2300800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

全651件 (651件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 66 >

カテゴリ未分類

2013年06月23日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
やや早起き。

ツイッター、昨日のことを。

少し寝直し。

梱包作業。

やや遅めに外出。

クロネコメール便、まず5点。
サイズが微妙なものだけ、コンビニで出す。

ツイッターでマキタスポーツさんからリプライあり。
「これは正確で、嬉しい分析。」なんて言っていただけたら、答えにマルをつけてもらったような気分で、こちらこそ嬉しくなる。
SIMI LABのひとからもリツイートされたし、ご本人からリアクションがあるというのは、見当はずれなことは書いてなかったという証明のようでほっとする。
しかし、その反面、観客には誤読する自由もあるぞとも思ってはいるのだが。

そんなことを考えてぽおっとしていたら、横浜でヤマトの営業所に寄るつもりだったのが、すっかり忘れて、そのまま東横線の改札を通ってしまった。
なにやってるんだ。

代々木。

雨、ぽつぽつ降り始める。
傘がないので小走りになる。

ヤマト運輸営業所を検索で探したら、駅のすぐそばにあったので助かった。
クロネコメール便、残り10点。

Kさんと待ち合わせ。
待ち合わせの時刻に間に合わないかと思ったのだが、横浜でヤマトの営業所に寄り忘れたのがかえって良かったようで、ぎりぎり間に合うことになる。

待ち合わせ場所のドトールに着くが、Kさんが見当たらない。
代々木のドトールはほかにもあるのだろうか。しかし、ドトールに飛び込んだ途端に外はどしゃぶりになってしまって、もうここから動けなくなってしまった。
電話で連絡を取りあったら、Kさんはやっぱりこのドトールのなかにいた。通ってきたのになんで目に入ってないのだろうか。不思議だ。

向かいにサイゼリヤがあったので、雨がちょっと弱まったすきにそちらへ移動。
若鶏のグリルとドリンクバー。しばし、雑談。
チケット代をなしにしてもらったので、代わりにここの代金をおごった。

雨上がる。

歩いて、新宿南口まで。

ルミネtheよしもと、友近単独ライブ「友近チャンネル」。
昨日、Kさんからお誘いのメールがあり、急遽、観ることに。
ここしばらくは毎回通っていた友近のライブだったのだが、今回はどうも興味が落ちてしまってチケットを買う気がしなかった。友近はしばらくはいいかなとも思っていたのだが、観ることができるのならばそりゃあ観たいじゃないか。
入り口でオロナミンCを配っているのはいつものこと。妙にのどが乾いていたので、開演前に飲んだ。













外に出たら、また雨がぽつぽつと降り始めた。
なんというタイミングの悪さ。

地下へ。

地下街にロッテリアを見つける。
1時間ほど、雑談。

新宿駅でKさんと別れる。

山手線から東横線。

終電。

深夜1時、帰宅。

ツイッターのみ。

6月23日のツイログ







(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年07月02日 01時44分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年06月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2時間ほど、睡眠。

午前中から外出。

クロネコメール便、4点。

渋谷へ。

道玄坂を登っていく。

コンビニでパン買って立ち食い。

やついフェス2013年6月・1
やついフェス2013年6月・2

YATSUI FESTIVAL! 2013」。
昨年の初回はあまりにも金がない状態だったので断念したのだが、しかし、あとでやっぱり後悔したのだ。今年だって金に余裕などまったくないのだが、無理してでも行っておいたほうがいいだろうと決めた。
まず、O-EASTでリストバンドの交換。ところが、ここでさっそく予想外の出来事が起こる。開演直前に着いたのだが、大混雑のため、リストバンドの交換が一時的に中止になってしまった。
そんなことってあるんだろうか。チケットをリストバンドに交換しないことにはどこにも行けないんだ。まだ歴史の浅いイベントだから、どんなトラブルがあるかわからない。交換所のほうでは、10分ほど交換できませんと案内しているのだが、列の後ろのほうでは、リストバンドを交換するお客様はお並びくださいと案内している。一致した支持が出ているわけでもなく、これは動かないほうがいいと思い待っていたら、10分も待たず、すぐに復活した。
リストバンドを付けて、場内に入りたいところだったが、今度はこちらで入場規制がかかっている。フェスを甘く見ていた。
まぁ、最初のDJやついいちろうは観逃しても、最悪、危険日チャレンジガールズまでに入れればいいと思い、気長に並ぶことにしたのだが、意外とするする列は進む。
開演から30分、13時前にようやく入場。ひとの流れに沿って進んでいったら、2階席に出た。DJやついいちろうで盛りあがっている。


