376468 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サラサラ日記

すべりこみアウト。 7



すべりこみアウト。7

                 すべりこみアウト。6へ



<誘惑>

数え切れないほどの誘惑をボクにくれたキミ。
ボクはそのたびに苦しんでときには楽しんで
その誘惑を味わいつくしたよ。
欲望には限りがない。
どこまで突き進もうとも。
キミの誘惑に心はメロメロ。
キミの誘惑に炎がメラメラ。
そして今、ボクらはバラバラ。


<波>

うねるように動いていた波がハタと静かになる。
もうこのまま永遠に動かないのではないかと思えるほど。
こんなときは下手に動かない方がいい。
次の波が来るまでの、とてつもなく長く感じる一瞬を
息をひそめて見つめていよう。

次の大波は前から来るとばかりは限らない。



<淋しい口>

今夜はインスタントコーヒーにチョコ。
昨夜は自家製梅酒にチーズ(サラミペッパー味)だった。
時々ビールとポテチ。
熱いお茶に黒砂糖って時も。
いつも、何か、口淋しい。
口淋しいときって、心も淋しいのかな。
(いや、イヤシイだけだろう)


<静かな攻防>

誰にも気付かれない静かな攻防がここにある。
二人だけにしかわからない応酬。
音もなく火花は散ってる。
せめぎ合うその音だけが微かに聞こえる。


<崩壊>

互いの何かが不安にさせる。
それが積もり積もって大きな砂山が出来るころ
ちょっとした通り雨が降る。
何の気なしに。不意に降る。
砂山は簡単に崩れ去り跡形もない。



<突起>

君の何かが引っかかる。
別に大したことではない。
取るに足りないこと。取るに足りないように見えるものだ。
ほんのちょっとしたことなのに
きみの仕草がボクに新たな課題と疑惑をもたらす。
そのナゾが解けるまでこの夜は明けず
次の部屋には入れない。


<そんなことなら>

そんなことになるなんて思いもしなかった。
そんなことならどこまでも行くべきだった。
そんなことならどこまでもどこまでも。
そんなことになるなんて思いもしない僕だなんて
その時その瞬間まで思いもしなかった。
行ってみないとわからないよと言ってた僕だけど
行ってみようともしない僕だなんて。


<逃避癖>

やるべきことからとことん逃げよう。
やるべきことからとことん逃げても
必ずいつか追いつかれる。
だから追いつかれるその日まで
出来るだけ遠くへとことん逃げよう。


<心の岸辺>

今、心の岸辺に立ってその底の方を覗き込んできました。
どろどろと渦巻いてるものがいっぱい見えて恐ろしく
初めて見てしまったので
「あぁ、ここを踏み越えてしまったらあそこへ行ってしまうのだな」
と思いながら
今夜なら踏み越えてみようと思っただけでそこに行けそうでした。
そこに行ったらすぅっとしそうで、
でもここには決して戻れないから
それはまだいやだなという気持ちが勝って、行けませんでした。


<いばりんぼう>

いばりんぼうのあの人。
いばりんぼう。
ブツブツ言うのが仕事。
いつも何か探しているけど見つからないって顔の毎日。


<あともう少し>

あともう少しと言い聞かす。
それさえ過ぎてしまえば。と。
そこを過ぎれば一時凌げる。
凌ぐ時間があればまた元気にもなるだろう。
あまりにも次から次へと走りすぎると
お天道さまにしかられますよ。
お天道さまを追い抜かすことはできないんだから。



<風の足跡>

風が雲を連れてきて
雲が雨を降らせてく

風が時を連れてきて
時が涙を降らせてく

風がお日様連れてきて
お日様涙を乾かす日


<以心伝心>

時々ハッとあの人の言いたかったこと、言おうとしたことが
絵を見るようにわかることがある。
そこにはその瞬間に同じ何かが流れていて
その何かにお互いが同じように取り囲まれている気がする。
それは空気のようでもあり、時間のようでもあり。風の流れようでもあり。
ごくたまに訪れるその瞬間は何のためにあるのだろう。
その時、何かをしなくちゃ?
それとも、以心伝心!と感じるだけでそれだけで?


<風>

風に吹かれて目を瞑る。
体の表面が敏感に流れを感じとる。
鼻先に草の匂いが残る。
雨上がりの風はことのほか気持ちがいい。
このまま連れ去られよう。
このまま漂って行こう。
どこまでも。どこまででも。行けるところまで。
風の気のすむまで。


<雨>

雨はいろんなものを連れてくる。

雨はいろんなものを連れてゆく。

あのリズムにヒミツがある。

ボンネットに雨粒。耳元にメロディ。

考えが深みにはまる。




Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.