000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サラサラ日記

すべりこみアウト。 3




<冷たい言葉を吐いた夜>

悔いの残る言葉は
けれども確かに僕の中から出て行った。
君を傷付けてどこかへと走り去る。
その後ろ姿を虚しく目で追う。
冷たい言葉は僕の中にいつも激しく息づいていて
時折荒々しく外へと放たれたがる。
冷たい言葉は口にした途端に
君と同時に僕を突き刺して
傷つくことを予感しながら僕はそれを止められない。


<距離>

近づくほどに見えるもの。
遠く離れるほどにわかること。
物事のピントが合う、丁度いい距離というものが必ずある。
その探しどころが鍵。


<眠れぬ夜>

眠れぬ夜に何を想う。
星のない雨の路。
湿った空気が胸に沁み込む。
人恋しく、誰もいない。
想い出は何も助けてくれない。
前へ進むためだけに生きるのが美徳?
立ち止まり、振り返る。
その瞬間も息づいているこの気持ちはどこへ放たれるのだろう。



<ある会話>
「これ見て!」(くるりと回る。スカートの裾広がる)
「うわぁ。きれ~い!」「心底そう思ってる風)
「そうでしょ?ほらっ」(ともう一回回る。スカートふわり)
「わぁほんとほんと!おばさんみた~い」(ほめてます)
「・・・・・・」(複雑です)


<疑問は残る>

どこまで行っても疑問は残る。
どこで踏ん切りをつけるかは自分の問題。
どこまででも突き進んでもいいし。
今この瞬間で終わりにしたってかまわない。


<メイビー>

僕が一体君の何を知ってるというのだろう。
知ったつもりで手にしたものはすべてが砂の粒だった。
知ったつもりで取りこぼし
また君という人を見失う。
いつもそんなことのくり返し。


<ウラハラ>

心とウラハラなことを言うのは君のことにとらわれているから。
気付いてほしいときもある。
別にどうだっていいならこんな態度を取りはしない。
心そのまま伝わるなら恋なんて、なんてたやすいこと。



<おまじない>

ナントカナルサ。
おまじない。

もっちろん苦しいさぁ。
くじけちゃうさぁ。
ふざけんなよ!さぁ。
てめぇなんだよこのやろう!さぁ。
俺ばっかよぉ~。さぁ。

でも。
ナントカナルサ。
ナントカナルサ。
ナントカナルサ。
で、おまじない。



<ツナガリ>
君は僕の手の届かないところに行きはしないか。
君の手は僕に伸びているか。
君の目はどこを見つめているのか。
同じ道を歩いている君の
君の足先が気がかり。


<転>
それは止めません。
それは止まりません。
それはどんどん転がり落ちて止まることを知りません。
それは止まりようがないので。
そしてそれは行き着くところへ行き着くまで。
とても丸くてすべすべとしていて。
それは止めようがないのです。


<結>

今やるべきことに心血を注ぐ。
明日やるべきことから目を逸らさない。
その次またその次へと俊敏に心を移す。
何ひとつ変えずに何もかもを変えていく。
最後の最後にただ一つのことだけをやり遂げるために。
何ひとつ見ずに何もかもを見極める。
最後の最後でただ一つのことと向き合うために。





Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.