神谷明

SMALL BOYS
危険日チャレンジガールズ
いとうせいこう
DJニッチャメン

1階のduoへ。
チャラン・ポ・ランタン

向かい側、O-WESTの5階にあるO-nestへ。
MOROHA

6階のラウンジもちょっとのぞいてみる。

clubasiaへ。
バニラビーンズ

向かいのVUENOSもちょっと寄ってみる。
EA

再び、duo。
お笑いブロック

duoを出たところで、志ら乃さんにばったり会う。

道玄坂へ。

幸楽苑、和風盛り中華。

「やついフェス」に戻る。

asia。
かせきさいだぁ&ハグトーンズ

VUENOS。
DJみそしるとMCごはん
やついも登場。

7th floorへ。
O-WESTの7階にあるのだけど、O-nestとは入り口が違って、こちらはエレベーターで上がる。
宮沢章夫&しりあがり寿&やついいちろう

duo。
荻野目洋子

VUENOS。
bomi

asia。
マキタ学級

duo。
AZUMA HITOMI

O-nest。
ホフディラン

7th floor。
吉田豪&杉作J太郎

コンビニでアイスモナカを買って食べる。

VUENOS。
SIMI LAB

O-EAST。
お笑いブロック

TRF
DJやついいちろう
ヒャダイン、IMALU
曽我部恵一BAND












オテンキがバイトする居酒屋。

信州屋、冷やしかき揚げそば。

終電。
なぜか遅くなってしまったが記憶なし。

深夜1時、帰宅。

ぐったり。

ラジオ。

記憶なし。


6月22日のツイログ






(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年07月02日 22時02分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
早起き。

数日前に買ったCD。
ソノダバンドルネサンス」。2010年リリース。

ソノダバンド / ルネサンス 【CD】

ソノダバンド / ルネサンス 【CD】
価格:2,070円(税込、送料別)







ラジオ。
「ビバリー」。高田文夫先生出勤日、ゲストは沢田研二。


「ゴールデンラジオ」、ゲストに宮沢章夫。




梱包作業。

外出。

雨。
今日も涼しい。

クロネコメール便、5点。
ひどい額で折り返し。策を練らなければ。

松屋、トマトカレー。
サービス券でサラダもつける。サラダを食べるためだけに箸を使うのがちょっと申し訳ない。

銀行。
通帳記入がいっぱいになって新しいものに切り替わった。
これもぜんぶ、ATMでできるのだな。

ダイソー、買いもの。

マクドナルド。
雑務、2時間ほど。

ツイッター。
杉江松恋と豊崎由美のツイートが消えたといって大騒ぎをしている。






山上たつひこ一軒家」、読む。

【送料無料】一軒家 [ 山上たつひこ ]

【送料無料】一軒家 [ 山上たつひこ ]
価格:1,680円(税込、送料込)







お笑いナタリーに「人生、成り行き」のドラマの記事。
後編の主役が中山秀征と知る。




珍しく日暮れ前に帰宅。

明日の予定もあるので、早い時間にひとまず眠ってしまう。




「あまちゃん」、6週目の2話が見つからない。

ひさしぶりにHuluをのぞいたら、「Misfits/ミスフィッツ-俺たちエスパー!」というイギリスのドラマが配信されていた。奉仕活動を命じられた不良少年少女たちが、雷に打たれて特殊能力を身につけてしまう。







6月21日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月26日 01時12分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月20日
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

今日も談四楼師匠のツイートが気になる。
「酔ったのを幸いに尋いたことがある。「師匠、プロって何でしょう」と。談志はグラスを置き、腕組みをして言った。「下手でも堂々としてるのをプロと言う。 これが定義だ」 ずいぶん楽になったのを覚えている。シャイを売りにするなとも言われたっけ。ナイジェリアのラゴスか、ロンドンでだったか。」
これはたぶん、当時の談四楼師匠にそういうところがあると思って、談志師匠は言ったんじゃないか。自分で下手だと思って堂々としていないように、談志師匠にはおそらく見えていたんじゃないか。
世の中には、単に堂々としているだけのやつもたくさんいる。そんなやつらに負けるな、っていうことを思って言ったんじゃないかな。
なんかそんな気がする。

ラジオ。
「ビバリー」、清水ミチコとサンボマスター。
いつもの週替わりお笑い枠にまさかのサンボマスター、しかし、違和感なしだ。
サンボマスターってラジオ番組はやったことないんだろうかな。やってないとしたらかなり不思議。

「ゴールデンラジオ」のゲストはスパローズ。
お金を借りるコツ、とても面白く、今後の参考にしたい。
「雨に濡れてたほうが借りやすい」「グレーの服のほうが濡れた感じが伝わりやすい」「ちゃんとヒゲは剃ったほうがいい」「無精髭が生えてるやつには返済能力がないと思われる可能性が高い」「Tシャツとかよりもボタンのシャツを着て、人間としてはしっかりしているというところを見せる」「かわいそう感と汚さは違う」「リアルな額を言う」

