2297419 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

2004~2013

PR

全651件 (651件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 66 >

カテゴリ未分類

2013年05月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

ラジオ。
「ビバリー」。高田先生、オープニングで昨日のキウイさんと吉笑さんの会の話。
吉笑さんのことを「枝雀さんの若いころみたいな発想するんだよ」とベタボメ。
そして、水道橋博士に遭遇した話へ。「ザ・水道橋」のDVDをもらったそうで、園子温の話から、今日のゲストのでんでんの話へとつながる。
でんでんのリクエスト曲、美空ひばり「関東春雨傘」という高田先生も大喜びのシブい曲で、初めて聴いたけれどもとてもかっこよかった。


博士のツイートにキウイさんの名前が出ないので、てっきり、キウイさんはその場にいなかったのかと思ったが、キウイさんのブログには高田先生と吉笑さんのツーショット写真がしっかり載ってるのだった。

梱包作業。

外出。

部屋のなかは半袖で大丈夫なんだけど、外は寒いような気がしたので長袖で出る。

雨。

財布にお金がなんにもないので、まず銀行。

横浜西口。

ダイヤモンドからヨドバシカメラを抜けて地上へ。

ヤマト運輸営業所。
クロネコメール便、8点。
雨降りのなか、トートバッグに入れて少し持ち歩いていただけで、封筒がしわしわになってしまう。気をつけないと。

東京チカラめし、牛丼餃子セット。

東横線から副都心線。

ご飯食べたら眠くなってしまう。
電車で熟睡。

新宿三丁目。

ベローチェ。
雑務、1時間弱。

レフカダ新宿、「スマホ寄席」。
開演直前に到着して、自分の腕時計ではまだ数秒前だったんだけど、始まってしまったようで階段を降りているときに声が聴こえてきた。
チケット引き換えを済ませ、入り口に近い席にすぐさま着席。

MC、玉袋筋太郎坂本りおん

笑福亭明光手紙無筆
桂宮治 トーク→「棒鱈
休憩
笑福亭鶴光 トーク→「善悪双葉の松

















ブックオフ。
雑誌、3冊。3冊とも「キネマ旬報」。
CD、3枚。古井戸、THE BACK HORN、ペーソス。

新宿三丁目からずっと座って帰れた。

小林信彦片岡義男星条旗と青春と」、読了。角川文庫。
親本が1980年刊、1984年に改題して文庫化。





雨上がる。

長袖だと、今日はやっぱりちょっと暑かった。
屋内だとだいぶ蒸し暑い。

深夜0時、帰宅。

ツイッター。

タンブラー更新。

シールはがし作業。

作業しながら動画。
デイリーモーションで「さんまのまんま」吉田豪の回を観る。






5月20日のツイログ




(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月22日 18時22分04秒
コメント(0) | コメントを書く


2013年05月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

昨日も仕事を片づけずに眠ってしまって、少し眠ってやろうと思ってたのに、たっぷり眠ってしまう体たらく。
今週は4日連続で落語会で、順調に仕事がおろそかになってきた。
いや、落語会が連続してるからではなくて、都内に出る用が連続してるのがよくないんだ。もう、みんな、横浜で落語会やればいいのに。

アマゾン登録作業。

ラジオ。
「たまむすび」。伊集院光コーナーに菊地成孔。
伊集院の「ジャズってなんですか?」という質問の答えが、じつにわかりやすくて面白かった。
「即興だってことでしょうね。ジャズは演奏が5分間あったら、楽譜に書いてあるのは1、2分なんで。あれがこれがに例え始めたらもうきりないですよ。最初にジャズはプロレスとおんなじだって言ったひとがいて。私の師匠の山下洋輔ってひとなんですけど。あれはまぁ、ぜんぶ演武で決まってるわけじゃないじゃないですか。とはいえ、まぁ、終わるわけですよね。そんなようなことはみんなジャズだって。落語はジャズだとかね。なんですけど、そうするとあまりに広くなっちゃうんで、なんでもかんでもジャズだジャズだってなっちゃうじゃないですか。もう、人生はジャズだ、みたいになっちゃって。決まってないんだからみたいな、でも死ぬんだからみたいな。それでわかんなくなっちゃうんですよ。」
おすすめ映画は「ロング・グッドバイ」で、この解説もじつに明晰で面白い。ヨレたヒーロー像、ジョン・ウィリアムズがジョン・ウィリアムズ化する前の音楽。

