2296470 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

Category

Favorite Blog

ブログ「一時中止の… 陳平さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2010年08月20日
XML
カテゴリ:映画 その他
午前中、海老名へ。

TOHOシネマズ海老名、午前十時の映画祭ワイルドバンチ」。
海老名はうちの住まいからは西にあたる。西部劇を観るために西へやってきたというわけだ。本当は馬に乗ってきたかったが、馬がいないし、乗馬の経験もないので、しかたなく相鉄線に乗ってきた。
直前に着いたらチケット売り場が混んでいて、カウンターまで来たときにはもう上映開始時刻を過ぎていて、「場内暗くなってますので、通路脇のご案内になります」と案内された。
でも、あいだにひとがいなければ真ん中の席でもいいだろうと思って、「空いてる列はありますか?」と訊いてみたのだが、いまいち意味をわかってもらえない。まず、J列を案内されたのだが、後ろすぎると思ってほかの列を訊くと、つぎはC列だという。C列のほうがましかと思ってこっちを選んだら、その瞬間に別のカウンターで買われたようで、結局、B列になった。
で、なかに入ったら、埋まってるのは通路脇ばかりで、真ん中のほうはいっぱい空席があるのだ。
チケット売り場は混んでて、店員さんもテンパリ気味だったからあんまり細かく訊けなかったのだが、店員は指導されたとおりに真面目に働いてるだけだからしょうがない。TOHOシネマズにかぎらずだけれども、どういう馬鹿なマニュアルを作ってるのか。

「ワイルドバンチ」は一度テレビで観たことがあるけど、どうも小さいテレビで観るようなもんじゃない。こういう大画面で観るべき名作を、初見をテレビで済ませてしまうのはもったいないとつくづく思うようになった。
では、劇場で観直した「ワイルドバンチ」は素晴らしいかというと、これが思いのほか、ぴんとこなかったりするのだな。こちらの鑑賞眼に問題があるのかもしれないが、名作は名作ゆえに、のちの多くの模倣を先に知ってしまっているから、名作なんてこんなものかと思うことはわりと珍しくない。
逆説的になるが、過去の名作を観ることで、名作はそれが名作であるとわかる前に、劇場公開時に観るべきだと改めて思うのだ。
ワイルドバンチ(特別版)

ワイルドバンチ(特別版)

価格:1,890円(税込、送料別)



麺屋いろは、ブラックつけ麺。
映画半券で餃子サービス。

一旦、帰宅。

夕方、桜木町へ。

MD、こころ。

伊勢佐木町。

ブックオフ。
100円本、3冊。糸井重里、渡辺和博、井狩春男。

ミスタードーナツ。

関内から帰る。

深夜0時、帰宅。

テレビ、あれこれ。
◆「うぬぼれ刑事」7話、ゲスト女優は小泉今日子。小泉今日子がじつに素晴らしい。魅力全開、なにもかもが絶品だった。44歳、今、女優としてピークといっていいんじゃないだろうか。
◆NHK「終電。」。深夜の街の映像を観ながら松尾スズキと小泉今日子がしゃべっている、本人たちは画面には出てこない、ラジオのような変わった番組。
キョンキョン×クドカンから、キョンキョン×松尾スズキという流れ。さながら、今夜はキョンキョン祭りだ。ちなみに、落語協会のキョンキョン×麻丘めぐみだったらしい「キンキラ金曜日」は聴いてません。






Last updated  2010年11月30日 18時08分18秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.