3226704 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

デルオの多肉日記

PR

全2149件 (2149件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.12.02
XML
カテゴリ:葉挿し
葉挿しとか根挿しとか実生のヤツらの調子が良いので記事にする。

まずは実生の臥牛。

8月末開始し現在3ヶ月。
2方向に葉を出すガステリアらしいカタチになってきた。
まだ親のようなざら肌濃緑色ではなくツルッツルで明るいミドリ。

3枚目の葉が出てきたヤツもいる。


外で撮影したが室内窓際ラックが定位置。

受け皿に水を貯め腰水にしている。


実は10月にしばらく外置きにしたことがある。
しかし.....

赤くなり生育しなくなった。
直射日光には当てていないがそれでもダメ。
幼苗のうちは室内で甘やかして育てた方が良さそうだ。


ブルーダイヤモンドの葉挿しもよく成長している。

ここ2週間ぐらいでポンポンと芽が出てぐんぐんデカくなっている。

人間にとっては少し寒い冬になりかけのこの季節だがハオルチアにはちょうどいいのかもしれない。

とはいえコイツら室内置き。
最低でも10数℃はあるのだが。


花影とデーライトの葉挿し鉢からも一個だけ芽が出てきた。

8月15日開始だから3ヶ月半経過で芽が出たわけだ。
長かったな。

冒頭の臥牛実生に似ている。
出たばかりだとガステリアもハオルチアも似たような姿なのだな。


万象根挿し。

左上の2本のみ発芽しているがコレもまた最近よく成長している。

きれいな緑色の芽。
かわいいヤツよ。


ここまで全て室内窓際。
臥牛は腰水、他は週イチたっぷり水やり。


エケベリア葉挿しはベランダ最前部。

赤玉土などで表面をおおっていないので画像が汚いが最近よく成長している。
よく成長しているからか土が乾くのが早い。
水は週2ぐらいやっている。


シャビアナ葉挿しもぐんぐん育つ。

成長期であることが実感できる。

さあみんなどんどん育て。
春にはひとまわり大きい姿を見せてくれ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物:ガステリア 臥牛*幅3〜5cm

◇ガステリア◇臥牛◇2.5寸鉢◇


多肉植物:ハオルチア 万象*幅5cm 現品!一品限り

多肉植物:ハオルチア 特選万象*幅5cm 現品!一品限り

多肉植物:ハオルチア 特選万象*幅5cm 現品!一品限り






Last updated  2020.12.02 07:27:34
コメント(0) | コメントを書く


2020.12.01
カテゴリ:ダドレア
ブリトニーが順調に復活している。

夏の暑さにやられ一度は全枯れになったコイツだが中心から新葉が出て成長している。

数えてみると葉はすでに10枚。
10月末からだからわずか1ヶ月で10枚出たわけだ。
早ええな。
今のところまだ全体感はボロッボロだが冬が終わる頃には立派な姿に戻っているのではないだろうか。

順調に生育するブリトニー。
しかし.....
他のダドレアは全然成長しているように見えないぞ。

ベランダ最前部で朝から陽を浴びるダドレアたち。

しかし、どれも成長している気配はない。

小さいブリトニーをバスケットから取り出して見る。

成長期のはずだが。
1ミリも成長してないんじゃないか?
11月16日の画像があるから比べてみよう。
11月16日。


現在。

やはり.....。
1ミリも成長していない。
おかしいな。
去年の今頃はすでにガンガン成長していたはずだ。
しかも同じブリトニーなのに冒頭のデカいブリトニーはガンガン成長している。
どういうことだ?
植え替えたのがまずかったのか?
アロエやアガベは植え替えると調子を崩すことがある。
ダドレアもそうなのか?

よく分からんがそうかもしれない。
ま、放っておけば冬には生育するはずだ。

そういえば夏にやられたもうひとつのダドレアはどうなっただろう?
パキフィツム。

デカいブリトニーみたいに全枯れにはなっていないが2頭あるうち1頭が腐ったように成長点が枯れた。

しかし秋になると枯れは止まった。
全部枯れてしまうんじゃないかとビビりまくっていたが何とかもちこたえてくれた。
良かった。
コイツ高かったのだ。
高額多肉が枯れるとショックが大きい。

とはいえ枯れた部分は変化がない。

この成長点はつぶれてしまったのだろうか。
枯れ葉の中は真っ黒。
何も見えない。

角度を変えて何とか見たいな。
あっ!

