000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

すまいる スマイル ☆ いつも笑顔で☆

☆3回目の手術日【5月24日】★



                               ☆ピンクリボン★

ピンクリボン (女の子)タイトル用



                        







☆3回目の手術日【5月24日】★


前日、両親と鹿児島へ行って入院。
何も悲しくないのに、看護婦さんや周りの人と話をするだけで、涙が出て洪水状態だった。

手術当日・・・“デッサンをしますから”と診察室へ呼ばれた。
黒マジックで、胸の位置を書かれた。(パックに入る食塩水の水の量を測る為に、石膏で胸の形をとった。

午後に手術室へ。手術室では、クラシックが流れていて手術の担当の看護婦さんが“大丈夫ですからね”と言って麻酔がかかるまで、手をにぎってくれていた。
意識が戻る頃に、口に入っている管をとるから違和感があるよと聞いていた。いやだな・・・意識がないうちに抜いて欲しいと思っていた私。

意識がないのに、管を抜く時に上半身が起き上がって“まだですよ”と言われた時に、少し意識が戻った。

手術をした日は、熱は出るし気分が悪くて吐いたりしたり、寝返りが出来ず、足のかかとと腰が痛かったけれど、次の日からはとても退屈な回復室だった。
皮膚が弱かった為に、手術の後に貼ってあったテープに負けてしまって、水泡がたくさん出来た。
起き上がる事も出来なくて、見れなかったから手で触ったら水泡がつぶれて
痛かったなぁ・・・(;_;)

ドレンが、取れるまで首からポシェットを下げて歩かないといけないし、シャワー(上半身浴)が大変だった。

朝は、鉄板が胸の上にのっているみたいで起き上がれず、30分かかって起き上がっていた。楽に、起きる為にベットの頭の部分を立てたまま寝たりしたけれど、夜中に体制がくずれたり、首が痛くて何度も目が覚めたなぁ・・・(^_^;
同時再建だった為に一日2回マッサージ(略してチチマ)を看護婦さんにしてもらっていたけれど、肋骨が折れそうなぐらいな力で、とても痛かった。(今は、チチマはしなくても良くなったみたい。)

☆ろっかん神経痛★
ドレンが取れた頃、以前に入院していた仲間がお見舞いに来てくれたから、
狭い個室で5人で話をしていた。

“なんか圧迫を感じるな・・・”と思っていたら、手術をした胸の下辺りが痛くなった。

痛くて、身動きも出来ないし、息をしてもひびくし、話す事も出来かった。

“何だろう・・・?異物反応を起こしたのかな・・・?”と思いながら、楽になるのを待った。

痛みが、少し楽になった時に話していた仲間に“胸の下が痛い”と言ったら、“早く部屋へ帰って、ナースコールをしなさい”と言われた。

部屋へ帰ってナースコールをしたら、看護婦さんがすぐに来てくれた。
事情を話すと、“ろっかん神経痛ですよ。気にしていたら、くせになってまた痛みが出るので、気にしないようにして下さいね。痛み止め(飲み薬)を出しますね~”と言っわれて、痛み止めを飲んだ。

“くせになるのは、嫌だ”と思って、忘れるようにしたせいか、その後ろっかん神経痛になった事がない。

くせにならなくて、良かった。


                             


© Rakuten Group, Inc.