2301513 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Category

Favorite Blog

ブログ「一時中止の… 陳平さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013年07月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
少しの睡眠で早起き。
完全に寝不足になってしまった。

梱包作業。

午前中に外出。

クロネコメール便、5点。

横浜東口。

郵便局。
ゆうメール、1点。

京浜急行で品川。

山手線から総武線。

電車のなかでなんとかだいぶ眠れた。

両国。

コンビニでパンとオロナミンCを買って、立ち食い。

お江戸両国亭、「山崎屋リレー口演」。
信頼と実績の落語天プロデュース公演。いろいろと意欲的な公演をやっていて、そのうちうかがわなければなぁとは思っていたのですが、今回、縁ある天どんさんの登場ということで、このタイミングで観ておこうと思った。
開演時刻ぎりぎりに到着。ほぼ満員の客席、後方に着く。

蜃気楼龍玉強情灸
三遊亭天どんスイカ泥
仲入り
天どん龍玉山崎屋

龍玉師も天どんさんもひさしぶりに観る高座だったのでなかなか新鮮だった。両者、まったく違うタイプのようでいて、意外と似たところがある感じもする。なにか似たような温度というか、心地好い暗さを持っていて、それがぴったりと合う。古典と新作、正反対の芸風のようで、意外性のリレーかと思っていたらそうではなく、ぴたっとつながっていた。こういうところを発見していたのだとすれば、広島席亭の見事なプロデュースというほかありません。
特に、今回は天どんさんのイメージがちょっと改まった。異端のようなイメージがあった天どんさんだけれども、寄席の匂いがとてもあると思う。寄席芸人らしい、正しい可笑しみ。天どんさんの「よかちょろ」は可笑しかったなぁ。
もうすぐ真打ちになる天どんさんだが、龍玉師と天どんさんは5ヶ月違いと言っていた。たったそれだけの違いか。龍玉師は真打ちになってからしか知らないのですんなり「師匠」と思えるけど、天どんさんは二ツ目時代に長くなじんでいるので、なかなか「師匠」という感覚にはなれないなぁ。「師匠」と呼ぶと、なんだか急に他人行儀なるような感じがする。まぁ、他人なんだけれども。
余談だけれども、吉川潮先生は、歳上は「師匠」、同世代か歳下は「さん」付けにすると、どこかで書いていた。僕もおおむねそれに倣おうかと思っている。

ブックオフ。
105円本、6冊。野末陳平、鈴木博之、ナンシー関、中川いさみ、奈良美智、平松洋子。

浅草まで歩いてみる。

スカイツリー1・2013年7月
スカイツリー2・2013年7月

初めて歩いてたけれども、今はスカイツリーが目印になってるから、方角を迷うことはないな。

駒形橋を渡る。

浅草駒形橋2013年7月

喜多方ラーメン坂内、冷やし和風ラーメン。
汐留の本屋で働いてたころにはシティセンターのお店でよく食べていた。
ひさしぶりに食べたけど、やっぱり美味い!
つけ麺よりも、冷やし中華よりも、冷やしラーメンがいちばん美味い。
680円。

雷門前を通って、吾妻橋へ。

すみだ川音楽解放区










一旦、脱出。

本所吾妻橋。

マクドナルド。
電源利用で雑務、1時間ほど。

戻る。







雷門前を通過。

ツイッターによると安倍晋三が雷門前で選挙演説をやっていたようで、まだやってるかなと思って通ってみたら、そこでやっていたのは川田龍平の選挙演説だった。
不思議なことにちょっとがっかりしてしまうんだな。別に自民党びいきでもなんでもないし、むしろ反自民なくらいなのだが、有名人に対するミーハー感度はまた別なのだ。安倍晋三と川田龍平とではやっぱり役者が違う。多くのひとは、それを政治家としての力量と混同してしまう。
そろそろ終わるところだったようで、「いわゆる“川田コール”をお願いします!」と言うのだが、なにが「いわゆる」なものか。川田コールなんか知らないよ。
どんなコールかと思ったら、ただ「川田! 川田! 川田!」と連呼するだけで、たしかに川田コールだが、なんの工夫もない。こりゃダメだろう。

浅草雷門前・川田龍平2013年7月

歩いて、稲荷町へ。

ブックオフ、もう1軒。
105円本、2冊。原武史、東村アキコ。

稲荷町から銀座線。

渋谷から東横線。

帰宅。

ツイッター。

アマゾン登録作業。

ラジオ。
「はたらくおじさん」。




7月20日のツイログ




(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年08月22日 21時44分36秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.