684008 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SARASA日より 

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

コメント新着

balineko2005@ Re:バタフライエフェクト(03/09) Kさん お返事遅くなりました。今日で3…
balineko2005@ Re:プレゼントまで ありがとう♪(03/10) クローバーさん お返事遅くなりました…
クローバー@ プレゼントまで ありがとう♪ ここの場所が私にとって 精神安定剤であ…
kei@ バタフライエフェクト でんぐりはスルーして下さい^^;   …
balineko2005@ Re:交差点を渡る前に(03/09) たぬじいさん いろいろお返事が間に合…
balineko2005@ 出会いに感謝・・・ soraさん 最後に素敵なメッセージあり…
balineko2005@ 感謝!!! 山野あざみさん >balinekoさん・・・ …
balineko2005@ 待ってたよ!お前さん!(03/10) シュガーたん >卒業おめでとう!で良…
balineko2005@ ありがとう!! irumaさん メッセージありがとうござい…
balineko2005@ Re:tomorin(03/10) お疲れさんさん あんたが、「お疲れさ…
2006年05月18日
XML
カテゴリ:セカチュー
第1話を見て亜紀は男を見る目がありすぎると考えていた。そしたら、昔自分の周りではやっていた
キャンディ・キャンディ占い
(?)のようなものを思い出した。


キャンディ・キャンディはいわずと知れた、いがらし由美子原作の人気のアニメ。
キャンディという主人公の女の子のまわりに、これでもかというくらい類型的な男のキャラがでてくる。

アンソニー: イケメン王子様、かっこよくて性格もいい
テリー:   ちょっと不良でワイルド、クールに見えて実は熱いやつ
アーチ:   ナルシスト系美少年、母性本能くすぐり系
ステア:   地味系発明オタク、ものすごく性格がよく優しい父性系
ニール:   性格最悪お坊ちゃま、意地悪(thanks to megさん)



要するにこの中で誰を選ぶかということで、その子の男の趣味が分かるという話。


智世は絶対「テリー」が好きなはず。介ちゃんはテリーだもん。
ぼうずはステアかな(笑)。ステアはキャンディがすきだけど、告白せずそっと見守る愛を
選択するから。


最初亜紀の好みは「ステア」だと思った。だけどもう一人キャンディ・キャンディには最強確変キャラがいる。キャンディの初恋相手、「丘の上の王子様」として登場するも、再会したときにはひげのおじさんになっているアルバートさん。

普通アルバートさんは完全に恋愛対象外なのに、案外このアルバートさんに着目しているような目の付け所のよさが亜紀にはあると思う。

わかりやすいかっこよさなんかよりも、誠実さと大きな包容力を求めるようなところ。


そんな亜紀がどうしてサクちゃんなのか、少しづつサクの魅力が見え始める第2話。



<サクの気持ち、亜紀の気持ち>

にやにや、にやにや。しているのはサクだけではなく、私。
こんなに顔がにやけるような恋、なかなかお目にかかれない。

cap032.JPG

告白の次の日下駄箱で行き会う二人。亜紀の方が後から来たと思ったのに、サクの下駄箱にはテープが…。亜紀、もしかしてサクちゃんが登校してくるの待ってた?


亜紀からのテープににやけるサク。

cap033.JPG


「わらわはコロッケパンが食べたいぞよ」な亜紀に、「何者なんだよ・・・」のサク。
声のトーンにサクの幸福感がにじみ出ててかわいい。

cap034.JPG


1回目を見ただけじゃサクの魅力がわからないと書いたけど、正直2話ではかわいさ全開。


サクは亜紀が好きで好きでたまらない。いつも一緒にいたい。
自分と亜紀が付き合ってることを宣伝して回りたいくらい。


それに対して亜紀は、積極的だった先週からは対照的にまわりに知られることに凄く慎重。

二人の気持ちの間には大きな隔たりが…。
cap039.JPG


大きすぎる隔たりが(爆)!!

