684006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SARASA日より 

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

コメント新着

balineko2005@ Re:バタフライエフェクト(03/09) Kさん お返事遅くなりました。今日で3…
balineko2005@ Re:プレゼントまで ありがとう♪(03/10) クローバーさん お返事遅くなりました…
クローバー@ プレゼントまで ありがとう♪ ここの場所が私にとって 精神安定剤であ…
kei@ バタフライエフェクト でんぐりはスルーして下さい^^;   …
balineko2005@ Re:交差点を渡る前に(03/09) たぬじいさん いろいろお返事が間に合…
balineko2005@ 出会いに感謝・・・ soraさん 最後に素敵なメッセージあり…
balineko2005@ 感謝!!! 山野あざみさん >balinekoさん・・・ …
balineko2005@ 待ってたよ!お前さん!(03/10) シュガーたん >卒業おめでとう!で良…
balineko2005@ ありがとう!! irumaさん メッセージありがとうござい…
balineko2005@ Re:tomorin(03/10) お疲れさんさん あんたが、「お疲れさ…
2006年07月10日
XML
カテゴリ:セカチュー
今朝イタリアがW杯で優勝した夢を見て目が覚めたら、本当に優勝してた!びっくり

それにしてもジダンはなんだかかわいそうでした。決勝戦まで進出して、最高の形で現役を終えるはずだったのに…。自分が悪いって言えば、そうだけど…神様ってやっぱり意地悪。


ま、どんなにすばらしい魅力的な人でも、「やっちゃった…」という瞬間はあるわけで、
あまり完璧を求めて、求めすぎて自分で勝手に失望するということのない様にしようと思った朝でした。


そんなわけで(どんな訳だ…?)、タイヨウが盛り上がってきた空気を読まずに
松崎滞在の最終日レポをお送りします。


<松崎滞在 2日目>
二日目の朝は寝ているだんなを尻目に一人でまず温泉!
その後、だんなを起こし朝の散歩を兼ねて、松崎高校まで。
朔が亜紀を金網越しにみつめていた石段や、朝練中の亜紀に声をかけたところなどを見つけ、
大騒ぎ。

DSCN0715.JPG


7月2日の松崎は突風が!
でも雨が降り出しそうな雲の様子はむしろ、雨のシーンが多かったセカチュー第1話に似た雰囲気を漂わせていました。

DSCN0718.JPG
松崎高校の周りの田んぼに道を自転車で行く高校生の後姿に朔を見つけては、感動!





その後はようやく昨日回れなかった、ロケ地めぐりを開始!

まずは私がどうしても行きたかった、岩科地区の木の橋です。


DSCN0728.JPG


このときすごく天気がよくなって、あじさいの丘といい、やっぱり一番来たかった所で天気が良くなるものなんだと納得。

 DSCN0722.JPG  DSCN0723.JPG

ここで木の橋を渡ったり、写真を撮っていたら、お子さんと水遊びしていた地元の方に
「今、青大将が田んぼのほうに上がっていったから、気をつけて!」と声をかけてもらいました。
残念ながら川を泳いでいるのは見れなかったですが、松崎は本当に自然がいっぱい。


  DSCN0727.JPG
こーんなかえるちゃんが木の橋のそばの消防ハンドルのところで見張りをしてました!


岩科を後にして今度は歩きで町内観光。街角につぎつぎとでてくる撮影場所に、ああ本当に街の風景に溶け込みながら、全ての登場人物の体温が感じられるように作品が作られていたんだなと実感。


いまにも街角から介ちゃんや朔が、智代やぼうず、亜紀がひょっこり出てくるような気がして…。


とはいいつつも、あんなに綺麗でカッコいい子たちが一つの町にそろってるってことはないよねと妙に現実的な意見をだんなと交わしてもいたんですけど(笑)。非現実をありそうに見せきったセカチューがすごいと思いました。