「たまむすび」、15時台コラムに久住昌之。
瀧が、十代のころから「泉昌之」を読んでるといって紹介してくれるのがうれしい。食べものそのものではなく、「食べるっていう行為を掘り続けている」との説明も的確。
食欲を性欲と重ねあわせる例え話、馬鹿馬鹿しかったなぁ。

梱包作業。

外出。

雨降りでとても涼しい。

クロネコメール便、4点。
ゆうメール、1点。
高いものも売れたが、点数がダメすぎる。

海老名へ。

ブックオフに行きたいと思っていたのだが、雨のなかをけっこう歩くことになるのでやめにする。

箱根そば、海老かき揚げ天セット。
あまり食欲なし。

カフェコパーナ。
こんなカフェ、聞いたことないなと思ったが、小田急系のお店なのだな。箱根そばも小田急系のお店。小田急の駅の建物から出ないで用が済む。
アイスコーヒーが200円とお安いのもうれしい。
電源利用で雑務、3時間ほど。

LINEというものに登録してみた。
今はもう、若者はLINEだという話をちょっと目にして、ぜんぜん知らないことに軽く危機感を持った。
登録をしてみたら、メールか電話番号からわかるのか、友だち候補みたいなかたちで4人ほど画面に出てきた。こういう情報が瞬時に伝わってしまうというのも理解していないとなんだか怖い。とりあえず保留にしておこうと思ったのだが、あるところをタップしたら承認になってしまったようだ。まいっちゃうな。
登録したものの、しばらくはどう使っていいかわからないだろう。ツイッターからフェイスブックに移行するひとが多いという話も聞くのだが、フェイスブックとLINEは、知り合い同士でいちゃいちゃする道具にしか思えず、内向きな感じがしてどうも興味が薄い。ツイッターのほうが外に向いたツールだと思うから、過剰な期待をするつもりはないけど、やっぱりまだ可能性を感じるのだが。
今はそう思うけど、それもまた変わってくるのだろうか。

ワーナーマイカル海老名、「グランド・マスター」。
もたついてたら時間ぎりぎりだ、と思ったのだが、時間を10分早く間違えてて、結果的に余裕を持って到着できた。
入ってみたら、客は自分ひとり。今日はワーナーマイカルのサービスデーなのだが、にも係わらず、この客の入りはきびしすぎないか。このまま貸し切り状態かな、と期待したが、直前でもうひとり、おじさんが入ってきた。ここのスタッフっぽい白いチョッキを着ていたので、あんまり客がいないんでスタッフが様子を見にきたのかと思ったが、普通のお客さんだった。













寄り道せずに電車へ。

ローソンストア100、買いもの。

帰宅。

犬の餌付け。

ツイッター。

松田健次さんのツイートから、能年玲奈柳家さん生師匠をフォローしていることを知る。
これは驚きだ。いったいどういうつながりなのか、謎すぎると思い検索してみたら、能年玲奈のブログにもさん生師匠が出てくるではないか。昨年末に、さん生師匠の「笑の大学」をなぜか観に行っていて、終演後に一緒に写真まで撮っている。
さん生師匠のことを「めちゃくちゃかっこいい!!!!」だって。そんな馬鹿な。
「チラシ、思わず部屋の壁に貼ってしまいました」だって。十代の女の子のことはよくわからないが、落語のチラシを思わず壁に貼ってしまうのは一般的なことなのだろうか。
しかし、昨年末の時点では能年玲奈もそんなに有名人ではないわけで、わからないものだな。つぎにさん生師匠の会に現れたら騒然とするよ。

アマゾン登録作業。

作業しながらDVD。
昭和の爆笑喜劇DVDマガジン」6号、「日本一の色男」。









6月20日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月26日 00時57分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
やや早起き。

台本、ネットプリントに登録。
1回分をプリント1枚に収めようと文章を微調整する。
台本はエヴァーノートに書いてるんだけど、ここで初めて正確な文章量がわかったりする。

梱包作業。

そろそろ出かける時間だなと思ったときに、なんか変だなと気がつく。
12時過ぎに出るつもりでいたのだが、それで田園調布に13時までに到着するはずがないじゃないか。
寝る前に路線検索して、出発時刻を確認してからアラームをセットしたんだけど、眠さのあまり、なにか勘違いをしてしまっていたようだ。

あわてて、正午前に外出。

クロネコメール便、5点。
ネットプリントもここでしていく。
前回の反省を生かして、こしらさんのぶんのコピーも。

スマホからラジコで「ビバリー」を聴こうと思ったら、こういうときにかぎってぜんぜん接続できない。どういう加減なのか。
宇多丸がゲストなので聴きたかったが、あきらめるしかない。