cap046.JPG


キス拒否されて、しょぼぼぼーんなサク。
cap049.JPG


必死のロミオ役立候補も却下される。
cap053.JPG


おじいちゃんが亜紀の手を触って、ものすごい目つきのサク。鋭すぎて、亮司みたい(笑)。
cap054.JPG


秘密に、秘密にしようとする亜紀の態度。どうして?
サクちゃん同様、私にも最初理解しがたかった。


<ラジオは何でも教えてくれる>

「好きな人と一緒に暮らすのと、好きな人を想いながら別の人と暮らすのと、
どっちが幸せなんだろうね?」
「本当の私を知ったら、サクちゃん嫌いになるかもしれないよ」


先週は積極的だったのに、うってかわって臆病な亜紀。
亜紀は亜紀でサクが好き過ぎて、怖かったのかも。


片想いは自分の気持ちだけで自己完結的に終われる世界。
でもつきあうということは自分の気持ちだけ、自分の立場だけじゃない。
相手の気持ちが気になるし、不安にもなる。分かり合おうとする努力も必要。


片想いから両想いになったことへの二人の戸惑い。
この辺がきちんと描かれているのが、この脚本の凄いと思うところ。



自分の好きな気持ちだけを押し付けちゃいけない。
ラジオを聴きながらそんなことをサクは考えたのかな。ロミオになることではなく、一歩引いて演出というかたちで亜紀を見守ろうと決める。


自分の気持ちよりも亜紀の気持ちにという、その後もずっと続いていくサクの愛し方が
もう始まっていた。


テープで、サクの決意を聞いた亜紀は最高の笑顔を見せる。
cap057.JPG<


ところが安浦に亜紀のファーストキスを持ってかれて、この世の果てのような顔をしているサク。握り締めたこぶし…よりも腕の毛深さ萌えー。

cap060.JPG



亜紀だって安浦にキスされて本当はショックだったはず。だって、ファーストキスだもん。
だけど亜紀はそれ以上に意地っ張りで負けず嫌いだから、ショック受けたことすら人に悟られるの嫌だったんじゃないかな。だから「もういいよ」って強くつきはなすようになんでもない振りをした。


「サクにはわかってほしい」そういいながらも亜紀は、自分のことのようにショックを受けてくれたサクが嬉しかったし、愛しかったんじゃないかな。

だから「俺の気持ちも考えてくれよ…」搾り出すようなサクの声に、亜紀もようやく気づいた。


いいところばかり見せたり、表面だけ取りつくろっていては自分の大切な気持ちや自分の大切な人を守れないこと。

強がり以上の、弱さを見せる強さも必要なこと。素直に自分の気持ちをさらけ出すこと、
本当の意味で強くなることの大切さ。


<一つになる気持ち>

cap066.JPG


亜紀は父親に壊されたテープを見せながら告白する。
「問題起こすと面倒だからって、私家でも学校でも嘘ばっかりついてるの。
にこにこにこにこしながら。ほんと、変な女だよね。」


自分は優等生で、いいこなだけじゃない面も持ってる。それでも嫌いにならないでほしい。
精一杯、精一杯の気持ち。

cap067.JPG cap068.JPG


そしてサクも骨を見せながら告白する。
「汚いところも、ずるいところも、だめなところも、シミやしわも好きになれるような…。そういうのがいい。」

「だから亜紀も…そのまんまがいいよ」「そうだよ」

全てを受け止める包容力を見せるサク。あんた、本当にいい男だ!!!

