けなかった。でも、なにか伝えたい。

でも、伝えられなかった。保育器の中で息を引きとったんだ。

だから、僕は詩を彼女に贈りました。なにも出来ないけれど、

彼女に届いて欲しいと描いたことを思い出します。今日はそんな

詩でお別れします。描きながら僕は前さえ見えないほど泣いていた

ことを思い出します。あのときに僕は手を結んで強く胸を押していた。


「聖夜の祈り」です。

icelight1.jpg



聖 夜 の 祈 り


さらなる祈りに溢れ

想いだしてみる面影


別れていった人々よ

微笑みだけを残して


想えばあの時に私は

抱きしめたかったよ

想えば最後に貴方へ

優しくしたかったよ


面影浮ぶ愛しい人よ

我が胸を押して願う


この世界を巡る幸よ

いつも貴方へ届けと


永遠に笑顔のままで



*************

みんな!本当は幸せなんだ!そうなんだ。だから明日からまたがんばろう!

みんな幸せになれるんだ。ほんの少しのことなんだ。

誰でもが使命を背負ってこの世界にうまれたよ!それを感じて、それを知って

おおきくなろうよ。ずっとズット探していようよ。

バイバイ。素敵な夜を。 多聞


※付録 多聞のクリスマス作品

流 星 旅 行

思い出のクリスマス

静 寂 の 夜 空 へ

この愛をこめて

北  極  星

白いクリスマスイブ


にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。

NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール
DSCF6750.jpg







Last updated  2007.12.24 23:53:14
コメント(24) | コメントを書く
2007.11.14
カテゴリ:随筆
大人が集まり知的な情報収集!そして参加して書く!

素敵な大人のコミュニティーがあります。レベルが高く安心のサイト。数々の分野からライターが集まり、素敵な記事を書いています。

きっと貴方の気に入った記事を探すことができるでしょう。そして、貴方もライターに!採用されると【原稿料】がいたけるんだって!すごいねぇ。貴方も参加してくださいね。

僕もここのライターに選ばれました。来てね!

gorogu02.jpg

**********************

語ろ具(ゴログ)とは?

大人の知的好奇心を刺激するコミュニケーションサイト。大人の趣味や生活を、エンジョイする方を応援。

カテゴリごとに、様々な話題を提供する『具』がたっぷりと詰め込まれてる。

この『具』は、読者の皆さんと同じ視点から、ライターが自らの体験や取材をもとに執筆したもの。個性あふれる皆さんのここでしか読めない記事を、お楽しみください。もちろん、コメントやトラックバックも大歓迎です。

ライターの方も募集中!私も書きたい、という方のご応募をお待ちしております。
語ろ具ライター募集ページ


◇おもなカテゴリー◇

旅行・国内観光の穴場から海外旅行のお役立ち情報まで、トラベルガイドにどうぞ。

名所・歴史探訪・ライターならではの視点でのぶらり旅、名所スポットをご紹介します。

温泉・日本各地の温泉、観光地を体験取材、「ゆこゆこネット」で予約も可能です。

料理・グルメ 男の手料理、自家製の味噌、レストラン、カクテルなど話題は尽きません。

健康美容・アンチエイジングからダイエットまで。健康生活にお役立てください。

スポーツ・アウトドア スキーに乗馬にダイビング、自分もやりたくなる体験記事が満載!

生活文化・暮らしのお役立ち情報や大人の社会見学など、読者の目線でレポートします。

芸術文学・美術、音楽、本や作家の話題や、趣味としての体験レポートをご紹介します。

大人の趣味・大人のための奥深いホビーの世界の入り口にご招待します。

園芸農業・春夏秋冬、四季折々の植物にまつわる話題を取り上げていきます。

ライフワーク・生きがいさがしの参考に、同世代、先輩諸氏が熱いエールを送ります。

パソコンインターネット・パソコンやインターネットのサービスや使い方など。

定年後のマネープラン・定年を迎える方が安心と満足を得るための資産管理術を案内。
**********************

特に写真が好きな人。これはいいですね。ライターにもっこい!写真を多様するんですね。生活設計や趣味の創設にもたくさんの先輩がアドバイスしてくれますよ。あなたもすぐに登録して仲間になってね。