梱包作業。

外出。

うっかり半袖で出てきてしまったが、今日はちょっと肌寒い。

クロネコメール便、3点。
ゆうメール、1点。
売り上げがガタ落ち。まずい、まずい、まずい。

東横線で渋谷へ。

副都心線で明治神宮前まで行ってもよかったんだけど、電車賃をケチって歩いていく。

てんや、塩麹鶏天丼。

マクドナルド。
電源利用可能店舗、2階はコンセントのある席がぜんぶ埋まってて、こりゃダメかなと思ったけど、3階は空いてて助かった。このマック、とても広いんだ。
雑務、1時間ほど。

IKI-BA、「コンセプチュアル落語会」。

立川吉笑手動販売機
立川春吾崇徳院
仲入り
春吾・吉笑の楽屋ばなし」公開収録













原宿IKI-BA2013年5月



渋谷まで歩く。

ブックオフ。
閉店時刻が迫り、3階まではまわる余裕なし。
105円本、4冊。石井好子、ジョージ秋山、ブルボン小林、安田登。
雑誌、6冊。「ロッキング・オン・ジャパン」、「月刊カドカワ」、中村勘三郎、野村萬斎、東儀秀樹、みうらじゅん。

東横線、各停で座って帰る。

5本指に分かれた靴を履いてるひと、そういう商品があるのは知ってたけど、実物は初めて見た。足元がすごく動物っぽい。ヒヅメな感じ。ひざまで普通の服装なのに、足だけ急に獣。
見上げたら、白人の女性だった。これを履くのは日本人の感覚ではまだないだろうな。

深夜1時過ぎ、帰宅。

ツイッター。

日記更新。

シールはがし作業。

ラジオ。
「立川志ら乃のサブカル天国」、今週はオンタイムで聴けた。
ゲストは少女ジャンプーズの白幡いちほというひとで、誰だろうと思ったら、元ハネリスピカだった。「フフフのフー」で観たことある。コンビ名が変わったのか。

続いて「東京ポッド許可局」、こちらも数週ぶりにオンタイムで聴く。
「美保純論」が白熱。「あまちゃん」を観てないので、当然、美保純が「あまちゃん」に出ていることも知らなかった。
先週の「あまちゃん論」の評判がとても良いようだが、「あまちゃん」を観る前に聴いても大丈夫なのだろうか。かといって、この先、「あまちゃん」を観るあてがあるかといったらまったくないんだけれども。

5月17日のツイログ




(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月22日 19時53分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
やや早起き。

少し前に買った「考える人」の最新号。
小林秀雄特集の付録CDをまず先に聴いたんだけど、これは思いがけず笑ったなぁ。最晩年といってもいい時期の小林秀雄と河上徹太郎の対談が収録されていて、僕はこの両者についてよく知ってるわけじゃないし、話の内容も難しいんだけど、後半になるにつれ、酔っぱらい同士の会話になっていってそれが最高に面白い。
それから雑誌のほうを手に取ると、小林秀雄の娘の白洲明子が、このCDの解説としてまさに「よっぱらい」というタイトルでエッセイを寄稿している。酔っぱらいとしての小林秀雄は知らなかった。いい話だ。
【送料無料】考える人 2013年 05月号 [雑誌]

【送料無料】考える人 2013年 05月号 [雑誌]
価格:1,500円(税込、送料込)



ラジオ。
「ビバリー」は清水ミチコとナイツ。
「たまむすび」、15時台ゲストに北尾トロ。

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、5点。

曇っていたので傘を持って出たら、すぐに降り始めた。

横浜西口。

ダイヤモンド。

ダイソー。
プチプチ、購入。
荷物になるけど、ずっと買いそびれていたので先に買っていく。

地上に出て、鶴屋町へ。

東京チカラめし、牛丼餃子セット。

東横線。

新宿三丁目へ。

今日も熱帯魚屋の出口から。

ベローチェ。
順調に仕事を片づけるはずだったが、ノートパソコンがどういうわけかフリーズしまくる。なんなんだ。
結局、なにひとつ片づかない。

レフカダ新宿、「熊本と宮崎2」。

オープニング
志ら乃真田小僧
らく兵粗忽長屋
志ら乃三方一両損
仲入り
らく兵あくび指南
志ら乃蜘蛛駕籠
アフタートーク








終演後、末廣亭の前を通ってみる。



西新宿。

ブックオフ。
わざわざ寄ってみたけど、なにも買わず。

山手線から東横線。

帰りの電車内ではなにごともなくパソコンが使えた。
あのフリーズはなんだったんだ。またいつそうなるともわからないから恐ろしい。

横浜西口。

東京チカラめし、焼き牛丼。
1日2度目のチカラめし。まぁ、こちらと鶴屋町の店舗とは別の店のようなものだ。

件の「SPA!」を立ち読み。
なるほど、なるほど。前後の文脈を読むといつもの福田和也というふうに思うんだけど、たしかに、博士は怒るだろう。これ以前に、たけしの映画をけなされたことで導火線に火はついていた。
坪内祐三は「藝人春秋」よりも「お笑い男の星座」のほうが面白かったと言ってるが、「お笑い男の星座」の文庫本の解説を坪内祐三が書いてるんだ。

