581438 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

SARASA日より 

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

コメント新着

balineko2005@ Re:バタフライエフェクト(03/09) Kさん お返事遅くなりました。今日で3…
balineko2005@ Re:プレゼントまで ありがとう♪(03/10) クローバーさん お返事遅くなりました…
クローバー@ プレゼントまで ありがとう♪ ここの場所が私にとって 精神安定剤であ…
kei@ バタフライエフェクト でんぐりはスルーして下さい^^;   …
balineko2005@ Re:交差点を渡る前に(03/09) たぬじいさん いろいろお返事が間に合…
balineko2005@ 出会いに感謝・・・ soraさん 最後に素敵なメッセージあり…
balineko2005@ 感謝!!! 山野あざみさん >balinekoさん・・・ …
balineko2005@ 待ってたよ!お前さん!(03/10) シュガーたん >卒業おめでとう!で良…
balineko2005@ ありがとう!! irumaさん メッセージありがとうござい…
balineko2005@ Re:tomorin(03/10) お疲れさんさん あんたが、「お疲れさ…
2006年07月10日
XML
カテゴリ:セカチュー
今朝イタリアがW杯で優勝した夢を見て目が覚めたら、本当に優勝してた!びっくり

それにしてもジダンはなんだかかわいそうでした。決勝戦まで進出して、最高の形で現役を終えるはずだったのに…。自分が悪いって言えば、そうだけど…神様ってやっぱり意地悪。


ま、どんなにすばらしい魅力的な人でも、「やっちゃった…」という瞬間はあるわけで、
あまり完璧を求めて、求めすぎて自分で勝手に失望するということのない様にしようと思った朝でした。


そんなわけで(どんな訳だ…?)、タイヨウが盛り上がってきた空気を読まずに
松崎滞在の最終日レポをお送りします。


<松崎滞在 2日目>
二日目の朝は寝ているだんなを尻目に一人でまず温泉!
その後、だんなを起こし朝の散歩を兼ねて、松崎高校まで。
朔が亜紀を金網越しにみつめていた石段や、朝練中の亜紀に声をかけたところなどを見つけ、
大騒ぎ。

DSCN0715.JPG


7月2日の松崎は突風が!
でも雨が降り出しそうな雲の様子はむしろ、雨のシーンが多かったセカチュー第1話に似た雰囲気を漂わせていました。

DSCN0718.JPG
松崎高校の周りの田んぼに道を自転車で行く高校生の後姿に朔を見つけては、感動!





その後はようやく昨日回れなかった、ロケ地めぐりを開始!

まずは私がどうしても行きたかった、岩科地区の木の橋です。


DSCN0728.JPG


このときすごく天気がよくなって、あじさいの丘といい、やっぱり一番来たかった所で天気が良くなるものなんだと納得。

 DSCN0722.JPG  DSCN0723.JPG

ここで木の橋を渡ったり、写真を撮っていたら、お子さんと水遊びしていた地元の方に
「今、青大将が田んぼのほうに上がっていったから、気をつけて!」と声をかけてもらいました。
残念ながら川を泳いでいるのは見れなかったですが、松崎は本当に自然がいっぱい。


  DSCN0727.JPG
こーんなかえるちゃんが木の橋のそばの消防ハンドルのところで見張りをしてました!


岩科を後にして今度は歩きで町内観光。街角につぎつぎとでてくる撮影場所に、ああ本当に街の風景に溶け込みながら、全ての登場人物の体温が感じられるように作品が作られていたんだなと実感。


いまにも街角から介ちゃんや朔が、智代やぼうず、亜紀がひょっこり出てくるような気がして…。


とはいいつつも、あんなに綺麗でカッコいい子たちが一つの町にそろってるってことはないよねと妙に現実的な意見をだんなと交わしてもいたんですけど(笑)。非現実をありそうに見せきったセカチューがすごいと思いました。


  DSCN0732.JPG    DSCN0745.JPG
               ときわ橋                   浜ちょう橋

様々なロケ地を巡り、疲れ果て休憩しようと伊藤園ホテルにようやく向かいました。
そこで足湯をしながら疲れをとり、ぼーっと松崎の海を眺めました。
堤防にも今日は人が全然いませんでした。


7月2日は亜紀の誕生日で、朔が亜紀を待っているはずだから
誰も邪魔しにこなかったのかもしれません。


というかあの突風の中堤防に立ってたら、若人あきらになっていたと思います(爆)
雲がものすごい勢いで牛原山の後ろから湧き出し、流れていっていました。


最後にだんなにお願いして、亜紀の家探しに行きました。
正直ここまでつきあってくれるとおもっていなかったので、驚きました。
最後まで認めませんでしたが、実はだんなもものすごい楽しんでたみたいです!

ただ亜紀ちゃんの家探しが一番難しかった!変な道に入り込んじゃって、もう田んぼに落ちるんじゃないかと思った!あきらめて、国道に戻ろうとしたとき、あの家似てるなーとい家が目に飛び込んできて、そしたら自分たちがいるのが、「サクって呼んでいい?」の道でした。もうー!!!!

 DSCN0760.JPG
  今にも雨が降り出しそうな雰囲気

こうしてようやく今回の旅で回りたかったロケ地を回ることができました。
まだまだ見ることができなかったところも多いけど、それはまた次回。



松崎に行くと、亜紀や朔に会える気がする…。時間が止まったような本当に不思議な街です。
と同時に、やっぱり作品を完璧にするために、景色、町並み、風景を完璧な色で、完璧なフレームで切り取った、撮影スタッフのがんばりも改めて実感できます。


あー、また行きたい。

松崎。好きよ、松崎。大好きだよ。






最終更新日  2006年07月10日 18時04分43秒
コメント(5) | コメントを書く
[セカチュー] カテゴリの最新記事

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.