351744 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

びっくり箱 楽天出張所

PR

Recent Posts

Category

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

マジシャン777の… マジシャン777さん
マジック資料の館「… 458maさん
ブライトの遊び場 喜術師さん
「プチ☆マジック」 … 満月@マジシャンさん
ふくのホームページ ふく京さん

全302件 (302件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

2008.08.25
XML
カテゴリ:活動記録
昨日は池袋で開催されたJCMA主催のクロースアップのコンテスト「チャレンジャーズライブ」に行ってきました。そして、そこで審査員してきました。

このコンテストの特徴は何より「育成」の姿勢が強いことにあります。コンテストに不慣れな人に挑戦して頂く場。高いレベルを目指す人にとっては、上に進むためのステップにできます。そーいう意味で、非常に興味深いコンテストです。行われるのは東京で年に2回。見に行くだけでも勉強になるハズ。

終わってからの公開フィードバックが審査員から行われます。そこで話すとき、自分が毎回思ってるポイントがいくつかあります。「またコレを指摘するのか……」と同じ言葉を口にしていることが。一度、それを文章にしておこうかな(^-^)


■見せ方


 声はできるだけ大きく出したいところ。「クロースアップ」は通常2~3人、せいぜい10人程度に見せるものですが、コンテストは数十人(~数百人orそれ以上!?)を相手にします。声をしっかり出せる方が得です。

高い位置で見せる
 人数が多いので、テーブルの上にフラットに置いたカードは最前列の人にしか見えません。テーブル上にスプレッドしても同じこと。なるべく手に持ったり立てたりと、できるだけ「見えるように」示すべきでしょう。可能なら手に持って。手に持つにしたって、なるべく高い位置で。せっかく起こした現象は、しっかりと相手に伝えた方が得です。

服装
 できればマジックっぽい衣装なり、スーツなりを着たいものです。演技内容によってはカジュアルでもいいのですが、カジュアルなりの「衣装」であるべきです。普段着では印象も説得力も下がります。
 若手が多いこのコンテスト。衣装にお金がかけられない人もいることでしょう。しかし、スーツなら2万円もあれば買えます。高校生なら学生服でもいいから着たいものです。


■練習法について

人間相手に練習する
 一人で黙々と練習するのは、技法の練習にはなります。しかし、実際のパフォーマンスの感覚は一人では磨けません。誰かに観客役になってもらいましょう。一人でもかまいません。練習ですから、同じ人に何度でも見てもらいましょう。人と喋りながら練習していると、演技が生き生きとしてきますし、練習にハリが出ますし、より良い演技を作ることができます。

ストップウォッチを手に練習する
 コンテストのマジックは5~10分で演じるのが一般的なルールです。そこから外れたら失格。 また、ストップウォッチを動かして練習すると気持に変化が生じます。演技途中でだらける訳にいかなくなるんです。今や105円でストップウォッチで買える時代。道具箱にストップウォッチを入れておきましょう。


■より高いレベルを目指して

同じ手順でしつこく挑戦
 コンテストに参加するごとに手順を変える必要はありません。同じ手順を改良しながら、それが無理でも単純に練習を繰り返しながら、何度でもチャレンジしましょう。そうすることで演技が熟達し、深みが生まれます。
 もちろん、より良いルーティンが生まれたら、こだわらずに変えていいんですよ(^-^)

セリフを整理する
 マジックに関係の無いことをベラベラと話しすぎるのは無駄です。無駄どころかマイナスに感じます。全てのセリフがマジックのためにあるべきで、それぞれが「芸」になっているべきでしょう。セリフのひとつひとつ、それぞれが何の目的があるのかを考えてみましょう。……って、なかなか簡単なことではありませんね(^-^;

オリジナリティをアピール
 これが最も難しいところ。見たこともないような演出や、道具や、現象。より高いレベルのコンテストでは、それが必要になります。自分の存在をアピールする何かが欲しいところ。
って、すぐに見つかるものではありません。地道にマジックを学んで練習して頑張り続ける中で、何かが見つかるといいですね。


 またチャレンジャーズライブで審査員をすることでしょう。そうしたら、また同じポイントが繰り返し出てくるんだろうな……。もし、これを読んで事前に対策してくれるような人がいたら嬉しいですね。うまい人でも駆け出しの人でも、成長のためにどんどん挑戦してもらいたいコンテスト。皆さん、頑張って下さい!(^-^/






