2280259 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013年08月20日
XML
カテゴリ:マンガ
早起き。
午前中、日記更新。

寝直し。
暑くてろくに眠れず、しゃきっとしない。

次回のみちくさ市、ワンコイン落語会が、春吾、談吉、吉笑の三人会だと知って驚き。
すごくうれしいんだけど、でも、古本フリマに参加しちゃうとそっちは観に行けないんだよね。

ラジオ。
「ビバリー」、ますだおかだと増田みのり。
「ゴールデンラジオ」、メインディッシュは東浩紀。
「飛べサル」。1曲目にはなわの「佐賀県」。この詞にはマックンが関わってると番組レギュラーのパックン。

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、6点。
ゆうメール、1点。

横浜東口。

ポルタ。
はなまるうどん、おろししょうゆ小とげそ天、わさび稲荷。

日産ギャラリーを抜けて、みなとみらいへ。

ジャックモール跡の建物がだいぶできあがってきた。
ここを通るたびに写真を撮ってきたけど、こういう建物も人間の成長と同じで、ある程度の大きさになってくるとだんだんつまらなくなってくる。ビルディングの類も小さいうちがかわいい。

ジャックモール跡2013年8月1
ジャックモール跡2013年8月2

ランドマークプラザ。

マクドナルド。
電源利用で雑務、2時間ほど。

動く歩道、桜木町を越えて野毛へ。

ぴおシティ。
ダイソー、買いもの。

横浜にぎわい座。
今週土曜の「上方女芸人夏まつり」のチケットを直接購入。

伊勢佐木町へ。

ブックオフ。
105円本、2冊。勝谷誠彦、高野秀行。雑誌、2冊。「別冊カドカワ」のチャゲ&飛鳥特集、石内都「ひろしま」。

再び、桜木町を越えてみなとみらいへ。

サンマルクカフェ。
電源利用席が埋まっていて、あきらめてマンガを読む。

本秀康ワイルドマウンテン」7・8巻、続けて。
全8巻、読了。なんという衝撃の結末か。傑作。怪作。これはオールタイムベスト級。
本秀康の長編はこの作品だけになるのだろうか、杉浦茂、タイガー立石、佐々木マキといった作家たちを連想する“シュールへんてこりん”な世界が、長編ではひときわのびのびと広がっていく。これぞ“マンガ”の楽しさだ。あるいは、著者の卓抜したユーモアセンス。音楽の趣味の部分も楽しい。
楽しい楽しい、ひたすら楽しい物語が、終盤には深刻味を帯びてゆき、はらはらさせられる。ここに生じる重さは、長編であることの宿命的なものでもあるだろう。いや、そこに至る影は、序盤の段階から周到に用意されてはいる。
「銀造楽団」という存在がこの作品をじつによく象徴しているかのようで、最初は幼い銀造だけが見る世界だったものが、あるとき、社会性を持つ。そして、迎える結末。それにしてもこの結末には、読み終わったばかりの今はまだ困惑させられている。
小学館の「IKKI」に連載されたのが2003年から2010年まで。震災後の世界に読むとまた味わいが違うもので、安易に関連づけるのも陳腐な感じがするので、できれば震災前に読んでおきたかったとも思う。
あと、枝葉の部分だけど、変態医者のエピソードには、著者が「ガロ」でデビューしたころの毒々しい作品群も思い出した。



日産ギャラリーを抜けて横浜東口へ戻る。

ひと駅手前下車。西友、買いもの。

深夜0時過ぎ、帰宅。
シャワー。犬の餌付け。

眠い。ダメ。
「爆笑問題カーボーイ」を聴きながら寝落ち。

8月20日のツイログ






Last updated  2013年11月30日 13時03分59秒
コメント(0) | コメントを書く
[マンガ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.