000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

すまいる スマイル ☆ いつも笑顔で☆

☆私の目標の人 jお じいちゃん★



                               ☆ピンクリボン★

ピンクリボン (女の子)タイトル用



                        







☆私の目標の人★


私の目標の人は、祖父(現在93歳)です。

背筋がちゃんと伸びていて、いつも年齢を言うたびに“えーーーーーっ!!93歳には、見えない”とビックリされる、とても元気なJお、じいちゃん。

Jお 、じいちゃんは毎年健康診断を受けるたびに“薬の出しようがないですね~”と言われる。

カレーもラーメンも大好きで、二人だけで外食する事もあるし、若い芸能人の事も両親より詳しい。

ばあちゃんは、もう他界して15年。ばあちゃんが、癌で“あと半年”と余命を聞かされていたのに、入院しているばあちゃんの前では、平然としていた。辛かっただろうなぁ。。。

そんな姿のJお じいちゃんの姿を見ていたから、私が告知を受けた時、
“ばあちゃんを癌で亡くしたのに、孫まで癌って知ったらショックだろうな”と思って言えなかった。

初めての入院の時、jお じいちゃんに私の事を聞かれた母は“鹿児島へ出張へ行って、ついでに遊んで帰って来るよ”と言った。

でも、1カ月で私の病気を知った時、口を滑らせた人が“ショックを受けると思って言わなかったのでは”と言ったら“自分の心臓は、そんなに弱くない”と怒ったと聞いた。

入院中も、晩酌をしながら、心配をして電話をかけて来てくれたjお じいちゃん。

手術して、付き添ってくれていた両親が帰ると知って“お前は、寂しがり屋だから、じいちゃん付き添ってやる”と言ってくれた。

“リハビリで忙しいし、一人でも平気だからいいよ”と言ったら“お前の顔を見ないと安心出来ない”と言ってくれた。

でも断った。手術が終わって退院して地元へ帰った時、飛行場からすぐにjお じいちゃんの家へ行った。

“良く頑張った。良かった”と涙を流して、握手をしてくれた。
私の事で、Jお じいちゃんが、初めて泣いた。私は、嬉しかった。

ますます、Jお じいちゃんの為にいろんな事をしてあげたいし、頑張ろうと思った。

孫、曾孫からとても好かれているjお じいちゃん。

これからも、長生きして欲しい。





© Rakuten Group, Inc.