20071110172519_w_300_h_350_4505572.gif
575fun.com

にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。


NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール

DSCF6750.jpg








Last updated  2007.11.14 21:23:03
コメント(5) | コメントを書く
2007.11.12
テーマ:今が旬の話(422)
カテゴリ:随筆
aaa.jpg

「どわぁーーっ!僕をここから降ろしてくでぇー!」

嗚呼、あれは悲惨な出来事。。。

運命とはかくも残酷であり、それに翻弄される人間の悲しいことよ。。。生き地獄の恐ろしさがここにあった。


数年前のこと、仕事で他社を尋ねた。営業の佐藤クンはいつもの笑顔で迎えてくれた。気のいい青年で笑顔が人懐っこい。

仕事を済ませた帰りかけに、彼が、
「僕達も出かけるので途中まで送るよ。」と言ってくれた。

これはラッキー!早速頼んだ。そしてもう一人同乗して出かけることになった。

それは、この会社の技術部長の高橋さん。寡黙で職人肌の55才。高倉ケンさんにクリソツってことで女性の社員にも人気が高いナイスガイだ。

「高橋です。よろしく。。。」

bbb.jpg

野太い声。射すような目力。うぅーん、かっこいい!

そして、社用のクラウンが発車した。お二人は前の席。僕はいちおうゲストと言うことで後部座席についた。運転の佐藤クンは緊張気味。

でも、心配があった。。。たまに居るのだが、ハンドルを握ると性格が歪む人。気のいいヤツだが彼もその一人なのだ。

最初の交差点で信号に引っかかった私たち。長い信号待ちが終わり車が左折しようとしたその時だった。

子犬であろうチワワを連れたご婦人が横断歩道を渡ってきた。手には大きな荷物。大変そうだ。チワワが足にまとわりつく。よつれるご婦人。

ありゃりゃ、今度はよつれたはいいが、買い物袋からドックフードを落とした。

「チッ!」

佐藤クンは早速の舌打ちだ。高橋さんはやはり寡黙。腕組みをしている。

やっと荷物を拾ったご婦人は、あわてた様子で歩きだそうと必死だが、犬がじゃれる。

そして、彼は切れた。。。

「いい年かっぱらってスカートなんかはくから、もたつくんだ!いいから早く歩けよ ブス!」
嗚呼、荒れている。小さな声だけれど車内の二人には筒抜けだ。

すると聞こえたのか?ご婦人が何度も執拗にこちらを振り向くではないか!(ああ、まずい!)

「デブだからノロマなのか?デブは外に出て歩くなよ!ブス!」
(それにしても佐藤クン。君は性格変わりすぎだ。)

やっとご婦人が横断歩道を渡りきり、車は再度出発。そして直線にはいってしばらくしてからだと思う。

今度は両手を頭に廻して、高橋さんが初めてポツリと静かに語った。

「あれなぁ。俺の女房だ。」

ドッカ--ン!

僕はあわてた!でも、どうしていいか分からない!いたたまれないではないかぁ!その場をどんなことをしても繕うことができない。

「だぁーー!ここから飛び降りたいーー!」

恐る恐る運転席に目を移すと、すでに佐藤君はブロンズ像になっていた。(君は、、、どうする?これから。。。)

えっと、、、「ここでいいです。ここで。」僕は用事を思い出したと告げ、ブロンズ化した彼を置き去りにして途中下車したのはゆうまでもない。

そして何故か?下車した僕の頭の中では中島みゆきさんの「うらみぃ~まぁ~すぅ♪」がリフレインしていた。

20071113010028_w_300_h_350_3117728.gif
575fun.com

「嗚呼。平成残酷物語」シリーズも第3弾を終わりましたが、まだまだ続きます。すべて実話なんですが、もっとエスカレートしますよ。お楽しみに。

CCC.jpg


「藍く藍く染まれ」



吹きぬける長き風の道
君との出逢いのように
白く白く澄み渡る地平線

たじろいでいた僕の影

この空は知っていたんだね
遠いあの場所で僕らは繋がる
平野を乗り越ヘ足跡を残し
大地の果てにまた交わる夢を


雪に煙る森林を抜ける道
愛を知ったときのように
広く広く大きな世界

夢を追った藍き青年よ

あの人は天高く遠くとも
見えない空間が阻んでも
平野に残る足跡を知り
遠くあの地に待っている


しばれる果てしなき道
生きていくことのように
美しく輝きを増す大地

夢に敗れた旅人たちよ

この世界はいつまでもある
届くことなき遙空の下にも
青く広がる世界は見えるよ
心は遠く結ばれる時がくる

白く白く澄み渡る世界よ
あの藍を映しあの藍に染まれ
いつか僕らを包んでおくれ
遠く地平に歩みゆく人達を




にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。


NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール

DSCF6750.jpg







Last updated  2007.11.13 01:04:35
コメント(6) | コメントを書く
2007.10.28
カテゴリ:随筆
文芸好きな方へ朗報です。