何かいる!
緑色のポチっとしたものが2つ。
これは.....。
新芽じゃないのか?

だがこれが限界。
これ以上は見えない。

でもわずかに期待がもてるな。
数週間後には新芽がデカくなっているかもしれない。


ダドレア。
全てベランダ最前部。
水は2週に1回たっぷり。


結局.....。


成長しているのはコイツだけか。

もう12月だというのにこんなんでいいのか?
疑問が残る。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物 ◇ ダドレア ◇ クサンチ ◇2.5寸鉢◇ ヌビゲナ

多肉植物 ◇ ダドレア ◇ パウシフローラ ◇3寸鉢◇ ベンケイ草科

多肉植物 hmダドレア グリーニー 多肉植物 ダドレア 6cmポット

多肉植物 ◇ ダドレア ◇ ヴィレンス ハッセイ ◇2寸鉢◇ ベンケイソウ

多肉植物 caダドレア パキフィツム 多肉植物 ダドレア 9cmポット






Last updated  2020.12.01 10:16:15
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.29
カテゴリ:ガステリア
颯々の松と美鈴の松という名のガステリアを買った。
両方とも斑入り種のようだ。
さて、どんなガステリアなのか。
さっそく見てみよう。


颯々の松。

小型のガステリアなのか小さい。
子宝と同じぐらいか。
ツルツル肌で白斑が入るのだが入り方がスゴい。

ベースのミドリにぼわ~っと広がる白斑。
白斑の面積は広くミドリの数倍を占める。
なんかスゲーなコレ。

石か何かじゃないのか?と思うほど。
植物とはかけ離れている。

カタチは2方向にのみ葉を出すガステリア型。
ここはフツーだ。

しかし、これだけミドリが少ないと光合成ができず成長がやたら遅いのではないだろうか?

ま、ゆっくり育ってくれればいいんだけどね。



美鈴の松。

颯々の松と同じぐらいの大きさ。
小型のガステリアなのか幼いだけなのかは不明だ。
コイツも独特の斑まわり。

ミドリの地にブラシで白絵の具をざっと塗ったようなムラのある表情。

ピンクの箇所もある。
実に面白い。

カタチも颯々の松とほぼ同じ。

ベースは同じで斑の入り方が違うだけなのかもしれない。

ベースはなんなのだろう?
ピランシーにも似るがピランシー錦ってのがあるし違うか?


颯々の松と美鈴の松。
とりあえず他のガステリアと同じ管理、つまりベランダ柵裏に置き水は2週に1回たっぷりやる。
ガステリアは大抵頑健。
これで問題ないだろう。

デカくなるのかならないのか?
仔吹きは?
斑は変化するのか?
興味は尽きない。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


◇ ガステリア ◇ 白馬の輝Xバッケリー ◇3寸鉢◇ 斑入り

ガステリア 臥牛錦 | Gasteria armstrongii f.variegated 臥牛 錦 斑 斑入り 現品 観葉植物 観葉 植物 珍奇植物 珍奇 珍しい レア 希少 多肉植物 多肉 カクタス インテリア おしゃれ かわいい プレゼント ミニ 小さい 卓上 新生活 おうち時間 グリーン アートプランツ


白馬錦(ハクバニシキ)ガステリア属 多肉植物 9cmポット

観葉植物/ガステリア:エクセルサ錦KT−1 3.5号鉢植え






Last updated  2020.11.29 10:16:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.28
ハオルチアを植え替えるぞ。
一年以上植え替えていないヤツらがターゲットだ。
大久保ピンクピクタからいってみよ~。

