2301292 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Category

Favorite Blog

ブログ「一時中止の… 陳平さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009年08月17日
XML
カテゴリ:テレビ その他
爆笑問題のニッポンの教養」スペシャル、「表現力!爆笑問題×東京芸術大学」。2009年8月17日放送。

菊地成孔「わたし、ジャズやってんですけど、あのう、さっきずっとお話になってた、権威の問題だと思うんですよ。最初、権威的なものが、だんだん、下位権威というか、最初は外道だったものが流行んなって、権威が上にあがって、で、外道だったものが、さらに外道だったものが上にあがって、さらに外道だったものがっていう。で、僕が思うに問題は、例えば今、太田さんがおっしゃってたような、クラシックはもうキャンプだから、キャンプってのはもう古臭い権威ってことだけど、キャンプだから誰も聴きに来ないってことじゃなくて、尊敬してると思うんですよね。僕、ジャズやってますっていうと、ジャズなんか聴いたことないひとが『わぁ、すごいですね、素晴らしいそれは』って言うんですよ。だから尊敬してんの。してるんだけど、聴きに来ないっていうような状況があって、たぶんそれ、クラシックもそうで、『いやぁ、すごいですねクラシック』っつって。『クラシックやってんの? だっせー』ってあんまり言われないと思うんです。逆に尊敬されたまま生殺しにされてるような状況だと思いますよ。」「そこで話ぐるぐるまわっちゃうんだけど、えーと、ときおり談志師匠が地上波に出るってことがあるようなインパクトによって、あ、やっぱり本当のミドルはすげぇんじゃん、っていうような、えーと、要するにレコンキスタっていうか、失地を回復するような感じで、っていうことしか今んとこ考えらんないですよね。けど、われわれが思ってるよりもコンピューターのアーカイブってのは強くて、じゃあ、談志師匠の片鱗をね、芸の片鱗を、ちょっとYouTubeで観てみようってことになったら、まぁ、昔に比べるとだいぶ観れる。」

学生の質問に応えて、太田光「われわれの、さっきのね、新人のお笑いのやつらっていうのは、今、1分ネタっていうのがもう主流なわけ。そうじゃないとチャンネル変えられちゃうから。観てくんないの、それこそね。そうすると、1分にしろって言われるわけ。インチキみたいなプロデューサーがいっぱい出てきて、あれ削れこれ削れって言われるわけ。それでも、10分、20分、1時間のライブに、本当は観せたいんですよ。でも、すごくそれはプライド傷つくんです、われわれでも。でも、そこでやっぱり大事なのは、そのジャンルが大好きっていう気持ちと、平気でそのジャンルを、乱暴なものにいじくられても、いいよこれ、っていう、それが両方必要な気がしてるわけ。」「われわれ『ボキャブラ天国』って。ね、『ボキャブラ天国』って番組で、まぁ、一般的には知ってもらったんだけど、あれなんかダジャレですよ。で、当時、プライドで、あんなものやらないって言ったやつはいっぱいいたんです。あのう、なんつうか、使い捨てみたいなところで、やってられるかっていう気持ちがあった。だけど、それは、そういう局面くると思うんだよね。つまり、レコードを出す、CDを出すときに、レコード会社のやつらが、ちょっとこれジャズ入り過ぎちゃってっから、もうちょっとわかりやすくしてくんないみたいなさ。自分のジャンルをひとに知ってもらいたいけど、そのために魂売んなきゃなんない局面が、プロとしての、なんつうの、やってくうえでは、絶対にあると思うんだよね。誰しもあったよな、そんなこと。だからそんときに、どれだけ突き放せるか、そのジャンルを。漫才師って呼ばれなくたってかまやしないよ、ジャズミュージシャン、お前は単なるポップス奏者だって言われても、いいもんあたし、っていう、俺は逆にそっちのほうが、守ろうっていう気持ちよりも、もしかしたら必要になってくるかもしれない。と思うんだよね。」

菊地「今、太田さんが言う共通語ってのはマスメディアのことに聞こえちゃうんですよね。」「その感じは、テレビが中心にあるって世の中の考えかただと思うんですよ。そのぉ、インターネットももう、ちょっとした奇妙なおもちゃじゃないですよね。あのう、ひとつのマスメディアになりつつあることは確かで、えー、批評もされるし、場合によっては作品を加工もされるし。だから、その流れのなかで、テレビが中心にあるっていう一種の信仰みたいなね、それが変わればもう世の中変わるわけで、具体的にもう変わりかけているっていうなかでの大学生だと思いますよ。」

菊地「今、こうやって一緒に話せば、爆笑問題のおふたかたも、みんなも、表現者という意味ではおんなじだっていうテーブルに座りますけど、いちばんの違いは、テレビを主戦場にしているひとと、そうじゃないひとっていうかたちになってて、太田さんが言ってるいろんな説ってのは、テレビを主戦場にしてるとそういうふうになってくんのかなっていう聞こえかたがある。で、先生がたが言ってることは、芸大にいるとそういうふうになってくんのかなっていうことで、結局、そこの戦いじゃないけど。」

菊地「僕が思うのは、生々しさっていうのはどんどん増してると思う、かえって。パソコンなんかによって。今日だって、生まれて初めて、テレビでいっぱい観てるけど、初めてこの至近距離で田中さん観るってことでちょっと興奮してるわけですよね。その、生々しさがあるわけ。で、その生々しさも、じつはそんなに保たないんだけど。2時間ぐらい経っちゃうと、もう、ああ、テレビで観てるあの感じだっていうふうに戻ってきて、ちょっともう今、眠いんですけど。(笑) 暑さもやられちゃって、あるんですけど。だけど、オルガンもそうだし、クラシックもそうだけど、うーん、漫才もそうだし、もう、ジャズもそうなんだけど、いざ聴いたらすごいね、生々しいね、っていうのは、10年前、20年前より、はるかに上がってると思うんですよ。マスメディアが発達したおかげで。だから、どんなもんでも今、もうチャンスないかもってみんな、オルガンのひととかね、油絵のひととか、チャンスないかもって思ってるかもしんないけど、生々しいのを観せれば絶対動かせるんだって自信はみんなあると思う。で、追い詰められてるだけに、一発逆転の可能性は上がってんだっていうふうに考えたほうが、希望はあんじゃないかなと思うんだけど。」

 






Last updated  2009年08月25日 15時35分37秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.