602662 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

蠍の生息地

PR

お気に入りブログ

前期の出願校をきめ… New! nakakazu3310さん

雪予報 New! masa/kさん

3学期期末テスト 明秀館さん

新中1準備講座は必… Bu命さん

金沢市統一テスト中… がんこ08さん

直前講習スタート! ダントツ!岩沢学院!さん

三重県立高校入試 … にぁ2308さん

What I Th… なないきさん
川越最強学力向上爆… ごうまじまじさん
双葉塾 塾長ブログ 双葉塾 塾長さん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:新中1は春期から(03/30) effet de cialis 20mgacquistare cialis i…
 http://buycialisky.com/@ Re:Aちゃんへ(05/10) online tadalafil generic cialiscialis k…
 http://buycialisky.com/@ Re:体験1名(10/22) buy cialis soft doctormulti supplement …
 http://buycialisky.com/@ Re:お金のこと(04/09) tadalafil genericwat werkt beter cialis…
 http://buycialisky.com/@ Re:初めて・・・かな?(03/19) cialis kopen zonder voorschriftcialis d…

カレンダー

プロフィール


塾屋さそり

ニューストピックス

May 11, 2006
XML
カテゴリ:塾のこと
 私が大手塾に新入社員として入社したときに初めてやらされた仕事は

 「教室の落書き消し」だった。

 片手に消しゴム、片手にシンナーを持ってひたすら消す。



 その仕事自体に不満はなかった。

 新入りの下っ端は掃除から始めるものだ。

 不満だったのは、どうしてずっと放置しておいたのか、ということだった。



 多くの落書きは、明らかについ最近書かれたものではなかった。

 塾長が教室長として運営している教室なのにもかかわらず、落書きは放置。

 「自分が教室長ならすぐに消すのに」などと思いつつ、シンナーの匂いを嗅ぎながら

 黙々と落書きを消したことは今でも覚えている。



 生徒が机や壁に落書きをするのは授業中である。

 まさか落書きをするために早く来る生徒はいないだろう。

 落書きがあるということは授業を聞いていないということに他ならない。

 札幌市内だけで30教室以上の教室を抱える大手塾にしては情けない話である。



 当塾は今年で開校5年目だが、机や壁に落書きなど1つもない。

 机や椅子は新品同様である。

 椅子の後ろの「いちむら」のシールも剥がれてはいない。 



 当然といえば当然なのだが、それが当然ではない塾も多いのだ。

 開校から1年で机は落書きだらけ、壁には穴があいた教室を私は知っている。



 建物の外観に騙されてはいけない。

 塾に入会する前には、その教室の壁や机を見ることをおすすめする。






最終更新日  May 11, 2006 07:09:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
[塾のこと] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.