2152087 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2005年07月18日
XML
カテゴリ:落語会・演芸会
アクセス数、元に戻る。
やはり「みたままつり」が原因だったのか。

休日。
暑い。気力が湧かない。

昼、新橋へ。
今日も「大銀座落語祭」。
昨日でだいぶうんざりしたのだが、今日は仕方ない。前売り券を買っているので行くしかない。
新橋駅。BECK'S、スパイシーチキン。

博品館劇場、「熱海殺人事件」。
つかこうへいの名作を異色のキャストで。
演出、渡辺正行。出演、柳家喬太郎石井正則小川範子劇団ひとり
だいぶ後ろのほうの席で。
真ん中の席が不自然に空いてると思ったら、開演直前に、志の輔、正蔵、いっ平、小朝がぞろぞろと。
よっぽど小朝師をとっつかまえて昨日の苦情を言ってやろうかと思ったが、勇気がないのでやめる。
さて、開演。
つかこうへい及び「熱海殺人事件」について、僕はほとんど知識がない。作品よりも役者個々を手掛かりに観てゆく。
この4人のなかで最も舞台経験が少ないのはおそらく喬太郎師匠だろう。だが、喬太郎師が学生時代から“つか演劇”のファンであったことは有名な話。
喬太郎師、高座と変わらない着物姿の役。冒頭からセリフの量が尋常ではない。だが、まるで危なげないどころか、喬太郎落語を聴いているかのような心地良さ。逆に、喬太郎師の落語が如何に演劇の影響を受けているかを実感。
石井正則、スーツ姿で生真面目な芝居。「古畑任三郎」に出ているときと同じ引き出し。
小川範子、役のうえでも入籍。
4人のうち、劇団ひとりのみ、あとからの登場。その登場シーンのかっこよさったら。テレビで売れてるひとは出てきただけで華がある。けれん味が良い。
意味もなく海パン一丁の男が出てくるのは、渡辺正行の舞台での決まりごと。
「メモリーグラス」の合唱は盛り上がりのピーク。喬太郎師、こんな歌を唄わせたら絶品。
終盤はぐっとシリアスに。このメンバーで笑わせてくれないフラストレーションというのもある。
それにしても今年は、昇太師と薬師丸ひろ子が共演するかと思えば、喬太郎師と小川範子が抱擁シーンまで演じるとは。これを落語界の異常事態と言わずしてなんと言いましょう。
劇団ひとりと小川範子は、「リチャードホール」の「北八先生」でも共演済み。
今日の昼夜、わずか2回公演。これは本当にもったいない。地方も回ったら良いと思う。
終演後、挨拶。小川範子の入籍は、共演者も寝耳に水だったようで。

デニーズ、みぞれとんかつ定食。

ガスホール、当日券に並ぶ。
今日は無事に購入。1勝1敗。
並んでいる間に、普段着の喜多八師、雀々師を目撃。ついでに、こらくさんも。

福家書店で時間を繋ごうと思ったが、小池徹平というひとのサイン会だかがあって、2階売場が閉鎖中。
売場を閉鎖しても、儲けになるのが凄い。
コンビニでユンケルを買って、ガスホールへ戻る。

客席最後方で立ち見。
この「大銀座落語祭」、3日目にしてようやくまともな落語にありつける。
第1部「立川志らく&林家たい平二人会」。
まず、ふたり登場。さっそく、ブラック師匠除名問題について。
たい平「青菜」。「青菜」は志らく師の十八番でもある。できれば志らく師で聴きたい噺。
志らく。マクラ、ブラック師、六代目小さん、若貴、ロンドンテロ、など。「火焔太鼓」。これも志らく師の十八番。久々に聴いたが大いに笑った。ギャグの量が圧倒的。
‐休憩‐
第2部「東西夢の若手会」。
吉弥。上方落語家としては貴重なきれいな容姿。「七段目」。これはたい平師の十八番なんだよなぁ。
梅団治「宇治の柴舟」。上方落語家の容姿としては標準。
喜多八「三味線栗毛」。今日も虚弱体質。しかし、このひとも「若手会」でいいの?
‐仲入り‐
談春「包丁」。圧巻。
談春師のあと、帰る客が数人。
雀々「夢八」。談春師が思いっきり引き締めてしまったので、空気を変えるのがとにかく大変。だが、最終的にはなかなか笑いをとっていたからさすが。
「大銀座落語祭」、最終的には満足。

来場していたHさんと食事。
新橋。ジョナサン、シーフードカレー。

帰宅。日記更新のみ。






Last updated  2005年07月19日 00時32分50秒
コメント(6) | コメントを書く
[落語会・演芸会] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.