  DSCN0732.JPG    DSCN0745.JPG
               ときわ橋                   浜ちょう橋

様々なロケ地を巡り、疲れ果て休憩しようと伊藤園ホテルにようやく向かいました。
そこで足湯をしながら疲れをとり、ぼーっと松崎の海を眺めました。
堤防にも今日は人が全然いませんでした。


7月2日は亜紀の誕生日で、朔が亜紀を待っているはずだから
誰も邪魔しにこなかったのかもしれません。


というかあの突風の中堤防に立ってたら、若人あきらになっていたと思います(爆)
雲がものすごい勢いで牛原山の後ろから湧き出し、流れていっていました。


最後にだんなにお願いして、亜紀の家探しに行きました。
正直ここまでつきあってくれるとおもっていなかったので、驚きました。
最後まで認めませんでしたが、実はだんなもものすごい楽しんでたみたいです!

ただ亜紀ちゃんの家探しが一番難しかった!変な道に入り込んじゃって、もう田んぼに落ちるんじゃないかと思った!あきらめて、国道に戻ろうとしたとき、あの家似てるなーとい家が目に飛び込んできて、そしたら自分たちがいるのが、「サクって呼んでいい?」の道でした。もうー!!!!

 DSCN0760.JPG
  今にも雨が降り出しそうな雰囲気

こうしてようやく今回の旅で回りたかったロケ地を回ることができました。
まだまだ見ることができなかったところも多いけど、それはまた次回。



松崎に行くと、亜紀や朔に会える気がする…。時間が止まったような本当に不思議な街です。
と同時に、やっぱり作品を完璧にするために、景色、町並み、風景を完璧な色で、完璧なフレームで切り取った、撮影スタッフのがんばりも改めて実感できます。


あー、また行きたい。

松崎。好きよ、松崎。大好きだよ。






最終更新日  2006年07月10日 18時04分43秒
コメント(5) | コメントを書く
[セカチュー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


松崎・・・。   はーちゃん さん
もう何も言う事はありませんね。
松崎は、本当に素晴らしい町だったでしょう。木の橋といい、松崎高校といい、牛原山といい、朔と亜紀の思い出溢れる場所ばかりですよね。(^-^)

確かに、亜紀の家は見つけにくいですよね。わたしもいろいろと探してようやく見つけました。その時の感動は言葉には出来ません。

素晴らしい松崎レポありがとうございました。(^-^)
balinekoさんの喜びと感動がひしひしと伝わって来ます。また、遊びに行ってください。(^-^)
(2006年07月10日 19時23分11秒)

♪テポドン2号も遅れるな(パーマンの節で)   虎馬 さん
こんばんは
roadraceさんとこから飛んできました
ここでいいんですよね?(おまえはテポドンか!と言う 突っ込み待ち^^)

balinekoさん 竹を割ったような方ですね    だんなさんの気持ち お察しします^^

雑誌のエリカさん 私もケバイと思ってましたよ
あいくるしいの時のままでいいのに なんで無理して大人っぽく見せたがるんだろう?

山田君の前(?)は福山っちなんて 趣味いいですね^^
男前で音楽の才能もあって・・・本来一番嫌いなタイプなんですけど 彼は別 お笑いにもくわしく 冗談のセンスもあり 本物ですね!

松崎 5月の連休行ってきましたよ
私 大きな手術を2回ほどしてるので 冥土のみやげに^^と思っていたんですが すぐに また行きたい病に・・・
休めない仕事してるんで 当分行けそうもないんですけど みなさんのblog見させてもらって なんとか 気持ちを繋いでます。

松崎高校・・・ お土産屋さんに車とめて 私も近くまで行きました
時折すり抜ける 柔らかな風が「亜紀」なんじゃないかと思い 残り香を両腕に探したりもしました
完全におバカです^^

だんなさんも 魂を松崎で抜かれていませんか? (2006年07月10日 23時25分29秒)