「週刊文春」も。
水道橋博士の連載、橋下徹の2回目。タイミングもばっちり、順調に面白いのだが、イラストの江口寿史も乗ってきてる感じ。
「シネマチャート」のおすぎの後任は洞口依子になったのか。

ぽつぽつ雨降り。
夜道が寒い。

深夜1時、帰宅。

ツイッターのみ。

記憶なし。

5月16日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月18日 03時15分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
やや早起き。

PayPalのカードの登録がなぜか解除になっていた件、新たに登録しなおしたのが5日前だったんだけど、支払いの確認に今日までかかってしまった。ずいぶん時間を食うもんなんだな。
10日発行の「メルマ旬報」がようやく届いた。完読主義で順番に読んでるけど、ぜんぜん追いつかないので、気になるところは先につまみ読みというかたちで読み進めている。もう13号まで出てるのに、完読はまだ5号の途中というひどい遅読っぷり。
ePub版というので読むのが楽だとツイッターなんかで喧伝されていて、てっきり、今までそのやりかたで読んでると思ってたら、どうやら自分が思ってたのは正しい読みかたではないらしいと気がついた。ibooksというアプリを使えば、ダウンロードしたものをスマホで読めるんだということをようやく理解した。
今までは、受信したメールのリンクから飛んだ、ネット上にあるものを読んでいた。だが、そういうことじゃなかったんだ。10日間でリンクは切れてしまうし、その後はいちいちパスワードを入力するのが面倒で、それも読み進めるのが遅れる原因になってたんだが、ダウンロードしてしまえばその手間はいらないということか。

メールの返信などでしっちゃかめっちゃか。
肝心な仕事にぜんぜん手がまわらない。

梱包作業。

外出。

クロネコメール便、3点。
ゆうメール、1点。
金額的には悪くないが、点数がダメすぎる。

横浜西口。

はなまるうどん、おろししょうゆの小とチーズちくわ天。
小腹が減ったので、控えめに少し食べておく。
冷たいうどんが美味しい季節になってきた。

東横線から井の頭線。
渋谷の乗り換えの面倒なこと。

下北沢へ。

小田急線が地下化してから初めてやってきた。
井の頭線のホームの位置は変わらないけど、改札の位置が変わったので通り道が変わった。
今まで改札があったところは、北口と南口をつなぐ通路として残っている。

下北沢駅前2013年5月
下北沢駅旧改札2013年5月
下北沢駅旧ホーム2013年5月・1

駅周辺や、かつての踏切跡を散策。

下北沢踏切跡A・2013年5月
下北沢踏切跡B・2013年5月
下北沢線路跡・2013年5月
下北沢踏切跡C1・2013年5月
下北沢踏切跡C2・2013年5月

古書ビビビ。
ちょっと寄り道するが、なにも買わず。

駅前に戻ってOと待ち合わせ。

コンビニでパン買って立ち食い。

北沢タウンホール、「春風亭一朝・立川左談次二人会」。
この劇場のホームページから、招待券に応募したら当選してしまった。2名まで入場可だというので、Oを誘った。しかし、招待券はダメ元で、ハズレたらちゃんとチケットを買おうと思っていた会。



ご挨拶
一朝たがや
左談次幇間腹
仲入り
左談次町内の若い衆
一朝三枚起請












しかし、落語と落語界に疎いOを誘ったのはちょっともったいなかったな。Oを誘うのがいちばん気を遣わない人間だからそうしちゃったんだけど、多少面倒でも、もっとありがたみのわかるひとを誘えば良かった。

ステーキのくいしんぼ、スライス&ハンバーグ。
750円。ライスはおかわり自由だけど、そんなにばくばく食べられるもんでもない。ナイフとフォークだけでなく、箸も置いてあるのが気楽でいいと思ったんだけど、箸だとコーンが食べづらいのは盲点だった。

Oと渋谷まで一緒。

東横線。

電車内でパソコン。

ツイッターを見ると、水道橋博士が福田和也に怒っていた。
「SPA!」を確認しなければ。

深夜0時、帰宅。

台所に置いてあった食パンが犬にかじられてしまっていた。
本当ならあたまにくるところだけど、病気だったのがここまで元気になったのかと思って、むしろ、ちょっとうれしくなる。