東横線の駅のコンビニでパン買って立ち食い。

田園調布へ。

いつも通る歩道橋が工事でふさがっていた。
横断歩道まで行くとだいぶ遠まわりになる。遅刻してしまいそうなので、しょうがないから、クルマがばんばん通ってるところを隙を見て横切った。

スタジオ、着。
時間ぎりぎりになってしまったが、前の収録も押していたようで助かったかもしれない。こしらさんもあとから到着。
立川こしらの落語の学校」収録、7月分4本。
1本目、「伝書鳩」。迷い鳩を見つけたらどうすればいいかという話。
2本目、「間抜け泥」。泥棒のファッションと「サザエさん」の泥棒の話。
3本目、「船徳」。船頭の求人情報の話。
4本目、「千両みかん」。千疋屋の高いフルーツの話。
1本目はいつもよりちょっとしゃべって、いいタイミングで少し入れたのだが、2本目以降はまたいつも通りになってしまった。オープニングにこしらさんが質問してくるのがなんだか恒例になってきて、なにを訊かれるかわからないのでびくびくする。1本目はなにも考えてなかったからむしろ上手くいったようで、2本目からはかまえてしまって、かえってしどろもどろになった。
1時間ほどですいすい終了。収録後にはディレクターさんと一緒に少し雑談して解散。こしらさんから、いろいろと楽しみな情報も聞く。
それにしても、この番組、ツイッターで検索しても誰も話題にしてないし、どんなひとが聴いてるのかまったくイメージできないな。
東北地方中心の放送なので自分で聴くこともできない。いや、聴く方法もあるらしいのだが、努力して聴いたほうがいいか。自分で聴かないことには、いい点も悪い点もわからない。

歩いて、自由ヶ丘へ。

そば清、かき揚げ丼セット。
冷やしたぬきそば。480円。
カウンターだけの狭いお店。隣りに座っていたおばあさんが、カウンターからちょっと顔が出るくらいの座高しかなく、器を顔にくっつけてなんとか食べてるという感じだった。このおばあさん、食べ終わったら、しばらく動かなくなってしまったので心配した。休憩していただけだったのか。少ししたらようやく動いてくれてほっとした。

ブックオフ。
105円本、11冊。内田百けん、北大路魯山人、坂東三津五郎、小室直樹、向井敏、内田裕也、中島らも、中野京子、ローレンス・M・クラウス、峰なゆか、カンジヤマ・マイム。
コミック、2冊。山上たつひこ、大友克洋。
CD、1枚。嘘つきバービー。
カードで支払おうとしたら使えない。もう、利用限度額に達してしまったのか。
となると、いよいよお金がない。真剣に考えることをどんどん先延ばしにしているツケがそろそろまわってくるのか。

東横線で横浜まで。

電車で熟睡。

横浜東口から、日産ギャラリーを抜けてみなとみらいへ。

ジャックモール跡2013年6月中・1
ジャックモール跡2013年6月中・2
ジャックモール跡2013年6月中・3

みなとみらいを歩いてランドマークプラザまで。

マクドナルド。
電源利用で雑務、1時間半。
ドリンクが全サイズ100円だというのでコーラのLを飲んだら、腹ががぼがぼになってしまう。

桜木町駅前2013年6月

ぴおシティ。

ダイソー、買いもの。

のげシャーレ、「横浜ダンナさん会」。
開演時刻ぎりぎりに到着。しかし、場内に入る前に始まってしまった。
前売り完売で満員の客席。入り口に近いところに席を見つけて速やかに座る。

談奈町内の若い衆
らく次くしゃみ講釈
談奈長短
仲入り
らく次・似顔絵漫談
談奈湯屋番












終演後、打ち上げにも参加。
ちぇるる野毛の「たち花」というお店。たしか、このお店で談奈さんが会をやっているチラシを見たことがある。
六本木のときから横浜の打ち上げも出てくださいよと言われていたので、今日は最初からそのつもりで来たのだが、直前になってみて、知らないひとばかりだったら居場所がないなと思って心配した。
しかし、行ってみたら知ってるひともいたし、らく次さんも助けてくれるし、横浜ローカルの話題も多くてけっこう居心地が良かった。
らく次さんも談奈さんも、座持ちの良さというか、まわりへの気の配りかたが本当にすごくて感嘆する。そういうことがまったくできないものにとっては、ほとんど魔法を見ているようなものだ。
らく次さんにいろいろ話したい話題もあったんだけど、ひとが多かったから話しそびれた。

お店の前で解散。

歩いて、横浜東口まで。

打ち上げでビールを1杯飲んだらやっぱりぽぉっとする。
マックでコーラを飲んだのが効いて、ほとんど飲み食いできなかったが、それでも胃が苦しい。
歩いていて、しゃっくりが出るようになる。