よかった、よかった(^o^)v   Nob さん
balinekoさんの感動がすごく伝わってきます^^
松崎の町 行ってよかったでしょう。
同じ感動を共有できてすごく嬉しいです(笑)

松崎って本当に不思議な町ですよね。
ロケ地だと理屈じゃわかっていても、その辺の路地から朔や亜紀が本当に出てきそうな感じなんですよね。
私もこの町の虜になっています^^

最後に亜紀の家を見つけることが出来てよかった!
決して偶然じゃないですよ。きっと思いが通じたんです!
私・・・あの場所では泣きそうでした(^^;)

亜紀ファンからの目線で書いたレポ(私のも含めて)はいくつかありますが、女性目線のものは私はbalinekoさんのレポが初めてです。
何だかすごくあったかくて幸せな気分に浸れました。
どうもありがとうございました^^ (2006年07月11日 01時56分55秒)

テポドンが既に(^^;   roadrace さん
私は生で朝6時まで見てましたよ~。聞いた話ではジダンはああいった実績がある選手らしく・・。でもあの大舞台で。ちょっと後味は悪かったですが、最後までかっこよかったと思いました(^^)。

それにしても最新の山口地区の写真レポート感謝です(^^)。稲の育ち具合がまだまだのところなんてドラマの1話の情景ととてもそっくりです。やっぱり前回行けば良かったと思いました。

松崎に行くと、私の妄想の中ではいつもサクと亜紀がそこにいます。まさにその体温を感じ取れるリアルさがあります。ここには私たちにとって別の時間が流れる場所なんでしょう。この完璧ともいえるドラマ作品、キャストはもちろんのことなんですが、balinekoさんが言う通り、撮影に携わったスタッフのその頑張りの結晶がすべて融合し、できあがったものなんだと、松崎を訪れてあらためて感じる事が出来たような気がします。

たくさんの写真を掲載して頂き、とても嬉しいです(^^)。これでbalinekoさんの松崎レポートが終わるかと重うとちょっと寂しいのですが・・・。でも私もタイヨウのウタ、楽しみにしています(^^)。 (2006年07月11日 03時53分50秒)

まとめてお返事!   balineko2005 さん
*はーちゃん様

コメントありがとうございます。今度は春、桜の時期に行きたいですね。だんながセカチューを一話から見直したいといっており、松崎洗脳作戦は成功した模様です。フォフォフォ。。。

*虎馬様

テポドン迎撃!迎撃(笑)!いらっしゃいませ、虎馬さま。これはトラマさまでよいのでしょうか?
手術なさったそうで、どうぞお体気をつけてくださいね。

福山君はね、エロ親父ですね、ただの(笑)。
山田君もあれくらいトークもいけるといいんですけどね。とても無器用ですね、山田君は。でもそこがたまらなく女心をくすぐりますね(笑)今はもう山田君で頭がいっぱいで、だんなにテポドンおとしちゃってます。

だんなはだんなで、今宮崎あおいで頭がいっぱいです。

*Nobさん
いろいろ本当にお世話になりました。男性の方は亜紀に思い入れが強いですが、私はやはり朔ですね。
松崎は朔が自転車で飛び出してきそうな感じがして。

あんな風に愛されてみたいと智世のように思うのかもしれません(言っちゃった!)。

*roadraceさん

テポドンは迎撃しました!(嘘ですよ、虎馬さん!)roadraceさんはアングルこだわって写真撮られてるから、余計分かってらっしゃるとおもうんですけど、結構ドラマの通りに写すの難しいですよね。ベストなシーンを綺麗に切り取る。当たり前のようにやっているけど、地道で骨の折れる仕事だなと、本当にスタッフに頭が下がりました。

また松崎の写真リクエストしに行きますねー!

皆様くれぐれもご家族を大切に…。

(2006年07月11日 21時36分00秒)

プロフィール


balineko2005

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.