2281809 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2006年09月09日
XML
カテゴリ:演劇 その他
休日。

朝、多摩センターへ。

旧西落合中学校、「大人計画フェスティバル」。
せっかくだから、朝のオープニングセレモニーから観たいと思い、それに間に合うように来たのだが、行列がパルテノン多摩のところまで延びているので驚いた。なにせ、会場は公園を隔てた向こう側にあるのだ。
列の最後尾に付こうとしたときにちょうど、スタッフが、あとから来るひとたちを別の道へと誘導し始める。説明があいまいでよくわからなかったのだが、そちらのほうが早いのではと思ってついていったら、分かれ道が再び合流するところに整列して待たされることに。なんてことはない、もとの行列が先に進んでから、こちらの行列があとから続くだけのことで、結局は同じ、いやむしろ、少し遅くなってしまった。
客層。イベントの性質上、ロックフェスに来るようないでたちのひとが多い気がしたが、昔ながらの小劇場ファンのような、日向が似合わないひとたちもけっこう居るのでほっとする。あと、普通に近所の学園祭に行くようなノリの家族連れなんかも混じっていたり。量が増えれば、質も広がるもの。
30分経過。ようやく入場。
入り口で、リストバンドを巻かれる。
オープニングセレモニー。てっきり間に合わないかと思ったが、開始を遅らせたのかもしれず、途中から観れた。
校庭奥に組まれた野外ステージ、大人計画メンバー全員が学生服で唄い踊る「大人計画社歌」。正確には口パクだから踊ってるだけなのだけれども。
オープニング オープニング後
オープニングが終わり、さてどうしようかとのんびりしていたら、あちらこちらに猛烈な勢いで行列が出来てゆくので呆気にとられる。
気がついたら、どこもかしこも長蛇の列。とりあえず、パンフレットを買ってから考えようと思うが、これを買うにも行列。
パンフ以外のグッズを販売する「物産店」にも列。
校舎入口にも列。
宮藤官九郎のおばけ屋敷は早くも6時間待ちという状況。これを観るには1日を捧げなければならず。
校庭のラウンジスペースもほぼ埋まり、座ることすらできない。
10時半。気温はどんどん高まっていく。こんなところでぼーっとしていては、体力を消耗するだけだ。
入退場自由なので、一時退散。

駅前まで戻る。
イトーヨーカ堂を満喫。
4階、くまざわ書店。大人計画関連書籍は特になし。
この街と大人計画とのギャップを感じつつ。

サンリオピューロランド手前、ウェンディーズで休息。ビッグベーコンBBQ、チリフライ&チーズセット。
パンフに目を通しながら、作戦立て直し。

12時半、会場へ戻る。
すぐそばの公園はとても静か。
道しるべ 近所の公園
朝は余裕がなかったので、改めて入り口の風景を撮影。
入り口の垂れ幕 入場ゲート

しかし、時間が経っても相変わらずの大行列。
でも、校舎内へ入らなければ来た意味がない。観念して、おとなしく並ぶことに。
校舎入口

40分待ち。ようやく入場できた。
覚悟を決めてしまえば、それほど待ったという気もしなかった。
下駄箱に細かいギャグいろいろ。
廊下。文化祭らしく、各催しもののチラシが貼ってあるのが楽しい。
あと、思ってもみなかったことだが、基本的に教室内以外は写真撮影自由のようで。最初は半信半疑だったが、目の前で撮影しているひとにスタッフは何も言わずに笑顔なのでそうだと了解した。まぁ、屋外は無礼講かなぁとは思ったけれども、校舎内までOKだとは素晴らしい。些細なことかもしれないが、これだけでも精神的な解放感はだいぶ違ってくる。
1階、「大人計画風雲録」。パネルなどで、大人計画の歴史を辿る展示。
僕の大人計画初体験は、2000年、本多劇場の板尾創路主演「王将」なのだが、それは展示には含まれておらず。その次に観たのが同年のシアターコクーンの「キレイ」で、このあたりから松尾スズキのマスコミ露出が激増して、宮藤官九郎が脚本家として売れて、あれよあれよという間に現在の状況に至ることになる。しかし、大人計画が本当に面白かったのは、おそらく僕が観始める直前までだろう。非常に悔しい。
大人計画ゆかりのひとのコメントVTRを上映。吹越満、山崎一、田口トモロヲ、片桐はいり、秋山奈津子、大竹しのぶ、中村勘三郎らが登場。やはり、古い話になるほど興味深く。
書籍販売、太田出版「hon・nin」を北尾修一編集発行人自ら。あと、ぴあ「大人計画その全軌跡1988-2006」、演劇ぶっくの戯曲本なども。
教室の窓の外、なにやら騒々しく、みんなが上のほうを見ているのでそれに倣って向けば、校舎4階の窓から布団を叩いて怒鳴り散らす“引っ越しおばさん”の姿が。いやぁ、こんな隠しアトラクションが用意されてるとは。とても遠くなので、誰が扮しているかは判別つかず。
2階へ。理科室「大人ワードローブ」。実際に舞台で使用された衣裳を展示。
家庭科室「純喫茶マンハッタン」は大盛況。入れそうにないのでスルー。すぐそばには「“吾輩は主婦である”」の部屋も。
「吾輩は主婦」の部屋
校長室「松尾スズキの“なんの変哲もない似顔絵展示部屋”」。「SPA!」連載のイラストなどから似顔絵ばかりを。
3階へ。図書室「写真展 限界なんてなかった~宮崎吐夢の168時間~」。「一週間のうた」をビジュアル化。かなり馬鹿馬鹿しい。
ほかは有料イベントばかり。もちろん、どのチケットも買えなかったので、ただ前を通過するだけ。
荒川良々・近藤公園「学園寄席一期一会」。これはものすごく観たかった。宮藤官九郎作の新作落語も、古典も、両方気になる。パンフには協力として、昇太、たい平の名が記載。一応、プロに稽古をつけてもらっているわけだ。
猫背椿の「バー椿」。中村勘三郎から花が。
学園寄席一期一会 バー椿
さて、下の階に戻ろうかと思ったとき、階段方面から嬌声が。
3階「あの娘おばけがダンクシュート決めたらどんな顔するだろう屋敷、略しておばけ屋敷」に、ゾンビ風メイクをほどこした宮藤官九郎がちょうど入場するところに遭遇。数名のおばけを引き連れて。クドカン以外は紙袋で顔を隠している。
廊下を埋めつくすわれわれギャラリーを驚かしてみせるサービスぶり。写真を撮ろうとしたけれど、突然のことだったのでクドカンには間に合わなかった。残念。
入場するおばけ
校舎内は冷房がなくて蒸し暑い。それも本物の学園祭らしいのだが、スタッフ、出演者はさぞつらかろう。

★字数オーバーのため、後編へ続く。★






Last updated  2006年10月09日 19時37分59秒
コメント(0) | コメントを書く
[演劇 その他] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.