2281787 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2006年08月19日
XML
カテゴリ:演劇 その他
休日。

昼、関内へ。

県民ホール6階大会議室、戯曲セミナー「戯曲を考える」。
先月の宮沢章夫に続いて、2回目。
講師、別役実
先月は気がつかなかったが、6階なので、窓から見える海がとてもきれい。今日は天気が良い。
客層は先月よりもやや年配のひとが目立つか。
先月もとても面白かったのだが、今月のほうがよりわかりやすく、具体的で実践的。非常にためになる。
戯曲を書くには、まず、型を身につけるということ。
型というものは、おそらく理知的に教わることはできないもので、無意識に身体感覚で覚える以外にないのだろうと。
いちばん良い方法は、どこかの劇団に入って、座付き作家になること。芝居作りの雑用をこなしているうちにだんだんと身についていく。
仕事を持っていたりして、どうしても劇団に入るのが無理というひとは、芝居をたくさん観ること。それも、劇団員のようなかたちで入り込んで観ることが重要。自然状態におくとわれわれは評論家的になってしまい、知的には型を理解するかもしれないが、身体的には身につかない。
お金もかかるし、機会も少ないというひとは、名作の戯曲を自分なりに書き替えること。これも評論家的ではなく、どうやれば面白くなるかと具体的な意図をもって書き替える。または、翻案する。名作というものを食べちゃうことで身につける。
近代教育の過程で、徒弟制度のように盲目的に型を踏襲することに対する拒絶反応を植え付けられてしまうが、写生教育以前の前近代には模写教育が主流だったわけで。近代の絵画などを観ると、たしかに歯切れが良くていきいきとしていたりするのだけれども、こざかしくてスケールが小さく感じてしまうと。
後半は書き方について。
書きたいことがなくても、戯曲は書ける。表現手段というよりも造形的な手段として、工芸品的に作り上げてゆく。
書きたいことがないひとにはコントがおすすめ。
コントは書きたいことがなくても良い。ひとコママンガの典型的な状況から展開をつけ、どのように人物が動いて、どのようにオチをつけるか。人間観察の豊富さみたいなものは要求されるが、別にテーマがなくても、ひとつの演劇的なものが工芸品的にできあがる。
われわれは書きたいことをどのように思い浮かべるかというと、ストーリーとして思い浮べる。戯曲を書くには、ストーリーをどのようにプロットに置き換えるか。
「王が死に、王妃が死んだ。」というのがストーリーで、「王が死に、悲しみに暮れて、王妃が死んだ。」というのがプロット。
事実が「そして」で繋がっているのがストーリーで、「なぜなら」で繋がっているのがプロット。叙述律と因果律との違い。でも、これはどこでも教えることだが、理屈ではわかるが、実際に役に立つかといったらそうでもないのだと。
プロット感覚は組み立て感覚が重要で、因果律よりも組み立て感覚として理解したほうが、より具体的。
場面を作るときに、ストーリーを否定してプロットだけで書く。なにについてしゃべってるかはわからないが、口調だけで関係性を浮かび上がらせることで、現場感覚が身につく。
コントを書く場合、精神の自由さが必要になる。ものが書けなくなったときには、嘘をつく前の精神を思い出すこと。“ポーカーフェイスの精神”を身につけることが重要。
質問コーナー。原稿を書いたら誰に見せたら良いか。いちばん良いのは演劇仲間に見せること。既成の偉い作家に見せるのはあまりおすすめしない。同時代の駆け出し同士が見せ合うほうが有効ではないか。
2時間、無駄なし。さすが、戯曲セミナーで教えているだけあって、とても整理されている印象。充実の時間を過ごした。

けっこう空席があるのに隣りの席に座るひとが居て、なんだよと思いつつ、顔を見たらOだったのでびっくりした。
別役先生の弟子みたいなものだから、来ていても不思議はないのだが、まったく考えていなかった。
講義終了後、別役先生とあいさつを交わしていた。そんな間柄だ。
Oに会うのは2年ぶり。2年は長いのか短いのかよくわからないが、あまり変わった様子もなく、まだ戯曲に関わっているようで安心した。

Oと、Oの戯曲仲間のひとと3人で食事。
ジョナサン。
注文を取りに来た若い男性店員、ひとりがカレーとドリンクバーを頼んだ時点で、「ドリンクバーはみっつですか」と確認してきたので、「みっつです」と答えると、「ご注文は以上でよろしいでしょうか」。
冷静なトーンで間違えてるのが、かなり面白かった。

食事後、関内駅まで歩き、横浜駅で別れた。

横浜西口、寄り道。
ビブレ。ユニクロ、買い物。

また、左眼が痛くてたまらなくなる。
なんなのだろう。医者に行くべきか。

帰宅。

日記更新。

眼が痛いから早く眠りたかったのだが、ほかの部分は元気なのでまるで眠くならない。

HDD残量確保。
テレビ。「談志・陳平の言いたい放だい」。
「納涼談志寄席」前半。磁石、紋之助、志らく師「青菜」。
志らく師が「乞食」と言っちゃってるのを普通に放送するMXテレビの態度は立派。






Last updated  2006年09月10日 21時34分27秒
コメント(0) | コメントを書く
[演劇 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.