2269892 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

Profile


佐藤晋

Free Space

インフォメーション

★横浜西口徒歩10分「喫茶へそまがり」(横浜市西区岡野1-15-12)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★東神奈川イオン2階「フリマボックス」(横浜市神奈川区富家町1/9時~21時)でも古本を販売しております。お近くのかたはよろしくどうぞ!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年6月28日(土)、喫茶へそまがりにて開催された「20世紀のお笑い、すべて見せます。」の企画構成と進行役を務めました。
Togetterまとめ→「20世紀のお笑い、すべて見せます。」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2014年5月26日(月)、喫茶へそまがりにて開催された「へそ店主、半生を語る」の進行役を務めました。
Togetterまとめ→「へそ店主、半生を語る」@喫茶へそまがり
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年4月6日放送開始「立川こしらの落語の学校」(「東北シナジー・笑いのサプリ」内放送)で構成作家をやっております。FM青森、FM山形、FM岩手、FM仙台、FM秋田、FM福島、南海放送で放送。放送日時はそれぞれ異なりますので、各放送局のタイムテーブルをご確認ください。どうぞよろしく。
終了しました。
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年9月2日発売「お笑い芸人史上最強ウラ話」(コアマガジン)というムックにコラムを書いております。「BREAK MAX」2012年5月号に掲載されたものの再録です。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2013年5月3日(金・祝) 開催、不忍ブックストリート「一箱古本市」にて、古書現世・向井透史さんより「わめぞ賞」をいただきました。ありがとうございます!
     (佐藤晋/ドジブックス)

★2013年2月18日発売「BREAK MAX」2013年4月号、「~リスペクトされないレジェンド芸人~萩本欽一を斬る!」という記事のなかでコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年12月18日発売「BREAK MAX」2013年2月号、「たけし&石橋が宣戦布告 お笑い東西戦争勃発!」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年7月18日発売「BREAK MAX」2012年9月号、「絶対に天下は獲れない!くりぃむしちゅー」という記事のなかで短いコラムを書いております。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月30日発売、「落語DVDブック 立川談志メモリアル・セレクション『短命』『品川心中』」(竹書房)で、橘蓮二さんインタビュー、および、立川志らく師匠による演目解説の構成を担当しております。インタビュアーはどちらも松本尚久(現・和田尚久)ですが、橘蓮二さんのインタビューのほうはどういうわけかクレジットを外していて、なぜだかさっぱりわからないです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


★2012年6月8日発売、松本尚久(現・和田尚久)・編「落語を聴かなくても人生は生きられる」(ちくま文庫)というアンソロジーに、錚々たる書き手に混じってどういうわけか拙稿が収録されております。編者はウスラバカだし、早く絶版にしてほしいです。
     (佐藤晋/ドジブックス)


「BREAK MAX」2012年5月号、「タモリが引退する5つの理由」という記事のなかで短いコラムを書いてます。
     (佐藤晋/ドジブックス)

Calendar

Recent Posts

Archives

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月

Category

Favorite Blog

山口良一的ココロ あほんだらすけさん
アレっぽいの好き? アレろまんさん
大栗のネタ帳 大栗之真さん
源にふれろ Romduolさん
名作落語大全集 越智 健さん

Comments

 薮内雅明@ ゲーム大好きw ヤブウチマサアキ???
 tarp@ Re:東神奈川(08/26) 楽しみに読んでいたのですがもう更新はな…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 NOGUCHI@ 野毛大道芝居 私,野毛大道芝居のOGOBメンバーの一人で…
 noguchiyuko@ 野毛大道芝居復活かも?! 私は横浜野毛大道芝居OGOBの一員です! 201…

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013年08月22日
XML
カテゴリ:CD
早起き。
日記更新。

寝直し。
少し涼しいようで、ぐっすり、正午過ぎまで眠る。

ラジオ。
「ビバリー」。途中のニュースで藤圭子自殺の報。ツイッターではその20分前には情報が流れていた。
13時台、「ゴールデンラジオ」にキンタロー、14時台は「ごごばん」に替えて大谷ノブ彦、「ゴールデンラジオ」に戻ってマキタスポーツ、15時台は「たまむすび」にお化け屋敷のプランナー。

