2280981 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2006年07月15日
XML
カテゴリ:演劇 その他
休日。

慌ただしいまま、連休に突入してしまった。
あらゆることを後回しに。

午後、関内へ。

県民ホール6階大会議室、戯曲セミナー「戯曲を考える」。全2回。
セット券1500円と低価格、しかも、会場が横浜であることは僕にとって好条件。
戯曲を書くひと、書こうとしているひと向けの講座なのだが、「戯曲を考える」というタイトルなので、ただ考えに行くだけでもかまわないだろうと。
広い会議室。思ったほど、受講者は多くない。ひとつの長テーブルにふたつの椅子が用意されているのだが、ほとんどが、ひとつのテーブルをひとりで使うかたち。
1回目講師、宮沢章夫
どんな雰囲気かちょっと不安だったのだが、なんだか大学の授業みたいな感じ。
まず、チェーホフについて。そして、ベケット。この辺は、こちらに知識がないのでついていくのがやっと。もう少し勉強しなければ。
60年代の演劇人の演劇論について。唐十郎、佐藤信は難解な演劇論の代表。問題なのは、このふたりが背が低いということ。つまり、背の低い演劇人はテントを建てる。
近代演劇的な作法における劇の書き方、「ベタドラマ」にも通ずる部分あり。
遊園地再生事業団「トーキョー/不在/ハムレット」の映像を一部上映。舞台設定を決める過程、興味深く。
質問コーナー。
演劇におけるリアルとは何か。「説得力だと思います」。でたらめな展開であっても、そこに笑いが発生すればそれはそれで説得力を持つ。
人間の汚い側面を過剰に描く最近の傾向をどう思うか。「たしかにこういうのは、僕も気になってはいたんです」。性描写・暴力描写は小説や映画では当たり前に存在するが、演劇の場合はまさに目の前で表現されるぶん、かなりナイーブなもの。ポツドールを例に出し、素材はきわどいものだが極めて丁寧に演出されていると評価。素材よりも、そこに至る手続きをどう評価するかが重要。
結論。「戯曲を書こうと思ったら、『戯曲の書き方』ってのがいっぱい出てますから、それを読むのがいいと思います。」
来月は、別役実。

中華街を通過。
元町。大戸屋、鶏かつソース丼と板うどん。

石川町駅から電車に。
旧東横線桜木町駅のホームが、こなごなに砕かれて石片の山と化していることに、今日、初めて気がついた。
あまり明るい時間に乗ることがないからわからなかったのだが、最近のことなのだろうか。
線路も途中まで撤去されている。
いよいよ、この辺りの風景は劇的に変わっていきそうだ。

新橋へ。

次項に続く。






Last updated  2006年07月30日 09時06分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[演劇 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.