2283989 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2006年10月29日
XML
カテゴリ:演劇 その他
休日。

早朝、日記更新。

テレビ、あれこれ。
◆「サンデージャポン」。日本ハム、優勝。
新庄の「本当にこのマンガみたいなストーリー。できすぎてません、これ?」という発言に、高橋ジョージ「自分ではマンガのようなって言ってましたけど、全然もう、素晴らしい、一流の映画のような、ドラマを、幕を降ろしたなぁと思いましたね。」
新庄は別に自分を卑下して「マンガみたいな」と言ったわけではないだろう。高橋ジョージのこのマンガ観、ひどい。
◆「アド街ック天国」神田。なぎら健壱、浅草キッド、ほか。
このような番組だと、玉袋筋太郎の愛敬が光る。水道橋博士が活字媒体で認知された今、これからは玉袋が認知される番だ。

夕方、新横浜へ。

新横浜BELL'S、「ぶたばん2006」。
劇団鹿殺し主催のイベント。鹿殺しでしか告知していないのか、それなりの豪華出演者のわりには、当日券でも余裕で入れた雰囲気。
オールスタンディング。
「ぶたばん」というタイトルが「うたばん」のパロディであることを、ここに来て、ロゴを見て初めて気がつく。
開演。鹿殺し・丸尾丸一郎、妙に生真面目なあいさつ。
前半は、公募で選出された3組。
仏団観音びらき。素人の悪ふざけがいいところ。
ミス・ジャパニーズ。貧乏臭い風体の連中が出てきたと思ったら、予想に反してなかなか面白かった。ニュース番組や料理番組や「アタック25」の音声をコラージュしてでたらめなものにする手法自体はけして目新しいものではないけれど、それに合わせて芝居をつけるというのは前例があるのかはわからないがかなり馬鹿馬鹿しく、何度も笑った。肉体のダメぶりが逆に効果的。ことばの反復が音楽に発展するのは、初期エレキコミックにも共通。
夜ふかしの会。今日の出演者で、鹿殺しともっとも親和性が高いのはここでしょう。笑いが表面的なところでとどまっているような。
ここから後半。
宇宙レコード。演劇ではなく、完全にバンドスタイルで音楽ライブを。これはこれで賢明。音楽的には、グループ魂などよりもずっと面白いのではないか。小林顕作の自嘲気味なMCにも好感。
毛皮族。なんと、江本純子、和倉義樹、高野ゆらこの3人のみ。激安大川興業みたいな。がっかりだけれども、ま、本公演を控えているので仕方ないか。タッキー&翼で始まり、あとは持ち歌連発。「クレイジージュンリーバンバン」「舞・舞・舞」「すりガラスの20代」「ワンダフルワールドロケンロール」。毛皮ファンならば楽しいが、今日、初めて観たようなひとはどう思ったか。
劇団鹿殺し。たっぷり50分。物騒なのは劇団名だけで、その正体はなにからなにまで明るく健全。根っこにあるのはおそらく性善説で、好意を強要するような態度が無意識ににじみ出ていてうっとうしい。歌と芝居の技術は妙に安定しているのだが。
エンディング、出演者全員登場で「世界にひとつだけの花」を大合唱。
あからさまにテンションが低い毛皮族の3人が気になって気になって。善良な空気になじめない江本純子の仏頂面がたまらなくかっこよく、これを目撃できただけでも今日は来た甲斐があったと満足する。

帰宅。
特になし。






Last updated  2006年12月17日 10時39分26秒
コメント(0) | コメントを書く
[演劇 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.