2326002 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013年07月17日
XML
カテゴリ:
早起き。

早朝、母親が留守のために犬の散歩を。

近所の駐車場2013年7月

午前中、ツイッターに昨日のことを。

今日も涼しい。

梱包作業。

外出。

小雨。

クロネコメール便、5点。
ゆうメール、1点。

京浜急行で日ノ出町。

吉野家、牛カルビ丼の小盛。
食欲が中途半端。

エル。

古本屋に寄りたいと思っていたが、小雨で萎える。

イセザキモールを関内方面へ。

有隣堂、新刊チェックなど。

桜木町まで歩く。

ランドマークプラザ。

マクドナルド。
雑務、3時間。
といっても、仕事はそっちのけでこつこつと日記を更新していた。

ここしばらくは書きかけばかりで、なにも考えずにすいすい書ける事柄しか書けていない。
エバーノートのほうに下書きをして、それをコピペするという書きかたを最近はしているのだが、エバーノートに書きかけのものがどんどんたまってしまっている。
以前はメールにためていて、それ以前は、ブログの「下書き」にためていた。
ブログの「下書き」がはるか昔に容量に達してしまったので、書きかけのままでばんばんアップしていくという現在のかたちになっている。
将来的にはすべて埋まることになっているので、はるか未来に読んでいるひとにとっては、ここに書いていることはおそらく意味がわからないはずだ。

場所を移動。

みなとみらい。

サンマルクカフェ。

樋口毅宏タモリ論」、読了。新潮新書。
いやぁ、じつに変な本だった。まえがきで、偉大なお笑い論クラシックとして「日本の喜劇人」が挙げられてるけど、同じ小林信彦なら、志ん生・志ん朝親子への偏愛に貫かれた「名人」と並べたい。妙なバランス感覚で、妙な勢いがある本。このあたりは小説家の技という感じがする。
新書だからといってアカデミックな本ではぜんぜんない。そこでどうやら誤解する読者がいるようだが、むしろ、かつてのカッパ・ブックスやKKベストセラーズあたりで出していれば、そうとうチャーミングな本になったんじゃないかという気がする。怪しい記憶を怪しいまま書いているところなどは、あまり真剣に読まれすぎては損ではないか。お笑いを語る野暮を避けても、読者はそうはいかないだろう。ゴシップ的好奇心を満たしてくれるという意味でも面白い本。もっとうさんくささがあればいいのにと思ったが、著者の意図はそこにはないのだろうか。
ついてにいってしまえば、新潮新書っていうのは「バカの壁」や「国家の品格」のようなライトな路線で当てたところだ。「タモリ論」みたいな本が岩波新書や中公新書から出たら驚くが、新潮新書から出るぶんにはなんの問題もない、というのが僕の思うところ。あるいは、「バカの壁」や「国家の品格」も教養新書と思ってる人間が多数いるということか。
「タモリ論」に自分の名が出てくると知ったときは、てっきり、ブレイクマックス」のブログに書いたコラムのことで出てくるのかと思った。これも、評論家でも研究者でもない人間がお笑いを語ることのジレンマから、ふざけたパスティーシュにさせてもらったのだ。
【送料無料】タモリ論 [ 樋口毅宏 ]

【送料無料】タモリ論 [ 樋口毅宏 ]
価格:714円(税込、送料込)



TSUTAYA。
105円本、4冊。井伏鱒二、辰巳芳子、高田純次、穂村弘。
CD、1枚。UA。

歩いて、横浜東口まで。

「AERA」の「あまちゃん」特集を確認したいと思ってるのだが、コンビニはどこも見つからない。

電車でマンガ。

長尾謙一郎PUNK」2巻を読む。
順調に面白い。編集長のくだり、痛烈。物語の展開と連載時期とのシンクロを気にしながら。


深夜1時、帰宅。

ツイッター。

アマゾン登録作業。

せっかく涼しくて仕事をするには好環境なのに、眠くなってしまう。

7月17日のツイログ






Last updated  2013年09月02日 01時45分27秒
コメント(0) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.