なんと!自分の俳句や千柳、短歌をビジュアルなアニメに編集して公開できるサイトを見つけちゃいました。はまりました。下のように自分の作品は持ち帰ることも可能なんです。

575fun.com←好きな方は是非とも遊びにいってくださいな。

-------------

愛した人はふわふわのボタン雪でした。yuki.gif


最近話題のストーカーの元祖?tuki.gif

どうですか?面白いですよ。いろんな素材がありますので、あなたもオリジナルってみませんか?


■僕の朗読■

僕の朗読が動画でYou Tubeで公開されています。多聞が喋ります。是非みてくださいね。


にほんブログ村 アウトドアブログへ

ランキングに参加しました。クリックしてね
banner2.gifドン!って。


NANAOSAKI.jpg
テクノラティプロフィール






Last updated  2007.10.28 21:54:50
コメント(9) | コメントを書く
2007.10.24
カテゴリ:随筆
image.jpg

この画像はできたてのコミュニティーサイト「ディアブロ」の画像である。

そして、このコミュニティーはできたてホヤホヤにもかかわらず、あの「mixi]と同等以上のシステムを誇っているから驚きだ!!

しかも、このシステムを作ったのは私の友人で管理者でもある。

驚くことにこのコミュニティーの参加者は、、、、

私と彼と二人だけ。

これから始めるらしいのです。

「つきあって!ください!多聞ちゃん!」

「よかろう!登録だけしちゃる!」

完全無料で、自分のブログの宣伝までしてくれます。

気になる方は3人目の参加者になってくださいね。メッセージに「ディアブロ参加希望」と書いてメルアド送ってくれたら、僕から招待状が届きますよ。

これから何百万人にもなるコミュニティーでの草分けになってください。



■今日の詩作■



「嗚呼、僕は緑輝く大樹になりたい」



赤い屋根のホテル秋の日に母と別れた

寒い吹雪の夜友達が死んだと聞いた

学校の帰り道水仙のそばで子犬を拾った

まぶしく輝く虹の朝祖母から贈り物が届いた

たった一人の旅の空流れ行く星を見つめてた

ひらひらと風に触れて
僕の木の葉になったこと達
心の枝が揺れていた

可愛い少女に出会った
僕は心から愛する喜びを知った

誠実にわかりあえる友がいた
一人ではない事を教えてくれた

ひらひらと触れて揺れ動いていた

僕にも時の嵐は訪れていく
何もかも包み込み奪う息吹
振り出しに戻そうとする力

ひらひらと木の葉だけが残った

もしも君達が戻らなくてもいい
もしも僕のことを忘れてもいい
もし何かに迷っているならば淋しいならば

僕はたくさんの木の葉を抱き
ここに立つ大樹になってみようと思う

過ぎてしまった時間は決して
決して僕だけのものではなかったから
すべてが幹へと流れていたから

君達がいつか休める木陰を作ろう
君達が糧とできる豊かな実を作ろう
君達の木の葉で安らぎを作ってみよう

いまこの大地に僕は立っていたいと思う
このままいつまでもいようと思う
ひらひらとひらひらと揺れながら



松尾多聞




■多聞よりお知らせ■
それで42000のキリ番です。踏んでいただいた方は、希望があれば「あなただけの詩」をプレゼントいたします。
真剣に書かせていただきます。


imagetop.jpgimg838fdecbkhquts.jpg

ランキングに参加しました。クリックしてね

banner2.gifドン!って。







Last updated  2007.10.25 01:26:17
コメント(9) | コメントを書く
2007.10.17
カテゴリ:随筆
本当にあった話ですが、書くことをためらっていました。