「嫌いにならないでね。」

って嫌いになるわけがない!ない、ない、ない!!! ありえない!こんな可愛い子を嫌いになるなんてありえなーい! って私まで壊れてきた。

サクのことあせりすぎって思ってたけど、こんな可愛い子が涙浮かべて目の前にいたら、
私だってキスしたくなるよー。


ようやく本当の意味で重なった二人の想い。大好き大好き大好き!!!

cap075.JPG

そんな二人の心の声まで聞こえてくるような、清々しいキスシーン。






こんな風に僕たちは近づいていくのだろう。
けんかをしたり、仲直りをしたり。
だけど昨日より今日…今日より明日…明日より明後日
僕は当たり前のように亜紀を好きになる。そう思っていた。




cap072.JPG
両想いは片想いよりも難しいけど…。自分の気持ちを超えて、寄り添い始めた二人。
そんな第2話。




そして、目でっかくなっちゃった!の山田君、可愛すぎです(笑)。
cap064.JPG






最終更新日  2006年05月20日 00時12分57秒
コメント(13) | コメントを書く
[セカチュー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ニール?   meg さん
こんにちは、balinekoさん
セカチュー第2話レビューも楽しく読ませていただきました。もう可愛すぎな二人。サクの「昨日より今日、今日より明日~」のナレーション大好きです。
で、キャンディ占い(私も大好きでした)、一番したにもテリーが出てきますけど、これはニールのことですよね?ニールまでキャンディのことが好きだったなんて、今考えるとキャンディもすごいモテキャラでした。
セカチュー第3話も楽しみにしてまーす♪ (2006年05月18日 17時51分55秒)

2話キタ━━(゚∀゚)━━ヨ   taku さん
>片想いから両想いになったことへの二人の戸惑い。
この辺がきちんと描かれているのが、この脚本の凄いと思うところ

今回響いたのは この部分♪

ドリカムのThe signs of Loveの一節を思い出しました^^

♪(*´○`)o¶~~♪  片思いが突然~恋に変わったあの日~ (2006年05月18日 18時33分38秒)

待ってました   Kei さん
 こんばんわ、balinekoさん
>弱さを見せる強さも必要なこと
良い言葉です。まさに終盤重要な意味を帯びてくる言葉だと思います。
>亜紀からのテープににやけるサク
この場面何回見てもサクと一緒ににやけてしまうんだよな~
(2006年05月18日 23時32分01秒)

一気読みの面白さ!   Nob さん
balinekoさん こんばんは~
第二話お待ちしていました!一気読みです^^
以前から思っていましたが、balinekoさん文才ありですね!
今回響いたのは偶然ですが・・・takuさんと同じところでした。
>片想いから両想いになったことへの二人の戸惑い。
>この辺がきちんと描かれているのが、この脚本の凄いと思うところ。
balinekoさん すごいや。
このDVD何度も見ていますが、balinekoさんのような見方はしていませんでした。
いつも「亜紀可愛い」に始まり、極端な言い方をすればウルウルするだけで終わっていました。
見方をちょっと変えるだけでまだまだ楽しめるなと改めて思いました(^^;)
それにしても朔は羨ましい・・・亜紀の心を独り占めです^^ (2006年05月19日 03時42分42秒)

恋心(^-^)   はーちゃん さん
片思いから両思い、いい言葉ですね。(^-^)
ようやく自分気持が相手に通じた時の喜びは、この二人の表情を見れば、よく解りますね。(^-^)

ところで、勉強不足でごめんなさい。
第一話だったと思いますが、朔が亜紀にキーホールダーを貰った時、スケちゃんが、「あれ、おまえさん。心変わり」と言ったセリフがあったと思います。この意味が解りません。朔は他に好きな人でもいたのでしょうか?
もし、ご存知なら教えていただきたいと思います。
m(_ _)m

(2006年05月19日 19時30分32秒)

Re:ニール?(05/18)   balineko2005 さん
megさん、こんばんは!

>もう可愛すぎな二人。
胸キュンキュンですよねー。にやけがとまりません。

>で、キャンディ占い(私も大好きでした)、一番したにもテリーが出てきますけど、これはニールのことですよね?

きゃー、そうです。訂正しておきます。
ちなみにmegさんのタイプは(笑)?
私はステアでした。でもぼうずよりサクがいい!

