2079405 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月

Category

Favorite Blog

稀勢の里引退(モン… 越智 健さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…
 野口裕子@ 横浜野毛大道芝居2018復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBメンバーの一人…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009年04月05日
XML
カテゴリ:お笑いライブ
今日も無職。

午後、目黒へ。

誕生八幡神社、「お笑いセメントマッチ」。
昨日、佐藤ろまんさんからお誘いを受けて、急遽、招待券で観させてもらうことになった。もともと仕事で行けるはずじゃなかったから、このお誘いがあるまですっかり忘れていたのだが、ヒマな身だとこういうときにすぐ動けるのでありがたい。
開場時刻に、会場入り口で待ち合わせ。
ろまんさんとはずっとネット上、つまり、電脳空間だけのお付き合いで、このブログを初めてすぐのころにはもう出会っているから、5年来のヴァーチャルな関係ということになる。ついに、ようやく、リアルろまんさんにお会いできるという思い。
まぁ、過去にニアミスは何度かあり、ちらっとお見かけしていたのでどんなひとかはだいたいわかっていたのだけれども、むしろ、ろまんさんから見た僕はどんな感じだったでしょうか?
そんなことより「セメントマッチ」。
花見に取られてしまったか、客席はかなり淋しい状況のまま開演。
チャーチル。トップに、サンミュージックの新人。エンディングで明かされたが、「ブッチャーチルドレン」で、略して「チャーチル」なんだって。
以下、レギュラーメンバー。
負組〆さばアタルベン村さ来負古太郎のトリオ漫才。ベン村さ来、負古太郎は視線が泳いでしまうのだが、〆さばアタルは視線がしっかりと定まる。この3人では、アタルだけがプロの漫才師なのだ。いつまでこの暫定的なグループをやるつもりなのだろうか、アタルの漫才師としての能力をこのまま埋もれさせているのは非常にもったいなく感じる。
せーじ・けーすけ。このコンビだけはずっと続いていて、それだけでも良い匂いがある。続けることは大事だ。客の淋しさに空回りする部分も含めて進めていくあたり、とても手馴れた感じ。
一度は売れ隊寺田体育の日玉置ピンチ!のコンビ。ここも暫定的なものかと思っていたら、けっこう長く続いている。寺田体育の日の原因不明の明るさ、豪快さが、あたりをねじ伏せるような魅力を放っているが、玉置の屈折した暗さとはどうも不釣り合いだ。むしろ、寺田体育の日ひとりのほうがなにかほかにやりようがありそうだけれども。ズボンのポケットの片方がぱんぱんに膨らんで、そのために股間が歪んでいたのが気になった。ポケットにはなにが入っていたんでしょう。
エルシャラカーニ。ついにこの深い位置の出番。いよいよ、このライブのエースだ。客が少ないから笑いが起きにくかったが、でたらめぶりはかなりのもの。ある種のマクガフィン的な、実体のはっきりしない話を転がしていく山本しろうには、他者には意味不明だが本人のなかでは破綻のない、強固な論理が横たわっている。ボケを故意的なものとして処理していてはおそらく限界があるだろう。爆発まではもう一歩だ。
ゲストコーナー、「春風亭勢朝の楽屋噺スペシャル」。聞き手、ベン村さ来。落語をやるのかと思ったら、トークだった。まぁ、勢朝師匠はどちらでも同じようなものだけれども、このスタイルだと、持ちネタだけで終始しないという良さはある。前田隣、松村邦洋、先代林家正楽、林家ライス・カレー子、林家ペー・パー子、川柳川柳、柳家小三太。知る話、知らない話、たっぷり。これはもう、いくらでも聴いていたい。
最後に、レギュラーメンバーが順に登場し、勢朝師匠に挑戦する楽屋噺を。ビートたけしからパペットマペットまで。

終演後、憧れの佐藤ろまんさんと会食へ。

ガスト、厚切り焼肉のビビンバご飯。
「佐藤けろまん」という名を初めて目にしたのは「キンゴロー」だったのかな。学生のころから雑誌で名前を目にしているひとと食事をすることになるとは、なんとも不思議なものだ。
ろまんさんに対して日頃から思っていること、例えば、「アックス」の連載を書籍化して欲しいとか、ろまんさんと小林信彦は守備範囲がほぼ同じだとか、「さまぁ~ずの悲しいダジャレ」はネタ本としてはエポックメイキングなものだとか。
大川興業、ブッチャーブラザーズの本を、是非、作ってくださいと熱望。絶対、裏“お笑い”史として貴重な資料になるはずなのです。
その他、笑組や堀越のりについて。
4時間ほど、滞在。
  

目黒駅でお別れ。

ドリンクバーの飲みすぎで、しゃっくりが止まらなくなる。

まっすぐ帰宅。

胃の調子が良くない。
すぐ寝る。






Last updated  2009年04月09日 13時17分49秒
コメント(6) | コメントを書く
[お笑いライブ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.