2285222 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イルカみたいに生きてみよう~心の力を抜いて楽しく生きていきませんか

2021年04月20日
XML
カテゴリ:誘水日記
今日は長女の誕生日。
早いものだ。
26歳になる。

1995年4月20日。

神奈川県海老名市にある片桐助産院で生まれた。

水中出産だった。

ぼくも一緒にプールへ入って、
陣痛が始まって生まれるまでの5時間ほどを、
しっかりと見届けた。

頭が出て、
そこでストップ。

片桐弘子先生が、氣子の首に手を回して、
「へその緒が首に絡まっているから」とていねいに外してくれた。

あのまま勢いよく生まれたら、
首がしまっていた。

命というのは危機をきちんと察するものだと感心させられた。

水中から上がって母親に抱かれたら、
口から水を吐いた。
すると、全身が紫からピンクに変化した。

でも、泣かない。
元気に産声をあげるものだと思っていた。

不安になる。

ぼくの表情を見て、
片桐先生が言った。

「赤ちゃんが泣かないのはどうしてかわかる?」

片桐先生の説明には驚かされた。
「赤ちゃんが生まれたときに泣くのは、
お腹の中での不満を吐き出しているのよ。
この子は、何の不満もないから泣かないの」

本当かどうかはわからない。
でも、
ぼくはうれしかった。

お腹にいる間、
ずっと声をかけてきた。
大事にしてきたつもりだ。

だから不満がない。

感動して涙が出てきた。

出産というのは、
とても重要なセレモニーだと思う。

お腹の中に宿ってから生まれるまでの環境は、
その後の人生に大きな影響を与えるのではないか。

氣子は、
ちょっと変わった子だけど、
素直に育った。

いろいろあったけれども、
とにかく運のいい子で、
すべてがいい方向に向かっていく。

これからもいろいろあると思うが、
彼女らしく、
素直に生きていってほしいな。

お誕生日、おめでとう!







Last updated  2021年04月20日 09時49分11秒
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


さそい水

Calendar

Favorite Blog

夫に抱く不快感・続… New! ハピハピハートさん

最高値 New! 院長9988さん

北川民次とバッタ New! kopanda06さん

母の日のプレゼント… あんずの日記さん

第6曲「月よ、私の願… 47弦の詩人さん

Comments

Freepage List

Headline News


© Rakuten Group, Inc.