2327707 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009年12月05日
XML
カテゴリ:映画 その他
午前中、ラジオ。
永六輔その新世界」をつけてみたら、永先生、ほとんどビーグル38みたいなことになってきている。
つぎの時間の番組とのクロストークで、久米宏「声出てないですけど大丈夫ですかね」と核心を突きすぎる発言。

活動弁士の片岡一郎さんからメールが届く。
12月13日にクロアチアで公演があるそうなのだが、一昨年のクロアチア、昨年のドイツ公演に続く、3年連続海外公演という快挙にもかかわらず、なかなか世間に知ってもらえないという嘆きがつづられてあった。
そういうことならば、微力ではあるがこのブログで書かないわけにはいかない。
片岡さんとはそもそもなにで知り合ったのかといえば、今から5年前、僕らがやっていた素人落語会に、片岡さんがお客として現れたのが最初だ。もちろん、素人の僕らを観にきたわけではない。そのときはゲストで志らべさんに出てもらっていたのだが、志らべさんと片岡さんが友だちなので、たまたまこの会の存在を知って観にきたというだけのこと。思い返してみれば、そのときのお客の数は片手で足りる程度のもので、やってる最中は誰だかわからなかったが、そのうちのひとりが片岡さんだったのだからなんとも恐ろしい話だ。
片岡さんは打ち上げにも参加して、それがつきあいの始まり。その4ヵ月後には、この素人落語会のゲストで出ていただいた。それからずっと、そんなに濃いやりとりがあるわけではないが、仲良くさせていただいている。
片岡さんは1977年生まれ。2002年に澤登翠先生に入門している、澤登先生の一番弟子だ。
澤登翠という名は、談志師匠の著書「談志百選」で知っているというかたもいるでしょう。そこから引用すると…、
「最後の「活動弁士」といわれた、故松田春翠の弟子である。/師匠の松田春翠は上手かった。家元は、彼の語る「己が罪」(確か丸山定夫か……)の語りに涙したことがあった。/映画の内容ではない。“春翠の話芸に”であった。」
「そんな頃か、春翠主催の無声映画の会で、前座を務めた若き彼女の説明を聞いた。画像は、唯、昔の東京だかの町を撮した、というだけのもので、つまり現代いうスケッチだ。/この何でもない、何のドラマも主題もない画面を説明している若い娘にセンスを感じたのだ。」
「沢登翠は過去の名人、上手、とリアルタイムに過ごしてはいない。けど、センスがよけりゃ、芸の取捨選択は出来るから、新しき己れの技芸は創れる。まして弁士が消滅をし、過去の全盛が一般に判らなくなったことも彼女にとっては利点であったろう。」
「一口でいうと素直な説明で、逆にいうと己れがない。昔なら売れなかったろうが、現代のメディアではそれが逆に幸いしているのだ。」
(※ 「/」は改行箇所。)
  
ちなみに、一般的には「活弁士」と呼ばれることが多いけれども、歴史的にはこれは誤用であるらしい。片岡さんは「活弁士」という呼称は使わない。「活動弁士」、もしくは、「弁士」と名乗っている。もし仮に、「活弁士」と名乗って活動しているものがいたら、それはインチキと思って良いのかもしれない。
片岡さんは無声映画に関する資料も多く所蔵していて、最近出版された「徳川夢声の小説と漫談これ一冊で」という本には、音源を提供しているそうな。

クロアチアの公演は「FILM MUTATIONS:THE FESTIVAL OF INVISIBLE CINEMA」という映画祭のなかの催しで、小津安二郎監督生れてはみたけれど」を口演するとのこと。12月13日、会場はザグレブ美術館。旅費と時間さえ惜しまなければ、けして行きにくい場所ではないだろう。僕もほかに用事がなければ、会場へちょっと寄ってみようかと思います。


片岡さんに返信メール。
せっかくなので、Twitterを猛烈におすすめしておく。

テレビ。
「爆笑レッドカーペット」ロケ企画スペシャル。
「芸人あいのり」の企画でロケット団倉本が大活躍。ラブワゴンのなかでの会話がどうしてもボラれた話になってしまったり、キャンプファイヤーが引火したもう中学生のダンボールを自前のジャケットを使って消火したり、バービーの告白を断わるのに土下座して謝ったり。
漫才協会の風はまだまだ止むことはない。

YouTube。
昨日放送「お笑い芸人どっきり王座決定戦」の、ナイツの解散どっきりがTwitter上でやけに話題になっているので、さっそくYouTubeで確認を。
わずか20分弱の映像だけれども、なんなんだ、この吸引力は。これを観てしまったら、今年の「M-1」はナイツが優勝でいいよという気になる。間違いなく、今年いちばん感動した映像。2番目は「グラン・トリノ」。






Last updated  2009年12月12日 07時13分19秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.