根はしっかり張っている。
状態は良さそうだが土は劣化しているはず。
土を更新し再び元気に育ってもらおう。

抜いたら根は切らず乾かさず即植え。

すぐに水やりしても問題ないとは思うが細根が切れたり小さなキズはあると思うので2日後にやった。

1週間ほどはやや暗めの場所に置きその後元のベランダ柵裏に戻す。
今後寒くなるにつれピンク味が増していく。
楽しみだ。


特・登雲。

コイツも一年以上ぶりに植え替えた。

ブルーグリーンの窓はガラス質で茶の筋が入る。
渋目の通好みなハオルチアではないだろうか。
土を更新したのでキレイになってくれるんじゃないかな。


2.5号ミニラン鉢に植えていた筋斗雲は根があまり張っていない。

2号カクカク鉢に格下げしよう。

鉢内サクッと乾いて根が健康に育つといいな。

赤紫と濃緑色が混じり合う独特の色合い。
デカくなったらさらに面白そうだ。


ブラックレディは葉がへこんでいる。

根の調子が悪く水を吸えないのではないか?
抜く。

根の張りはあまり良くはないが白い根もあり水を吸えないほどではないと思うが。
ま、植えよう。

元気になってくれれば良いが、どうだろう。


雪うさぎピグマエアも植え替えちゃうぞ~。
ハイッ、終わり。

新しい土で気持ち良く育ってくれ。

もふもふのぬいぐるみみたいなこの質感。
サイコーだね~。


特紋ラブ太白線。

白線がフツーのラブより太い?
よく分からんが多分そうなんだろう。

土更新。
さあ気持ちよく育ってくれ。


白雪姫ドーム型白窓。

大久保ピンクピクタの方が白い気もするがまあいいや。

中心からピンクに色づき始めた。
きれいだね~。


皇太后。

大久保ピンクピクタと似て丸葉。
白点の感じもそっくりじゃん。

違いがよく分からんがきれいなピクタであることには違いない。


とりあえず今日はここまで。
でもまだ一年以上植え替えていないヤツらいるね多分。
明日明後日で植え替えるか。
週末は忙しいな。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物:ハオルチア ピクタ 浅井氏*幅6cm 現品!一品限り

多肉植物:ハオルチア ピクタ T氏実生*幅8cm 現品!一品限り

多肉植物:ハオルチア 関西系モザイクピクタ*幅8cm 現品!一品限り


多肉植物:ハオルチア スプレンデンス*幅9cm 現品!一品限り






Last updated  2020.11.28 08:21:35
コメント(2) | コメントを書く
2020.11.27
カテゴリ:アガベ
昨日の続きだ。
アガベの一年の成長ぶりを確認しよう。
チタノータから。

5月に3号鉢から3.5号鉢に鉢増ししたのだがすでに大きくはみ出している。

この凶悪な鋸歯。

スゲー迫力だ。
めらめらと燃える炎のようなカタチ。

一年前とは比べ物にならないぐらいデカくなっているんじゃないかな?
見てみよう。
昨年11月。


現在。

う~ん。
これじゃ分からないな。
ヨコから見てみよう。
昨年11月。


現在。

おお。
分かりやすい。
一年前はまだ貧弱な感じだが現在はどっしりとしている。
いやあ立派になったものだ。


昨日の白鯨もそうだったが仔は成長が遅い。
仔1号。

2号。

3号。

やはりエネルギーがほとんど親に注がれているとしか思えない。
来春植え替える時は外して別の鉢に植えよう。
そうすればもう少し早くなるかもしれない。


王妃雷神白中斑。

まん丸に形良く育つコイツ。
明るいグリーンと白斑。
パステル系の色合いもいい。

さて、一年前はどうだっただろうか。

ふむ。
で、現在。

おお。
だいぶ違うね。
ともに左側に仔が付いているが一年前出た仔は春に外している。
現在の仔は別のところから出た別の仔だ。
この2つ目の仔もかなりデカくなっている。
やはりアガベは成長が早い。

ただ、コイツだけは別だ。
笹の雪。

成長速度は他のアガベの数分の1。
葉っぱ一枚出るだけでもスゲー時間かかるのだ。

これは一年前。


そして現在。

見事に葉っぱ一枚しか増えていない。
遅っせー!

ただ、仔吹きは旺盛でこの一年で3個も出た。

さらに、仔は成長が早い。
一年経っていないのにもうコレ。
どうなっているんだ?