電車で熟睡。
寝過ごして、戻ってきた。
逆方面の電車、あと1本でなくなってしまっていた。危ない、危ない。

深夜1時過ぎ、帰宅。

苦しくて、寝っ転がる。

ツイッター。
打ち上げに出てしまうと、ツイッターに書くのもちょっと恥ずかしくなる。
胃も苦しいし、あたまもいまいちまわらない。
さっさと寝て、翌朝に書けばよかった。

6月17日のツイログ






(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月22日 06時15分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝になっても、台本書きあがらず。
朝までに仕上げるつもりだったのに、4本中2本分しか書けなかった。
これはまずい。

しかし、このまま続けても能率が悪そうなので、少し休む。
2時間ほど、睡眠。

目覚めて、台本書き再開。
なんとか午前中には仕上げて、送信した。

梱包作業。

早めに外出。

外に出ると、日差しが強くて暑い。

クロネコメール便、6点。

東横線からJR。

東横線で座って眠っていたら、隣りの女性に寄りかかってしまていたようで、肩を強めにこづかれた。
肩をこづいたのは、その女性ではなく、その女性の反対側の隣りに座っていた連れの男。彼女の前でいいかっこうをしたいのか、肩をこづくのがいいかっこうなのかはわからないが、強気になっていやがる。いやな目にあった。
睡眠不足なのに、おかげで眠りそこねる。しょんぼり。

西荻窪。

コンビニでパン買って立ち食い。

西荻ビリヤード山崎2013年6月

ビリヤード山崎2階、西荻ブックマークサイレント映画を西荻で~活動写真弁士・片岡一郎の世界~

チャップリンのお手柄」説明・山城秀之
チャップリンの冒険」説明・片岡一郎
休憩
東京行進曲」説明・片岡一郎&三味線・宮澤やすみ
























音羽館に寄る。
さきほど、西荻ブックマークにいらしたおばあさんがいらした。
よくしゃべる明るく元気なおばあさん。お店のかたに、すごく楽しかったとおっしゃっている。こういう話は横で立ち聞きしていてうれしくなる。
店内をじっくり見てまわって、あんまり高い本は買えないけど、なにか買っていこうと思い、外の棚から、青林堂の「とり・みきのもう安心。」を100円で。

歩いて、吉祥寺まで。

吉祥寺の街、駅からではなく外側から入っていくこともなかなかない。
ご飯を食べる店を探しながら少し歩いたのだが、なんとなく、街の質感が町田に似てきたと思った。順序からすると、町田が吉祥寺に似ていったのかもしれないが、吉祥寺も町田に歩み寄ってる感じがする。
郊外の、画一的な若者の街のようになってきたんじゃないか。

吉野家、牛焼肉丼。

ブックオフ。
105円本、14冊。ロアルド・ダール、海音寺潮五郎、百目鬼恭三郎、林屋辰三郎、手塚治虫、畑正憲、渡辺貞夫、嵐山光三郎、いしかわじゅん、とり・みき、福田和也、前田日明、池谷裕二、行正り香。
雑誌、3冊。「ロッキング・オン・ジャパン」を2冊、「ミュージック・マガジン」を1冊。

井の頭線で渋谷。

東横線。

眠くて本も読めず。

深夜0時前、帰宅。

ツイッター。



眠いわりに、めいっぱいツイッターに取り組んでしまった。
ツイッターは寝っ転がってやってることだからいいけど、起きあがってなにかをする余力はなし。
仕事できず。早めに眠る。

6月16日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月20日 00時10分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝から昼まで睡眠。

ラジオ。
「ビバリー」。高田文夫先生出勤日で、ゲストに徳光和夫。
磯山さやかのことをずっと女子アナだと思っていて、終わりかけになって磯山さやかだと気がついてびっくりしていた。

「たまむすび」、スペシャルウィークでゲストが連続。13時台に吉田豪、14時台にみうらじゅん、15時台の伊集院コーナーには永六輔というすごい並び。
みうらじゅんが「絶倫」のことを「Z会」と呼んでたのはくだらなかったなぁ。

ツイッターで、談四楼師匠にフォローされた。
ひさしぶりに緊張するフォロワー。まさか、フォローを返していただけるとは。つぎになにをツイートしていいか悩んでしまう。

大友良英のツイートとブログ
「あまちゃんのテーマ曲を選挙カーが流しているという通報複数もらってますが、私は一切関係ありません。どれだけの思いで私たちがつくったか、毎朝みながドラマを楽しみしているという想像力も働かずに流行にのって集票に利用していいと思う程度の想像力の人たちが政治に関わるってどうなんだろう。」
「最初にこの話を聞いたときに、個人的にメールを出し、理解していただき、政治の広報に使うのをやめてもらいましたが、その後もあとを断ちません。正直全てにお願いすることは個人では不可能です。政治家を目指すような人は流行を利用するような選挙活動はやめてほしい、そう強く思っています。」
非常に興味深く、リツイートしたけれども、これは品位を問題にしているということか、それとも、法的に問題があることなのか。法的には問題でないならば、作曲家によってはこれを喜ぶひともいるだろうという気がする。
誰かわかりやすい解説をしてくれてるひとはいないかと、ツイッターで検索してみると、案の定、政治家を叩ければなんでもよさそうなひとたちがたくさんはしゃいでおられた。

