349195 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

びっくり箱 楽天出張所

PR

Recent Posts

Category

Archives

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

マジシャン777の… マジシャン777さん
マジック資料の館「… 458maさん
ブライトの遊び場 喜術師さん
「プチ☆マジック」 … 満月@マジシャンさん
ふくのホームページ ふく京さん

楽天市場のマジック道具紹介♪

■カード
クロースアップで用いるカードを紹介。
■コイン
コインマジックに使うコイン。
■クロースアップ道具2
クロースアップで用いる、様々に特化した道具達。
■クロースアップ道具3
クロースアップで用いる、様々に特化した道具達。
■マジックテイメント
テンヨーから発売されているマジックテイメントからいくつかを紹介。
■マジックテイメント2
テンヨーから発売されているマジックテイメントからいくつかを紹介。
■手品セット
マジック道具のセット
■カードマジック
カードを使ったマジック道具を紹介。
■ステージマジック
ステージマジックで用いる道具。
■ステージマジック 2
ステージマジックで用いる道具。
■サロンマジック
クロースアップとステージの間、もしくはその両方にあたる道具。
■ロープマジック
ロープを使ったマジック。
■衣装
マジックするときの衣装
■音楽
ステージマジックで使えそうな音楽を紹介。
■カードマジックの本
カードマジック専門の本を紹介。
■手品を学ぶ本
手品を学ぶ上で参考になる本。
■DVD・ビデオ
マジックの映像のDVD・ビデオを紹介
■ネタになりそうな物
手品道具じゃないけどマジックのネタになりそう?
■ジャグリング道具1
ジャグリングの道具を紹介。
■ジャグリング道具2
ジャグリングの道具。
■大道芸を見るグッズ
大道芸を見る際に便利なグッズ
■その他
まだ分類できていないもの。

ショーの検索はこちら


期間限定品(共同購入・オークション等)




 当サイトでは楽天市場内で販売されているマジック関係の商品を紹介しています。当サイト自体で販売しているわけではありません。では、楽しいショッピングを^-^/

 当サイトでは相互リンクを募集しています。ご希望の方は「サイト名」「URL」「簡単なサイト紹介」をメールで送って頂ければ幸いです。
 で、当サイトのバナーができました……

(SYNさんのご提供)
をご利用下さい。
2008.08.25
XML
カテゴリ:活動記録
昨日は池袋で開催されたJCMA主催のクロースアップのコンテスト「チャレンジャーズライブ」に行ってきました。そして、そこで審査員してきました。

このコンテストの特徴は何より「育成」の姿勢が強いことにあります。コンテストに不慣れな人に挑戦して頂く場。高いレベルを目指す人にとっては、上に進むためのステップにできます。そーいう意味で、非常に興味深いコンテストです。行われるのは東京で年に2回。見に行くだけでも勉強になるハズ。

終わってからの公開フィードバックが審査員から行われます。そこで話すとき、自分が毎回思ってるポイントがいくつかあります。「またコレを指摘するのか……」と同じ言葉を口にしていることが。一度、それを文章にしておこうかな(^-^)


■見せ方


 声はできるだけ大きく出したいところ。「クロースアップ」は通常2~3人、せいぜい10人程度に見せるものですが、コンテストは数十人(~数百人orそれ以上!?)を相手にします。声をしっかり出せる方が得です。

高い位置で見せる
 人数が多いので、テーブルの上にフラットに置いたカードは最前列の人にしか見えません。テーブル上にスプレッドしても同じこと。なるべく手に持ったり立てたりと、できるだけ「見えるように」示すべきでしょう。可能なら手に持って。手に持つにしたって、なるべく高い位置で。せっかく起こした現象は、しっかりと相手に伝えた方が得です。

服装
 できればマジックっぽい衣装なり、スーツなりを着たいものです。演技内容によってはカジュアルでもいいのですが、カジュアルなりの「衣装」であるべきです。普段着では印象も説得力も下がります。
 若手が多いこのコンテスト。衣装にお金がかけられない人もいることでしょう。しかし、スーツなら2万円もあれば買えます。高校生なら学生服でもいいから着たいものです。


■練習法について

人間相手に練習する
 一人で黙々と練習するのは、技法の練習にはなります。しかし、実際のパフォーマンスの感覚は一人では磨けません。誰かに観客役になってもらいましょう。一人でもかまいません。練習ですから、同じ人に何度でも見てもらいましょう。人と喋りながら練習していると、演技が生き生きとしてきますし、練習にハリが出ますし、より良い演技を作ることができます。

ストップウォッチを手に練習する
 コンテストのマジックは5~10分で演じるのが一般的なルールです。そこから外れたら失格。 また、ストップウォッチを動かして練習すると気持に変化が生じます。演技途中でだらける訳にいかなくなるんです。今や105円でストップウォッチで買える時代。道具箱にストップウォッチを入れておきましょう。


■より高いレベルを目指して

同じ手順でしつこく挑戦
 コンテストに参加するごとに手順を変える必要はありません。同じ手順を改良しながら、それが無理でも単純に練習を繰り返しながら、何度でもチャレンジしましょう。そうすることで演技が熟達し、深みが生まれます。
 もちろん、より良いルーティンが生まれたら、こだわらずに変えていいんですよ(^-^)

セリフを整理する
 マジックに関係の無いことをベラベラと話しすぎるのは無駄です。無駄どころかマイナスに感じます。全てのセリフがマジックのためにあるべきで、それぞれが「芸」になっているべきでしょう。セリフのひとつひとつ、それぞれが何の目的があるのかを考えてみましょう。……って、なかなか簡単なことではありませんね(^-^;

オリジナリティをアピール
 これが最も難しいところ。見たこともないような演出や、道具や、現象。より高いレベルのコンテストでは、それが必要になります。自分の存在をアピールする何かが欲しいところ。
って、すぐに見つかるものではありません。地道にマジックを学んで練習して頑張り続ける中で、何かが見つかるといいですね。


 またチャレンジャーズライブで審査員をすることでしょう。そうしたら、また同じポイントが繰り返し出てくるんだろうな……。もし、これを読んで事前に対策してくれるような人がいたら嬉しいですね。うまい人でも駆け出しの人でも、成長のためにどんどん挑戦してもらいたいコンテスト。皆さん、頑張って下さい!(^-^/





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2008.08.25 18:56:20
コメント(1) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.