誰も信じてくれないと思ったからです。でも、今日は勇気を出して書きましょう。

知り合いの「○○銀行副支店長」が今流行の都心マンションを購入!古くからのスキー仲間を呼んで新築記念パーティーをすることになりました。

メンバーは詩人の私と、大手建設会社現場監督。そして、市内の大学で電子工学の教鞭をとる先生。

昼に集まり宴を始めたのですが、地下鉄ターミナルの真上のこのマンションには彼専用のマージャンルームがあったのです。

「ふふふ、ダム現場の飯場で山の男達を相手に磨いた俺のマージャンは、いわば修羅の道。誰も勝てないさ!」と現場監督。

「いやいや、私の頭脳で理論的に展開するIT打法におまえらみたいな丼勘定がかなうわけが無い!」と先生

「なにおなにお!得意先に頭を下げ、気を使い、修行を積んだ私のマージャンは冥府魔道!貴様達はお呼びではない!」と銀行副支店長。

「ふふふ、ほざきなさい!魂の葛藤を重ね、心を形にする詩人にとって、貴様達のたわごとは赤子の夜鳴き!!」


「是も非もなし!いざや勝負!!」

majya.JPG

そこへ、銀行の奥方。
「ねぇ、片付かないの、貴方が中学校の時に使っていたジャージ、捨てていいでしょう?」

アディダスの三本ライン。それも紺色で磨り減り、タップリと毛玉もついている。そして、胸には大きく名札までもが縫いつけてある。

「おくさん!ちょっと待って!」と大学の先生。

「よっしゃ、名人が揃ったところで、罰ゲームも決めておこうではないか!」

「居間に手錠のように大きな知恵の輪があったな。負けた下手糞はこのジャージに着替えてだな、下の地下鉄の改札口に立ち、知恵の輪が解けるまで立ったままがんばる!ってのはどうだ!」

「うーっむ・・・やぶさかではない!」

嗚呼、ばかな男ばかり。。。。

修羅か冥府魔道か、IT理論か魂の叫びか?かくして運命のマージャンは始まった!。


0006.jpg


すでに宵闇も迫り一人勝ちしている現場監督は楽しくてしょうがない!

「うっしっし。。。」と笑いが止まらない。


残る三人はどんぐりの背比べ。顔にはもう、死相が漂っていた。

そこでオーラス(最後の試合)!

「どーーーん!」

私、詩人が魂の叫び!第二位で勝ちました!!胸をなでおろしながら見渡すと、頭を卓につけて微動だにしない言いだしっぺが倒れこんでいます。

「おい!先生よぉ。いくぞ!」

3人に許してもらえるわけは無く、IT理論の大先生は囚人のごとく両脇をかかえられてジャージへの着替え。

しかし、190センチの大男。かわいそうにジャージはツンツルテン。
スネがあらわになり、妙な場所が「モッコリ」して目立つこと。

そのまま無言の彼は屠場に送られるドナドナよろしく、無抵抗で改札口へと運ばれたのであった。



images08623.jpg


夕方の6時だ。改札は混雑を極めていた。覚悟を決めた大先生は

「こんな知恵輪!30秒だ!」といきまいた。

顔はまるで神鬼のような集中力!しかし、教え子や父兄や、学術仲間に見られてはと、時折情けない視線であたりを見渡している。

見ている3人はキオスクの影に隠れて転り笑いだ。

混雑しているのに、人が3メートル以上距離をとって、異様な流れが駅構内に発生している。

中には奇特なご婦人も現われて「どうしたの?」「一人で帰れないの?」
と、優しく声をかけているではないか!!


「ぎゃははははは!」(私たちは泣いていた)

「大丈夫です!これには深い事情が・・・」と先生。

知恵の輪から目を離さず、一生懸命に言い訳している大先生。

私たち3人はもう、涙で前が見えないほど笑っていた、

そのとき!!

images00000.jpg

「ちょっときてください。大丈夫ですか?」

駅員が3人で来た!

「違うんです!違うんです!」

「うん?何が違うのかなぁ?」(とても優しい)

そして彼は事務所に連れて行かれたではありませんか!

