2280061 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009年08月23日
XML
カテゴリ:演劇 その他
午前中、日記加筆。

CD。
電気グルーヴ「20」、聴く。
うーむ、期待とはちょっと別の方向だったかな。これは別項で。

午後、渋谷へ。

歩いて原宿へ。

小雨、降り始める。
ビニール傘を買おうか迷って、ちょっとだけ竹下通りのダイソーへ向かったけれども、人込みが激しくて引き返す。

代々木公園。

公演の入り口に、リーゼントの集団。
ラジカセでロカビリーみたいな曲を流して、輪になって踊っている。外国人観光客たちが興味津々で写真を撮ったり。

代々木公園には初めて来たけど、すごく広いんだな。
公園の地図を見ると野外ステージがある。おそらくここだろうと思ってそちらへ。

ギターを弾く路上ミュージシャンもちらほら。

途中、薬物乱用防止のキャンペーンのひとたちが運動中。
時節柄か、このイベントに合わせてのことか。小冊子を配っていて、2部受け取る。

BBOY PARK」。
B-BOYでもなんでもないけれども、昨日、「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」で知って、ふらっと寄ってみたくなった。

BBP手前から
BBPステージ
BBPテント
BBPダンス
BBP歩道橋から
BBP全景

あまり下調べもせず、よくわからずに来てしまったので雰囲気だけ。次回からはちゃんと気にしておこう。
上手くいけば「第三会議室」を観れるかなと思っていたのだが、間に合わなかった。
このあと、ZEEBRAらのライブがあるようだが、あとの予定があるので移動する。

原宿駅へ戻る。

外国人のおばさんから、「黙示録が予言していた現代のテクノロジー」というビラをもらう。

原宿駅から山手線。
池袋へ。

池袋西口公園。

コンドルズにゅー盆踊り」。
1時間ほど、早く到着。まだ準備中のようなので、時間つぶし。

にゅー盆踊り・準備中

東京芸術劇場前。
仮説の劇場が作られていて、演劇を上演中。
東京芸術劇場前

日高屋、野菜うま煮つけ麺。

マクドナルド。

再び、池袋西口公園。
すっかり、ひとが集まっている。もちろん、コンドルズなんてまったく知るはずもなかろう、たまたまこの場に居合わせただけのギャラリーもたくさん。
スタッフがうちわを配っていたので、近づいていただく。

にゅー盆踊り・ステージ

近藤良平を始め、コンドルズのメンバーが登場。
しかし、全員が登場するわけではないのだな。
にゅー盆踊り・ステージ2

まず、「にゅー盆踊り」の振り付けをレクチャーするところから始まる。
このイベント自体はどこかの芝居の折り込みチラシで知ったのだけれども、ここに至るまで、参加者を募集して数回のワークショップを行っている。だが、当日に飛び入り参加もOKで、すでに振り付けを知っているひとたちと、ここで初めて振り付けを知るひとが混じっている状態。
僕は踊りには参加せず、外野から見物のかまえ。
にゅー盆踊り・やぐら

むむっ、右端でやぐらを観ている人物はもしや…、
にゅー盆踊り・平口広美が観る

この後ろ姿は…、
にゅー盆踊り・平口広美を発見

平口広美
にゅー盆踊り・平口広美の背中

顔も確認したが間違いない。落語の会場ではたまにお見かけしますが、池袋演芸場の帰りかしらん。

あたりは徐々に薄暗くなってゆく。
にゅー盆踊り・やぐら2
にゅー盆踊り・やぐらアップ

そして、盆踊りが始まる。
にゅー盆踊り・踊る1
にゅー盆踊り・踊る2
にゅー盆踊り・踊る3

幼児的でコミカルな、可愛らしい動きがたくさん。輪になって、隣りのひと同士で接触するような場面もある。これなんかはむしろ、フォークダンスの感じだ。
しかし、考えてみたら、盆踊りというものをこれほどじっくり観ることも今まではなかった。「にゅー盆踊り」どころか、普通の盆踊りってどんなだったか、説明しろと言われるとちょっと悩む。日舞的な、様式美で踊るものが主流、のようなイメージだけれども、阿波踊りなんかは激しいが、あれなんかは盆踊りとは違うのだろうか。いざ考えてみると、盆踊りとはこんなにもわからないものだったかと愕然とする。

にゅー盆踊り・全景

ワンセット終わって、ギャラリーが増えてきたのでまたレクチャーが始まる。本番当日はただ踊るだけかと思っていたけれども、なんだか、ここでもワークショップを続けているかのようだ。
本当は参加してこそのものだろうが、観ているだけではちょっと飽きるなぁ。
ほどよいところで退散。

たまにしか来ない池袋だが、すぐに帰る。

西条昇「東京コメディアンの逆襲」、読了。光文社文庫。
親本は1996年刊、文庫本は1998年刊。親本は発売当時に買って読んでいるので、再読になる。しかし、忘れてることが多かった。
「ボキャブラ天国」で東京勢が盛り返してきた時期に書かれた本で、そういう意味ではバランスの悪い本なのだが、漫才ブームの時代から、お笑いライブが誕生するまでの端境期にあたる時期のことが詳しく書かれていて、とても面白い。ヒントをいろいろともらえた。
東京コメディアンの逆襲

帰宅。

ラジオ。
録音しておいた「キラ☆キラ」木曜日。ゲスト、石野卓球。
ついでだから、これも別項にまとめておこう。






Last updated  2009年08月31日 11時47分58秒
コメント(0) | コメントを書く
[演劇 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.