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、7点。
巻き返し及ばず、来週の振り込み額が本当にひどくてぞっとする。
いつも、結果が出てから焦るようじゃ遅いのだ。わかりきっているのに。

電車に乗ってからいろいろ忘れものをしてきたことに気がついた。
ルーターを忘れてきたのでパソコンも使えない。
これは時間を食っても引き返したほうがいいと思ったが、今、定期券が切れているので、簡単に引き返すことができないのだった。なんてこった。

そして、銀行に寄ろうとしていたことも忘れていた。
横浜駅で、パスモにチャージしようとして金を持ってないことを思い出す。
ひとつ気がかりなことがあると、連鎖的に失敗していく。

ポルタ。

銀行。

川崎へ。

まだ日暮れ前だというのに呼び込みの激しい通りを通過。

ゆで太郎、豚丼セット。
豚丼、タレが美味くてなかなか。それと、冷たいもりそば。そば湯があるのもありがたい。500円。

ブックスマッキー。
ひさしぶりに寄ったけど、なにも買わず。

モアーズ。

ダイソー、買いもの。

ブックオフ。
105円本、21冊。森光子、藤子・F・不二雄、三國連太郎、畑正憲、妹尾河童、小林泰彦、マーク・ピーターセン、内田裕也、ビートたけし、所ジョージ、いしかわじゅん、高橋源一郎、内田樹、いとうせいこう、岸香織、野村萬斎、森達也、片山洋次郎、吉田豪、水野仁輔、マセキ芸能社。
雑誌、3冊。「クイック・ジャパン」を2冊、「笑芸人」を1冊。

TOHOシネマズ川崎、「タイタンシネマライブ」。

前説・ツインタワー
ウエストランド
瞬間メタル
ゆりありく
うしろシティ
360°モンキーズ
宮地大介
パックンマックン
長井秀和
サンドウィッチマン
ロバート
BOOMER&プリンプリン
爆笑問題










寄り道せず、まっすぐ川崎駅へ。

横浜東口。

食パンがなくなりそうなことを思い出す。
うちの近所のスーパーで買える保証がないので、途中で買っていかなければと思ったのだが、買うとしたら横浜駅近辺しかない。

文化堂。
このスーパーの存在を思い出したのだが、来てみたものの、100円以下の食パンがない。値段が高いのならばどこで買ったって一緒だ。なんのためにわざわざこの店に寄ったのかわからない。

文化堂では買わず、結局、近所のスーパーで買うことにした。
100円以下の食パン、売り切れてなかった。
今日、ようやくラッキーなことがあったような気がする。

立ち読み、「週刊文春」。
小林信彦御大が「さよなら渓谷」という映画の真木よう子について書いている。
「モテキ」ファンの御大、ドラマの「週刊真木よう子」が大根仁企画ということをしっかり認識しているのもさすがだなと思ったが、「月刊真木よう子」のインタビューの発言を引用しているのには恐れ入った。この写真集、今では高値がついてるものだから、おそらく発売時にきっちり買っているのだろう。

松屋、トマトカレー。
350円。安くていいんだけど、香りが良くないのが欠点。

帰宅。

ツイッター。

シールはがし作業。

作業しながら、動画サイトで「あまちゃん」の続き。

ラジオ。
「立川志ら乃のサブカル天国」。


「東京ポッド許可局」。



6月14日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月15日 04時44分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝から昼まで睡眠。

ラジオ。
「ゴールデンラジオ」、ゲストにヨネスケ。
「隣の晩ごはん」の裏話がいろいろ面白かった。「入ったときに息をしている家と息をしてない家がある」「誰がここは実権を持ってるか」という見極め。
田園調布では五十何軒ぜんぶ断られた。横浜のお宅でヤクザが出てきてお蔵入りになった。など。

「たまむすび」、ゲストにコロッケ。
15時台だけかと思ってたら、その前の時間からずっと出ていたみたいだ。油断していた。ものまねをやりたおしていて、やっぱり笑うなぁ。
ものまねの技術的な話もとても面白い。志村けんのものまねをするのに、まず、音程を決めて、そこから声を引っくり返す練習をして、それから言葉を乗せる練習をするという。それを実演しながら説明するのがじつにわかりやすく、なんて緻密なのかと感嘆する。
ものまねの練習をするときに、録音もしないし、鏡も見ない、というのにも驚く。「基本、そんなに似てなくてもいいと思ってるので」「要は、そのかたの空気を作るのが好き」
なるほど、写実的に似せていくのとはやっぱり違うのだ。これは似顔絵の技術を思い浮かべるとわかりやすいような気がする。そこにはもちろん、描き手であるコロッケのタッチがある。