梱包作業。

午後からはやっぱり暑くなる。

外出。

クロネコメール便、2点。
ゆうメール、1点。
こりゃひどい。

ノープラン。
とりあえず、横浜西口へ。

ビブレ。

ブックオフ。
105円本、4冊。篠山紀信、いしかわじゅん、安達哲、グレゴリ青山。200円本、2冊。飛鳥涼、「やっぱり猫が好き」。雑誌、2冊。「文藝別冊」、「ミュージック・マガジン」。

ムービル。
金太郎、中華焼きスパ。550円。

東口へ。

スカイビル。
スタバを目指したが混雑で断念。

日暮れ。

日産ギャラリーを抜けて、みなとみらいへ。

サンマルクカフェ。
電源利用で雑務、3時間ほど。開業届とレンタルボックスを調べる。

TSUTAYA。なにも買わず。

立ち読み、「日経ビジネスアソシエ」。
「今、読むべき本」という特集に「今田耕司さんに12人の社長が「読ませたい!」本」というページ。今田はこの雑誌で対談連載をやってるのだ。ビジネス書ばかりのなか、大崎洋が角川SSC新書の「井上ひさし 希望としての笑い」を薦めている。

みなとみらいの空き地から虫の声が聴こえる。
秋の虫がもういるんだろうか。

みらとみらい空き地2013年8月
みらとみらい駐車場2013年8月

平沼。

ブックオフ。
雑誌、1冊。「あっぱれ!アボカド」。

電車内で読書。
読みかけの本、「文藝別冊 立川談志」。 家元と澤田隆治の対談で、家元「荷風にしろ漱石にしろ、あるいは森鴎外だってそうかもしれないけれど、アメリカナイズされた、あるいはヨーロッパナイズされたものを持ち帰ってきて、それと自分の内なる日本的なものとのぶつかり合いを書いている。そこに直感的な興味を持ちますね。」
【送料無料】立川談志

【送料無料】立川談志
価格:1,260円(税込、送料込)



深夜0時過ぎ、帰宅。
シャワー。犬の餌付け。

ラジオ。
「ハマ・オカモトのラジペディア」にマキタスポーツ。新譜発売に合わせてメディア露出が増えてきた。追いかけるのが楽しい。
加山雄三のハミングソング、桑田佳祐の「サザエさん」、昼の「ゴールデンラジオ」でもこの2曲を生披露したけど、これは新譜には未収録曲。新譜からは「1995 J-POP」がかかる。1995年といえば「WOW WAR TONIGHT」の年だ。

マキタスポーツ推定無罪」、一昨日に楽天市場のHMVに注文してもう届いた。天久聖一のアートワークからもう最高。ラジオを聴き終わってからさっそく聴いた。
待望のメジャーデビューアルバムであり、マキタスポーツを今まで追ってきたものにとってはベスト盤的内容でもある。マキタ学級としての既発表曲も多数、よりブラッシュアップされていてかっこいい。マキタスポーツはまず「芸人」として認識したので、マキタ学級としてのマジな「ミュージシャン」の面には、活動当初はわかりにくさもあった。そこを埋めるための理論武装でもあったと思うが、今作ではそこは前面に出ていない。その代わりに、ブックレットの「供述調書」が素晴らしい解説になっているわけだが。
マキタスポーツとしての活動とマキタ学級としての活動は、あるときから徐々に分け難いものになっていった。それには、「マキタ学級」の活動のなかにも「マキタスポーツ」を求められるという事情もあったんじゃないかと思うがどうだろう。止むを得ずの部分と、戦略的な部分とが混在している。だからこそ、ここまで時間がかかったんじゃないか。そうしたかつては分離していたものが、このアルバムではついに溶けあっている。アルバムの音だけの印象だと、すこぶるヌケが良く、気持ちいい。可笑しい。面白い。先行するかたちでライブにすでに変化が見られたが、理論から身体へ、そこが最大の変化じゃないだろうか。
「作詞作曲モノマネ」で収録されているものは、奥田民生、サンボマスター、森山直太朗、福山雅治。なるほど、シャレがわかりそうなひとたちの名が並ぶ。「上京物語」も収録されているということは、長渕も許諾したのかな。
【送料無料】推定無罪 [ マキタスポーツ ]

【送料無料】推定無罪 [ マキタスポーツ ]
価格:2,500円(税込、送料込)



アルバムを聴きながら眠る。

8月22日のツイログ






Last updated  2013年11月30日 20時54分44秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.