「違うんです!違うんですぅぅぅーーー!」の声が遠ざかっていった。こりゃまずい!と三人でまたまた大笑い!逃げてひとまずマンションに待機。

images000001.jpg

しかし、30分たっても40分たっても彼は帰ってこない。
さすがに心配して迎えにいこうとしたとき、大先生は目の下にクマを作って帰ってきた。目が腫れている。。。

半べその彼の話は次のようなもの。

駅員に連れられて事務所に入ると、たまたま巡回できていた警察もいた。
バツゲームの内容を話してみたものの、大の大人がそんな馬鹿なことを考えるわけがないと信じてくれない。変態疑惑が持ち上がっていた。

住所と職業を聞かれても大先生が答えられるはずもなく、押し問答が続いた末、警察も怒り出し、どこの誰かも言えない人間は不審きわまりないので、署でゆっくり話を聞く!と言い出した。


さすがの先生も恥をしのび、身分を明かし、事情?を説明したが、そんな状況で誰が信じることだろう。

先生は泣きながら自分の奥方に電話をし、状況を詳しく白状して、警察に代わり、身分を認めてもらったと言う。

彼は泣いていた。。。家に帰りたくないとだだをこねた。

images000002.jpg

笑いすぎて骨抜きの私たちは、仕方無く、彼の家まで送っていったのだが、家の前には閻魔様が立っていたので、早々に退却してきた。

その後の話は、先生も語らないし、私たちも怖くて聞けないでいる。


すいません。この記事、昨日アップしましたが、、、、間違って消していました。
コメントいただいたかたがた、、、すいません。


ランキングに参加しました。クリックしてね。banner2.gif






Last updated  2007.10.18 10:52:15
コメント(5) | コメントを書く
2007.01.03
カテゴリ:随筆
その物語を現代に体験するなんて、俺は驚いたんだ。

あれは、俺が幻の魚「イトウ」を追って釧路湿原へ旅立ったことから始まった物語。あんな結末になるとは想像も出来なかったんだ。

夢の中にいるようで、しかし、人間の盲点が明らかになったようで、俺は本当に驚いたんだ。

今日は、俺のそんな物語を皆さんに聞いて欲しい。びっくりして逃げ出さないよう、覚悟して読んで欲しいんだ。

世界遺産に登録申請するほどの大自然が生きる「釧路湿原」へ「イトウ」を狙う旅に出たのは3年前。さすがに「幻」といわれるほどに一匹も釣れないのがイトウだ。テントを張り、三日間がんばったが音沙汰がない。


012.jpg

俺はあきらめて帰ろうとした時だった!

「ギャァーギャァー!」とあまりここでは見かけないカラスが騒いでいるではないか!おれは近くに走っていった!

なっ何と!!!

天然記念物であり手厚い保護を受けている「丹頂ヅル」の雛が襲われているではないかぁ!

これはやばい!

俺は石を捜したが湿原にあるはずも無く、落ちていた木の棒をかざしてカラスを追い払った!雛は一目散に親鳥の懐へ走り、なんとか事なきを得た。

安心した俺は帰路へついたが、もうそんなことなど忘れていたんだ。

013.jpg

それから2年が過ぎた昨年の春のこと。

俺は仕事関係の接待で嫌々すすきので飲んでいた。ため息をついた帰り道に彼女は突然現われた。

ほろ酔いで、すすけた俺の肩を叩く美人が現われたではないか!

「こんばんは。お久しゅうございます。」

014.jpg

「へ?なんですか?(ニタァ)」


「実は、わたくし、釧路湿原で貴方に救っていただいた鶴です。今日は大人になった最初の日。あなたへ。。。」

「ちょっと待ってくれ!俺もその話を知らないわけではない!幼少の頃より知っておる!皆まで言うな!」

か細く話す美人に心を奪われた俺は、カッコをつけて物知り顔で答えた。

「あのぉ。。。お部屋を三日間貸していただけませんか。恩返しがしたいのです。。。」

何をいまさら!もう分かっておる!大丈夫だ!まかせなさい!

俺は嬉々として、その美人とタクシーを共にして自宅の部屋へ案内したのはゆうまでも無い!

015.jpg

「どんなことがあっても三日間はこの部屋のドアを開けないでくださいまし。。。」

「何をいまさら!俺も日本男児!そんなことが分からないでかぁ!」

俺は彼女を言い含めて、部屋に誘った。そしてドアを硬く閉めたのだった。そのワクワク感たるや尋常ではない!

しかしだ!


