2387492 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

Category

Favorite Blog

46:一眼(いちが… New! 越智 健さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009年11月09日
XML
カテゴリ:落語家
1日中、ほぼ自宅。

最近、ブログのアクセス数がやけに伸びているので怖い。
これ、1アクセスにつき10円取ったら充分生活できるぜ。いや、1アクセス1円でも小学生のこづかいぐらいには…。

YouTube。
“お笑い第三世代”と呼ばれる、ウッチャンナンチャンの横並びにいたひとたちを確認したくて映像を探していたのだが、ABブラザーズパワーズちびっこギャングのコントはあるのに、B21スペシャルのコントが見つからないのは由々しき事態だ。
このあたりのひとたちが、のちに流行する“シティ派コント”のルーツであると思うのだが、それはいずれきちんと考えたい。

夜、ひと駅隣りまで散髪へ。

QB HOUSE。
おそらく、今年最後の床屋になるだろう。
床屋の店員がタカソウ風。

古本市場。
100円本、2冊購入。小林秀雄、三木のり平。

テレビ、あれこれ。
◆NHK「三遊亭円楽さんをしのんで」。
スタジオには司会の水谷彰宏アナだけで、あとはVTR。楽太郎、円蔵、神津友好、歌丸のコメントがあったが、やはり、どれも神妙なトーンで、そんなに面白い話は出ないのだけれども、まぁ、それはしかたがない。
あとは、落語協会分裂のときと、引退記者会見のときの映像。テレビ局の映像というものがどのように管理されているものなのか知らないが、こんなニュース映像しか出せないものなのか。NHKだったら、「花の落語家五人衆」の映像なども観たかったのだがな。
最後には「浜野矩随」を30分まるまる放送。「日本の話芸」からのものだろう。円楽の落語を意識的に観たことはあまりなかったが、噺の内容がとてもわかりやすく伝わってくると改めて感じた。矢野誠一が書いていた「演じるより、伝える」ということか。
◆「笑点」円楽追悼。先週も特番があったが、今週はレギュラー放送内で。こん平も加わり、メンバーで思い出話。
出てくる映像はこちらもまるで面白くなかったのだが、メンバーの話はなかなか良かった。「ボクらの時代」と重複するエピソードも。
たい平「あのう、司会も緻密でしたけども、落語もやっぱり円楽師匠は緻密でして、安田生命ホールでの落語会の出来事なんですが、『目黒のさんま』という落語を演じてたとき、殿様が、狩りにね、野掛けに出掛けたときに、庶民が食べるさんまを食べて、初めて食べて美味いっていう、その、美味いっていうシーンのところでですね、『いやぁ、こんな美味いものがあるのか』というのを、『こんな不味いものがあるのか』、って言ってしまって、お客さんも楽屋も、これからどうするんだと思ったときに、普段、殿様って1匹しか食べませんよね。なのに、何匹も食べ続けてですね(笑)、『いやぁ、何匹も食べてると、美味いもんがあるねぇ。』(笑)って言いながら、最後は強引に、『目黒のさんま』、もとに戻したという。」
楽太郎「まだひとことならね、そういうカバーができるよ。『目黒のさんま事件』はね、もっとすごい大きいのを知ってる。『目黒のいわし事件』。(笑) 普通はさんまでなきゃいけないのにね、あのう、農家がね、いわし出してきちゃった。『いわし』っつっちゃったんですよ。『目黒のいわし』んなっちゃった。食べて、最後までいわしで通して、『このいわし、どこで求めた。』『本場房州にて。』『それがいかん。ん…、いわしは…、目黒にかぎる!』(笑) そいで、『題名はどうしましょう?』『目黒のいわし!』(笑)」
歌丸「そいでね、思い出したけどね、やっぱりね、タバコを吸う…、なんの噺だったか忘れましたけどね、ま、われわれこうやって(扇子をくわえて)タバコ吸いますよね。扇子忘れちゃったん。ね、円楽さん。どうすんのかなって思ったらさ、手ぬぐいこうやってやってね(まるめて)、こうやって(くわえる)。カポネだよ。(笑)」
楽太郎「名作の『芝浜』、特にこの追悼ではやはりね、『芝浜』で終わったっていうんでね、あのう、みなさんそう思ってますけども、細かい間違いはいっぱいありましてね。えぇ、もう、この際だから言っちゃいますけどね、旅先だったんです。『芝浜』へ入ったんです。ソデでじーっと聴いてたんですよ。そしたら、うちを出て、河岸へ行くシーンで、『おうっ、行ってくるよ。ああ、寒い。世間は白河夜船、こんな朝早く、商い行かなくちゃいけねぇ。魚屋なんかなるんじゃなかった』ってこれが普通ですよ。『ああ、寒い。こんな朝早く出掛けなきゃいけねぇ。噺家なんぞなるんじゃなかった。』(笑) その日ねぇ、うちを出たの早かったんですよ。ね、毎朝早く、日本全国まわってるん。だから、了見だったんだろうね。朝早いの、イヤなんだよ。」
番組後半は「円楽さんを送る大喜利」。これもよくわからない。
◆「ガキの使いやあらへんで」、「ハイテンション ザ・ベストテン」。
響・小林が人間ポンプを、新宿カウボーイ・かねきよが空き缶をハゲ頭に貼りつける芸を披露。これはどちらも南部虎弾の持ちネタだ。南部虎弾がここに出ればひとりで足りるのに。
◆「SMAP×SMAP」、ゲスト・明石家さんま。
中居「こないだ、まぁ、さんまさんに言うのもあれですけども、三枝さんの落語を観に行ったんですよ。なんかいつも、さんまさんの真似ばっかりのイメージがあるんですよ、三枝さんて。あのひと、すごいじゃないですか。バカにしちゃダメですよ。」

ラジオ。
大岩賞介のラジカントロプス2.0」、ポッドキャストで。





聴き逃してしまったのだが、「伊集院光 深夜の馬鹿力」では、円楽の通夜に行った話をしていたようだ。
放送が終わってからTwitterで知った。残念。




(あとで加筆修正します。でも、たいしたことは書きません。)






Last updated  2009年12月13日 23時06分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[落語家] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.