2296293 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

Category

Favorite Blog

ブログ「一時中止の… 陳平さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2010年10月26日
XML
カテゴリ:映画 その他
休日。

昼、日ノ出町へ。

翠葉、牛肉玉子定食。

黄金町へ歩く。

シネマジャック&ベティ、「爆音映画祭」。先週に続いて。
3回券を買ったのであと2回、森一生監督「四谷怪談 お岩の亡霊」、野村芳太郎監督「八つ墓村」を続けて鑑賞。
先週のボアダムズの映画で爆音上映を初体験して、確実に耳がおかしくなることを覚悟して観に行ったのだが、今日はそんなことにはならなかったちょっと拍子抜けした。用心してやや後方の席に座ったんだけど、そのせいでもないだろう。
音楽映画と劇映画ではやっぱり違うのだろうか。低音が、ぶわわわわぁーっと響いてくる感触とか、あれなんかは爆音上映ならではの気持ち良さという気もする。それとも、むしろ、これが映画本来のかたちなのだろうか。例えば3D映画のように、作品に新しい要素をプラスするようなことではなく、作品から失われていたものを修復しているだけのようにも思える。まぁ、まったく素人の考えなのであてにはならない。
爆音はともかくとして、「四谷怪談 お岩の亡霊」も「八つ墓村」も、初見だったので映画そのものの面白さはとてもあった。
「四谷怪談 お岩の亡霊」は高い美意識に貫かれている映画だった。あらゆる場面が額装して飾れる。すみずみまで、クールで美しい。
対照的に、「八つ墓村」は暑苦しくて汗臭かった。上映時間も長い。ただ、この映画は先にさまざまなパロディを観ているので、これがそのネタ元かと確認していく楽しみもあった。
四谷怪談 お岩の亡霊 【DVD】

四谷怪談 お岩の亡霊 【DVD】

価格:4,442円(税込、送料別)


八つ墓村

八つ墓村

価格:3,591円(税込、送料別)



最初の考えでは、今日は1日中、このあとの「ゼイリブ」も「カリガリ博士」も観ようと意気込んでいたのだが、2本観た時点でなんだかあんまりぴんとこないので、これだけでやめることにした。
作品の選択を間違えたかもしれないが、「爆音映画祭」の醍醐味を知るのはつぎの機会ということにしよう。

伊勢佐木町。

なぎさ書房。
あとから入ってきたひとが中原昌也に似てたんだけど、あれはそうだったのだろうか。
いや、なんか髪型が違ったのであんまり確信が持てなかったのだが、「爆音映画祭」に来ていてもまったく不思議ではないし、というところで、その可能性が捨て切れない。

ブックオフ。
李小牧「歌舞伎町より愛をこめて」が「歌舞伎」の棚に差してあった。
珍しく、100円でない本ばかり3冊買う。吉田豪、前田塁、川井拓也。

サンマルクカフェ。

関内から横浜へ。

ジョイナス。
新星堂。「東京かわら版」、購入。

西口。

はなまるうどん、肉汁つけ麺。

帰宅。

日記更新をほそぼそと。

どういうわけか、からだがダルい。早めに眠る。
急に寒くなったせいかもしれない。






Last updated  2011年02月18日 03時28分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画 その他] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.