アガベ。
まだ全員外に出しっぱなしだがそろそろ夜間は取り込んだ方がいいかな。
水は2週に1回たっぷり。
アガベは冬でも生育する。
断水はしない。


最後にあまり登場しないコイツも登場させておこう。
アテヌアータ。

去年の今頃の画像がないので成長具合は不明だが、なかなか良い感じに育っている。
巨大にして部屋のインテリアにしたいものだね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


アガベ・チタノタ「ブルー」 2号ロングポット チタノータ

多肉植物 caアガベ チタノタ レッドキャットウィーズル 多肉植物 アガベ コーデックス 10.5cmポット

agave titanota /アガベ チタノタ 厳龍 【観葉植物】【多肉植物】【インテリア】【鉢込み発送】【発根済み】【美株】

agave titanota 巌龍/アガベ チタノタ 巌龍 【観葉植物】【多肉植物】【インテリア】【美株】【鉢込み発送】【発根済み】

agave titanota 白鯨/アガベ チタノタ ハクゲイ 【観葉植物】【多肉植物】【インテリア】【ヴィンテージ】【鉢込み発送】【発根済み】






Last updated  2020.11.27 09:09:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.26
カテゴリ:アガベ
ちょうど一年前。
カブトガニに傷みが出た。

寒さによるものだろうか。
葉の一部が白くなり枯れてきたのだ。
下葉ならいずれ目立たなくなるが上の方の新しい葉がやられている。
これは目立たなくなるまでにかなりの時間が必要だ。
と、がっかりしていたのだが.....。

一年後の現在。

おお!
全く目立たないではないか!
傷んだ葉がかなり下がった、つまり新しい葉がいっぱい出たというわけだ。
この上から見た画像では傷んだ葉は確認できない。

ヨコから見てみよう。

傷んだ箇所はかなり下に下がっている。
つまりここから上がこの一年で成長した部分なのだ。
スゲー成長してるじゃん!

もう一度去年の11月。

この一番上にあったダメージ部分がほとんど一番下になっている。
いやあよく育ったものだ。


カブトガニがここまで成長したということは他のアガベも相当デカくなったのではないだろうか?
見てみよう。
白鯨。
昨年11月。


現在。

フムフム。
鉢の縁がほとんど見えなくなったな。
ひとまわりデカくなったようだ。
ヨコからも見よう。
昨年11月。


現在。

うむ。
やはりひとまわりデカくなったと言うのが妥当だ。


株元から出た仔。

コイツはあまり成長が早くない。
親の成長にエネルギーを集中しているのだろうか。

それよりも注目すべきはこの鋸歯だ。

白くグニャリと曲がり繋がった鋸歯。
これはカッコいいわ。
デカくなるにつれ迫力を増す鋸歯。
来年の今頃はさらにスゴいことになっているのだろう。


今日はここまで。
続きは明日。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


アガベ カブトガニ 5号Agave isthmensis多肉植物 Succulent※他の植物との同梱可※状態は変化します:撮影日をご確認ください

多肉植物:アガベ 甲蟹錦(カブトガニニシキ)*幅8cm 現品!一品限り

王妃カブトガニ錦

多肉植物:アガベ 甲蟹錦(カブトガニニシキ)*幅10.5cm 現品!一品限り ※下葉に傷あり

多肉植物:アガベ 甲蟹錦(カブトガニニシキ)*幅12cm 現品!一品限り






Last updated  2020.11.26 10:34:51
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.25
カテゴリ:エケベリア
でっぷりとした塊茎に多肉質の葉を繁らせるコイツ。

見たことない塊茎植物だな。
誰だオマエ?


実はコイツ、エケベリア・ブラックプリンスだ。


元はこんな感じ。

デカいロゼット。
上から見ると、

このようにフツーだったのだが夏の暑さに耐えきれず8月。

葉が枯れ始めた。
その後も枯れ進み9月1日にはこの通り。

全枯れ。

しかし茎が生きていれば復活する可能性がある。
その後も通常管理を続けたところ10月5日。

出た!
てっぺんから芽が出てきた。

芽はぐんぐん育ち10月15日。

新たなロゼットを形成し始めた。

そして現在。

まだ完全ではないがかなり元の姿に近づいた。
色もミドリから少し黒になりつつある。

ちなみにもう一個のブラックプリンスはかなりの黒さ。

ブラックプリンスはやはり黒い方がいい。

しかし今のこの姿もいい。

ロゼットはさらに大きくなるわけでこの姿は今だけなのだが、この丸い塊茎とロゼットのバランスは絶妙ではないか。
色だけ真っ黒になって大きさはこのままでもいいんだけどな。
そうはいかないよね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