ツイッター。

日記更新。

シールはがし作業。

作業しながら、デイリーモーションで先週の「とんねるずのみなさんのおかげでした」を。
「2億4千万のものまねメドレー選手権」。やしろ優の芦田愛菜に爆笑。これはなにが面白いのだろう。かつてのホリのえなりかずきのように、言うはずのないセリフの可笑しさか。
ろくにテレビをチェックしてないので、やしろ優というひとは初めて知った。日本テレビの「ものまねグランプリ」に出てるひとなのか。

5月15日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月16日 10時53分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2013年05月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
午前中、睡眠。

昨日買ったCDを聴く。
GOMASoul of Rite」。2006年リリース。
ということは、事故に遭う前のアルバムだ。GOMAの音楽は「フラッシュバックメモリーズ3D」という映画でしか知らないけれども、あの映画で流れていた音楽が活力にあふれるようなものだったのに比べて、こちらのアルバムのほうがぐっと内省的で重いと感じる。
いや、あくまでも、この1枚を聴いただけの印象なのであんまりあてになるもんじゃないけど、事故の前後、あるいはもっと前のアルバムと聴き比べてみたら、あの映画がもっと沁みこむようになりそうだ。
Goma ゴマ / Soul Of Rite 【CD】

Goma ゴマ / Soul Of Rite 【CD】
価格:2,363円(税込、送料別)



当日記のコメント欄の書き込みで、「昭和の名盤!アナログ日記」というサイトを教えていただいた。
1968年のドンキー・カルテット猪熊虎五郎結婚の記事なんという、どこに需要があるのかわからないけれども、興味深い資料が満載だ。
そこからさらに、牧伸二のソノシート「牧伸二だよ!!」収録の2曲、「癇にさわるよ」と「ボクシング小唄」が「VOON」というサイトを使って聴けるようになっているのもすごい。動画サイトとかじゃなくて、こういうふうに共有する方法もあるんだな。「ボクシング小唄」のほうは「牧伸二のウクレレ人生」というCDに収録されているけれども、「癇にさわるよ」はCD化はされてないんじゃないか。牧伸二は冒頭に登場するだけで、実質、これはドンキー・カルテットの曲なのだ。
ただ、このサイトでは「癇にさわるぜ」と書いてあるけれども、「コミック・バンド全員集合!」という本を見ると「癇にさわるよ」というタイトルになっていて、だから、正しくは「癇にさわるよ」じゃないかと思ったのだが、よく見たら、この本は「癪にさわるよ」って書いてある。「癪」とは歌ってないからこれは間違いだが、しかし、「さわるよ」が気になる。冒頭で牧伸二が「癇にさわるぜ」って言うんだけど、あとの詞では「癇にさわるよ」と歌っているから、どうも「さわるよ」のほうが正しいんじゃないかという気がするんですけどね。現物を見ればすぐ判明することだけれども。
書き込みいただいた話によると、1970年に解散したドンキー・カルテットは、なんと、1979年1月にテレビ朝日の番組で、オリジナルメンバーで再結成したことがあるらしい。このことは「コミック・バンド全員集合!」にも載ってない。ひょっとしたら、貴重な証言をいただいたかも。

梱包作業。

外出。

いつものトートバッグを洗濯したので、今日は紙袋を使う。
2年以上使っていて、今までぜんぜん洗濯してなかったら、さすがに匂いが気になるようになってきた。これからの季節、悪化する前に手を打っておく。

今日はすっかり暑くなり、半袖で出る。

クロネコメール便、10点。

横浜西口。

星のうどん、だましあいうどん。
だましあいうどんってなんだろう、と思ったら、きつねとたぬきを合わせたものだった。うどん界では常識なんだろうか。410円。

東横線で新宿三丁目へ。

熱帯魚屋のある出口を抜けて、花園神社の正面に出る。

ベローチェ。
レフカダに行くときの定番コースになりつつある。ほかに寄り道しなくなるのが味気なくもあるのだが。
雑務、1時間ほど。

新宿レフカダ、「古典ぽい新作ができたらいいなの会」。

オープニング
吉笑「?」(タイトル不明)
談吉ピッケル
仲入り
志ら乃鬼瓦
言い訳タイム









会場を出て少し歩いたところで後ろから声をかけられ、誰かと思ったらKさんだった。
ツイートしてないから来てると思ってなかった。
食事も済ませちゃったということで、歩きながら少ししゃべっただけで別れる。

そのあいだに、われわれの横を、自転車に乗った新宿のタイガーマスクが通り抜けていった。

ブックオフ。
105円本、8冊。藤子・F・不二雄、片岡義男、ポール・牧、ジェームス三木、松田聖子、高野秀行、工藤美代子、有吉弘行。
雑誌、1冊。「考える人」。

新宿三丁目駅から副都心線。
先発が菊名止まりの各停。各停だったらつぎの電車を待ったほうがいいかと思ったが、今は各停でも、渋谷からは急行になるのだと。
無事に座って帰る。

