2298497 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

Category

Favorite Blog

ブログ「一時中止の… 陳平さん

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013年08月10日
XML
カテゴリ:映画 その他
早朝、目覚める。
台本が1文字も書けてなくて愕然とする。

これはらちがあかないと思い、朝っぱらから外出。

ひと駅隣りへ。

クロネコメール便、2点。

マクドナルド。
電源利用で台本書き、2時間半。
冷房の効いてるここのほうがしゃきっと作業できるだろう。
しかし、遅筆。さっぱり良いアイデアが出ない。

スーパーで買いもの。

帰宅。

昼寝。

シャワー。

再び、外出。

クロネコメール便、もう2点。

京浜東北線で大森。

腹が減ってることはたしかなのだが、暑くてなにも食べたい気がしない。
決められずに、駅のまわりを一周してしまう。

てんや、カレー鶏天丼。
温泉玉子なしで590円。カレーだれが品良く美味い。

北口。

マクドナルド。電源利用で30分。

冷たいものの飲みすぎか、腹がくだる。
映画館の前にトイレへ。

キネカ大森弁士2013年8月

キネカ大森、「夏ノ夜ノ活動弁士達2013」。
開演ぎりぎりに飛び込む。3週連続企画の2週目、坂本頼光さんから片岡一郎さんのリレー説明で「吸血鬼ノスフェラトゥ」。
猛暑で夏バテ気味のこの状態、やっぱりちょっとうとうとしてしまう部分もあったが、それは完全にこちらの問題。しまったと思ったのは、頼光さんから片岡さんに変わったことにしばらく気がつかなかったことだ。そのくらい違和感のないリレーだったということでもあるのだが、そこをちゃんと聴いてないとはまったくなにをやってるんだ。しかし、そのくらいに弁士の存在というものはとろけるように意識から消えてしまうというところがある。
先日読んだDJの本にあったことだが、共通する要素がないと前後の曲はきれいにつながらない。リレーの場合も、人間的な雰囲気にしてもだいぶタイプが違うおふたりのように感じられるのだが、共通するトーンのようなものはしっかりと持っているということだろう。似ていながら違う部分があるからリレーの面白みがある。
上映後にはトークも。この作品の復元の経緯であるとか、無声映画のデジタル化の現状であるとか、僕なんかは知らないことばかりでとても刺激的で面白かった。
特に、声優と弁士の違いにはなるほどと思う。声優は唇の動きすべてに声を入れようとするが、弁士には沈黙の芸もある。もっといえば、声優は登場人物と一致することが前提となっていて、弁士は登場人物を俯瞰で見ているという、そんな感じがするけれどもどうだろう、機会があれば質問してみようか。
片岡さん、頼光さんはともに30代、それより若い男性弁士は現在いないそうだ。上の世代からも下の世代からもぽっかり空いたところに、いきなり同世代のこのふたりが存在していることも不思議で興味深い。



らく次さんがお客できていた。この近所に住んでるんだ。
一緒にガストへ。ドリンクバー。
らく次さんとひさしぶりにたっぷりしゃべる。芸の話を訊くのがとても面白い。
せっかくだから終電も気にせず、深夜0時まで。

大森駅前でらく次さんと別れる。

横浜西口。

終電はすでになし。
しかし、台本を仕上げる都合があるので、蒸し暑い自部屋に帰るよりも、冷房の効いたところでやっていったほうがよっぽどいいと考えた。

鶴屋町のモスバーガー。
電源利用で朝まで。

◇今日はゼロツイートでした。






Last updated  2013年10月30日 21時22分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[映画 その他] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.