ベンケイ草 ◇ エケベリア ◇ ブラックナイト ◇3寸鉢◇ アフィニス 観葉植物

多肉植物 エケベリア ブラックキング 7.5cmポット 観葉植物 インテリア

多肉植物 エケベリア ブラックキング 2.5号サイズ 鉢植え タニクショクブツ 黒い葉が美しいエケベリア

(観葉植物)エケベリア ブラックプリンス(くろすけ) 2.5号(1鉢)

ブラックフラッシュ エケベリア Mサイズ6cmポット Echeveria 薔薇咲 ロゼット 多肉植物






Last updated  2020.11.25 12:38:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.24
カテゴリ:パキポディウム
ついに丸坊主になったタッキー。

灰褐色の塊茎にトゲトゲ。
葉があるパキポディウムももちろん良いが丸坊主も好きだ。
塊茎のカタチがより分かりやすい。

タッキーはまだ小さいのに3分岐した。

丸坊主だとこれも分かりやすい。


タッキーは今年あまり太らなかったがコイツはよく太った。
デンシフローラム。

タッキーと同じぐらいの太さだったのに今や倍ぐらい違う。
デンシフローラムは太りやすいのか?
このデンシフローラムもよく太った。

葉っぱ一枚だが上のデンシフローラムとは違うもの。
タテにはあまり伸びずヨコは大きく成長した。
良いことだ。


10日ほど前まで葉っぱワサワサだったこのデンシフローラムも一気に丸坊主へ。

コイツもまた葉っぱ一枚だけ残っている。
上のヤツらもそうだし。
何かそういう性質でもあるのか?

しかし、でっぷりと太り良いカタチになってきたな。
下ぶくれで貫禄がある。
良いものばかり食って腹が出た社長みたいだ。


このデンシフローラムはまだ数枚葉が残っている。

株元から分岐したコイツ。
コイツもある程度太くなった。


恵比寿笑い。

コイツも数枚葉が残っているが時間の問題だろう。
葉は赤くなりつつある。


グラキリス。

4、5枚の葉が残るが、葉は赤い。
丸坊主まであと少し。

コイツもよく太った。
買ったときは鉛筆のような細さだったのだがぼってりした体型に変わった。
良いことだ。


パキポディウム。
昼はベランダで陽に当て夜は室内取り込み。
ここ数日暖かい日が続いているが再び最低気温は10℃を下回る予報。
夜間は室内の方が安全だ。
水やりも減らし今は2週に1回じょうろでひと回し程度。

ただし例外が一個。
サキュレンタム。

寒さに強く未だ紅葉始まらず。
夜間取り込みもなし。
ベランダに出しっぱなしだ。
水は塊根がへこんだらたっぷり。
葉が枯れ始めたら減らす。


葉がなくなると塊茎の様子がよく分かる。

丸坊主でも十分鑑賞に耐える植物。
それがパキポディウムだ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


多肉植物 caパキポディウム エブレネウム 実生 多肉植物 コーデックス 7.5cmポット

コーデックス:パキポディウム エブレネウム 実生 S*葉幅3.5cm ☆赤松実生

多肉植物 caパキポディウム 白花 恵比寿笑い 実生 ブレビカウレ brevicaule ver. leucoxanthum 多肉植物 コーデックス 7.5cmポット

コーデックス:パキポディウム 恵比寿笑い 実生 M*塊根幅2.5cm

コーデックス:パキポディウム レウコキサンツム 実生*塊根幅2cm






Last updated  2020.11.24 13:46:46
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.21
ベランダ柵裏に置いている特白粉雪実生。

柵に開けられた無数の丸い穴から射し込む光が当たる。
影になる部分とひなたになる部分が交互に来るため半日陰的陽当たりとなりハオルチアの生育には具合が良い。

ここですくすくと育つコイツ。

ふっくらとして丁面は真っ白。
抜群に美しい。


やっぱピグマエアはいいなあ。
今日はピグマエアを鑑賞しよう。


シルバーパウダー×雪花鉄道。

コイツもきれいだね~。
特白粉雪実生に負けず劣らず。
っていうか似てるね。
乳頭結節の密度が高く白い。
丸葉短葉で.....そっくりじゃん!