梱包作業。

外出。

雨。

クロネコメール便、8点。
ゆうメール、1点。

横浜西口。

ダイエー。

レコファン。
昨日買ったCD、ケースと中身が違っていたので返金してもらうかたちに。
なんだか、ただで1日レンタルしたみたいになった。

根岸線で関内へ。

ビニール傘の骨がひとつ外れてしまったのだが、まぁ、大丈夫だろう、と思ってまた差そうとしたら、外れた骨がビニールを突き破って穴が空いてしまった。これじゃあ、さすがに使えない。

セルテ。

ダイソー。
210円のビニール傘を買う。

傘が2本になってしまい、穴が開いた傘を捨てたいのだが、傘というものはいざ捨てようとなると、どこに捨てていいものか困るものだ。
よく、台風の日に壊れたビニール傘が道端に散乱しているが、捨てる場所がないのだから無理もない。そういうことに、今、気がついた。
しょうがないから、コンビニに入るときに傘立てに2本の傘を立てて、出るときに1本だけ持って帰るという方法で処分した。ひとの傘を持って行ってしまっては傘泥棒だが、傘を置いていくぶんには、あ、これは不法投棄か。
どうせならば、駅にでも置いていったほうがよかったか。駅は忘れ物の傘がうじゃうじゃあるだろうから、傘の処分には慣れているはずだ。
本当は、ちゃんと処分をお願いすればいいんだろうけど、絶対に嫌な顔をされそうだよ。

中華街へ。

福亭、油淋鶏定食。
本当は別の店を探していたんだけど、おもてで呼び込みのお姉さんにつかまって、ここでいいやという気になってしまった。
油淋鶏のかたまりが5個、下にはキャベツの千切りが敷いてある。ご飯、玉子のスープ、ザーサイ、杏仁豆腐がついて、650円。ぱっと見は少ないかなと思ったけど、おなかいっぱいになった。
お客は少なく、僕のほかはひと組、奥のテーブル席で打ち合わせかなにかをしているようで、どうも揉めている雰囲気だ。やだなぁ、と思いながら食べてたんだけど、会計をしようとしたら、そこのテーブルにいたおばさんがこちらへやってきた。この店のひとだったのか。

中華街同發新館2013年6月・2
中華街同發新館2013年6月・1

同發新館、「パスカルズ中華街ライヴ with 少年王者舘ダンス」。
この同發新館で4日間にわたって行われる「フェスティバル 蝶と骨と虹と」の初日のプログラム。

パスカルズ
少年王者舘















★【送料無料】 CD/Pascals/17才/PASK-7

★【送料無料】 CD/Pascals/17才/PASK-7
価格:2,940円(税込、送料込)




冷房が効いてたせいか、腹をくだした。

横浜スタジアムの公演の公衆便所へ。
ここしかないかと妥協のつもりで入ったが、意外と清掃がしっかりされていて、不快ではなかった。九死に一生を得る。
こういう公衆便所の情報をまとめたサイトなんてあったら、便利だと思うんだけどなぁ。ないんだろうか。必要としているひとは絶対多いはず。

関内南口。

マクドナルド。
冷えたのでホットコーヒー。
電源利用で雑務、2時間半。

関内から根岸線。

深夜1時、帰宅。

また犬にパンを食われてしまった。

ツイッター。

本が読み終わりそうなので、読んでしまう。

種村季弘徘徊老人の夏」、夏になる前に読了。ちくま文庫。
最後のほうは急いで読んでしまってちょっともったいないことをした。ゆるゆるしたリズムで味わうべき本。











6月13日のツイログ






(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月14日 05時53分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

すっかり、睡眠を多くとらないとダメなからだに成りさがっている。
低血圧だからと自分では思ってる部分もあるけど、はたから見ればただの怠惰だ。
仕事がどんどん滞ってしまうよ。

ラジオ。
「ゴールデンラジオ」、ゲストに長嶋一茂。
「極道の妻たち」の最新作でヤクザの役をやっているそうで、おもにそのプロモーション。大竹まこととは真面目な演技論のような話にもなって、一茂の自意識としてはもうすっかり俳優なんだなぁ。
何年か前に一茂が主演している「ポストマン」という映画を誰かが褒めていて、そうなのかと思ったけど、それは確認しそびれている。そういえば、「ポニョ」でも声優をやっていたのだ。
俳優としての長嶋一茂、妙に気になるじゃないか。