(2006年05月20日 00時11分35秒)

Re:2話キタ━━(゚∀゚)━━ヨ(05/18)   balineko2005 さん
takuさん

>♪(*´○`)o¶~~♪  片思いが突然~恋に変わったあの日~

のあー!確かに。この間めざましで、レミオロメンの傘くらげという曲がかかっていたのですが、この歌詞も相合傘中のサクと亜紀のような歌詞でしたよ。久々にドリカム聞きたくなりました! (2006年05月20日 00時15分14秒)

Re:待ってました(05/18)   balineko2005 さん
Kさん

サクも亜紀も付き合いはじめてから少しづつ変っていくのがセリフでの説明なんかなくても分かるのが
凄いなと思ってみてます。山田君もはるかちゃんも。

>>亜紀からのテープににやけるサク
>この場面何回見てもサクと一緒ににやけてしまうんだよな~

自分も2話はにやけっぱなしです(笑)。
(2006年05月20日 00時17分34秒)

Re:一気読みの面白さ!(05/18)   balineko2005 さん
Nobさん
同じ作品を見ても自分の経験とかで解釈かわりますよね。なんか自分のことを投影させて見ちゃったりしています(笑)。

>それにしても朔は羨ましい・・・亜紀の心を独り占めです^^

その気持ちはわかりませんなぁ(笑)。サクと亜紀が幸せなのを見ているのが私は好きです。達観しすぎ??? (2006年05月20日 18時32分34秒)

心変わり   balineko2005 さん
はーちゃんさん

私の意見なのですが、介ちゃんがサクにいった「おまえさん、心変わり?」というのは、「お前好きな女ができたのか?(あれ俺は?)」という意味だと思ってます。それをストレートに言うのは野暮ということで。。。

というのも、そのシーンの前か後かは忘れましたが、校庭でサクと介が自転車二人乗りをしていて、「おまいさん、どこまで」「おまえさんとなら地獄まで…」というシーンがあったのを覚えてますか?

このシーン何のためにあるのかな…と思ってたのですが、介とサクの長年の固い絆(もちろん友情のですけど)を示してると思うんです。

だから心変わりというのは、とうとうお前にも「(地獄までいってもいい)女ができた」=「心変わり」ということなのかなと解釈しました。

あとこれは深読みしすぎなのですが、亜紀はサクの腕の中で「ここ、天国だもん」といいます。けれど亜紀を失って、世界の中心を失ったサクは17年、地獄をさまよったと考えることができます。

するとまさに亜紀を好きになって、亜紀に心変わりしたサクは「亜紀となら地獄まで」を経験することになったと考えることもでき、なかなか介ちゃんとの二人乗りシーンも深いなぁと感じたりしています。 (2006年05月20日 18時44分20秒)

ありがとうございました。   はーちゃん さん
なるほど、非常によく解りました。(^-^)
そういう見方もあるのですよね。いや~、まったく思いもよりませんでした。(T_T)
balinekoさんの視点と感覚に感服いたしました。ありがとうございました。m(_ _)m (2006年05月21日 09時44分26秒)

Re:第2話(長文です、御覚悟を)(05/18)   iop さん
すばらしいレポですね!ニコニコしながら読ませていただきました
私は1話の堤防でのやり取り(ふなむし渡したり、ガムパッチンの所)で亜紀に嵌ってしまいましたがこの2話でどっぷりです!こんな可愛く素直な女の子がいるのか…(((( ;゚д゚)))アワワワワ
自分も朔になってしまいましたね!
だからこれから先、、、
今現在もまだ、なんだか胸が痛いんですよね。。。 (2006年05月22日 20時06分05秒)

キャンディキャンディ占い   亜美ん さん
はじめまして!キャンディキャンディ検索できました!キャンディキャンディ占い、うちのブログに貼ってますよぉー!ちなみにあたしはキャンディでした\(*^▽^*)/ちょっと嬉しいです。
(2006年07月05日 17時02分49秒)

プロフィール


balineko2005

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.