Last updated  2008.08.25 18:56:20
コメント(1) | コメントを書く
2008.07.30
カテゴリ:活動記録
IBM/SAM Combined Conventionから帰って来ました!世界の3大大会のうちの2つ、"IBM"と"SAM"合同での大会。行ってみて驚きました。これは「1+1=2」ではなく、「1+1」が3だか4だか、すごいことになってました。

たしかにFISMもすごいものです。しかし、そのコンテストの質にはムラがあるものです。今回の大会、質がものすごく濃かったです。皆が何らかの形で「鳴り物入り」です。



100以上のDVDで予選が行われてのコンテスト。私はクロースアップで挑戦しました。24人での戦いで、日本人は日向だいすけ君と都々さん。

都々さんは事前の準備を敢えて避けての空気を読みながらの挑戦。コンテスト慣れしてないのは否めませんが、日頃からプロとして磨いた腕を見せつけていました。さすがですね~

そして、日向だいすけ君はiPodを用いた手順で挑戦。既にAMA(=アジア大会)で1位を獲得した手順。残念ながら失敗がありましたが、まさに「腐っても鯛」。観客の反応は非常によく、演技の後にも沢山のお客さんから声をかけられてました。人気者ですね♪


ステージでは、江澤さんに、幸条スガヤ&サオリさん、KYOKOさん、藤山晃太郎君、千秋さん、武藤桂子さんが挑戦。残念ながら結果は残せませんでしたが、良い演技してましたよ~。なんか、日本人として嬉しかったです(^-^)


私は、ファイナル6に選ばれていました!部屋に残された留守電、信じられずに3度聞き直しました。涙しました。


ファイナルを戦いましたが、グランプリにはなれませんでした。それは残念。

そもそも、メンバーを見ていて「自分はあり得ないな」と思っていました。 しかし、あとからお客さんからの言葉を聞いていると「思ったよりも、いい線まで行ってたんじゃないの!?」を思っています。日本人として恥ずかしくない結果を出せたと思ってます。

グランプリ以外は「IBM/SAMファイナリスト」として表彰されました。その一人になれたことを、心から誇りに思います。

それもこれも、皆さんの応援があったからだと思ってます。ほんと、思ってます。ありがとうございました!






Last updated  2008.07.30 14:05:05
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.22
JCMAアカデミーの教材「アスカニオのマジック マジックの構造に関する考察」でオリジナリティについて、次の様なことが書かれていました。

紙に一本の線を引いて、これを若い男性に見せました。「これ、何に見える?」
すると男性は驚いたことに「裸の女性」と答えました。

その答えに驚き、理由を聞いてみると「だっていつも女性の裸のことを考えてるから


そして、アスカニオは次の様なことを語っていました。

マジックにおける新しい発見をしていくためには、いつもマジックのことを考え、のめりこむ事が大切だと。すると、マジックに関する事柄に共鳴するようになり、新しいアイデアが当然の結果のように沸き起こってくるようになるのです。

……と。なるほど、そーいうことか。



よく「オリジナルのマジックはどう作るんですか?」との質問を受けることがあります。SAMでオリジナリティ・アワードを頂いた身として答えないわけにはいかないのですが……

「なんだか新しいマジックが空から降ってくるんです」

……ぐらいのお話しかできずにいます。私の感覚としては本当なんですが、相手に伝わる気がしません。答えになってませんね。

でも、アスカニオの挙げたジョークでよく分かる気がします。目に入るもの、耳から聞こえてくるものを楽しんでいると、あるときそれら「マジックの」だと気づくときがあるんです。それだ、それ。

オリジナルのマジックを作るには「よくマジックを学ぶこと」「目から耳から入ってくるものを大切にすること」そして「マジックを好きでいること」といったことでしょうか。






Last updated  2008.01.22 08:49:51
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.06
カテゴリ:活動記録
昨日は東京アマチュアマジシャンズクラブの新年会に出席してきました。有楽町電気ビルヂングの外国人記者クラブにて。そこでブックテストしてきました!それもオリジナルの方法で、しかも初公開。楽しかった~♪

複数ある中から使うを選んでもらいますが、選ばれたのは……
美女高原殺人事件/西村京太郎」
トリックそのものには無関係ですが、本屋でこの本を見つけたときにはホント嬉しかったですね~。なんせ「美女高原」ですよw