東横線、隣りに座った女性が熟睡してよりかかってくる。
ちょっとやそっとの眠りじゃなく、完全にあたまが肩に乗ってきたのだが、こちらの肩が薄いせいで、あたまを滑らせて、ガラスに後頭部をがんがんぶつけてしまって、なんだか申し訳ない気にもなった。
こういうことはけっこうひさしぶりだったのだが、よりかかられる前に、容姿と年齢は知っておきたかったものだ。あまりにも大丈夫かなと思うようなひどい熟睡だったんで、菊名で降りるときに初めて顔がわかり、もっと喜んでよかったんだと悔しがる。

横浜西口。

鶴屋町。

東京チカラめし、牛丼餃子セット。
なんで俺の食べたいものを知ってるの? っていうような組み合わせ。
餃子はいいんだけど、酢を置いてないのはちょっとマイナスだな。「餃子のタレ」と称するものは置いてあるんだけど、ここはやっぱり醤油と酢が基本だ。

深夜1時過ぎ、帰宅。

ツイッター。

日記更新。

今日が何曜日かわからなくなり、「爆笑問題カーボーイ」を聴きそびれた。

仕事せず。

5月14日のツイログ







(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月18日 03時22分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年05月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
やや早起き。

昨日の日記に「黒岩ゴロー」という人物から書き込みがあり、「ご無沙汰しております。」なんて書いてあるけど、スパムコメントかと思ってた。
コメントはなるべく削除しない方針で、ちゃんとしたコメント扱いして返信する遊びにしてるんだけど、それに対してまた返信があり、なんだ、これはどうやら旧友のIさんなのだとわかった。
いつの間にかソフトオンデマンドの「風俗調査団」になっていたようで、「風俗調査団」ってなんなんだという問題はさておき、四十手前だというのにこんなことを始めるモチベーションのすごさに楽しくなる。
いやほんと、このバイタリティは見習わなければ。
ちんたら過ごしてる場合じゃないよ、まったく。

梱包作業。

早めに外出。

長袖で出てきてしまったが、さっそく暑くてしかたがない。
昼は暑くて、夜は寒いというのがいちばん困るんだ。なるべく均等にお願いできないものか。

クロネコメール便、5点。

行くべきかどうしようか、迷っていた遠方の落語会にやっぱり行くことに決める。
もはや当たり前の判断をしている場合ではない。
時間も金も労力も、惜しんでいては面白くもなんともない。

海老名で乗り換え。

小田急線の海老名駅は、発車ベルがいきものがかりなんだな。

小田原へ。
小田原までがけっこう長いんだけど、ツイッターを見たり、本を読んだりして、少し眠ったら案外すぐだ。

小田原駅2013年5月

小田原から東海道線。

スマホでヤフーの路線情報の検索をくり返しながら行くんだけど、なんか実際と違うような気がして、信用していいものか迷う。
三島に行くのに、ヤフーでは沼津行きが最初に出るんだけど、その前に熱海止まりの快速アクティーがある。沼津行きまでは20分待たなきゃならないので、アクティーで行ってみたら、熱海で各停に連絡して、ヤフーよりも早く三島に行けるのだった。心配だったから車掌さんに確認してしまったよ。
乗り換えにそんなに時間がかからなかったりだとか、そういう誤差があるのはわかるけど、あるはずの電車が存在しないことになっている。
人間が自然に考えることとは違う、なにか想像を絶するような変なルールに沿ってヤフーは判断してるんだろうな。

三島駅で降りるときに、自動改札が閉じてしまった。
PASMOでそのまま通れないとは知らなかった。こちらはTOICAの領域になるのか。

乗り換えにちょっと時間があったので、食事をしようかと思ったのだが、ぱっと決められるような店が見当たらず、まごまごしてるうちに時間が半端になってきて、これは無理だと思ってやめにする。
もっと時間があれば、三島の街は歩いてみたかった。
駅前のローソンでパンとコロッケを買って食べる。ローソンのPontaカードは問題なく使えました。
PASMOが使えないと、あらゆるカードが不安になってくる。

三島駅2013年5月・2
三島駅前道路2013年5月
三島駅前ターミナル2013年5月・2
三島駅伊豆箱根鉄道路線図2013年5月
三島駅伊豆箱根鉄道ホーム2013年5月
三島駅伊豆箱根鉄道駅名2013年5月

伊豆箱根鉄道で韮山へ。



韮山時代劇場映像ホール「立川志らべが喋る会」。

志らべ初音の鼓
らく兵崇徳院
トークコーナー
仲入り
志らべ宿屋の仇討ち




志らべさん、らく兵さんと三島まで一緒。



小田原。

小林屋、みそらーめん。
乗り換えの時間であわてて見つけたラーメン屋、これが当たり。
500円。

小田急線、電車内でパソコン作業。





深夜0時半、帰宅。







5月12日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月14日 11時34分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
早起き。