最初の日は「ガタガタ」と音のしていた部屋が、二日たっても三日たって静まり返り、心配になってきた。

そこで業を煮やした俺は4日目でドアを開けてみることにした。

「ええ?あれぇ?なんじゃこりゃ!!!」

そう。ご想像の通りの結果となった。

部屋のパソコンから布団。絨毯や本棚にいたるまで一切合切を持ち出されて盗まれていた。

俺はやっと解った!あれは鶴ではなかったんだ!

016.jpg

鶴ではなく。サギだった。


ちきしょう!俺が再びすすきのへ行ったのは言うまでもない!

大切な書斎の財産を全部「いかれた」悔しさにやけ酒を飲んでいたんだ。

するとまた和服の美人女性が現われたんだ。

前回よりも少し線が細いがウナジが光る素晴らしい美人だ!


「あのぉ。サギに大変な目にあったんですって?」

「こぅら!お前も仲間かぁ!?」

俺はもちろん!取り乱すように彼女を攻めた!

「何をおっしゃいますやら!私が釧路湿原の鶴です。遅れてしまいましたが。。。」

ちょっとまてよ!

俺は今度は冷静なることにした。

「そうか!」

もしも、この線の細い美人がいうことが本当だとしても、ウソだとしても部屋を貸していいではないか!だって俺の書斎は一切合切に物をサギにやられて「失うものが無い!」

「そうかぁ?本物だなぁ?」

「もちろんでございます。恩返しを。。。」

「おいおい!皆まで言うな!知っておる!」

またやってしまった!男とは本当にバカである。

しかし、またしかしだ!

今度は最初から音もしなければ気配さえも無いではないかぁ!

俺はまたまた業を煮やし、今度は二日目にドアを開けてしまった!

<するとどうだろう!!??

部屋の真ん中で鳥が一羽死んでいるではないか!

俺はまた解ったんだ!鶴ではなかった!

017.jpg

彼女はガンだった。。。


※この物語はフエクションであり多聞の大ウソです。しかし、著作権は放棄しますので、人間関係が冷え込んだり、つまらないパーティーの時に使ってください。自分を捨てるとヒーローになれるかもね。


-------------------

またやってしまいました。どうも

我慢ができないオヤジになってい

ます。

でも、これに懲りずに、またきてく

ださいね。心よりお願いね。

さて今日は私の一番好きな自分の

作品です。

海の波が人生と感じることはね、そ

れは貴方が優しいから。

そして自然を愛している証拠だから

だよ。

海には人生があります。そして思いでも。

「舞夢」でお別れです。

生きることを理解する力のようにね、

詩はね、読む力も必要なのです。それは

大切な言葉を知ることでもあります。

沢山の賞を受賞したんですよ。読んで解る

人は詩人だね。

BGMつき「舞 夢」を見てね。


000003.jpg




舞    夢



返す波の香たかくとどけど

我身を濡らす想いはいずこ


沖を染めゆく客船の灯よ

険しき貧苦の夜を照らせよ


歯がゆき言葉に破れし夢

波のいとまにいま約しけん


しるし無き世に我はまた

命つくせし恋のあかしに






松尾多聞


にほんブログ村 アウトドアブログへ

img838fdecbkhquts.jpg

ランキングに参加しました。クリックしてね

banner2.gifドン!って。


NANAOSAKI.jpg






Last updated  2007.07.28 23:05:58
コメント(6) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

藤本義一の文章教室 New! 風鈴文楽さん

強い霜 New! tanchannさん

映画『アルカトラズ… New! あけみ・さん

新生(38) New! 館長443さん

【新作】英国 Whiteh… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

墨のイラスト cona-pさん
今日の空は何色? robizoさん
hisa ひさ彗星さん

Comments

 だいせい@ 旧西村病院 なるべく顔だしてね(^O^)
 命とは…@ Re:命とは無限で「ひとつ」だね(12/28) ありがとうございます…。私もそう思えます。
 うさぎの桜子@ *:;;;;;:*御無沙汰しています\(=^^=)ヾ*:;;;;;:* お久し振りの訪問です♪ なかなかお伺いが…
 terasu@ 今日は。 遅まきながら、明けましておめでとう御座…
 あけみ・@ Re:母の魂に。。。(01/12) どんなにご心配されて 心を痛めていらっ…

Archives

・2019.12
・2019.11
・2019.10
・2019.09
・2019.08

Category

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.