柔らかい光を浴びて元気に育ってほしいなあ。



もう一個粉雪。

丸葉短葉密な結節はやはりカワイイ。
冬へ向かっているからだろう、少し赤みを帯びている。

柵越しの光を浴びる姿は格別だ。



シュガーダストは赤くない。

粉雪同様丁面は白いがベースが農緑色なので青っぽく見える。

コイツも丸葉短葉。
このカタチが好きなのだ。



萩原ピグマエア。

コイツも乳頭結節の密度が高く丁面が白い。
葉はややとがっているが短葉。

うちに来て間がなくふっくら度は低いが、

環境に馴れればふくらんでくるだろう。



特白ピグマエア。

特に白いヤツを選抜した.....そういうことなのだろうが確かに白い。
柔らかい光が当たると相当な美しさだ。

仔がいる。
ちゃんと育ってくれればいいが。


雪うさぎ。

特白粉雪と並ぶお気に入り。
まるで雪が積もったかのような葉の表面感。
丸葉短葉肉厚。
そしてコイツだけ2.5号ミニラン鉢植え。
直径7cmぐらいだろうか。
他のピグマエアよりひとまわりかふたまわりデカい。

素晴らしいピグマエアだ。
大事に育てよう。


最後にピンクビューティー2個。


寒くなると見事な濃ピンクになるのだが今はまだイマイチだね。
来月ぐらいからかな~。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


◇ ハオルチア ◇ ピグマエア ◇ 白青城交配 ◇

多肉植物 ハオルチアCNMHD1(堀川ピグマエア実生選抜)×はやぶさ(ウィミー交配種)実生苗7.5cmポット

多肉植物:ハオルチア ピグマエア*幅6cm

多肉植物 ハオルチアCNMSAP5酒井ピグマエア実生特選×白銀粉雪(白銀ピクタ×粉雪ピグマエア)NS-4/510.5cmポット






Last updated  2020.11.21 13:46:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.20
カテゴリ:ユーフォルビア
も深まると夏型の成長は期待できない。
少し前までトゲが赤かった振武玉。

今ではすっかり茶色に変わり今年の生育を終えた。
来年の夏までこの状態が続く。
半年の生育停止期間に入るのだ。

アガベだけは冬でも生育するがサボテン、ユーフォルビア、アロエ、サンスベリアなど夏型多肉植物は皆同じように生育停止期間に入る。

そんな中、紅彩閣だけは絶好調な様子を見せている。

夏の間は生育せずどんよりとした雰囲気を醸し出していた紅彩閣。
夏が終わり10月になってもこのような姿だった。


しかし現在はと言うと、

赤トゲをガンガン出して元気に成長している。
なぜかコイツだけは冬によく成長するのだ。


全ての枝に赤トゲ。
ここから夏前まではこのように調子が良い。


小っちゃい紅彩閣も好調だ。

10月末ごろから赤トゲを出し生育を始めた。


ユーフォルビアではホリダモンストがまだ赤トゲを出しているが、

そろそろ止まりそうな勢いだ。


逆光で光る紅彩閣の赤トゲ。

蛍光色で異様な雰囲気。
冬に成長する異色のユーフォルビアだと言えよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村


◇ユーフォルビア◇エノプラ◇綴化◇

ユーフォルビア エノプラ 紅彩閣 3号【多肉植物】【ビザールプランツ】【素材】【カッコイイ】【マニア】

ユーフォルビア 紅彩閣 観葉植物 2.5号鉢 おしゃれ かわいい

多肉植物 ユーフォルビア 紅彩閣 陶器鉢観葉植物 多肉 スタイリッシュ おしゃれ エキゾチック レア 卓上 インテリア 格好良い 送料無料


多肉植物:ユーフォルビア ホリダモンスト*S 幅2cm






Last updated  2020.11.20 07:25:33
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2149件 (2149件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.