宿題がまだ4本中1本しかできていないという体たらく。
これはまずい。しかし、まずいと思うほどにあたまがまわらない。

とりあえず、普段の仕事もしなければならない。
ラジオを聴きながら梱包作業。

ラジオ。
「ビバリー」から「たまむすび」。
「たまむすび」は、14時台のゲストに福富太郎。玉袋が相手だというので浅草の喜劇の話、キドシンこと木戸新太郎のことをいろいろしゃべっていてなかなか興味深く。

今日は「水道橋博士のメルマ旬報」の発行日なんだけど、朝の10時に届くはずのものがなぜか届いていない。
変だなと思ってそこで初めて気がついたのだが、「購読料のお支払いについて」というメールが届いていたのを見落としていた。paypalの自動支払いができてないということで、確認してみると、クレジットカードの登録がなぜか外れていた。
登録しなおそうとしてもできず、しかたがないから、もう1枚のクレジットを登録することにした。
なんでそういうことになるのか、ちょっと気味が悪い。

外出。

部屋にいてちょっと暑いくらいだったので、今シーズン初の半袖で出る。

クロネコメール便、11点。
ゆうメール、1点。
今日はなかなかよく売れた。

横浜西口。

鶴屋町。

東京チカラめし、牛丼。
今月に新しくオープンした店舗で、まだ知られてないようで空いていた。
ここのメニュー、ただ「牛丼」と書いてあるのであれっと思ったんだけど、「焼き牛丼」ではなく、普通の牛丼を扱っている。その場でスマホでホームページを確認すると、ホームページには今までどおりに焼き牛丼が載っている。店舗限定なんだろうか。
味噌汁付き、290円。いや、この牛丼、けっこういける。味噌汁が付くぶん、吉野家よりいいかも。
この店舗では餃子も扱っていて、餃子と牛丼のセットはなかなか魅力だ。

きた通路を通って、東口へ。

ベイクォーター。

電源利用できる、かつ、空いてる店を求めて。

マクドナルドにまず行ってみる。
検索したら電源利用可能となってたんだけれども、注文前に席を探してみるが、そういう席が見当たらない。
検索しなおしてみると、節電で不可になったとの記述も見つけたので、利用可能というのは情報が古いのかもしれない。

検索しなおすとタリーズでも使えるとわかる。
200円を超えるコーヒー屋を利用することはまずないのだが、これ以上、探しまわるのも無駄になると思って、タリーズに行ってみる。
カウンター席に電源を確認。アイスコーヒー、300円を買って、席についた。
さっそく電源を使おうとすると、電源の穴がふさがっているのでどういうことかと思う。そのカウンターにある電源、6個とも穴がふさがっている。なんだよ、これはダミーか、と思い、あたかもそれがダミーだとわかっていたかのように、最初っから電源なんか使う気なんかなかったようなそぶりでコーヒーを飲み始め、それならこんな店にしなきゃよかったと後悔したのだが、でも、ダミーなんてことがあるだろうかと思いなおし、コンセントをよく見ると、端っこにちょっと隙間がある。なんてことはない、スライドすると穴が出てくるようになっていた。
ダミーだとわかっていたかのようなそぶりをしてしまい、かえって恥ずかしいじゃないか。
あとから隣りの席にきた男の客も、携帯の充電をしようとして、穴に刺さらないので、なにごともなかったかのように充電器をしまっていた。それから、こっちが電源を使い始めたのを見て気がついたようだが、スライドさせるのがすぐにはわからず、無理矢理押し込もうとしてガキッとすごい音が鳴ってたぞ。

雑務。3時間ほど。
宿題が終わらなかったが、3時間超えると長居もちょっと気が引ける。

半袖で出てきてしまったが、夜になるとだいぶ涼しい。
タリーズにいるときから、肌寒くてしかたがなかった。

日産ギャラリーを抜けて、新高島。

映画を観ようと思ってるのだが、まだ少し時間が早いので、コンビニで立ち読みなど。

109シネマズMM横浜、「リンカーン」。
寒くてしかたがないので、初めてブランケットを借りた。













外に出ると小雨。

歩いて横浜東口まで。

バッテリーをまったく消耗してないので、帰りの電車内でもパソコンが使えるのがありがたい。

雨、すぐに止む。

帰宅前に吉野家、焼味豚丼。

深夜1時、帰宅。

帰ってきたら、スリッパがびしょびしょ。
犬に小便をされてしまったようだ。
がりがりにやせていたのがだいぶ太ってきて、元気にはなってきたんだけど、シモのほうが弱くなっているみたいだ。
家のなかで糞尿をすることなんか、以前はまったくなかったんだけど、最近はしてしまう。
老犬だから、そのくらいはしょうがないのか。

