000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サラサラ日記

すべりこみアウト。10



すべりこみアウト。 10  

                              すべりこみアウト。9へ

<名前>

名前をつけるのが好きだった
細かく分析を続けて
結論を出さなければ気が済まないタチ
丁度あてはまる名前をつけると
あつらえたようにぴったりの箱を見つけたようで
気持ちがとても落ち着いた
箱の中に納まり続けるものなんてありはしないの
窮屈に閉じ込められて
かわいそうな
ココロの数々


<ちいさなちいさな>

あなたと歩いたこの道が
いつまでもどこまでも続くと信じた
意識することもないくらいに当たり前のように
人は変わるよねと言いながら自分が一番変わってしまって
いいや変わらないよというあなたの言葉は信じられなかった
ちいさなちいさな出来事が
今は大切に思える
あの頃は取るに足らないことと思い込んでいた、
ちいさなちいさな


<傲慢>

願いはただ一つ。
僕を愛して。
ずっと。
いつまでも。
僕だけを見ていて。
僕がどんなに変わっても
僕がどこへ行こうとも
それはどうやったって変えようのない
真実だと信じてた。
そんなお人よし、いるはずない。


<仕事納め>


今までいつかやらなければ
きっといつかはやらなければと
思いながらついそのままにしておいた
いろんな事柄のしっぺ返しが迫ってるのを
なんとなく感じて
なんとかしなくちゃと思うけれど
もうあそこへ戻れるはずもなく
一体どうしたら辻褄が合わせられ
一体どうしたらこの仕事を終えることができるのか
もうあまりにも長く長く誤魔化し歩き続けてきて
さっぱりわからない。




<行きたかった場所>


夢でもいいから行きたい場所がある。
ボクがいつのまにか手を離してしまったばかりに
キミに連れて行ってもらえなかったところへ。



<3人>

3人でバラバラなことをしながら一緒の部屋にいる。
一緒の部屋にいるのに好きなことをそれぞれしてる。
私の一番好きなやり方。
私の一番好きな関係。
誰にも邪魔されず、誰もがのびやかで、誰もがシアワセな気持ち。
時々は声を掛け合って、それぞれのシアワセを確かめる。
そこにいるだけでいいのです。



<渦>

もう自分の中ではとっくに終わってケリのついた出来事が
今もなお別の人の心の中にわだかまりを残している事に驚く。
全然知らなくて。
またあの時間に引き戻されて少し巻き込まれそうな気持ちになる。
でもせっかく通り抜けてきた道、戻ってなるものか、と振り切って歩き出す。
それにしても、よくわかる。奈落のそこにいるような、あの気持ち。
冷たいようだけれど、本人が通り抜けるしかないのだ、あの道は。


<決着>

一つのことが終わる時、嬉しくもあり、悲しくもなる。
なぜかというと、やっと終わるからで
なぜかというと、とうとう終わってしまうからだ。
待ちに待ったこの瞬間が、いつ来てしまうのかと身構えていた。

綺麗ごとは、もうよそう。


<お城>


昔からそうだったの。
待ちかねたように出迎えて、お茶を出して、雑談。
楽しくて、笑顔までこぼれるけれど
誰よりも終わりを待ってる。
私のお城には私だけ。
用があれば私から行きます。
これ以上踏み込まないで。
私のお城には私だけ。



<我慢>

我慢することが当たり前だと彼女が言った。
生まれてこの方言われ続けた言葉なのに
なぜか今度はしみこんできた。
そういうことってある。
言葉には発する人と発するタイミングと発する場所が必要だ。
お天気も、その日の服の色もあるかもしれない。
とにかくしみこんできて
いつもは絶対に我慢できないことが
どうにかこうにかやり過ごせた時
まだどこにも芽吹いてない何かの息吹を少し感じる。
自分を折る。
自分を折れる人になる。
プライドの高さを逆手に取り、今日をやり過ごそう。





<蒼い時間>

夜の高速。
インターを下りると見えてくる高層ビル群が好きだった。
夜の街は冷たく、何もかも拒まれそうなのに
どうしてもそこに溶け込んでいきたくなる。
さまよう街明かりを空とセットで見ていると
懐かしい空気に包まれる気がする。
ボクはどこから来たのだろう。
帰る場所などない気もするのに
どうしてもあそこに入り込まずにいられない。


<塊>

塊を除こうとして躍起になっているときには
時間はいつも止まっていた。
粉々に打ち砕くものや、柔らかく変えるもの、溶かしてくれるものなど。
いつもいつも探しては走り回ったりして。
景色は変わらない。
焦り、憤り、やがてあきらめる。
時間のいたずらか運命というものか、あらゆるバランスのなせる業か
何かが功を奏した、という感じでは全くない。
とにかくコトリと落ちる瞬間がやってくる。
何を待っていたのか、何がやってきたのか。
わからないままに、塊が、姿を消している。
不思議なきつねがつまんでいった、私のほっぺ。



<ひとかけらのヨロコビ>

ほんのひとかけらのヨロコビを今日もそっと抱いて眠ろう。
明日という日は知れない。
昨日だって叶わなかった。
だけども今この胸にある、はかなくも確かなこのあたたかみ。
一晩の後に夢と消えようとも
今宵の月に刻み付けるべく、そっと抱いて眠りましょう。
星を見上げて眠りましょう。








Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.