梱包作業。

外出。

雨。

クロネコメール便、5点。
わりと値段が高めのものばかりだったのだが、それにしても5点は少なすぎる。
ダメだ。話にならない。俺はダメだ。

栄養ドリンクを買う。

東海道線で新橋へ。

日比谷シティへ。

マクドナルド。
事前に調べておいた電源が使える店舗。
ここは珍しいセルフサービスの店舗で、レジでコップをもらって、自分でアイスコーヒーを汲むかたち。
あんまり混んでなくて、電源もいっぱいあって、ばっちりだなと思ったのだが、なんと、電波が弱いという落とし穴。
地下ということを考えてなかった。ネットにつながらず。嗚呼。
ネット接続なしで雑務、1時間ほど。

内幸町ホール、「志らく一門会」。
会場の位置関係をちゃんと把握してなくて、開演ぎりぎりの到着になってしまう。
場内に入ったときにはもう志らべさんが出てきてしまった。

志らべ小言幸兵衛
らく次火焔太鼓
ミッキー亭カーチスまんじゅう怖い
仲入り
らく兵崇徳院
志ら乃寝床

お芝居の稽古のために志らく師匠が不在という珍しい一門会。
前座さんもお芝居のほうに行ってしまってるので、高座返しも二ツ目でやることになる。
一門のみなさんは入門時の師匠の得意ネタに挑むという裏テーマ。













帰ろうと駅に向かって歩いていたら、後ろから声をかけられた。
誰かと思ったらTさんだ。本当は来るはずだったKさんが来れなくなったというメールはもらってたんだけど、そうか、代わりにTさんが来てたのか。

大戸屋、特製大戸屋ランチ。
Tさんにおごってもらっちゃった。ごちそうさまです!

Tさんはクルマだというのでお店の前でお別れ。

東海道線。

深夜0時前、帰宅。

犬の餌付け。
すっかり日課になってる。

ツイッター。

ラジオ。
「爆笑問題カーボーイ」、ゲストにますだおかだの岡田圭右。
「GAHAHAキング」時代の話など、じつに興味深い。当時は大阪から来ていてアウェイだったという岡田、誰と仲良かったのかと訊かれて、フォークダンスDE成子坂の桶田の名前が真っ先に出た。そして、×-GUN、海砂利水魚の名が続く。関西で松竹という二重のマイノリティ、それと、関西以西の出身で関東の事務所に所属というねじれ。
さらに、その流れでフジテレビのものまね番組に出るようになったといって、その楽屋での話。底ぬけAIR-LINEの古坂のようなノリというのは関西にはいないタイプだというのも面白い。
そのものまね番組の話で、太田が、俺らも1回だけ出たことあると言っていたのだが、しかし、それは厳密には別の番組のことだ。おそらくスタッフは同じなのだろうが、検索してみたら、1997年放送の「激突なりきりスター天下とったる歌合戦!」という番組だとわかった。爆笑問題とグレートチキンパワーズの対戦があって、ここで爆笑問題が勝ったときに、ついにお笑い界の形勢が逆転したと、テレビを観ていて我がことのように大喜びしたのをよく覚えている。
Wikipediaにはなぜか放送でカットされた対戦も載っていて、みかづき組、つげシスターズもこの番組に出ていたことをここで初めて知った。

アマゾン登録作業。

シールはがし作業。

今夜はそこそこ仕事がはかどった。

6月11日のツイログ






(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月12日 06時41分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

ラジオ。
「ビバリー」、ゲストに園子温。
おおむね「ザ・水道橋」で聴いた話ではあったけれども、高田文夫先生を前に、いっぱいいっぱいな様子が可笑しい。

梱包作業。
出かけようという直前に、でかいのが1点追加されて、手間取った。
でかいというのは値段ではなく、サイズがでかい。
まぁ、値段もそこそこでかいので助かる。

やや遅めに外出。

ゆうメール、1点。

横浜西口。

ダイヤモンドから、ヨドバシカメラの1階を抜けて地上へ。

ヤマト運輸営業所。
クロネコメール便、7点。

東京チカラめし、牛丼餃子セット。

東横線から半蔵門線。

神保町へ。

寄り道する時間なし。

らくごカフェ、「野末陳平と禿鷹三銃士」。

野末陳平・口上
禿鷹三銃士・リレー漫談
らく次蒟蒻問答
志らら寝床
こしらだくだく
野末陳平・狂い咲きトーク「テレビ作家デビュー編」

談春師匠、乱入!







ベローチェ。
雑務、電源なしで1時間ほど。

神保町駅から半蔵門線、東横線。

電車内で読書。

せんだみつおナハ」、読了。

【送料無料】ナハ [ せんだみつお ]

【送料無料】ナハ [ せんだみつお ]
価格:1,260円(税込、送料込)






深夜1時前、帰宅。

日記更新。





6月10日のツイログ




(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年06月11日 01時38分59秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全651件 (651件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 66 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.