ツイッター。
キッズ・リターン2」の撮影でエキストラ募集の情報。
「2」が制作されるというウワサはちらっと見かけてはいたのだが、そうか、監督は清水浩なのか。なるほど、なるほど。
最初の「キッズ・リターン」のとき、というのも変だけれども、約20年近く前のそのエキストラには僕は参加している。募集しているのはそのときと同じ、後楽園ホールでの観客の役だそうで、できれば参加したいけど、夜に用事を入れてるのでどうすべきか悩むところ。途中退出ありならうれしいんだがなぁ。

宿題を仕上げなければならないが、眠くなって困った。
あと1本、というところであたまがぜんぜんまわらない。

ラジオを聴こうと横になったら、そのまま眠ってしまった。
志ら乃さんの番組と東京ポッド許可局、2週連続で聴きそびれ。

5月10日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月11日 20時14分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月09日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2時間程度の睡眠で目覚める。

牛乳を切らしたので、早朝、買いものを兼ねて発送。
犬の散歩以外でこんな時間に出ることもなかなかない。
コンタクトレンズのころはこんなことは簡単にはできなかったが、メガネだとフットワークが軽くていい。

クロネコメール便、4点。

ローソンストア100、買いもの。
買う必要のないドーナツも買ってしまった。

すぐ帰る。

日記加筆修正。

寝直し、昼まで。

ラジオ。
「ビバリー」、清水ミチコと初登場のラバーガール。
ぼんやり聴いてたんだけど、ラバーガールのどちらかの実家がゴミ屋敷だといっていた。あのキャラクターとも関係しそうな、なかなか興味深い部分。

「たまむすび」、15時台には天久聖一がゲスト。
みうらじゅんのあとの世代のサブカルチャーのオリジネイターはこのひとのほかない。その仕事の全貌の捉えにくさも、ジャンルで分けられるものではなく、それらを形作っているものはやっぱり視点だろう。
デイリーポータルZでやっている「書き出し小説大賞」の話を中心に。これは今まできちんとチェックしていなかったのだが、改めて興味が湧く。小説とネタのニッチな部分。文芸批評の側から、誰かしっかりと考察してくれないだろうか。

外出。

今日もとても暖かく、半袖にするか迷うくらい。

クロネコメール便、2点。
ゆうメール、1点。
注文、ろくに増えず。

横浜東口。

歩いて、みなとみらいへ。

ジャックモール跡、新たな建物がいよいよかたちを現し始めてきた。
海側のほうはまだ更地のままだ。
それぞれ、無関係なものが建つのか。

ジャックモール跡2013年5月・1
ジャックモール跡2013年5月・2
ジャックモール跡2013年5月・3

クィーンズスクエアまで歩く。

歩くとやっぱり暑くなる。

マクドナルド。
この店舗は電源利用ができると検索して知ったので、わざわざこっちをまわってきた。
雑務、1時間半ほど。

歩いて、桜木町へ。

コンビニでパン買って歩き食い。

横浜にぎわい座、「立川談春一門会」。
二夜連続一門会の二夜だけ。前回はこはるさんの回を観て、今回は春吾さんの回を観ることになるのでちょうどいい。
開演にちょっと遅れて入場。二階席、最初のごあいさつは客席の後方で観て、それが終わってから着席した。

一門・ごあいさつ
春太郎手紙無筆
談春大工調べ
仲入り
春吾崇徳院
談春百川











麺一筋、特製油そば。
ボクサーの畑山隆則のラーメン屋。水道橋店は、旭屋でバイトしてる当時は昼メシのローテーションのひとつにしてたんだけど、桜木町店は初めて入ったかも。
今日は無性にラーメンという気分で、つけ麺と油そばで迷ってこちら。大盛り無料、780円、だったかな。
油そばにそば湯がついてるのがちょっと珍しい。最後、麺や具がかけら状になって残ったところにそば湯を注ぐと、料理として息を吹き返すかのようだ。

みなとみらいを歩いて帰る。

TSUTAYA。
105円本、4冊。小沢昭一、吉本隆明、町山智浩、石田伸也。
200円本、3冊。本多勝一、ダイアモンド✡ユカイ、戌井昭人。

歩いて、横浜東口へ。

深夜0時過ぎ、帰宅。

楽天ブログがまた勝手なリニューアルをしやがった。
当ブログを開くと、タグのところに「佐藤晋の老後にそなえて」を表示されるようになった。ほんと、勘弁してほしい。

ツイッター。

えんえんと宿題に取り組む。
なかなかはかどらず、ラジオを聴くこともできない。
ついにあたまがまわらなくなり、一旦、眠る。

5月9日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月10日 11時31分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
早起き。