美女高原殺人事件
しかもなんと、地図で示したように実在する地名なんです(驚

このブックテスト、ご覧頂いた皆様にはご好評頂いた様。そして、自分自身が楽しみました♪o(^-^)o
また機会があればどこかで演じたいと思いますので、どなたかチャンス下さい!(^-^/


ちなみに、簡単なブックテストと言えば

しあわせの書
がオススメですよ!(^-^/






Last updated  2008.01.07 15:20:59
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.23
JCMAアカデミーの教材のひとつ「アスカニオのマジック -マジックの構造に関する考察-」の中に次の様なことが書かれてました。

マジックを学ぶには……
・本やDVDで学ぶ
・先生に習う
・一人で練習する
・観客の前で練習する
……といった方法があります。


おそらく、どれも大切な方法であり全てを使っていくべきなのでしょう。
人に習うのに頼りすぎてはいけません。本を読むべきでしょう。でも、ばかりでなく人に教わることも大切。そして当然、知るだけでは無価値であり練習が必要です。

そして、アスカニオが強調するのは「マジシャン自身を高めていくには、観客の前で経験を積むこと以外に方法はないのです」ということ。本番という経験を積むことは非常に大切です。

プロならそのチャンスは山ほどやってきます。ただテーブルホップなどの日常的な場に埋没せずコンテストやショーなどの大きな場自らを大きく育てるチャンスを作るべきでしょう。

そして、アマチュアなら本番と呼べるものの数は少ないもの。小さな本番であっても、チャンスに貪欲になって、経験を積んで自らを育てていくべきなのでしょう。


アマチュアの私ですが私は出演依頼を受けると自動的に「出ます」と言うようにしています。さ~て、何か楽しいチャンスはないかな♪ o(^-^)o






Last updated  2007.12.23 18:42:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.18
JCMAアカデミーの教材として田代茂先生の訳された"THE MAGIC OF ASCANIO The Structual Comception of Magic Part One"をショウ君に読ませてもらいました。以前いザッとは読んだけど、あらためてじっくり読むと重みがあり勉強になります。

それを読んでイロイロと考えさせられ、非常に勉強になりました。
その中で次の様なことが書かれていました。

雑誌の取材で「1つの手順を作る際にどう練習するのか」との質問にアスカニオは次の様に答えています。

1)学ぶ→2)練習する→3)手直しする→4)手直ししたもので練習する→5)完成する→6)完全にマスターする→7)完璧になる

さて、我々はどの段階までできていたでしょうか。途中段階で、できたつもりになってしまっていることが多いものです。特に5→6→7の辺りは気をつけるべきところでしょうね。うん、頑張ろo(・_・)o






Last updated  2007.12.18 09:28:12
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.07
この2日にJohnny Lonn、そしてFISM会長のEric Eswinとお茶するなかで、マジックにおける大切なものを聞くことができました。ってなわけで、それをメモメモ。


そこでJohnny Lonnのステージマジックについての、ひとつの考えを聞くことができました。

・ステージマジックをする上では2つのボールが大切なんだ!

何のことだと思ってちゃんと確認してみれば、そのボールは男性しか持っていないソレのこと。「じゃあ、俺のを見せてやろうか?」まで言い出す始末。ものスゴい表現です。心理学的な用語でごまかすなら「リビドー」にも通じる内容。そして「ダイナミック」「パワフル」といった言葉も近いものでしょう。



さらに話が進む中でEric Eswinのマジックについての、ひとつの考えを聞くことができました。

・マジックをする上でファカビリティー(F*ckability)が大切だ!

またこんな表現ですか。間違いが無いように確認しておくのであれば"*"は"u"です。って、伏字の意味がないw
その場にいた田代先生は「日本語で言えば色気でしょうかね」なんて訳してましたが、そんな綺麗なものではないはず。やはり「リビドー」としての要素もあるのでしょう。



なんで二人とも、そんな性的な内容なんでしょう(^-^;


昔、ある舞台俳優さんの言葉を読んだことがあります。

・舞台なんて簡単だ。ステージの上から観客を口説くつもりですればいいんだ。


何かジョニーとエリックと共通したものを感じます。ホラ、皆さんもそんなつもりで舞台に立ってみませんか?(^-^)