午前中に、アマゾン登録作業。

日記加筆修正。
とんとん書いていかないとぜんぜん追いつかない。

梱包作業。

早めに外出。

クロネコメール便、2点。

横浜東口。

郵便局。
ゆうメール、2点。

京浜急行から都営線。

浅草へ。

Tさん、Kさん夫妻が30分ほど遅れるようなので、時間をつぶす場所を探す。
しかし、18時開演なのに、待ち合わせの指定時刻が16時は早いよ。

雷門前で、またもや大袈裟太郎さんをお見かけした。
ツイッターで相互フォローになっている、ラッパーで、普段は浅草で人力車夫をしているというかただ。TBSラジオのパーソナリティーのオーディションに応募していいところまで残ったり、今は、園子温監督の「TOKYO TRIBE」のオーディションにも参加している。
よし、今度こそは声をかけるべきだろうと思い、横断歩道の向こうだったけれども、信号が変わるのを待って、渡って近寄っていった。ツイッターでフォローしてる佐藤ですといったら、「本屋さんの?」といってすぐにわかってくれた。
これからどこ行くんですかなんて訊かれて、少し会話して、握手をして別れた。
このひとには会ってみたいとずっと思ってたひと。ようやくお会いできて良かった。


ROXへ。

ドトール。
休日でとても混んでいたが、ドトールの黄色いジャンパーを着たおじさんが入り口で案内をしていて、3人分の席を作ってくれた。こんなドトール、浅草ならではか。
小腹が減ったのでジャーマンドック。
Tさん、Kさん、じきにやってくる。Tさんはタバコを吸うひとなのに、うっかり禁煙席をとってしまった。
1時間ほど。

開演30分前に移動。

外に出たところで、ぽつぽつと雨が降り始める。

浅草公会堂。
外の手形、牧伸二のところに花が置かれていた。
大きめのかごと、小さめのかご。小さめのほうはプッチャリンからのものだった。
写真を撮りたいとも思ったが、雨が強くなってきたのですぐになかへ入ってしまう。
なかへ入ったら、雷が鳴り始めた。
もうちょっと早くドトールを出てればとも思ったのだが、むしろ、もうちょっと遅かったら大変な目にあっていた。

浅草公会堂、「横山剣大座長公演」。

2階の物販で、ポスター型のパンフレットを買う。500円。

3階席。












横山剣大座長公演2013






雨上がる。

染太郎というお好み焼き屋。


田原町から銀座線。

東横線。

帰りの電車は眠ってばかり。

深夜0時半、帰宅。

ツイッター。

YouTube。
電気グルーヴのYouTube Music TV」。









5月6日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月07日 22時02分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ちょっとだけ休むつもりが、すっかり眠ってしまった。
スマホのアラームをかけたのに、このひどい眠気では無理だったか、と思ったんだけど、うっかりしていた。アラームの音量がゼロのままだった。これじゃあ、起きられるわけがない。

目覚めたときにはもう、待ち合わせ時刻の7時になっていた。
後輩ふたりそれぞれから着信とメールが入っている。

折り返し、電話。
じつは、昨日からそうしてもらおうかと考えてたんだけど、こっちは電車で行くから現地集合ということで先に行っちゃってよ、って言ったんだけど、待っててくれるという。
到着まであと3時間はかかるとも言ったが、渋滞になるので昼から出たほうがいいらしい。朝早くするか、昼からにするかというところで、今がいちばん混んでるということか。

急いで、梱包作業。

急いで出発。

クロネコメール便、8点。

新宿へ。

予定より5時間遅刻。
ほかのひとたちとだったらありえない遅刻だ。

それでも、さすがに手ぶらで行くのは申し訳ないなと思い、西口の改札を出たところにあるパン屋に寄って、菓子パンを買っていく。

しかし、電話がつながらない。
どこにいるんだか、しかたがないから山下書店で立ち読みして時間をつぶしていたら、折り返しの電話がようやくあった。
ヨドバシカメラ前で待ち合わせてようやく合流。

クルマに乗り込み、新宿を出発。










珍宝館2013年5月・入口
珍宝館2013年5月・ご案内
珍宝館2013年5月・庭石
珍宝館2013年5月・新館
珍宝館2013年5月・ちん子さん3
珍宝館2013年5月・ちん子さん6








5月4日のツイログ





(あとで加筆修正します。)






Last updated  2013年05月08日 11時54分35秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全651件 (651件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 66 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.