Last updated  2007.12.07 12:09:55
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.03
カテゴリ:活動記録
マジック界には3年に1回開催される"FISM"という大会があります。マジックのオリンピック、あるいはワールドカップといったところでしょうか。

その現在のPresident(会長)がEric Eswin(エリック・エズウィン、オランダ)。昨日はそのEricのレクチャーで、FISMについての説明を聞いてきました。

ストックホルム大会からFISM出場の日本人枠が一気に減ってきましたが、大会全体としてコンテスタントの人数を減らすつもりでいる、とのこと。出場すること自体が困難になってきています。

そして、FISMの下にヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、オーストラリア、アジア、アフリカの6つの大会を開催し、そこで本戦に向けての予選が行われるようにしたい、とのこと。来年にはFISMアジアが開催される予定はあるとのことですが、ちっとも詳細が聞こえてこないのが心配。まずは来年8月の日本でのFISM選考会に出場することに。頑張りますので、応援お願いいたします!o(・_・)o

レクチャーの後は田代先生と一緒にお茶。そこでEricJohnny Lonn(ジョニー・ロン)とたっぷりお話。その内容は別の日記でご紹介しましょう。って、その内容も準備済み♪

その後は福富さんのご自宅のパーティーにお邪魔しました。沢山のマイミクさんにもお会いでき、どこで知ったのか「マクミラン優勝おめでと♪」と声をかけて頂いたのは、すごくありがたいです(^-^)

そして、色んな人とお話できたし、いろんな人のマジック見れたし。アレックスのChaos Memoryは久しぶりに見た技。パフォーマンスとしての間の問題がありましたが、それにしてもすごく面白かったですね。

そして渚晴彦先生ともたっぷりお話しちゃいました。私たちコンテスタントが頑張るので、それを応援してもらえる勝てる組織を作って頂けるようにお願いしてきました。ホント、お願いしますm(_ _)m

そして、改めてEricに話しかけて頂き、その場で……
「日本はFISMのメダルを取る準備ができてます!」
「日本のマジシャンは伸びてるからKeep Watching!」

……と渚先生の見ている前で言ってしまいました。(^-^;

ですので、僕が嘘つきにならないよう、日本のコンテスタントの皆さん、頑張りましょう(^-^/






Last updated  2007.12.03 15:03:29
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.27
カテゴリ:活動記録
クロースアップのコンテスト、ロン・マクミランの大会の結果が出ました!

優勝です!嬉しい!すごく嬉しい!o(T_T)o

いやぁ、2位の人とはすごい争いになりました。

2位は地球儀を使い世界旅行をテーマにしたPatrick Pryzsiecki(パトリック・プリジキ?)。なかなかオリジナリティーが高く、技術的な点もそこそこ稼ぎ、プレゼンテーションもいい演技。様々な面から点数を稼いだ強敵でした。これからの大きな大会で必ず賞に絡んでくること間違いなし。「地球儀マジシャンのパトリック」と覚えておきたいところ。

そして、私は日本でも演じたコンテスト手順を磨き上げたもの。ステージ上から、すごい反応を感じましたし、会場にいた人に聞いても一番の反応だったらしい。2位と比べても……自分で言うのも難だけど……2位の人より「比較的」ではなく「明確」に反応がよかったですね。そこで勝ったのでしょう。

いやぁ、ほんと嬉しい!o(≧▽≦)o






Last updated  2007.11.27 21:55:24
コメント(2) | コメントを書く
2007.11.20
カテゴリ:活動記録
今週末はRon MacMillanの大会に行ってきます!コンテストです!
http://www.internationalmagic.com/pages/competition.html
自分を含めて14人で競われます。
ライバルには今回のゲストも混じってます。ゲストに呼ばれてコンテストも!? いったいどーなる?緊張!o(>_<)o

自分の手ごたえとしては、仕上がりは上々。SAMダラス大会のときから、さらに成長したと思ってます。さて、それがどこまで通じるのか。思いっきりぶつけてきます。SAMでは優勝したからといって、今回もそのまま通じるほど簡単ではありません。自分の事は今回も「挑戦者」だと思ってます。他の「大物」にチャレンジです。少なくとも、日本のマジシャンの存在感を世界に知らしめてきたいですね。

皆様に良い知らせを持って帰れるように頑張ります!o(・_・)o






Last updated  2007.11.20 13:47:58
コメント(0) | コメントを書く

全302件 (302件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 31 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.